『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

転職体験談:向かい風の転職活動で支えになったのは、事務の経験と、資格の存在でした。

転職前

BEFORE
職業
医療事務
職種
事務職
従業員規模
100名
年収
300万円
会社名

転職後

AFTER
職業
医療事務
職種
事務職
従業員規模
200名
年収
350万円
会社名

目次

ゆうさんの転職ストーリー

1これまでの私

役に立つ資格を持っておきたくて、医療事務の仕事に。

病院の事務職をしています。
転職前も、転職後の今も同じです。

もともと事務の仕事がしたいというのもあって、はじめの就職活動のときは違う仕事に就いていたのですが、がんばって必要な資格を取得し、県立病院の事務職の仕事を得たのでした。

そんな熱い情熱があったからこそ、ちょっとやそっとの挫折でへこたれたりはしない、という自信がありました。

実際、つらいことの多い仕事です。
病院はなにかしら体調に不安を抱える患者様が来院されるので、そういった人たちの、どこか寂しそうな顔を見ていると、ときどきこちらもそれに引っ張られてしまうことがあって。

けれど、病院で働くわたしたちが暗い顔をしていては、患者様はもっと不安な気持ちになってしまいます。
つらくても笑顔を絶やさない、いつしかそれが当たり前になっていました。


20代半ばのころに結婚をしましたが、わたしの方が帰りが遅く、主婦としての働きは不十分だったと思います。

「仕事さえきちんとしていれば、あとは適当でいいのか」
本来なら奥さんが夫にたいして抱きそうな不満でしたが、わたしはそれを自分自身に感じていました。
夫はやさしいので、面と向かってわたしになにかを言うことはなかったので、余計に罪悪感がありました。

毎日が仕事場と家の往復。
2人の子供にも恵まれ、かわりばえはしないものの、充実した毎日でした。





2転職のきっかけ

仕事の充実と、家族との時間と。

わたしの職場は、残業代は固定費で支払われます。
それ以上の支払いはありませんでした。

あまり給与をモチベーションに結びつけて考えてしまうと、あとあと大変な思いをしそうな気がしたので、これまでは目を背けていたのですが、子供も成長するにつれ、家庭の出費も増えていくものです。

いつしか家族旅行は年に一回に、毎日の食卓からおかずを一品減らし……。

そんな日々がつづくなかでふと「こんなに我慢をしてまで、今の職場にいる必要って?」という思いがよぎってしまいました。

仕事と家庭をてんびんにかけるという考え方はあまり正しくないかもしれませんが、わたしは家族と一緒に過ごせる時間を犠牲にしてまで働きたくはありませんでした。



3転職活動中

とにかくがむしゃらに応募しつづけた結果。

転職活動でのいちばんのネックは、やはり年齢でした。
身近にも40代で転職した知人を見かけなかったので、「だいじょうぶかな…」と不安でした。

少しでもその不安を払しょくしたくて、転職サイト・転職エージェントにはたくさん登録しました。
プロのエージェントの方からアドバイスをもらうと、それだけで勇気が湧いてきたりもしました。

ただ、転職活動じたいは結構ボロボロで。
単純に、書類選考より先にぜんぜん進めなかったんですね。

なんども届く「不採用」の通知に、だんだん気持ちも滅入ってきてしまいました。

なので「転職のコツ」みたいなものを聞かれても、きっとわたしは「わかりません」と答えると思います。
とにかくたくさん応募して、これまでの経験をアピールして。
それをくりかえしてなんとか手に入れた内定でした。



4転職後

新しい職場で、待ち受けていた状況は。

あたらしい職場は、若い女性ばかりで、正直さいしょは輪の中に入るのが難しかったです。

5歳離れているだけでもこんなに話が合わないんだって、カルチャーショックも感じたりして。


わたしがいちばん驚いたのは、事務の仕事はどこに行ってもだいたい同じ、と思っていたのですが、職場によって細かなルールに違いがあったりして、ときには「本当におなじ仕事?」という気持ちにもなることでした。

おそらく、病院事務の経験はわたしがいちばん長かったと思います。
けれども、年上でも新人は新人なんだなと思い知らされました。

そんなふうに戸惑うことも多い職場でしたが、今ではすっかりこの雰囲気が馴染んでいます。



5その後、どうなったか。

転職を振り返って、今思うこと。これから、目指したいこと。

年齢というネックを乗り越えて転職ができたのは、これまでの経験と資格があってのことだったと思っています。
その点で、役に立つ資格を身につけられたのは、ほんとうによかったなと思います。

また、なにごとも二の足を踏んでいてはなにも前に進めないということも実感しました。

いくつになっても、チャレンジすることを忘れないようにしたいです。

幸いなことに、いまの職場ではそこまで常識外の残業に見舞われたり、といったこともありませんし、働いた分のお金はきちんと支払われる環境です。

家族との時間を大切にしたい、という目標を掲げていたわたしの転職は、大成功だったということになります。





女性で転職をお考えの方に、お薦めの転職サービス

1位マイナビエージェント

マイナビエージェント
全国約60か所にわたる拠点ネットワークで、地方でも転職者とのOne to Oneのコミュニケーションが可能!

転職エージェントのきめ細やかなサポート」で定評の、満足度も抜群に高い転職エージェントサービスです。

2位doda(デューダ)

doda(デューダ)
全国対応、かつ国内トップレベルの膨大な求人数!

すべての業種・職種を網羅した求人情報だけでなく、キャリアアドバイザーの良質なサポートで、転職成功者の実績・評判が共に高い、初めに登録しておきたい鉄板の転職サービスです。

3位type女性の転職エージェント

type女性の転職エージェント
女性の活躍をサポートすることに特化したサービス! キャリアアドバイザーは女性が中心サービス・販売系の職種を中心に、女性が活躍しやすい職種や業種の求人を多数保有。女性ならではの視点でのカウンセリングは、多くの方から好評です。
レビューを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

レビューの平均:  
 0 レビュー