『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代ビジネスマン男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

私の転職体験談:幹部候補として異動した矢先の経営難…そのとき私は。

転職前

BEFORE
職業
食品製造会社
職種
総務
従業員規模
120名程度
年収
340万円
会社名

転職後

AFTER
職業
食品製造会社
職種
総務
従業員規模
50名
年収
370万円
会社名

目次

TOBYさんの転職ストーリー

1これまでの私

幹部候補として栄転。

転職したのは6年前、35歳の時です。

当時は食品製造を行う会社の総務部に属していました。
会社自体の歴史も長いのですが、働く社員も古参の者が多かった印象です。

会社の存続・発展のためには、若手社員の採用と育成が必要」とは、当時の上層部が口を酸っぱくして言っていた言葉です。
ですので、その一環でしょうか、当時まだ35歳の私が幹部候補として挙げられ、総務部に異動になったのはかなりの栄転であったと思います。

私には妻と娘が2人います。
家族を不自由なく養っていくためにも、自分の力を最大限発揮し、キャリアを積み上げていくことが目標となっていました。



2転職のきっかけ

給与未払い、その実態は。

幹部候補の1人として、徐々に中核を担う仕事を任されるようになってしばらく経った日のことです。
給料日に、妻から不安そうな声で電話がかかってきたのです。

私は家計の管理を妻に一任しているのですが、

「今日って給料日だよね? 一円も振り込まれてないんだけど……」

私はまさ総務部として、社員の給与計算を担う部署にいましたが、まだ実績を積む過程であり、給与計算の過程はタッチしていない状態でした。
ですので妻の声を聴いているうちに、私もだんだんと不安になってきまして。

「きっと何かの手違いだよ。上司に確認してみるから安心して」

そう妻に言い置き、私は上司の元へ確認をしに向かいました。

するとそこには、私と同じような心境だったのでしょう、数人の社員が上司の元へ訴え出ている状況でした。
なんと給与未払いは手違いでも何でもなく、意図的なものであったというのです。

そこで私も初めて知ったのですが、随分と前から会社は経営難であったということです。
幹部候補として働きながらも、その事実については一切伝えられていなかったことにも腹が立ちましたし、
何よりも許せなかったのが、社長がその日以来、自宅に閉じこもり、一切社員と顔を合わせなくなったことです。

(この会社に未来は無さそうだ)

私が転職を決意した瞬間でした。



3転職活動中

転職エージェントとの出会い。

転職活動にあたっては、まずハローワークに通いました。

私が転職を始めたころ、転職市場的には不景気で、応募しても書類の段階で落とされてしまうことがほとんどでした。

私は次第に焦りを感じました。
ふと脳裏に過ぎるのが、家族全員、路頭に迷う姿……。

藁にも縋る思いでした。
当時を振り返ってみると、私は転職についての知識をほとんど持ち合わせていなかったのです。

ですので「転職エージェント」の存在を知った時は、まさに目からウロコでした。
さっそく登録し、翌日には担当エージェントから連絡が来ました。

後日、面談のために伺うと、早くも求人をいくつか紹介してくださりました。
その中で私の希望とも見合う一社に連絡を取ってもらい、面接へと足を運びました。

2時間近くに及ぶ長い面接でしたが、私の経歴や熱意などにしっかりと耳を傾けてくれ、後日採用通知をいただくことができました。
妻もホッとしたのか、その通知を見て涙を流していました。

転職エージェントの存在が無ければ、妻にもっと不安な思いをさせていたと思います。



4転職後

新しい職場で、待ち受けていた状況は。

新天地で、心機一転、挑むような気持ちで初出社日を迎えました。
私は再び、総務部での採用をいただきました。

いくら経験のある職であるとはいえ、この会社では新人に過ぎません。
決して驕らず、謙虚な姿勢を忘れず仕事を続けました。

そして実際に業務に就いてみれば、いくら前職と同じ業務と言えども、前職でのルールがほとんど通用しないことも知りました。
ほとんど0からのスタートと言っても過言ではなかったと思います。
こだわりやプライドは一切捨て、新卒社員の頃のように学んでいきました。

一般社員としての入社でしたが、努力が実ったのか、翌年には主任に昇格することができました。



5その後、どうなったか。

転職を振り返って、今思うこと。これから、目指したいこと。

転職は人生において、また、本人だけでなく家族にとっても大きな決断だと思います。

先行きの見えない道に踏み出すので、不安も大きいと思います。

それでもチャレンジするということが重要なのだと、自らの体験をもって学びました。
そしてチャレンジしたい気持ちがあるなら、それは抑えるべきではないと思います

ただ、家族がいる場合、その存在も決してないがしろにしてはいけないと思います。
家族の理解を得られたうえで、まだ見ぬ未来へ向かっていく。
転職とはそういう行為だと思います。



◇ ◇ ◇



今後は、支えてくれた家族のためにも、今いる場所で上を目指してひた走っていきたいです。

具体的にはスキルアップを叶えることと、それに伴い昇進・給与を上げることです。
そのために資格取得やセミナー受講など、できることは何でもやっていきたいと思います。

簿記検定社会保険労務士資格・中小企業診断士資格など、気になるものはたくさんあります。

家族への恩返しと、不自由のない暮らしのために、自分を高めていけると良いと思います。



30代で転職をお考えの方に、お薦めの転職サービス

1位JACリクルートメント

JACリクルートメント
ミドル世代の転職者へのサポートに強く、かつグローバル企業、海外勤務の求人情報も多数
実績豊富なキャリアコンサルタントに対するサービス満足度も高い、「ステップアップの転職」を目指す際はぜひ登録しておきたい転職サービス!

2位doda(デューダ)

doda(デューダ)
全国対応、かつ国内トップレベルの膨大な求人数!

すべての業種・職種を網羅した求人情報だけでなく、キャリアアドバイザーの良質なサポートで、転職成功者の実績・評判が共に高い、初めに登録しておきたい鉄板の転職サービスです。

3位CAREER CARVER(キャリアカーバー)

CAREER CARVER(キャリアカーバー)
国内人材紹介企業No1のリクルートが展開する、ハイクラス・エグゼクティブ向け転職サービス

エージェント・ヘッドハンターは厳選されたメンバーで構成され、ミドル世代からの転職はじめ、高年収や経営ボードを狙う求職者に対して、妥協しない転職活動を支援します。