『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代ビジネスマン男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

私の転職体験談:退職時に「もう来るな!」と怒鳴られて。事務職から、医療事務に転職

れいこ さん(女性 42歳 埼玉県)
まあまあ成功、
ちょっと失敗

21

転職前

BEFORE
職業
工場事務員
職種
事務
従業員規模
不明
年収
300万
会社名

転職後

AFTER
職業
医療事務
職種
事務員
従業員規模
不明
年収
400万
会社名

目次

れいこさんの転職ストーリー

1これまでの私

唯一の生きがいは、ペットの猫。

1年ほど前、私は工場の作業員兼事務員をしていました。

工場の事務員は立ち仕事がとても多く、貧血気味の私にはかなりきつかったです。

家に帰ってくるときにはいつも、そのまま倒れて寝てしまいたいくらいの疲労を感じていました。



私の家族は4人家族で、妹と私の2人姉妹でした。

妹は結婚しており、私は独身でしたのできちんと働いて一人で食べていけるだけの収入を稼ぐ必要がありました。

仕事に関してのやりがいなどは特になく、生きがいもこれといってほとんどありませんでした。

──いえ、唯一の生きがいで、ペットとして飼っていた猫がいて。

でも、その子は腎臓が悪く、病気になってしまいましたので、毎月病院の費用がかさみました。

一時期はその治療代を稼ぐために働いていたようなものでした。



それでも、私にとってはその猫だけが癒しでした。



2転職のきっかけ

仕事も辛く、人間関係も辛くて。

当時の職場は、前にもお伝えしたように仕事が体力的にもきつくて、更には人間関係も悪かったです。

現場ではアジア系の方が先輩にいて、母国語、英語、日本語が堪能で。
大変勉強されてきたんだろうな、と感心しつつも、その代わり性格はかなり歪んでいらっしゃいました。

私がちょっとしたミスをすると、いつもとても嫌そうな顔をして、

先輩

「このことは(上司に)報告しておきますからね」

と言われました。

そして、私の評価はいつもとても低くて。

もちろん収入も悪く、ボーナスもほとんどありませんでした。



(こんなに人間関係も悪くて、収入も低いのなら、転職した方が良いかな…)

いつしかそんな想いが強まっていって、ちょうどその時期、近所で大きな病院がオープンして、大々的に医療事務の募集をしていました。

──医療系の事務員なら、特別な国家資格は要りません。

私はダメ元で応募してみました。



すると、運良く受かったのです。



3転職活動中

辞め際まで苦労した、前の職場。

次の職場が決まり、会社に「辞めます」と伝えた際に、上司から

上司

「今日から来なくていい!」

と怒鳴られました。



こちらとしては、引き継ぎなどもあるので一ヶ月間はいるつもりでした。

もちろん、それもきちんと伝えました。

それなのに上司の方は相当頭にきたのでしょう。こちらが何を言っても聞き入れてくれませんでした。

(そんなに怒るくらい辞められて困るなら、もっと私を大切にしてくれたら良かったのに…)

と思いました。

さんざんバカにした扱いを受けてきたのに、辞め際にも怒鳴られて詰られて…。全く不快でしたし、「もう顔を見せるな」の一点張りでしたので、さすがに私も我慢ならず、労働局に逐一報告をしました。

すると、その後会社から連絡があり、数日分のお金をもらえることになりました。
──といっても、猫の一回の通院費になるかならないかくらいの、ほんのわずかのお金です。

転職中、「人から助けられたこと」はありません。


最後まで、大変な職場でした。



4転職後

転職後の新しい職場で、待ち受けていた環境は。

新しい職場でも、やはり大変でした。

新しい職場にいっても覚えることは沢山あって、しかもひと息つく暇もないくらい、とても忙しくて。

毎日へトヘトになって家に着いて、最後の気力を振り絞って猫に夕ご飯を与える、そんな毎日です。

前の職場よりは人間関係はマシですが、それでも嫌なことを挙げればきりはありません。

先輩社員A

「ったく・・・一度言ったことは覚えろよ!」

先輩社員B

「まだそれやってるの?早くして!そんなペースでやってたら病院潰れるから」

単に注意すればよいのを終始そんな感じで、──本当に、意地の悪い奴はどこにでもいるものですね。

そして、最悪なのがやっぱりお局です。

(新しい病院だからお局みたいな人はいないだろう)

と思っていたのですが、やっぱりいました。
たかだか数日早く入っただけで、威張りちらすような人で。

本当に、女性の人間関係は嫌気がさします。

どこにいっても、耳にするのは人の悪口ばかり。



5その後、どうなったか。

転職を振り返って思うこと。そして、これから目指したいこと。

大変な職場ではありましたが、転職自体はして良かったと思っています。

だって、「してみなければわからないこと」は本当に沢山ありますから。

転職しないで悩んでつぶれてしまうくらいなら、いっそのこと環境を変えた方が良い──それが、私の考えです。

結局、私はどこへ行っても「人間関係」で悩むたちなんです。

だから、我慢しません。

これが私にとって強く生きるということです。

「人間関係で嫌なことに耐える」という方向の辛さではなくて、「良いところを見つけるまで、何度もあきらめずに転職を重ねる」という方向の強さ。

私には、その方が大切であるように感じています。



◇ ◇ ◇



「将来の夢」、ですか?

フフフ、笑わないでくださいね。

実は、「猫カフェ」をいつかチャレンジしたいと思っていまして。

猫が好きですし、そういう、憩いの空間を考えたり創ったりするのが好きなんです。

ですから今のうちにどの方向にいけるか考えておく必要があります。


そのためには貯金をしておかなければならないので、ボーナスなど使わないでとっておいているところです。

猫カフェオープンに向けて、経営など勉強しなければならないことは沢山あります。

そのための努力と行動は惜しまないように、頑張っていきたいです。

女性転職者の方に、オススメの転職サービス

1位doda(デューダ)

doda(デューダ)
全国対応、かつ国内トップレベルの膨大な求人数!

すべての業種・職種を網羅した求人情報だけでなく、キャリアアドバイザーの良質なサポートで、転職成功者の実績も多数の、初めに登録しておきたい鉄板の転職サービスです。

2位type女性の転職エージェント

type女性の転職エージェント
女性の活躍をサポートすることに特化したサービス! キャリアアドバイザーは女性が中心サービス・販売系の職種を中心に、女性が活躍しやすい職種や業種の求人を多数保有。女性ならではの視点でのカウンセリングは、多くの方から好評です。

3位パソナキャリア

パソナキャリア
手厚く、そして親身な転職者支援で定評のあるパソナキャリア幅広い業界に向けての求人案内数と、地方転職者含めた全国の方々がサービスを利用できる体制を整えています。
はじめての転職ならではの不安や疑問を解消できるよう、転職活動のやり方や自己PRの仕方など、丁寧にサポートしています。
良かったら、評価のご協力をお願いします!
この記事が参考になったら、
にチェックしてください!
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
(平均4.20
Loading...

その他の転職ストーリーを見る

オススメ転職ストーリー

<スポンサーリンク>