『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

転職体験談:飲食業でのブラックな働き方に疑問を持ち、40代で不動産営業に転職

転職前

BEFORE
職業
飲食業
職種
居酒屋店長
従業員規模
連結約3000人単独約1500人
年収
380万程度
会社名

転職後

AFTER
職業
不動産業
職種
賃貸契約営業
従業員規模
11人
年収
300万程度
会社名

目次

清川さんの転職ストーリー

1これまでの私

とにかく毎日が精一杯だった

前々職、私は小学生から高校生まで対応している学習塾で主に運営関係の仕事をしていました

その学習塾はアットホームな雰囲気で、仕事もそれほど忙しくなくて。
年に何回かの国内旅行を楽しみに働いているような、あまり仕事に生きがいを求めるタイプではない私と相性が良かったのを覚えています。

ですが、学習塾の経営難に伴う規模縮小から、やむを得ず退職をすることに。

そうして、その後に入社したのが、前職にあたる居酒屋飲食店です。

その会社は居酒屋中心にチェーン展開をしており、私は店長候補として入社しました。

ですが、私は飲食店の経験は学生時代のファミリーレストランでのホールバイトしかありませんでした。
また、居酒屋チェーン店で働く人は私よりだいぶ若い人たちが大半だったこともあり、なんとなく居心地の悪さや働きにくさも感じていて。

とにかく毎日毎日、やりがいよりも無事に過ごすことで精一杯の時代でした。





2転職のきっかけ

労働環境の悪さを再認識し、転職を決意

改めて当時のことを振り返ってみると、始めから前職を続けることは無理だったように思います。

そもそも私の勤めていた会社は、一般的に入れ替わりの激しいとされている飲食業界の中でも、離職率が特に高いことで知られていました。

おそらくその原因は、店長の役職を持っていた人に、かなり厳しい勤務形態が強いられる環境にあったからだと思います。

例えば、仮にアルバイトさんやパートさんが突発的に休めば、休日であろうと店長は即座に現場に駆けつけなければなりません。

それ自体はふんだんに起こりうることなのですが、この休日出勤は会社からの指示にはならないのです。

店が回らなくなれば店長としての責任を問われてしまうため、そうならないように「自己判断で休日出勤しなければならない」という、自発的なものとする会社のシステムでした。

これは残業についても同様で、店長で正確な自分の労働時間を把握している人は、ほとんどいなかったでしょう。

そんなある日、当時お付き合いしていたパートナーと私の仕事について話しをする機会がありました。

じっくり話をする中で、

パートナー

「冷静に考えて、その職場はおかしいと思う」

と言われて。

たしかにそうだな、と思いました。

このまま、休みの日も安定して確保できずに、また恒常的な残業の日々を続けていては、明るい未来もまったくイメージできません。そのことを再認識した私は、退職を決意しました。





3転職活動中

就職活動中はつらいこともあったが、運よく転職先が見つかる

転職活動をしている時に、つらかったと感じたことは二つあります。

一つ目は、40代という年齢での転職は、私が想像していた以上にハードルが高いと感じたことです。

まず、ハローワークのパソコンで検索をしていても、ヒットするのは、飲食、介護、工場、ドライバーといった身体を使う求人がほとんどでした。

今後、体力が衰えていくことが確実な状態で、これらの求人に応募をするのは、私には勇気のいることで、毎日パソコンを眺めながら踏ん切りのつかない時間を過ごしていました。

二つ目は、周囲の目の厳しさです。

周りから見れば遊んでいるように感じるのか、こちらが懸命に転職活動をしていても

周りの人

「早く働かないといけないよ」

とプレッシャーを掛けられてしまうこともありました。

特に同級生との飲み会では肩身の狭さを感じることが多かったです。

そんな中、とある求人サイトで見つけた会社で、求人サイトで見つけた会社で、営業経験のある人材を年齢不問で募集していたので応募をしたところ、トントン拍子で内定が決まって

