『みんなの転職「体験談」。』
『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

転職体験談:介護事務。「自分自身の価値は、きちんとあった」と気づけたこと。

転職前

BEFORE
職業
介護施設
職種
事務
従業員規模
300人
年収
230万円
会社名

転職後

AFTER
職業
介護施設
職種
事務
従業員規模
2,000人
年収
360万円
会社名

目次

まことmmskさんの転職ストーリー

1これまでの私

いずれは、私も正社員に。

介護事務のイメージ

これまで、介護系の職場で介護事務の仕事をしていました。

もともと「働くなら福祉、介護に携わっていきたい」と思っていましたが、介護士として仕事に関わるにはあまり自信を持てなくて(適切な状況判断や対人能力といったものが本当に苦手でしたので)、介護事務の職業を選びました。

介護事務の仕事は、やりがいを持って取り組めていました。
間接的であったとしても介護、福祉に携わることができたのは嬉しかったですし、(現場をできるだけ丁寧にサポートしよう)という想いもありました。

家庭環境は母と二人暮らしです。父は早くに亡くなりました。
兄弟はいましたが、皆結婚してそれぞれ家庭を持っていましたので、「自分が母を守らないといけない」という気持ちがありました。

私が成人になったときはちょうど「就職氷河期」の真っただ中でした。
その影響もあって、これまで正社員で働いたことがありませんでしたが、当時の会社は正社員の登用制度があったので、(いずれは私も正社員に…!)という目標を励みに頑張っていました。

もう少し待遇が良くなって、そして母を充分に養える程になれれば、それ以上のことは求めずに、慎ましくも暮らしていこう──そんな風に考えていました。

2転職のきっかけ

私の業務価値は、「エアコンの修理代」よりも軽かった。

上司のイメージ

介護事務として5年程働きましたが、結局正社員になるどころか給与も上がりませんでした。

自分ひとりでしたら、まあなんとかなる給与額でした。
ですが、あるとき「将来母の介護が必要になったら、どれくらいお金がかかるんだろう」と調べた際に、今の収入ではとてもやっていけないことが分かり、とても陰鬱な気持ちになりました。

「ここではない職場に、転職した方が良いかもしれない」と考えるようになったのはちょうどその頃でした。

そもそも、介護事務はあまりスキルアップが望める職業ではありません。
更には、「事務職は、どんなに忙しくても残業代申請しないもの」という不文律がありました。

真夏のある日、事務所のエアコンが壊れてしまったことがありました。
これは大変と思い、急いで上司に掛け合いましたが、

上司

「いやあ、でもね…。事務所には基本的に事務員しか日中居ないからね…。ほら、エアコン修理って、何十万円もかかるじゃない?」

という反応が返ってきて。──これはもう、見切りをつけて全力で転職活動をしないといけないと、その時に思いました。

3転職活動中

転職活動は、「落ち込む」、「凹む」の繰り返し。

落ち込むイメージ

転職活動で利用したサービスは、type転職リクナビNEXT、それからハローワークです。

リクナビNEXTでは人材紹介のエージェントから連絡を受け、以降はそちらからも求人を案内してもらうことになりました。

毎週、エージェントからの紹介求人と転職サイトやハローワークの新着求人をチェックして。
面接まで行ける求人がでたらいったんその求人に集中して、不通過の結果がでたらまたそれを再開して…、というのを繰り返していました。

とにかく、「落ち込む」「凹む」の連続でした。

書類選考で不通過になっても落ち込みますし、ようやく面接までこぎつけてそこで落とされるともっと凹みます。

母親や友人は、「選考に落ちるのは、『縁がなかった』だけの話で、あなたの価値がないのではない」、「あなたのことを必要と感じてくれる人は必ずいる」といって励ましてくれました。

もうどこでも良いから、条件を下げようかと思ったこともありました。
ですが、結局それは誰も幸せにならないだろうと考えて思い留めました。

エージェントの人からも、「求人はまだ多くあります。やけになって転職しても、きっとその後公開することになるでしょうから、頑張りましょう。今が耐え時です」と励ましてもらいました。

後で知ったのですが、エージェントの人は担当によって大分対応が違うそうで、私はとても良い担当さんに付いてもらったと思います。どんな仕事をしたいかを深掘りして聞いてくれて、私に合う求人を厳選して紹介してくれました。

