『みんなの転職「体験談」。』
『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

シングルマザー看護師。私が求めた働き方は娘との時間、そして「正しいこと」を行うこと|私の転職体験談

転職前

BEFORE
職業
医療施設(総合病院)
職種
看護師
従業員規模
80人
年収
330万円

転職後

AFTER
職業
医療施設(訪問看護ステーション)
職種
看護師
従業員規模
150人
年収
360万円

目次

ラシュシュさんの転職ストーリー

1これまでの私

眼科医院の看護師。家ではシングルマザー。

イメージ図:眼科の手術風景

眼科の手術室看護師をしていました。

看護師としては10年以上の勤務経験がありましたが、眼科はその職場が初めてでした。

私は、県外の看護学校の寮に入っている息子と、小学校1年生の娘を育てるシングルマザーです。

娘はある病気を持っており、あまり残業ができないことを了承してくれた上での勤務でしたが、やはりそんな約束を守ってもらえるわけではありませんでした。

私も「仕事に穴をあけてはいけない。他の人の負担になってはいけない」と思い、残業があっても何も言わず対応しました。

手術室では、患者さんとのコミュニケーションはありません。
文字通り、手術するだけです。

そのため、患者さんから感謝の声を聞けることもなく、あまりやりがいはありませんでした。

唯一のやりがいと言えば、ボーナスが年に2回あったことです。
それだけを仕事の愉しみにしていました。

2転職のきっかけ

生活とのバランスが取れる「訪問看護」の仕事を。

イメージ図:夜の10時

看護の仕事には訪問看護というものがあります。

患者様のお宅に伺い、健康状態を見る仕事です。

今の生活のことも考えると、そうした働き方が適しているのではないかと、かねてから思っていたのです。

ある時に手術が長引き、居残り当番だった私も残ることになりました。

19時を過ぎても20時を過ぎても終わるメドがたたず、「せめて娘に電話を入れないと」と思い主任に言ったのですが認めてもらえず、22時になってようやく仕事が終わって。

家に電話をしたけど繋がらないんです。

急いで帰宅してみると、娘はリビングで眠っていました。

「夕飯はソーセージを電子レンジで温めて食べた」と聞いて、

(私は一体、なんのために仕事をしているんだろう…)

と思いました。

それが、私が「転職しよう」と思った一番の理由です。

たまたまの成り行きかもしれませんでしたが、そう決めてからは仕事に身が入らなくなり、ボーナスまであと2か月が我慢できず退職しました。

今思うと、もったいなかったですが。

3転職活動中

退職して3ヶ月経っても、次の職場が決まらない。

イメージ図:転職活動中の女性

退職してから3ヶ月が経ちましたが、私はまだ次の仕事を見つけられずにいました。

ハローワークで失業保険をもらいながら、ハローワークの相談員だけでなく知人にも声をかけ、できるだけの求人を得ようと頑張りました。

地方だということもあり、転職サイトにはいくつかの求人が出ているだけだったので、非公開の求人を紹介してもらうために転職エージェントに登録もしました。

非公開求人とは

企業のWebサイトや転職サイト、ハローワークなどで、一般に公開されていない求人情報です。 社名が伏せられていたり、求人の存在そのものを知られないようにされており、一部の転職エージェントのみが情報を把握しています。

ですが、結局たいした求人は紹介してもらえず、たまに紹介されるのはハローワークにも常時掲載されているようなところばかりでした。

前職がボーナスが良くて月給の方は少なかったので、失業保険の金額は微々たるものでした。
それもあって、活動中に一番苦労したのは金銭面でした。

そういう時に限って、いろいろと出費がかさみ、貯金が減っていくのが本当に辛かったです。

うまくいかないことにイライラしてしまうことで、ますます前向きになれなくなっていました。

その日も「どうせ代わり映えしないから。」とハローワークに行くのはよそうと思ってたんです。
ですが、なんとなく今日は行っておこうという気分になって。

そこで、新着の訪問看護の求人を見つけて、急いで応募しました。

4転職後

新しい職場で、待ち受けていた状況は。

イメージ図:訪問看護として働く女性

新しい職場は、新規に立ち上げてまだ数年という訪問看護ステーションでした。

その会社はグループホームやデイサービスも展開しており、地域密着型の医療・介護に真摯に取り組んでいる感を受けました。

だから、最初の頃はとてもやりがいを持って働けていました。

ですが半年が過ぎ、自分なりに勉強もして在宅医療に多少知識がついてきたころ、職場で行われていることで、「これは不正ではないか?」と思うことがありました(詳しい内容は控えさせていただきます)。

管理者や本部の上司に説明を求めましたが、結局うやむやにされてしまいました。

そのことだけを除けば、とても良い職場でした。

患者さま達との関係は良好ですし、頼りにしてくれるご家族もいらっしゃる、職員たちのチームワークも良い。

だから、不正のことはできるだけ気にしないで仕事に専念しようと思っていました。

ですが、感じられていたやりがいはいつしかなくなってしまいました。

5その後、どうなったか。

転職を振り返って、今思うこと。これから、目指したいこと。

イメージ図:ドライフラワー

どんな嫌なことがあろうと、その場の感情で動いてはいけない。──それが、仕事というものだと思います。

自分には子供がいて、生活を守らなけらばいけない。そういう責任があることを、常に考えなければいけないと思っています。

どの職場でも「話が違った。」ということはよく聞くことですし、多少の問題も抱えているものでしょう。
そのなかで、自分がやれることを見つけていくしかない。

──これが、今回の転職で私が学んだことです。

ただ悔やまれるのは、初めて看護師として勤務した総合病院を6年目に退職してしまったこと。

あの時もう少し頑張っていれば、ベテランになってもっと楽に、手取りも多かったし、退職金もあったのにな。と思ってしまいます。

◇ ◇ ◇

いつの日か、自分で訪問看護ステーションを立ち上げたい、という大夢があります。

看護師も不足している中、さらに訪問看護は人気のない分野なので、まだまだ道のりは長いかもしれませんが、何よりもまず先に「患者様」を思って仕事ができる環境の整った中で仕事をしたいという思いがあります。

今はまだ「…やっぱり無理そう」、「やれそうかな?」といった風に思考が行ったり来たりでまだ行動には移せていません。

ですが、いつかは人の役に立つだけでなく、本当に自分が「正しい」と思えることに向けて働ける職場を作っていきたいです。

女性で転職をお考えの方に、お薦めの転職サービス

1位マイナビエージェント

マイナビエージェント
専門知識を持つキャリアアドバイザーが一人ひとりの転職者に対して丁寧に向きあい、きめ細かなサポートをしてくれることで知られる転職エージェントです。

とくに20代〜30代前半の転職サポートを得意としており、志望動機のブラッシュアップや面接指導を的確に行ってくれます。

2位リクルートエージェント

リクルートエージェント
リクルートエージェントの強みは全業種・職種に対して豊富な求人数を持つこと、そして長年の実績で培われたノウハウ・転職支援ツールの充実さにあります。

全国の地域で対応が可能で、各都道府県の求人も豊富です。拠点も多く、オンライン・電話のサポートはもちろん対面での面談の受けやすさも強みの一つです。

3位doda(デューダ)

doda(デューダ)
国内トップレベルの求人数と、担当アドバイザーから積極的な提案が評判の転職エージェントです。

保有求人は常時14万件以上、企業からのスカウトも活性しています。
また、都市部だけでなく地方での転職支援にも強いです。
レビューを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

レビューの平均:  
 0 レビュー
目次[ 閉じる ]