『みんなの転職「体験談」。』
『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

転職体験談:新型コロナの影響で解雇され、在宅ネットワークエンジニアの道へ


10

転職前

BEFORE
職業
IT
職種
ネットワークエンジニア
従業員規模
50名
年収
450万円
会社名

転職後

AFTER
職業
IT
職種
ネットワークエンジニア
従業員規模
150名
年収
380万円
会社名

目次

てんぷーさんの転職ストーリー

1これまでの私

ネットワークエンジニアとして働き、私生活は夫との二人暮らし。

イメージ図:ネットワークエンジニアとして働き、私生活は夫との二人暮らし

転職したのは、新型コロナウイルスの感染が広がりはじめた2020年の3月です。

それまで私は、ネットワークエンジニアの派遣社員として働いていました。

仕事に対してもやりがいを持って取り組めていましたし、ほぼ定時で退社しているのでプライベートの時間も十分に確保できていたので、働き方には非常に満足していました。

ネットワークエンジニアとは

ネットワークエンジニアとは、コンピューターネットワークの構築・保守・管理を行う技術者のことです。
企業またはエンドユーザーの快適な通信環境を構築し、守っていくのがネットワークエンジニアの仕事です。

私生活は、夫と私の二人暮らしでした。

日々の楽しみは読書をしたり、ゲームをしたりすることです。
残業がほとんどない会社だったので、夕飯の支度などをする前に2時間ほど趣味の時間に充てていました。

夫とは「お互いにそれぞれの時間を大切にしよう」ということで、干渉しあうことなく、良い関係を築けていました。


また、美味しいものを食べることも、日々の楽しみの一つ。焼肉やお寿司などを食べるために、夫や友人と週に一回ほどは外食をしていました。





2転職のきっかけ

新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて。

イメージ図:新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて

2020年2月に、新型コロナウイルス感染拡大の影響で常駐先の会社の方針が変わり、客先に常駐している人材の契約が打ち切られることになりました


そして、残念ながら私もその対象になってしまったのです。

契約が切られたことで所属している会社に戻されたのですが、新たに参入する案件が新型コロナウイルスの影響でなくなってしまっていて。

他にも私のように常駐先が見つからない社員もいたので、会社にとっては人件費が重くのしかかっていたのでしょう。社内でも徐々に解雇される人間が増えていきました。

私は途中で契約が切られることはありませんでしたが、

上司

「○○さんも現行の2020年3月までで契約は終了させてもらう予定です。申し訳ないのですが、そのつもりでいてください。」

――と、上司から言われて。
この状況下でしたので、契約の更新はありませんでした。


元々私が所属していた派遣会社では、一社の顧客に依存していました(そして、そこは私が常駐していた職場でもありました)。
ですが、その顧客から契約を打ち切られてしまったのです。売り上げの減少はとても大きかったのでしょう。


そして私は、転職活動を3月初めから始めることになりました。





3転職活動中

夫の協力を得ながら、求人サイトで転職活動を行って。

イメージ図:夫の協力を得ながら、求人サイトで転職活動を行って

当時は新型コロナウイルスが広がりはじめている状況でしたし、緊急事態宣言も出ていたので求人が少なかったです。

転職活動では主に、リクナビNEXTやエンジャパンなどの転職サイトを利用して地道に求人を探すことにしました。

転職エージェントの利用も考えましたが、今回はコロナ渦ということも考えて、利用は控えることに。
ただ後から知ったのですが、電話やオンラインでのサポートも行っているところが多いらしく、それであれば利用するべきだったかなとも思います。


今回、転職活動を進める上で一番不安だったのは経済面でした。
何カ月も転職先が決まらないという状況が続いてしまっては、家計が厳しくなることは目に見えていたので。

そんな不安を和らげてくれたのが、新型コロナ対策の一環として実施されていた「緊急小口資金制度」。そのお金を転職費用や生活費にまわすことができ、なんとか耐えることができたのです。

