『みんなの転職「体験談」。』
『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

40代にして役職の無い私。そんな私がヘッドハンティングを受けて舞い上がり……。|転職体験談

転職前

BEFORE
職業
半導体メーカー
職種
生産管理エンジニア
従業員規模
100名
年収
500万円

転職後

AFTER
職業
半導体メーカー
職種
生産管理エンジニア
従業員規模
50名
年収
700万円

目次

juju-memeさんの転職ストーリー

1これまでの私

真面目にコツコツとこなすタイプ。

イメージ図:真面目にコツコツとこなすタイプ。

ものづくりエンジニアとして、半導体関連の部品を製造する部署に勤めていました。

役職は無く、主に品質・技術・プロセスの担当を担っていました。

仕事のやりがいは、自分の企画が通った時ですね。
採用されないときの方が圧倒的に多いのですが、見事採用された時は努力が認められた気分になります。

私の性格は「真面目でコツコツ」だと自負しています。
与えられた役割は、きちんと誠意を持って対応するのが信条です。

家族構成は妻と1人の子供に恵まれています。
子育ても妻に任せきりではなく、私もかなり前のめりになって行っていたと思います。

「この子が将来、どんな大人になるのか」
楽しみで仕方ありません。

2転職のきっかけ

上司からの陰湿なパワハラ。

イメージ図:上司からの陰湿なパワハラ。

転職に至った経緯は、職場の人間関係でした。

主に直属の上司との折り合いが悪く、しょっちゅう衝突を繰り返していました。

転職した今になって振り返ってみれば、当時の上司は相当なパワハラ気質の持ち主だったと思います。

私の業務中、背後に立っては、

上司

「何? まだその仕事してんの? ほんと遅いな」

なんてことをボソッと呟いて去っていくのです。

はじめのうちは「なにくそ」と思って頑張っていたんですけど、そんなやりとりが毎日のように続いて、精神的にも追いつめられるようになりました。

40歳も過ぎて役職が無いということは、同期に比べて評価が低いということです。その点は自覚していました。

しかし、私だって真剣に仕事をしています。
評価が低かろうがまるで邪魔者のように扱われては、私だって腸が煮えくり返るというものです。

3転職活動中

「渡りに船」のように、転がり込んできた話。

イメージ図:ヘッドハンティングを受ける

そんなわけで転職活動に踏み切ったわけですが、幸いにも別部署の上司から「紹介したい仕事がある」と、働き口を紹介されたのです。

おかげで、転職活動は自分から求人応募をほとんどすることなく、至ってスムーズに進みました。

その上司は、私が部署内で憂き目に遭っていることは気にかけてくれていたようで、ヘッドハンティングと言えば聞こえはいいですが、要は見かねて助け舟を出してくれたのです。

話を受けた日、家に帰ってそのことを妻に話すと、

「たしかに優しい上司さんだとは思うけど、100%信じ切っちゃって大丈夫なの? 待遇とか、もっと詳しく聞いといた方がいいんじゃない?」

そう言われましたが、私としましてはその上司が心から信頼のおける人間であると信じて疑っていませんでした。

ですので妻の忠告もそこそこに、二つ返事でお誘いを受けたわけです。

今となっては、その選択が悔やまれるわけでもありますが……。

4転職後

新しい職場で、待ち受けていた状況は。

イメージ図:新しい職場で、待ち受けていた状況は。

晴れて新しい職場に移った私でしたが、その期待はすぐに裏切られる結果となりました。

給与は増えたものの、それ以外の条件が悪かったのです。

たとえば、残業は40時間のみなし労働制。以前のように「ちょっとの残業で、残業代が出る」ということはなくなりました。

それから、有給休暇の割り当てが無かったのです。
これには驚きました。普通の会社であればあって当たり前と思っていました。

そして、とくに辛かったのが、新しい職場の同僚たちは、私の入社をあまり歓迎してくれるような雰囲気でなかったこと。

歓迎会もありませんでしたし、業務も私から声を掛けないかぎり誰も教えてくれませんでした。

それはひとえに、私が「ヘッドハンティング」というかたちで入社したことも関係しているのではないかと思います。

大した経歴があるわけでもないのに、いきなり良い給料をもらっていたのであれば、私だってその人のことを良くは思わないでしょうから。

福利厚生のことよりも、そうした疎外感が溜まらなく辛かったです。

だって、考えてみてください。
前職は上司ひとりからの冷たい仕打ちが続いてそれで転職しようとしたのに、ここではほぼ全員が私にそうなんですから。

転職したのは、明らかに間違いだった…」と、とても落ち込みました。

ですが、だからといってまた転職するのか?というと、それも違うでしょう。
せっかくの上司からの紹介ですし、それに40代過ぎて逃げ癖がついてしまうのも良くありません。

仕事で結果を出して見返してやろう」──そう思い努力しました。

それから半年経って、周囲の人たちが入社時と比べて少しずつ打ち解けて好意的な態度で接してくれるようになりました。

そこで少しホッとしましたが、そこにたどり着くまでがしんどかったです。
40過ぎてからの転職の厳しさを、身に染みて感じました。

5その後、どうなったか。

転職を振り返って、今思うこと。これから、目指したいこと。

イメージ図:転職を振り返って、今思うこと。

やはり、どんなに信頼している人物からの紹介であったとしても、待遇面は事前にきちんと確認しておくべきでした。

そうすれば余計なストレスを感じることもありませんでしたし、「信じていた人に裏切られた」なんて気持ちになることも無かったでしょうから。

住宅も購入し、まだまだローンの返済が残っている状況でした。
もしあのとき再度の転職に踏み切ってしまっていたらと思うと、ぞっとします。

ただ、前職に比べれば遥かに基本給は良いのも事実。
意地悪な上司もいません。

今後はよっぽどのことが無い限り、転職はしないと思いますが、もし必要に迫られることがあれば、そのときは今回の教訓を活かして、慎重に行動していきたいです。

◇ ◇ ◇

転職をして2年が経ちました。

幸いにも、このたび役職をもらうことになりまして。
社会人生活20余年。
かつてない喜びに満たされております。

会社から「コイツは見込みがある」と見なされたと思っての辞令だと認識しているので、その期待に応えられるよう、これからも全力で業務に取り組んでまいりたいです。

また、今回の一連の教訓を活かし、周りの人からのアドバイスにもきちんと耳を傾けながら(仕事場で言えば部下の意見などにもしっかりと耳を傾ける)、さらなる出世を果たしていきたいという野望があります。

目次[ 閉じる ]