そして本格的に転職活動を開始してから3ヶ月経って、ようやく面接通過と内定の連絡を受けることができたのです。
前職と同じ、介護事務の仕事でした。

4転職後

新しい職場で、待ち受けていた環境は。

新しい職場

新しい職場に入社しての第一印象は、「きちんとしている職場だな!」ということでした。

なんというか、従業員の方々皆さんがいい意味で上品で、コミュニケーションを取る時も適度な距離感があって。コミュニケーション下手な私でも、入りやすかったです。

それから、社内連絡用にとiPhoneを支給されて、私専用の名刺を用意してくれて。
コンプライアンス研修やハラスメント研修もあって、「困ったときはここに相談してください」と職員の相談窓口についても教えてもらいました。

あるとき、定時を過ぎて仕事をしていたら「残業申請しないとダメですよ」と怒られてビックリしました。
その後、休日に自宅で業務したことを伝えたらそこでも怒られて、休日業務申請書を渡されました。
──つまり、ちゃんと残業代や休日出勤代が出るということです。

私を叱った上司は理路整然として接しましたが、普段は朗らかで、感情的、ヒステリックになることはなく、いつでも相談しやすい雰囲気でした。

5その後、どうなったか。

今回の転職を振り返って、今思うこと。そして、これから目指したいこと。

前向きなイメージ

転職して思ったこと、それは、「日々積み重ねたことは無駄ではない。自分自身の価値はきちんとあった」ということです。

思えば、前の会社では上司と対等に話ができる機会は殆どありませんでした。
そして、私は無意識のうちに「自分は、話をするに値しない人間」と思っていたのだと思います。

今の会社で上司や同僚と仕事について意見交換をしていく中で、相手の考えや知識に感心をすることが多く、そしてときに相手が私にそう感じることがあるそうです。

自分で行っているや考えていることは当たり前すぎて大したスキルでないと思っていましたが、そうではなかったのです。
ちょっとしたことでも日々積み重ねたことは目に見える資格ではなくても立派な知識・スキルになっていることもあって、そのことを今の会社が教えてくれました。

後悔していることは、「前の会社で、もっと自分の意見を自信持って言えていたら、少しは違う結果になっていたのかもしれない」ということです。
同じ後悔は二度としたくありません。自分に自信を持てずにただ働き続けるということは、とても不幸だし、勿体ないことだと思います。

◇ ◇ ◇

転職して、早2年が経ちました。

今の会社になってからはかなり年収が上がりましたが、母を養えるだけの充分な経済力があるかというと、まだ心元ありません。最低でも年収をあと50万円上げる必要があります。

まずはその年収額を目指して、親子で穏やかに暮らしていける環境にしていきたいです。

そのためにやるべきことは、まず「スキルアップ」です。
目の前の事務処理を正確かつ効率的にこなすことも大事ですが、制度・体制をより良くしていくための「管理部門としての視点」も、もっと養っていく必要があると思います。

例えば、事務が滞りなく進められる体制、職員との共通認識が取りやすくなるツールやルールの確立など、いい意味で「楽ができる」環境をつくっていきたいです。

それから、一人ひとりの職員が「自分が必要とされている」と感じられる職場にしていけること。
介護の職場は離職率が高くなることが多いのですが、そうした取り組みを続けることによって、改善していけると信じています。

また、副業もやれるならどんどんやって、あらたな知識・スキルと、そして収入を得る機会を増やしていきたいと思っています。

現在 「転職しようかな…」と考えている方へ

転職活動の第一歩は、「信頼できる転職支援パートナーを見つけること」です。
現在「まだ信頼できるパートナーを見つけられていない」という方は、以下の診断ツールを使って、あなたに合ったパートナーを見つけてみてください。

転職成功の角度を一気に高める、あなたに合った転職サイトは?

こちらもあわせてチェック!「分野別おすすめ転職エージェント」紹介記事

自分の状況にあったおすすめ転職エージェントを知りたい」という方は、以下記事も併せてご覧ください。

分野 おすすめ転職エージェント紹介記事
年代別・性別 20代男性20代女性
30代男性30代女性
40代男性40代女性
50代全般全世代女性 全世代
職種・業種別 ITエンジニア全般SEプログラマー
Webプロデューサー・ディレクター
営業マスコミ金融・保険
販売員・サービス業
管理職・ハイクラスコンサルティング外資
事務職介護
地池別 北海道青森秋田宮城岩手山形福島東京神奈川千葉埼玉茨城栃木群馬新潟長野富山山梨静岡岐阜愛知石川福井大阪兵庫京都滋賀三重奈良和歌山鳥取岡山広島島根山口香川徳島愛媛高知福岡佐賀大分長崎熊本宮崎鹿児島沖縄