『みんなの転職「体験談」。』
『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

「ただ働いていくだけ、組織にいるだけ」ではもう限界。人材営業からIT営業に|私の転職体験談

転職前

BEFORE
職業
人材系
職種
営業
従業員規模
3,000名
年収
600万円

転職後

AFTER
職業
IT
職種
営業
従業員規模
200名
年収
450万円

目次

けんたろうさんの転職ストーリー

1これまでの私

人材派遣会社の支店長として勤務。

イメージ図:人材派遣会社で働く30代男性

転職前(2020年3月まで)は人材派遣会社で営業をしていました。

会社の規模は大きく、従業員数は全社で3,000名くらいでした。

これまでの勤務地は、東京、石川を経て、転職前は名古屋支社で支店長として勤務をしていました。

主な業務は、支社内のマネジメントや新規従業員の面接、新卒採用などです。また、自身でも営業に行くプレイングマネージャーという立場でもありました。

営業の仕事においては私自身の成績も見られるので、「ここで数字を出さないと部下に示しがつかない」といった緊張感もありました。

私生活に関しては、まだ独身ということもあってかなり自由気ままな生活をしていました。

一方で、今年(2020年)に入ってからは毎日のように新型コロナの感染拡大のニュースが届くようになって。
それは、私の生き方や働き方についての考えを改めるきっかけにもなりました。

(できることなら、拠点を田舎に移してゆっくりと生きていきたいな。)

そんなことを考えるようにもなりました。

2転職のきっかけ

業績は、去年まで順調だった。今年は──。

イメージ図:業績悪化中の会社

新型コロナ感染が拡大してきているとはいっても、最初のうちは会社の売り上げにそこまで影響はなく、それほどの危機感はありませんでした。

前年までは景気も好調で、売上もかなり伸びていた状況でしたから。

しかし、2020年5月頃から一気に営業先の派遣切りが始まり、新規での受け入れもかなり少なくなってきて。

当然、会社の業績はみるみる下降していきました

一般的に、不景気になると企業はまず広告費を削り、その後人件費を削るようになります。
新型コロナ感染拡大による不景気は、とうとう私たち人材紹介業界にも大きな影響を与えるようになってしまったのです

「この先、どうなってしまうんだろう」──という、将来への不安も日に日に増していきました。

そんな状況から、ふと

(今までの好調な売り上げは自分の力ではなく、景気が良かっただけにすぎないのかもしれない。)

――と考えるようになりました。

そうしたコロナ禍による会社の業績不振、そして自身のキャリアへの不安から、私は転職について考えるようになりました。

3転職活動中

「自分のこれからの働きか」について相談できたこと

イメージ図:転職エージェントとの面談

転職活動時はコロナ禍の真っただ中でしたので、どうなるのかはとても不安でした。

しかし、意外にもリモート面接を行っている企業が多く、転職活動は逆にやりやすくなっているように感じられました(面接の際に移動時間がかからずに済んだので)。

求人に関してもコロナ感染拡大前よりは少なくなったのかもしれませんが、それでも私が希望していたITサービスの法人営業の求人はまだまだ多かったです。

当時はまだ企業側も採用を控えようという段階ではなかったのかもしれません。

転職活動では、リクルートエージェントを利用しました。

担当者の方は経験豊富で、求人紹介から面接対策、更にはキャリア相談もしてくれて。

サポートを受けていちばん良かったのは、前向きな気持ちになれたことです。

私の場合は、「自分のキャリアの話を聴いてもらえた」ことが大きかったですね。
自分のキャリア・仕事をこれからどうしていきたい、なんて、なかなか話すことはありませんから。貴重な機会を頂いたと思います。

転職活動をはじめて2ヶ月後、私は希望するITサービスの法人営業の求人企業より、採用通知をいただきました。

4転職後

新しい職場で、待ち受けていた状況は。

イメージ図:在宅ワーク中の男性

転職後の職場は、──自宅でした。コロナ禍もあって、フルリモート勤務だったのです。

仕方のないことですが、入社したばかりで職場の人との関わりが全く無い中で、一人で仕事をするというのはかなり不安が大きかったです。

また、前職と同じ営業職といえども、ITの業界はまったくの未経験です。
最初のうちは、「どこがわからないのかもわからない」くらい、分からないことだらけでした。

職場の習慣や会社の雰囲気などもリモートワークでは感じ掴むことはできません。やはり出社して働くことは大切なんだなと感じました。

幸運だったのは就職先が石川県で比較的都市部から離れており、コロナ禍の影響は東京などに比べて大きくなかったことです。

リモートワーク、そして未経験業界での業務。
かなり難しい状況ではありましたが、通勤時間が浮いた分の時間を活用して、とにかく勉強しました。

その結果、少しずつですが、何とか馴染んできたと感じられるようになっていきました。

5その後、どうなったか。

転職を振り返って、今思うこと。これから、目指したいこと。

イメージ図:キャリアビジョン

今回の転職を経て気付けたことは「危機的状況では早く行動した方が良い」ということ、そして「その道のプロにお願いすることが大事」ということです。

「自分に転職先があるのか」と足踏みして現在の会社にとどまっている人も多いと思いますが、チャンスを逃さないためにも早めの行動が大事だと思います。

現職で働きながらも、転職活動はできます。
特に現在の会社の業績に不安を感じている方は、「予防線を張る」という意味でも転職サービスに登録しておいた方が良いのではないでしょうか。

転職は人生で数回しか訪れないイベントです。「何から始めて、どうやって進めれば分からない」という人は私だけではないでしょう。

私は、転職エージェントを利用して「キャリアの方向性」や「目指したい働き方」について話せたのがとても良かったと思います。

話してみると意外に、「自分のことなのにあまりしっかり考えられていない」ということにも気づけました。

◇ ◇ ◇

今回、無事に転職はできましたが、今後の働き方にはまだ少し不安があります。

コロナ禍の影響で、ニュースで大手企業の早期退職募集や倒産について見ることが多くなりました。
これからの世の中は「ただ働いていくだけ、組織にいるだけ」ではもう限界なのでしょう。

ですので、これまで以上に「手に職をつける」ことを意識していこうと思っています。
仮に今の職場が倒産してもその先自分でお金を稼いでいけるように、自分を磨いていきたいです。

具体的には、プログラミングのスキルを身に着けていきたいと考えています。IT企業に転職したということもあり、プログラミングは実務でも有用ですし、周囲に詳しい人も多く学びやすい環境ですから。

そうやって、この先新しい知識・スキルを集めながら、より自分に合った働き方を模索していければと思っています

レビューを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

レビューの平均:  
 0 レビュー
目次[ 閉じる ]