これまでなかなか転職が決まらなかったことが嘘であったかのように、すんなりと入社できたのです。ようやく、ホッとしました。





4転職後

新しい職場で、待ち受けていた状況は。

新しい仕事は「不動産営業」でした。
人数は少ないながらも前々職の学習塾に似たような感じのアットホームな雰囲気な職場で、不動産知識が皆無の状態の私に対しても、周りの先輩スタッフさんが丁寧にフォローをしてくれました。

前職で限界を感じていた休日出勤や残業についても、現職場はほとんどありません

もちろん、業務の性質上、お客様やオーナー様の時間に合わせなければならないため、時間は不規則な部分はありますが、許容範囲内でした。

印象深かったのは、はじめて自分で契約を取ったときのことです

その時のお客様は、二人連れの若いご夫婦でした。

旦那様の事情で急に引っ越しをすることになり、東京のことは何も分からず、二人共不安そうな様子で。

何とか良い物件をと思い、場所選びから間取りを入念に打ち合わせ、無事に契約を交わした時に、ご夫婦からとても感謝されて。

嬉しかったですね。久し振りに、仕事に対しての達成感を持つことができました





5その後、どうなったか。

転職を振り返って、今思うこと。これから、目指したいこと。

まず、転職を決意して現在の職場に入社したことを、本当に良かったと実感しています。

もし転職をしていなければ、私は前職の環境を当たり前だと感じ、何か店舗にトラブルが起きた際には自分の責任だと思い込まされてしまっていたことでしょう。

当時は、会社を辞めていく人に対して、「逃げ」だと考えていたところがありますが、今は全く違います。

自分が会社に合わない」──そう感じたときは、会社の人の意見だけではなく、大切な人と話したり、または自分自身で問い掛けてみる方が、正しい答えが出るものなのではないでしょうか。

唯一の後悔と言えるのは、このことにもう少し早く気が付いていれば、あのようなつらい思いを長くすることはなかったのではないかという点です。

しかし、それも今だから思えることかもしれません。

◇ ◇ ◇

今後の目標として、仕事面では「宅建」を取得しようと考えています

不動産業界で宅建は必要とされる資格でもありますし、年令に関係なく先々も使えるものなので、チャレンジしたいです。

プライペート面での目標は、まずは自分の時間を第一に考え、残りの人生を大切に使っていきたいです。

具体的には、行ったことがない都道府県を全て観光して、各地の美味しいものを巡る旅をしたいですね

前職では忙しすぎて大好きな旅行にも行けず、旅行会社で貰ったパンフレットを眺めるだけでしたから、なおさら行きたい思いが強くなっています。

それに、守らなければならない家族も出来ましたので、今後は仕事もプライペートも無理せず穏やかに過ごせていけたらと思います。





40代になってから転職をお考えの方に、お薦めの転職サービス

1位JACリクルートメント

JACリクルートメント
ミドル世代の転職者へのサポートに強く、かつグローバル企業、海外勤務の求人情報も多数
実績豊富なキャリアコンサルタントに対するサービス満足度も高い、「ステップアップの転職」を目指す際はぜひ登録しておきたい転職サービス!

2位doda(デューダ)

doda(デューダ)
全国対応、かつ国内トップレベルの膨大な求人数!

すべての業種・職種を網羅した求人情報だけでなく、キャリアアドバイザーの良質なサポートで、転職成功者の実績・評判が共に高い、初めに登録しておきたい鉄板の転職サービスです。

3位CAREER CARVER(キャリアカーバー)

CAREER CARVER(キャリアカーバー)
国内人材紹介企業No1のリクルートが展開する、ハイクラス・エグゼクティブ向け転職サービス

エージェント・ヘッドハンターは厳選されたメンバーで構成され、ミドル世代からの転職はじめ、高年収や経営ボードを狙う求職者に対して、妥協しない転職活動を支援します。
レビューを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

レビューの平均:  
 0 レビュー