『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

転職体験談:40代の転職は、積み上げてきた経験と、ある程度の「見切り」のつけかたと。

転職前

BEFORE
職業
医療事務
職種
事務
従業員規模
300人
年収
280万円
会社名

転職後

AFTER
職業
メーカー
職種
事務
従業員規模
400人
年収
360万円
会社名

目次

hanaさんの転職ストーリー

1これまでの私

患者様を笑顔にする。それが私の信条でした。

30代の頃に医療事務の仕事に就きまして、それから約15年間、キャリアを積んでいきました。

はじめは個人のクリニックに勤めていたのですが、キャリアを重ねていくごとに徐々にいろんな診療科を経験してみたいと思うようになって。

医療事務の仕事は一般的な事務仕事とは違って、患者様と接する機会の多い仕事です。

病院には不安を抱えた顔の方、または晴れやかな顔で病院を後にされる方など、様々な方がいます。

私とのやりとりだけでもせめて、心穏やかに笑顔になっていただきたい。

それが私の仕事への信条であり、やりがいでもありました。



2転職のきっかけ

働いている私たが、笑顔になれない事態になって。

総合病院はとにかく、人の出入りが激しい職場でした。

単に人事異動が頻繁に行われるということもありますが、個人的に辞めていってしまう方もたくさんいました。

勤め始めの頃はそこまで気に留めていなかったのですが、やはり人の出入りが激しいというのは、その環境に原因があるということです

勤めてから半年がたった頃。

よく面倒を見てもらっていた事務長さんがクビになったのです。

驚きました。仕事に対しても人に対しても、とにかく誠実で優しい方でしたから。

聞くところによると、仕事への考え方で院長と衝突してしまい、このような結末を迎えたとのことです。

私はそのような私見で平気で人をクビにしてしまう、病院の組織体制に大きな疑問を抱きました。

それは他の同僚たちも同じだったようです。

病院への不信感をあらわにした数人の同僚たちが、一気に辞めていったのです。

彼らの気持ちはじゅうぶんに理解できましたが、私には家庭もあり、そう簡単に辞めてしまうわけにはいかないのでした。

そして彼らの手が無くなった職場は、その穴を埋めるために一層忙しくなります。

私はとにかく時期を待つことにしました。

一時の感情で辞めて後悔しないよう、しっかりと転職の準備を進めたうえで行動していこうと。



3転職活動中

45歳、転職活動開始。

とはいえ、当時私は45歳。

転職市場的に言っても、引く手数多とは決して言えない状況でした。

私はこれまでのほとんどを事務員として過ごしてきましたから、今さら新しい職に就くのは無理があるだろうと思いました。

同じ事務職で、かつ安定的に仕事ができて。

そのような条件で仕事を見ているうちに、あるメーカーのOA事務の求人を見つけました。

OA事務とは

Office Automationの略。
主にWordやExcelを駆使したデータ入力、文書・資料作成などの事務を担う。

PCスキルはこれまでの経験から申し分ないレベルだと推測しました。

一つ懸念事項があったとすれば、その求人が正社員ではなく「派遣社員」の契約だったことでしょうか。

しかし、今の年齢で働き口がある時点で、それは幸福なことなんじゃないか。

また、契約後半年での正社員登用の実績もあるとのことでしたので、私のスキルや経験とマッチした職場はここだ、というふうに思いました。



4転職後

新しい職場で、待ち受けていた状況は。

職場で退職者が出てしまったために、その欠員の補充に私が充てられた、というかたちになるのでしょうか。

以前に仕事をされていた方が唐突に辞めてしまったらしく、正式な引継ぎ作業はほとんどない中での仕事でした。

いくらPCを使いこなせるからといっても、初めての会社のやり方に順応していくのは、なかなか至難の業でした。

マニュアルを必死に見漁ったり、おそるおそる会社の人に尋ねたり、引継ぎの数週間はてんやわんやの状態でした。

必死に食らいついたかいもあってか、職場には割と早くに馴染んでいくことができました。

そして勤めて半年後、私は晴れて正社員となったのです。



5その後、どうなったか。

転職を振り返って、今思うこと。これから、目指したいこと。

40代の、女性の転職は想像以上に難易度が高いものでした。

私は早くに「派遣社員でもよいか」と見切りをつけ、結果として正社員になる幸運に恵まれましたが、
「正社員一本」での転職活動は、結構な時間を要することは覚悟しておいた方がいいかもしれません

「最終的に正社員として働ければいい」というのであれば、
最近では「派遣」の仕事を専門に紹介してくださるエージェントもたくさんあるようです。

私も何度か利用しました。
面接練習なども丁寧にしてくださったおかげで、面接当日はあまり肩肘張らずにリラックスして臨めた気がします。



◇ ◇ ◇



今後、目指してみたいのは「英語の勉強」です。

今の会社はメーカーなので、何人か外国人の方も働いています。

海外の取引先も多数あり、この間は海外企業とのテレビ会議の場に同席しました。

正直、そこでの会話のほとんどは聞き取れませんでしたので、英語をこの機会に学び直してみるのもよいのではないか、と思っています。

定年までしっかり勤め上げたいと思っているので、自分のスキルを高めていくために時間を惜しまないようにしたいです。



女性で転職をお考えの方に、お薦めの転職サービス

1位doda(デューダ)

doda(デューダ)
全国対応、かつ国内トップレベルの膨大な求人数!

すべての業種・職種を網羅した求人情報だけでなく、キャリアアドバイザーの良質なサポートで、転職成功者の実績・評判が共に高い、初めに登録しておきたい鉄板の転職サービスです。

2位type女性の転職エージェント

type女性の転職エージェント
女性の活躍をサポートすることに特化したサービス! キャリアアドバイザーは女性が中心サービス・販売系の職種を中心に、女性が活躍しやすい職種や業種の求人を多数保有。女性ならではの視点でのカウンセリングは、多くの方から好評です。

3位パソナキャリア

パソナキャリア
手厚く、そして親身な転職者支援で評判の高いパソナキャリア幅広い業界に向けての求人案内数と、地方転職者含めた全国の方々がサービスを利用できる体制を整えています。
はじめての転職ならではの不安や疑問を解消できるよう、転職活動のやり方や自己PRの仕方など、丁寧にサポートしています。
レビューを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

レビューの平均:  
 0 レビュー