『みんなの転職「体験談」。』
『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

私の転職体験談:父の介護を機に転職。パチンコ店からホテルサービススタッフへ。

転職前

BEFORE
職業
パチンコ店主任
職種
サービス
従業員規模
100名
年収
500万円

転職後

AFTER
職業
ホテル従業員
職種
サービス
従業員規模
約30人
年収
300万円

目次

木下さんの転職ストーリー

1これまでの私

パチンコが好きで就職し、主任にまでなって。

イメージ図:パチンコが好きで就職し、主任にまでなって。

私が転職をしたのは、今から3年前です。
当時は大手のパチンコ店で主任を務めていました。

主任と言っても他の社員と業務内容は同じで、新規店舗立ち上げに際しての出張が多いのが、まあ主任の役割だったでしょうか。

学生時代にパチンコにハマって、自分の好きなものを仕事にできたらいいな、と思っていたので、仕事自体はとてもやりがいがありました。
パチンコが趣味と言うとあまり良い印象を持たれないかもしれませんが、結構奥深いものです。

30歳の時に結婚をしていて、子供は居ませんが、夫婦二人で仲よく暮らしています。

趣味はやっぱりパチンコで、けれど店員として働くようになってからは、半分は仕事に活かすための視察のような意味合いが強かったです。

そんな感じで、私の生活の中心は仕事でした。

2転職のきっかけ

父の介護を考え、転職を決意。

イメージ図:父の介護を考え、転職を決意。

転職のきっかけは父の介護でした。

当時父は70代後半、母も70代前半でした。
なので、「介護にはまだ早い」という感覚はあまり無かったですね。

世間的にも晩婚化が進んできていますから、このような家庭は珍しくないんじゃないでしょうか。

父が倒れたのは約一年前。
しばらくは母が面倒を見ていたのですが、老老介護ですから、母も疲れが溜まってしまったのです。

(このままでは、父よりも母の方が寿命を縮めてしまうかもしれない)という危機感もありました。

一方で、私が介護を引き受けるとなると、今のパチンコ店の業務を続けること難しいことは分かっていました。

悩んだ結果、私は退職することにしました。
介護と両立できる仕事を新たに見つけるためにです。

3転職活動中

40代の希望条件多めの転職活動。──当然、なかなか決まらない。

イメージ図:40代の希望条件多めの転職活動。──当然、なかなか決まらない。

転職にあたっての希望条件は、介護のために、あまり不規則でない業務形態の会社であることでした。

主にハローワークに通って活動していました。

でも、その時の私の心境としては、

(しばらく転職活動をしてみて、良さそうな求人が無ければ、今の職場に復帰しよう)

そんな心持ちで、どちらかというと転職活動には積極的ではありませんでした
数ヶ月が過ぎ、未だ転職先は決まらずでしたが、そのときはさして焦りは無かったのです。

それからまた数ヶ月経って、父の介護はヘルパーさんにお任せすることで、大分周囲の負担は軽減しました。ですが、当の私の方は未だに転職活動を続けていました。

事務職」で希望を出していたのですが、全然条件が合いません。
次第に焦りを感じ始めていました。

私は40代でしたから、その状況から未経験での事務職転職は、ほとんど不可能に近かったのかもしれません。

それから方針を変えて、前職と同じサービス業で求人を探しました。

(ここだったら、未経験でもうまくやれそうだ)と思って応募して、そして内定をもらえたのは(ホテルサービススタッフ)の仕事でした。

実家から近かったですし、「仕方なく」、そんな心持ちでの転職でした。

4転職後

新しい職場で、待ち受けていた状況は。

イメージ図:未経験からのホテルサービススタッフの仕事

あまり乗り気ではない状態で就職した、ホテルサービススタッフでしたが、職場に恵まれたのか、今ではとてもやりがいを感じています。

面接の際に家庭の状況を正直にお話ししたのですが、理解を示してくれました。
父の具合が悪かったり、デイケアの送り迎えをしなければならない時も、休みを取らせてもらえたりシフト調整を行っていただいています。

とても印象に残る、出来事がありました。

父が体調が悪く入院していたのですが、父から「家に帰りたいから迎えに来てくれ」と連絡が来ました。
急遽、病院まで父を迎えに行くことになったのです。

しかし職場の状況も、季節性の風邪で休んでいる人が多く、私が抜けるとかなり業務に支障が出てしまいそうでした。

悩んでいたところ、同僚の一人が事情を聞きつけ、上司に掛け合ってくれたのです。
そして上司も、本当は忙しい状況だったに違いありませんが、快く私を送り出してくれました。

後から思い返しても、その同僚・上司には感謝が絶えません。

5その後、どうなったか。

転職を振り返って、今思うこと。これから、目指したいこと。

今回の転職で気づけたことは、両親の大切さ

言葉にするのは気恥ずかしいですが、今回の転職で改めて、両親の大切さに気付けました。

そして、ともに働く人たちによって、仕事の質も変わってくるということも学びました。

反対に後悔しているのが、転職活動を始めたばかりの頃の、私自身の「何とかなるでしょ」という日和見な気持ちです。
もっと早くやる気を出して、父の介護をして、母を楽にしてあげればよかったと思います。

当時のことを思い返すと、転職をして今までの地位を失う不安と、財政状態を気にしていたのだと思います。

転職をして、やはり給与は下がりましたので、自分の将来なども考えると不安は残ります。

◇ ◇ ◇

今後は副業も始めてみようと考えています。

給与UPを目指してもう一度転職するにはリスクが大きいので、副業で稼ぎながら生活基盤を整えていこうというわけです。

今の職場にも、不満は一切無いですし。

介護と言っても、常に付きっきりというわけでもないので、用事がある時にすぐに駆け付けられるような、たとえば自宅でできるデスクワークなどが理想です。

今はネットでできる副業も増えていますし、どんどん挑戦していきたいです。

目次[ 閉じる ]