『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代ビジネスマン男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

私の転職体験談:「心からの接客がしたい」そんな私が転職したのは、ケーブルテレビ局でした。


10

転職前

BEFORE
職業
レストラン店長
職種
飲食・サービス
従業員規模
30人
年収
420万円
会社名

転職後

AFTER
職業
ケーブルテレビ局
職種
営業
従業員規模
120人
年収
450万円
会社名

目次

山本さんの転職ストーリー

1これまでの私

「人と接する」ことが好きで。

大学を卒業後18年間、ファミレスで勤務していました。

就活をしていた頃は特に目指したい職種もなく、「人と接することが好き」と言う理由でファミレスの採用面接を受け、そこで内定が決まったので働くことにしたのです。
学生時代にも居酒屋でバイトしており、お客様からの「ありがとう」がすごく嬉しかったのも理由の一つです。

就職してすぐはマニュアル順守で、言ってしまえば機械的に業務を行っていましたね。
しかしそれは私の求めていた接客業の形ではなかったので、お客様との距離が近づくサービスの提案なども積極的に行っていました。そういった姿勢を、上司からはそれなりに評価していただいていました。

たとえばお店の回転率。従来は客単価を上げることを一番に掲げていましたが、+αでお客様に「また来たい!」と思ってもらえるにはどうしたらいいか。
そんなことを日々考えていました。

仕事はとても充実していて、気づいたら夜中になっていた、なんてこともありました。
でもそれも苦痛ではなかったんですよね。


私が30代に差し掛かったころ、店長に昇進することになりました。
それからは従業員のシフト表を作成したり、仕入れ売り上げ管理も一手に引き受けていました。

仕事をこなせばこなす分だけ肩書も上がっていくのですが(最終的にはエリアマネージャーにまで昇進しました)、一方で仕事はお客様から離れた経営にまつわるものばかり

(こういう仕事をしたかったわけじゃないんだけどなあ……)

そんな気持ちを抱えるようになっていきました。



2転職のきっかけ

「俺が目指していたのって、こういうことだっけ?」

ちょうど店長になったくらいの時期に、私は結婚し、2人の子供にも恵まれました。
私生活は何一つ不自由していない分、

(仕事は生活のための手段。家族を守るためだ)

そんな風に仕事への思いを割り切るようになっていました。
毎日毎日、パソコンとにらめっこの仕事です。

その時はまだ「転職しよう」という頭ではなかったのですが、ある日転機が訪れました。


それは学生時代の友人に再会した時です。
彼はケーブルテレビ局の営業として働いていました。

友人

「地域ごとにケーブル局ってのがあって、そこから各地域にテレビの電波を経由させているんだけど……」

彼の説明を聞いているうちに、私の中で徐々にこみ上げてくるものを感じたのです。

「やっぱりその仕事って、地域の人たちと関わったりするわけ?」

友人

「そりゃあね。地域の人たちからの信頼が無ければ成り立たないよ」

……目が覚める思いでした。
私がいつの間にか忘れてしまっていた「心のこもった人付き合い」が、彼の生活では当たり前なのだ。

お年寄りのお宅に訪問する際は、雑談やリモコンの使い方なども教える機会があるそうです。
ただモノを売るだけの仕事ではない。その仕事に、私は夢を託したい気持ちになりました。



3転職活動中

心からの接客をしていきたい。

さっそく友人の勤務するケーブルテレビ局のサイトから求人応募をしました。

ケーブルテレビ局には大きく分けて「制作」「保守管理」「営業」の3つの分野があります。
私は最も人と触れ合う機会の多い営業職で応募をしました。

友人からも上司に掛け合ってくれたと聞いたのですが、すべて人任せというわけにもいかないので、必要な知識は猛勉強しました。
まだ前職も辞めていない時期でしたので、両立はなかなか苦しかったですね。

チャンネルの数、料金セットの内容、リモコンの使い方……。
覚えることは多岐にわたりましたが、とにかく即戦力となれることを目標に勉強を続けました

娘からも

「お父さんがんばってるね。わたしもがんばる!」

と言われ、励みになりました。

採用面接でも勉強した知識や、私の仕事への熱意を汲んでいただき、無事に内定をいただくことができました。



4転職後

新しい職場で、待ち受けていた状況は。

入社後にまず思ったことは「勉強してきたことは氷山の一角に過ぎなかったのだな」ということです。

上司について回り、様々な業務をレクチャーしていただいたのですが、知らないことが山ほどありました。

ある時、先輩の訪問に同行したのですが、

上司

「〇〇さん、最近テレビ見てて直してほしい事とかないですか?」

と、そのお宅の方にフランクに話しかけていました。
そこで聞いた相談や不満はすぐに社内に持ち帰り、品質改善へと繋げられるのです。

(これこそ、やりたかった仕事だ)

そう実感しました。
いずれは私も独り立ちし、お客様と接することができるようになると思うと、毎日が喜びに満ち溢れるようでしたね。



5その後、どうなったか。

転職を振り返って、今思うこと。これから、目指したいこと。

転職は大成功だったと思います。

学生時代のバイトでの「ありがとう」がきっかけで、今に繋がっている。
そしてその「ありがとう」の背景には、お客様に心から信頼してもらえるようなこちらのサービス提供がなければいけないと、新たに学ぶこともありました。

私の仕事への信念、情熱は、前職での経験もあってこそです。

前職の仕事でも、もっとお客様のためにできることはあったと思います。その点が少し心残りですね。



◇ ◇ ◇



私の営業エリアには高齢のお客様がたくさんいます。
その中には身体が不自由で、テレビが唯一の楽しみなのだとおっしゃられる方もいます。

そんな方々のためにも、より楽しめる、より負担の少ないサービスを提供していきたいと考えています。

そのためにはやはり、たくさんの知識が必要になってくると思いますので、日々の勉強は怠らないようにしたいです。
お客様の笑顔のために、これからも精進していきます。



40代で転職をお考えの方に、お薦めの転職サービス

1位JACリクルートメント

JACリクルートメント
ミドル世代の転職者へのサポートに強く、かつグローバル企業、海外勤務の求人情報も多数
実績豊富なキャリアコンサルタントに対するサービス満足度も高い、「ステップアップの転職」を目指す際はぜひ登録しておきたい転職サービス!

2位CAREER CARVER(キャリアカーバー)

CAREER CARVER(キャリアカーバー)
国内人材紹介企業No1のリクルートが展開する、ハイクラス・エグゼクティブ向け転職サービス

エージェント・ヘッドハンターは厳選されたメンバーで構成され、ミドル世代からの転職はじめ、高年収や経営ボードを狙う求職者に対して、妥協しない転職活動を支援します。

3位dodaエグゼクティブ

dodaエグゼクティブ
国内求人数TOPクラス、かつ全国展開の「doda」が展開する、ハイクラス・エグゼクティブに特化した転職支援サービス

次のステージにステップアップしたい」30代~50代の方に、熟練のキャリアアドバイザーが「満足いく転職」を共に目指してくれます。
良かったら、評価のご協力をお願いします!
この記事が参考になったら、
にチェックしてください!
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
(平均5.00
Loading...

その他の転職ストーリーを見る

オススメ転職ストーリー

<スポンサーリンク>