『みんなの転職「体験談」。』
『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

転職体験談:40代で初めての転職、ITベンチャーのシステム管理部責任者に

転職前

BEFORE
職業
システムエンジニア
職種
システム管理者
従業員規模
420名
年収
480万円
会社名

転職後

AFTER
職業
システムエンジニア
職種
システム管理部責任者
従業員規模
45名
年収
430万円
会社名

目次

リョーサンさんの転職ストーリー

1これまでの私

プログラマーからSEへ転向して10年、平穏に生活していた

大学卒業後、私はプログラマーとして働いていました。

ですが、プログラマーとしての給与は数年で上限に達してしまい、その後SEへ転向しました。

SE(システムエンジニア)とは

SE(システムエンジニア)とは、ITに関わるシステム構築を担う人のことです。

顧客または社内の「要望」または「抱えている問題点」をヒアリングをして、解決に向けて要件定義、システム設計、開発(プログラミング)の指示、テスト運用等を行います。


それから10年が経過して、結婚して家庭を持つようになって。

子供が小学校へ入学した際に、

(これから定年までのキャリア形成を、どうしようか…)

と悩むようになりました。

一方で、子供が大学卒業するまでは、(今のペースで、健康に気をつけて無理をせず働き続けて行ければいいだろう)という保守的な想いもあって。

若いころはキャリアアップへの意識が強かったのですが、子供ができてからは「現在のポジションをいかに維持していくか」と、知らずのうちに考えが変わっていきました。





2転職のきっかけ

会社の方針が変わり、家庭のことを考え転職することに

これまで通り、働いていられれば」──そう思っていた矢先のことです。

会社が社内業務をインド等の海外にアウトソースするようになって、私自身も海外赴任有りの営業職に近い役回りを会社から打診されました。

これまで私はSEとして転勤や出張を気にせず働けており、そのおかげで子供の成長もしっかり見守ることができていました。

ですが、「海外拠点も含めた営業職」への異動となると、状況は大きく変わります。

更には、同時期に会社側でコストカットを目的とした人員削減を始めるようになって、

(今の状況では、自分自身もリストラの可能性を否定できない…。このまま会社へしがみついていてもジリ貧になってしまう)

と考え、私は人生はじめての転職活動を考えるようになりました。





3転職活動中

希望の仕事を探すためワークポートの転職サービスを利用

妻にもしっかり相談した上で「年収が15%程度落ちても通勤時間が減るなら問題ない」という最低ラインを決めた上で、転職活動を開始することにしました。

登録した転職サービスは、「レバテックキャリア」と「ワークポート」の2社です。

そのうちレバテックキャリアは現職との仕事上のつながりがあったので、念には念を押してワークポートを中心に利用することにしました。

転職への不安は、あまりなかったですね。

ワークポートが「ITベンチャーに強い」転職サービスだったということと、私自身もシステム管理者としての経験を相応に積んでいましたので、思い切って「ここは良さそう」と思える求人企業にどんどん応募していきました。

そして、そのうちの一社から評価をいただき、晴れて内定を得ることができました。





4転職後

新しい職場で、待ち受けていた状況は。

転職後の職場では、新設のシステム管理部門の責任者を任されることになりました。

初出社時には、役員以下が全員で迎えてくれました。

その際、社員の中に顔見知りが2人もいて。驚きましたね。

一人は大学の先輩で営業をしており、もう一人は大学の後輩で経理担当でした。彼らのおかげで、社内事情や新しい業務をキャッチアップする際も相談がしやすく、非常に幸運でした。

一方で、実際の業務自体はかなりシビアでした。

任された部署は当時大赤字で「1年間で黒字化するように」という、ITベンチャーならではの指令もあって。

どう見ても無謀な案件を、

「大赤字だから何とか受注するように頑張ってほしい」

と営業部へ乗り込んで説得したこともありました。





5その後、どうなったか。

転職を振り返って、今思うこと。これから、目指したいこと。

これまでのシステム開発会社は、自社製品として納品から保守契約まで請け負うケースがほとんどだったと思います。

ですが、近年はグローバル化と通信回線が高速化されたことにより、保守管理部分の大半を海外の人件費が安い国へ委託しようとする企業が増えてきており、私はそれを前職で身を以て体験しました。

つまり、自分たちの仕事も「これまで通り」で過ごしてしまうと、いずれ陳腐化して簡単に他社で委託できてしまうのです。

その為、自分が受け持つ仕事に対して、保守的にならずに「常に独自性を持たなければならない」と考えるようになりました。

逆に、そういったスタンスで仕事ができていれば「40代でも即戦力としての転職も可能」だと、私は思っています。

◇ ◇ ◇

転職して気づいたことは、他にもあります。

それは、「営業担当者とシステム管理部門との連携が取れていない会社が多い」ということです。

一方で、ITシステムの会社が中長期的に安定した利益を上げていくためには、営業担当にも一定のシステムについて理解を持ってもらう必要があります。

そこで私は、現在「システム管理部門に強い営業担当者を自ら育てよう」といったことを計画しています。

これは、ITベンチャー企業という少人数で、一人ひとりが幅広い役割を任せてもらえるからこそ出来ることでしょう。

この取り組みがうまくいけば、互いの業務内容について理解も進みやすくなり、部署の垣根を緩くすることにも繋がるのではないか──。最近は、そんなことを考えながら、日々の業務に取り組んでいます。



システムエンジニアで転職をお考えの方に、お薦めの転職サービス

1位マイナビIT AGENT

マイナビIT AGENT
マイナビIT AGENT」は、国内有数の転職サービス「マイナビ」が、IT・Web業界の転職にターゲットを絞った転職エージェント。

数多くの独占求人非公開求人を掲げ、登録からアフターフォローまで一貫した手厚いサポートが人気です。

2位レバテックキャリア

レバテックキャリア
IT・Web系のエンジニア経験者に特化した転職支援サービス! 業界最大級の非公開求人数と、業界情報や技術に精通したキャリアコンサルタントが、転職者に対して、キャリア相談から企業のご提案、条件面交渉などトータルな転職サポートを提供してくれます。

3位WORKPORT(ワークポート)

WORKPORT(ワークポート)
「WORKPORT」は、IT・インターネット業界をはじめ、様々なジャンルの転職サービスを提供している総合人材転職エージェントサービスです。
「ひとつでも多くの可能性を追求できる、専門性の高い転職支援サービスを提供する」というポリシーを掲げ、書類の添削から面接サポート、年収交渉までトータルでサポートしてくれる、心強い転職サービスです。
レビューを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

レビューの平均:  
 0 レビュー
<>