『みんなの転職「体験談」。』
『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

転職体験談:育児とパートの繰り返しの「なんだか、つまらない人生…」を変えていきたい。

10

転職前

BEFORE
職業
会計事務所
職種
事務職
従業員規模
100名
年収
250万円
会社名

転職後

AFTER
職業
建築設計事務所
職種
設計士
従業員規模
30名
年収
280万円
会社名

目次

ママンさんの転職ストーリー

1これまでの私

子育てと、パート勤務の日々

イメージ図:子育てと、パート勤務の日々

パートで事務の仕事をしていました。

子どもが2人いてまだ小さかったので、仕事よりも子育てにかける時間が長かったです。

私の関心も子育て中心でしたので、仕事に関しては「まあ働きやすい環境で、お金を稼げていたらそれでよいだろう」という気持ちでいました。


ただ時間から時間まで働いてその分の給料をもらう──、そんな感じでした。


昔はもっと仕事にのめり込むタイプではあったのですが、私の性格上なにか目標が見つからないとやるきになれないところがあって。仕事に対して、特に深い思い入れを持つことはありませんでした。




2転職のきっかけ

「つまらない人生」を打破するために、行動したこと。

イメージ図:「つまらない人生」を打破するために、行動したこと。

子育てと、パートの仕事を続けて数年が経ちました。

子どもは段々成長し、以前よりは手もかからなくなり空いた時間もできるようになりました。
それは良かったのですが、なんとなく今の暮らし方に若干の不満を感じるようにもなって。──家事をして、そして職場に行ってルーティン業務をこなして、家に帰る。その繰り返しでしたから。

「なんだか、つまらない人生…」

いやいや、そんなことを想ってはいけないとも考えましたが、生活に対する不満はどんどん大きくなり、このまま騙し騙し毎日を過ごすことは「とても良くないこと」なんじゃないかと思うようになっていったのです。

この不満を解消するために必要なものは何だろうと考えたときに、思いついたのが「設計の仕事」でした。

独身の頃、私は建築事務所で設計の補助的な仕事をしていたことがあり、そのときはとても楽しみとやりがいをもって働けていたのです。

また、独身の頃と同じ業務をするのも進歩がないだろうと思い、私は「今度は自分がその設計ができるように」と、私はCADの資格を取ることに決めました。

資格取得の勉強は限られた時間内でやる必要があり、また久しぶりの勉強で大変さも感じましたが、なんだか新鮮でした。

目標に向けて頑張るというのがなつかしくもあり、無事資格を取得できた時も達成感があって、「ああ、こういう感じを私は求めてたのかも…」と、思いました。




3転職活動中

2020年コロナ禍中の、転職活動

イメージ図:2020年コロナ禍中の、転職活動

CADの資格取得と同時に、事務の仕事を退職しました。
そして私は、本格的に転職活動をはじめました。

当時(2020年8月)は新型コロナの感染拡大もあって、なかなか転職は決まらないかもしれないと思いましたが、思ったよりあっさり決まりました。

「とにかくCADの資格が活かせて設計の仕事ができるところなら、どんなところでもよい」と考えていたので。子育てと家事の時間を確保する以外に、あまりこだわりはなかったです。

それと、事務の職場の人達が知り合いの建設事務所やデザイン事務所を紹介してくれたりと、知人・友人の人づてでいくつか候補を持てたのは幸運でした。

私はその中から、自分に合っていそうな職場を決めて、そこに転職が決まりました。




4転職後

転職による環境の変化、気持ちの変化

イメージ図:転職による環境の変化、気持ちの変化

新しい職場は、従業員30名ほどの小さな建築設計事務所でした。

40歳近くになっての新参者で、果たして職場になじめるかが不安でしたが、社員の人たちはとてもやさしく接してくれて、分からないことについても丁寧に説明してくれました。

それと、周りの人たちの話を聞いていると、ものづくりを楽しんでいることが伝わってきて。
入社してからも毎日が勉強の連続でしたが、同時にたくさんの刺激もうけ、何日もしないうちに私は仕事に行くのが楽しくて楽しくて仕方がないようになりました。

転職によって、自分の生活がここまで変化するのか──という驚きがありました。
チャレンジして、本当に良かったですね。


もちろん、子育て、家事をおろそかにするわけにはいきませんでしたが、そのあたりも上司の方が融通を利かせてくれ、うまく両立していくことができました。




5その後、どうなったか。

転職を振り返って、今思うこと。そして、これから目指したいこと。

イメージ図:転職を振り返って、今思うこと。そして、これから目指したいこと。

転職をして良かったと思えることは、「行動と努力は、報われる」と実感できたことです。
何事も、行動しないと現状は変わらないですよね。

そして、「頑張っていると、周囲の人たちは手助けをしてくれる」こと。

今回の転職もそうでしたし、入社後も社員の人たちからいつも助けてもらっています。そして、これまでを振り返ると、私自身も周囲に頑張っている人がいたら応援しようとしていたな、と思いました。

人は、誰しも一人では生きていけません。周りからの協力を適切に得るという意味でも、「頑張る」ことって大切なのかもしれませんね。


◇ ◇ ◇


今後取り組んでいきたいことは、今の仕事を「最初から最後まで自分で全てをやり遂げられるようになる」ことです。

その為には、もっともっと専門的な知識・技術が必要ですし、建築士としての資格も必要になるでしょう。これまでの十倍くらい頑張らないといけないかもしれません。


でも、その状態に到達することを目指していきたいですね。なぜなら、そうなったら人生はもっともっと楽しくなると思うから。


子育てといっしょに、頑張っていきたいと思っています。



女性で転職をお考えの方に、お薦めの転職サービス

1位マイナビエージェント

マイナビエージェント
全国約60か所にわたる拠点ネットワークで、地方でも転職者とのOne to Oneのコミュニケーションが可能!

転職エージェントのきめ細やかなサポート」で定評の、満足度も抜群に高い転職エージェントサービスです。

2位リクルートエージェント

リクルートエージェント
転職後の利用者満足度によると、99%の方が「満足」!20代~40代まで幅広い利用者の方からの高い満足を実現する、業界最大手の転職エージェント。

3位doda(デューダ)

doda(デューダ)
全国対応、かつ国内トップレベルの膨大な求人数!

すべての業種・職種を網羅した求人情報だけでなく、キャリアアドバイザーの良質なサポートで、転職成功者の実績・評判が共に高い、初めに登録しておきたい鉄板の転職サービスです。
レビューを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

レビューの平均:  
 0 レビュー