『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

転職体験談:ベンチャー企業から公務員に転職。そこで、新たな価値に気付きました。


10

転職前

BEFORE
職業
職種
マーケティング
従業員規模
10名
年収
450万円
会社名

転職後

AFTER
職業
公務員
職種
事務職
従業員規模
2000名
年収
580万円
会社名

目次

昭和のゲンさんの転職ストーリー

1これまでの私

ベンチャー企業で働き詰めの日々。

私は、30代前半の時、マーケティング担当として企業PRやWEBサイト等の運営をしていました。

当時はベンチャー企業で社員も少なかったため、求められる事業範囲も広く、常に仕事に追われていた気がします。

でも、以前の会社から忙しく働くことには慣れていました。仕事自体にもやりがいを感じていたので、平日は残業、休日も必要あらば出社と、仕事に没頭する日々でした。

ベンチャーらしい勢いと、社会に新しい動きを起こそうという気概があふれた社長の元、奮闘していました。


一方で、この頃に家庭環境の変化もありました。

これまでは妻と2人暮らしで共働きの生活でしたが、妻が妊娠して、3人暮らしに向けて新居を構えることになったのです。

そんなある日、妻がこんなことを言いました。

「子供も生まれるし、今まで見たいな働き方はできないよね。」

たしかに、当時の私は「仕事最優先」人間で、そんな働き方の私に妻も不安を感じていたのでしょう。

新しい生活に向けて、自分たちの働き方についても夫婦で話し合うようになったのもこの頃からでした。





2転職のきっかけ

社長に呼び出され、まさかの「クビ」宣告。

妻が妊娠9か月になり里帰りすることになり、私は一時的に一人暮らしを始めたことに。

そんなある日、社長に呼び出されました。

社長

「○○さん、申し訳ないが、君には1カ月後に辞めてもらうことになりました」

あまりにも急な話を、社長は淡々とした表情で伝えてきて、一瞬足元の地面が「ぐにゃり」と崩れるような感覚を覚えました。

(──いったいこの人は何を言っているんだ?
こっちは妻の出産も控えていて、今は一番仕事を辞められない時期なんだぞ?)

会社の状況は理解できましたが、心情としては全く納得できませんでした。


それから私は色々と提案を繰り返して、なんとか会社に留まれるよう苦心しましたが、社長の意思は変わらずでした。

そして私は、1か月後に会社を去ることが決まりました。


その間も、毎日のように実家にいる妻と電話をしていましたが、退職のことはなかなか切り出せず、ただただ「夢であってほしい」と願う日々が続きました。


とは言っても、動き出さなければなりません。

退職の宣告を受けてからから1週間後に転職活動をスタートしました。

会社へ残れる一縷の望みを残しながら、仕事が終わったら転職サービスのリクルートエージェントへ足を運び、自信のキャリアを見直す毎日がしばらく続きました。


今振り返ってみても思い出したくない、とても惨めな時期でした。





3転職活動中

妻と話し合い、公務員の中途採用試験へ。

出産を経て妻が戻ってくるまでの1か月半の間、リクルートエージェントほか複数の転職エージェントを利用して、更には自分自身での応募含めて70社くらいに応募しました。

何件か面接もありましたが、望む成果は出ない日々が続きました。


そして、ついに妻が子供を連れて帰ってきました。

いよいよ今自分が置かれている現状を話すと、妻は絶句していました。

無理もありません、それまで私は馬車馬のように働いていて、妻もそんな私の働き方に不安(と、それに恐らく不満)を感じつつも、黙って見守ってくれていたのですから。

妻は、「大変だろうけど、仕事探しを応援する」とだけ言ってくれました。

ですが、数日後に妻が「これからの働き方について話し合いたい」と提案してきて、

「子供のためにも以前とは違った働き方をしてほしい。それに、働き方も見直す良い機会だと思う」

と言ってきたのです。

思えば、妻からこうやってはっきりと意見を伝えられたのは初めてでした。それだけ、妻も今回の件に頭を悩ませていたのでしょう。

そして、私も妻の意見が適切だと思いました。これから3人家族で生活していく上で、私がこれまで通りの働き方をしていては、きっと幸せな家庭は築けません。

ですが、前職と同じような業種で職を探していては、きっとこれまでと変わらない働き方、生活になってしまうでしょう。


これから私は、どんな業種で、どんな職場で働くと良いのだろう──、何日も何日も考えました。

そして、ようやく辿りついた考えが、「公務員の中途採用」という道でした。


公務員でしたら、これまで働いていたようなベンチャー企業よりも残業時間や休日出勤に悩まされることも減るでしょうし、何よりいきなりのリストラに会うことはまずありません。

