『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

転職体験談:クリーニング工場の機械担当から、建設業の解体屋に転職!

転職前

BEFORE
職業
クリーニング
職種
サービス業
従業員規模
20人
年収
240万円
会社名

転職後

AFTER
職業
解体業
職種
建設業
従業員規模
50人
年収
300万円
会社名

目次

ケイさんの転職ストーリー

1これまでの私

クリーニング工場に勤め、慎ましく生活を送る日々

現在の仕事に転職する前は、町の中規模クリーニング工場に勤めていました。

私自身、あまり物欲がなく贅沢する事もないので、収入は少なくても生活に困ることは特にありませんでした。

また85歳になる母と2人暮らしで、母は80歳まで働いていたのでそこそこの年金収入もあり、2人で生活する上での世帯収入は十分でした。

そうはいっても、このままずっといまの暮らしのままで良いとは思っておらず、

(将来的に自由なお金と時間を作って、何か人の役に立てるようなことをしたいな)

といったことを考えていました。

ですが、だからといってなにか行動に移すこともなく、日々目の前の仕事に取り組んでいました





2転職のきっかけ

勤め先の環境に見切りをつけて、転職することに

当時の私は、クリーニング工場の機械担当をしており、ポジション的には中堅どころといった感じでした

工場では、20代から60代まで幅広い世代の人間が働いていました。

しかし、工場内の人間関係はあまり良いものとは言えず

特に、若い世代と年齢の高い世代との間で、仕事とは関係のないところで言い争いが毎日のようにあって──。

間に入るのはいつも、私たち中堅の従業員です。いつもいつも同じようなやりとりにいい加減ウンザリしていました。

そんな時、「工場内の機械類を一新する関係で従業員が一部解雇される」という噂が耳に入ってきて。

もともと職場の雰囲気に嫌気がさしていたこともあり、この機会に仕事を辞めることにしました。

時を同じくして、一緒に暮らしている母の体調が悪くなりしばらく介護する必要もでてきて、そのことも退職への意思を後押しすることとなりました。





3転職活動中

ノープランで始めた就職活動は、なかなかうまくいかず

前の職場を辞めてはみたものの、全くのノープランで辞めてしまったため、ものすごく不安がありました。

当初、母の体調が悪かったこともあり、しばらくの間は母の介護に専念していました。

収入は母の年金収入だけとなりましたが、多少の蓄えがあったのではじめのうちは生活に困ることはありませんでした。

しかし、貯金も徐々に目減りしていき、

(このままでは生活できなくなるかも)

と次第に考えるように。

新たに職を探すことを考え行動しましたが、なにせ40代です。

仕事があるか、あったとしても雇ってもらえるかとても不安でした。

最初はハローワークで職を探していましたが、なかなかうまくいきません。

そもそも求人の数が少なかったですし、「ここなら良さそうだ」と思って応募しても書類の段階で落とされることがほとんどでした。

そんな日がしばらく続いたある日、私の状況を心配してくれていた友人が今の会社の社長を紹介してくれて、現在の仕事に就くことができて。

本当に幸運でしたね。

私ひとりではきっと、いつまで経っても再就職を決めることができなかったでしょう。





4転職後

新しい職場で、待ち受けていた状況は。

前の職場は機械を操作するだけだったので、体力的には全くキツくない仕事でした。

しかし、今度の職場は建設業。しかも解体屋です。

■解体業者とは
解体屋(解体業者)とは、建物や家屋など構造物を取り壊すことを仕事とする業者のことです。
一般住宅から大きなビル、マンションにいたるまで、さまざまな建物の解体工事を請け負うのが解体業者の特徴です。

はっきりいって体力勝負の仕事です。最初は慣れるまで毎日が筋肉痛との戦いでした。

そんなしんどい中でも、入社の近い同僚と励まし合い、なんとか慣れようと必死でした。

また、こういった仕事は職人気質の世界ですから、わからない事があっても「見て覚えろ」と、なかなか具体的には教えてもらえません。

そういったところは本当に苦労しました。

入社から約一年が経った今ではようやくこの仕事にも慣れてきましたが、まだまだわからない事だらけです。

それに、この業界は若い頃からコツコツ頑張ってきた人が多く、私のような40代で入ってくる人間は少ないようです。

そういう人間に風当たりが強い事もままあるので、そういう点では苦労させられます。





5その後、どうなったか。

転職を振り返って、今思うこと。これから、目指したいこと。

転職を振り返って学んだことは、当然ですが、仕事はノープランで辞めてはいけないということ(笑)。この点は本当に痛感させられました。

自分の生活レベル、毎月の収入と支出、現在の貯金でどのくらい無職でも生活できるか等を、大雑把でいいので把握してから仕事を辞めるべきでした。

できることなら、次の仕事の内定をもらってから前職を辞める事ができればベストだったと思います。

あとは、対人スキルに長けている人ほど転職もその後の仕事もうまくいきやすいと思います。

どんな職場でも、仕事は人との関わり合いです。

得意である必要はありませんが、苦手なままでは苦労するだろうなと感じました。

◇ ◇ ◇

これから目指していきたいことは、とにかく、自由な時間とお金を作り、母親をはじめお世話になった方々に何かお礼ができるようになりたいなと

これまでも漠然とそう考えていましたが、現在は幸いにも前職よりも多くの給料をいただけるようになりましたし、具体的に計画を立てていければと思っています。

それに、貯蓄はけっこう得意な方なので、ある程度の金額までは貯められそうです。

ですが、今の仕事は年齢的にいつまでできるかわかりませんので、頑張れるうちに稼がないとですね。





40代になってから転職をお考えの方に、お薦めの転職サービス

1位JACリクルートメント

JACリクルートメント
ミドル世代の転職者へのサポートに強く、かつグローバル企業、海外勤務の求人情報も多数
実績豊富なキャリアコンサルタントに対するサービス満足度も高い、「ステップアップの転職」を目指す際はぜひ登録しておきたい転職サービス!

2位doda(デューダ)

doda(デューダ)
全国対応、かつ国内トップレベルの膨大な求人数!

すべての業種・職種を網羅した求人情報だけでなく、キャリアアドバイザーの良質なサポートで、転職成功者の実績・評判が共に高い、初めに登録しておきたい鉄板の転職サービスです。

3位CAREER CARVER(キャリアカーバー)

CAREER CARVER(キャリアカーバー)
国内人材紹介企業No1のリクルートが展開する、ハイクラス・エグゼクティブ向け転職サービス

エージェント・ヘッドハンターは厳選されたメンバーで構成され、ミドル世代からの転職はじめ、高年収や経営ボードを狙う求職者に対して、妥協しない転職活動を支援します。
レビューを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

レビューの平均:  
 0 レビュー