『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代ビジネスマン男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

私の転職体験談:子供のために働いていた事務職時代から、自分の夢のためにカフェ経営へ。


10

転職前

BEFORE
職業
一般事務
職種
経理
従業員規模
10人程度
年収
200万円
会社名

転職後

AFTER
職業
自営業
職種
カフェ経営
従業員規模
1人
年収
300万円
会社名

目次

ポンタさんの転職ストーリー

1これまでの私

子供の将来のために、安定した収入を得ること。

私は約6年間、小さな会社の事務職についていました。
勤務時間は朝8時半から夕方5時半まで。人間関係のトラブルもなく、安定した生活を送っていました。

私には「正社員で、安定した収入があること」が重要でした。

私は1人の子を育てるシングルマザーです。子供は当時、専門学校に通っていたのですが、子供の夢を支えるためにも、学費分の収入は確保しておかなければなりません
なので6年間はひたすら子供のことを第一に考え、仕事を続けていました。

好きな仕事ではありませんでしたが、不自由なく生活ができていたため、あまり苦はありませんでした。

子供が将来に向かって頑張る姿を見ているだけで、私自身も「頑張ろう!」と思えていましたね。



2転職のきっかけ

母の店じまい。その時、私を突き動かしたある「夢」--。

子供があと半年で専門学校を卒業するという時期の出来事です。長年飲み屋をやっていた実家の母が「お店を閉める」と言ってきました。


「もう年だし、景気も悪くなってきたからねえ。ここらが潮時かな、と思ったのよ」




母の言葉を聞いたときに、私のかねてからの「夢」が顔を覗かせたのです


(子供が独り立ちしたら、カフェでも開きたいな)




具体的な目途はたっていませんでしたが、そう思っていたのです。

私は事務職の仕事に就く前、自営業でリサイクルショップを経営していました。その期間は13年ほどになります。
ですので、経営に関する算段は、自分の中である程度持ってはいたのです。

もっと言えば、リサイクルショップを経営している時代に、「いつかカフェを開くこと」を想定しながら、使えそうな小物(食器やインテリアなど)をコツコツと集めていました笑。


「お店を誰かに渡すか、それとも壊しちゃうか悩んでるのよねえ」




「お母さん!ちょっと待って!!」




もう「チャンスは今しかない!」という気持ちでした。



3転職活動中

お金が無い……そうだ、自分でやろう!

ただ、すぐにお店を引き継ぐことはできませんでした。
まだ事務職の仕事を続けていましたし、母の店は飲み屋でしたので、カフェを開くには改装工事も必要になります

ですが、改装工事費は馬鹿になりません。子供もまだ学校に通っている中、工事代も負担するなんてとてもじゃないですが無理な状況でした。
散々悩んだ挙句、


「うん、これはもう、私が改装するしかないな!」




と、決心しましたね笑。

DIYって流行ってますよね。私もちょっと違いますが、一通りの工具は持っていました。

それからは毎日が忙しかったですね。昼間は事務の仕事をして、夜や休みの日は改装工事。
壁を壊して、ペンキを塗って、テーブルも自分で作りました。気分はもう棟梁でしたよ。

リサイクルショップからのよしみで、知り合いに「なんでも屋さん」という人がいまして。たくさんお手伝いいただきました。
やはり男性でしかできない作業(重い資材を運んだり)もありますので、本当に助かりました。



4転職後

新しい職場で、待ち受けていた状況は。

事務職で働いていた会社は人手不足だったのもあり、私の後任が決まるまでは、しばらくの間会社とカフェを往復する生活でした。

体力的にはもちろん疲れていましたけど、カフェの方でもう一つ頭を抱える出来事が……。

改装前が飲み屋だったので、スナックのような場所なのかと勘違いしたお客様が、お店で酔っ払って騒ぎ出すことが多々あったのです(カフェでもお酒は扱っていたので)。
そんなお客様に対して、どのように接すればいいのかが分からなかったのです。

その酔っ払いというのが、近所の飲み屋のマスターなんですけど。


私の店では、週に一度将棋倶楽部のお客様たちが集まって将棋をしていました。
最初はお客様として来ていただいていたんですけど、もう「ここ(私の店)を会場にしてもらおう!」と思い、週一で倶楽部を開催していました。