そうと決めると、私はそのことを妻に伝え、早速公務員試験に向けて勉強を始めました。


公務員試験までは1年近くあり、気が遠くなるような思いもありましたが、もう後には引けません。必死に勉強を続けました。

そんな状況で妻は、子育てもある中、私のことを本当に良くサポートしてくれました。


それでも正直、平日に仕事をしないで家にいることは想像以上に辛かったです。

一方で、他の家庭と比べると子どもと向き合う時間は圧倒的に長く取れました。

ひとりの父親として子どもの貴重な成長過程を見ることができたのは、良かったと思っています。


そして、約一年後、無事最終の内定通知を受け取った時には、妻と2人で泣きました。

とても大変な一年間でしたが、その苦労の結果を妻や妻の両親が喜んでくれたことが、とても嬉しかったです。





4転職後

新しい職場で、待ち受けていた状況は。

転職先の公務員としての業務は、これまでとは全く違った経験の連続でした。


整えられた人事・研修制度、同期の中途採用組との雑談、そして公務員というこれまでとは違った責任感。

加えて、周りの人の反応の違いに驚きました。

露骨に違いを感じたのは、不動産会社の営業や自動車ディーラーなどからの反応です。

社会的地位としての見られ方が、ここまで違うものなのかと実感しました。





5その後、どうなったか。

転職を振り返って、今思うこと。これから、目指したいこと。

今では大分仕事にも慣れてきました。

これまでのような長時間労働ではなく、社会人経験を活かした提案や業務見直しなど、より「仕事の質」を重視した働きかけができるようになりました。


もちろん、公務員の仕事をしていくなかで、これまで感じなかった大規模組織ならではの不便さや不条理を感じることもあります。

ですが、それを補って余りうるポジティブな要素を多く感じられたので、転職して良かったと満足しています。


今回の転職を経て学んだことは、自分の将来に向けて覚悟を持つことと、仕事・職場に対する先入観は忘れることの2つです。


1つ目については、生半可な気持ちでは転職活動で満足のいく結果を出すのは難しいと自覚しました。

覚悟を持って、辛抱強く動かなければ、自分のキャリアは開いていかない。

ただ、私の場合は本当に恵まれていて。

当時は最悪の状況ではあったものの、支えてくれる妻の存在と、使命(子供を全うに育てる環境を作ること)がありました。

そのため、決意がブレている暇などなかったのです。

一人でやろうと思ったら途中で諦めていたでしょう。本当に、妻には感謝してます。


また、2つ目については、私は実際に公務員を目指そうとするまでは、公務員について偏見を持っていました。

お役所仕事は頭でっかちの勉強人間がやるもの―――という偏見が根底にあり、自分が働くイメージを持とうとも思っていませんでした。

実際に公務員を目指し、働くようになって、それは大きな間違いであることに気付きました。

公務員でしか得られないプレッシャー、充実感、やりがいを感じ、また同僚も非常に多種多様な人がいて。

さらに、これまでの社会人経験の中でも飛びぬけて視界が広く頭の回転が速い、加えて調整力に長けた「仕事のできる上司」にも巡り合えました。


◇ ◇ ◇


これから目指していきたいことは、公務員として社会に貢献するのはもちろんですが、自分の得意領域を更に伸ばして職場、市民にプラスの影響を与えられるように、まずは自分を磨きたいです。

将来的に実現したい事業があるので、そのプロジェクトへの参加、そして成功させるのが中期的な目標です。

その先には、子供が自分の仕事の成果を実際に体験できるような実績を創りたいですね。


それから、最近は夫婦の夢だった「海外移住」について、実現に向けて考え始めています。

そうした将来のビジョンを常に持ちながら、少しでもさらにその上に向かって歩いていこうとする思いを失わずに、可能性を伸ばしていきたいと思っています。

結果をプラスにできるかは自分次第。

今、自分にできるベストを尽くした上で、周りへの感謝を忘れなければ、結果はついてくると信じています。



30代で転職をお考えの方に、お薦めの転職サービス

1位doda(デューダ)

doda(デューダ)
全国対応、かつ国内トップレベルの膨大な求人数!

すべての業種・職種を網羅した求人情報だけでなく、キャリアアドバイザーの良質なサポートで、転職成功者の実績・評判が共に高い、初めに登録しておきたい鉄板の転職サービスです。

2位JACリクルートメント

JACリクルートメント
ミドル世代の転職者へのサポートに強く、かつグローバル企業、海外勤務の求人情報も多数
実績豊富なキャリアコンサルタントに対するサービス満足度も高い、「ステップアップの転職」を目指す際はぜひ登録しておきたい転職サービス!

3位CAREER CARVER(キャリアカーバー)

CAREER CARVER(キャリアカーバー)
国内人材紹介企業No1のリクルートが展開する、ハイクラス・エグゼクティブ向け転職サービス

エージェント・ヘッドハンターは厳選されたメンバーで構成され、ミドル世代からの転職はじめ、高年収や経営ボードを狙う求職者に対して、妥協しない転職活動を支援します。
レビューを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

レビューの平均:  
 0 レビュー