そのマスターも、最初のうちは将棋に混ざりたいからと顔を出していたのです。
ですがそのうちに将棋はやらずずっとお酒を飲んでいたり、将棋倶楽部の方に何やら話しかけている様子……。

しばらく観察していたり、将棋倶楽部の方にお話を聞くうちに、私はピンと来ました。


(ははん、ゆくゆくは将棋倶楽部を自分の店に持っていくつもりだな)




ですが、将棋倶楽部の方は穏やかな方ばかりで、強引なマスターの誘いにも迷惑している様子でした。
そしてついに、マスターと将棋倶楽部の方で口論に発展してしまったわけです。

しまいにはマスターの矛先は私に向かい、


マスター

「お前が終わったあとメンバーを連れてうちの店に来るべきだろう!」




と怒鳴られました。

……ちょっと考えてみましたけど「ん?」という理屈でしたし、お店とお客様は私が守る!という正義感から、私は思わず怒鳴り返しました。


「うちの店で騒ぐなら、今すぐ出て行け!二度と来るな!」




と。

その後はマスターもおとなしくなりました。



5その後、どうなったか。

転職を振り返って、今思うこと。これから、目指したいこと。

接客の仕事をすると、人の良い面も悪い面も垣間見ることになります。
しかし大切にしなくちゃいけないのは「お店の雰囲気を守ること」だと思いました。

雰囲気を守るということは、すなわちその店を好んで通ってくださっているお客様を守ることでもあります。
強い信念を持ち、自信をもって営業する。あくまでお店のルールの中で快適に過ごしていただけるように、私も気遣いができなければ、と強く感じています。

そして私自身の未熟さで言えば、酔っ払ったお客様に対し、どこか軽蔑的なまなざしを向けていたことです。
もっと大人にならなくちゃなと思います。



◇ ◇ ◇



私が住んでいる場所は離島で、人口にして約1万人ほどの小さな場所です。
狭い地域なので顔見知りも多く、色々な人に出会います。

カフェには比較的若いお客様が多く、その中でも悩みを相談してくださる方もいます。
みんな、どこかで何かに悩んでいるのだな、と思います。

話を聞くくらいならいくらでもできるのですが、それだけでは埋められない傷や悩みを抱えている方もいると思います。
そんな方のための交流の場を設けられたらな、と思う今日この頃です。

手始めに毎月、バーベキューやたこ焼きパーティーなんかを開催しています。
都会に比べれば娯楽の少ないこの場所で、皆さんにとっての「日常の楽しみ」になってほしいです。

そして何より私自身も、その輪の中で楽しく生活ができたら、そんなに嬉しいことはありません。



40代で転職をお考えの方に、お薦めの転職サービス

1位JACリクルートメント

JACリクルートメント
ミドル世代の転職者へのサポートに強く、かつグローバル企業、海外勤務の求人情報も多数
実績豊富なキャリアコンサルタントに対するサービス満足度も高い、「ステップアップの転職」を目指す際はぜひ登録しておきたい転職サービス!

2位CAREER CARVER(キャリアカーバー)

CAREER CARVER(キャリアカーバー)
国内人材紹介企業No1のリクルートが展開する、ハイクラス・エグゼクティブ向け転職サービス

エージェント・ヘッドハンターは厳選されたメンバーで構成され、ミドル世代からの転職はじめ、高年収や経営ボードを狙う求職者に対して、妥協しない転職活動を支援します。

3位dodaエグゼクティブ

dodaエグゼクティブ
国内求人数TOPクラス、かつ全国展開の「doda」が展開する、ハイクラス・エグゼクティブに特化した転職支援サービス

次のステージにステップアップしたい」30代~50代の方に、熟練のキャリアアドバイザーが「満足いく転職」を共に目指してくれます。
良かったら、評価のご協力をお願いします!
この記事が参考になったら、
にチェックしてください!
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
(平均5.00
Loading...

その他の転職ストーリーを見る

オススメ転職ストーリー

関連する転職ストーリーを探す

<スポンサーリンク>