緊急小口資金制度とは

生活福祉資金貸付制度の一種。

新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえて、貸付の対象世帯を低所得世帯以外に拡大し、休業や失業等により生活資金でお悩みの方々に向けた、緊急小口資金等の特例貸付を実施しています。

引用元:「生活福祉資金貸付制度」厚生労働省

また夫も全面的にサポートしてくれて。一緒に求人を探してくれたり、履歴書や職務経歴書のチェックをしてくれて本当に助かりました。

そうした中、私は「これまでの経験を活かして、新しい職場でスムーズに働けるように」と、できる限り前職と仕事内容が似たような求人をピックアップしていき、応募していきました。

いくつか「ここが良いかも」と思える求人を見つけられ、最終的には前職とほぼ同じ業務内容で、転職先を決めることができました。





4転職後

在宅を中心とした働き方にシフト。

イメージ図:在宅を中心とした働き方にシフト。

新しい職場では、それほど不安を感じることはなかったです。
業務で使用するツールが異なっているだけで、ネットワーク監視やその他トラブル対応をするという点では前職とさほど変わらない業務内容でしたので。

社員もいい人ばかりで、オンラインで飲み会を行ったりと、コミュニケーションを気軽に取れるので仕事がしやすい雰囲気でした。

また新しい職場ではコロナ渦に対応すべくリモートワーク環境を構築しつつあって、緊急事態宣言が出ている時にはフルリモート体制(週5フルでの在宅勤務)となりました。

緊急事態宣言が終了した後も、基本的には在宅勤務で状況に応じて出勤するという体制は継続されて。
そのおかげで、自分の自由にできる時間も増えました。





5その後、どうなったか。

不測の事態に備えるということ。

イメージ図:不測の事態に備えるということ

新型コロナの影響によって会社の業績が著しく悪くなり、解雇されるということは、ある程度予想がついていたはずでした。
しかしテレビなどのニュースでそういった情報を耳にしても、どこか他人事だと思っていたのかもしれません。

とはいえ、解雇された時期が少し遅かったので、金銭面などで事前に準備をして転職活動を始められたのは幸運でした
他の同僚のように2020年のはじめに解雇されていたとしたら、かなり焦っていたと思うし、事前に準備もできなかったはずです。

また、現在の「在宅ワーク」という、私にとって新しいスタイルで仕事ができているのは、新鮮さもあって楽しいです。


そして今回の転職で学べたことは、「予測できない事態が発生した際には、自分事として考えなければならない」ということです。

現在も新型コロナの感染は落ち着いていませんし、今後もいつこのような状況が起こるともわかりません。
「私は大丈夫だろう」と思わず、不測の事態が自分の生活や仕事にどんな影響を及ぼすかを考える必要があると感じました。


◇ ◇ ◇


私は以前にも何度か転職をしているので、あまりにも転職回数が増えてしまうと「いい加減な人材」だと思われるかもしれません。
そうならないためにも、今所属している会社は最低でも3年以上は仕事をしたいと思っています。


また自宅で仕事を行えることが分かったので、今後は自宅でネットワークエンジニアの仕事をしつつ、何か別の仕事にチャレンジして収入源を増やせればと思っています。
複数の収入源を持っていれば、リスクマネジメントにもなるでしょうから。

そのためにはスキルや技術が必要になってきますので、少しずつではあるのですが、今はIT資格の取得を目指して勉強しています。

具体的には、「応用情報技術者試験」の資格を目指しており、無事に資格を取得できたら次は、ネットワーク関連の資格を取得しようと思っています。

応用情報技術者とは

応用情報技術者とは、経済産業省が認定し、情報処理推進機構が試験を実施するIT系の国家資格です。

IT系の国家資格は、難易度に応じてスキルレベル1(易しい)~スキルレベル4(難しい)まで設定されています。最も入門的な試験であるITパスポートはスキルレベル1、基本情報技術者試験がスキルレベル2です。
応用情報技術者試験は、さらに上位のスキルレベル3に相当します。

応用情報技術者は、クライアントが抱える課題を解決するためにIT技術を活用したシステムを提案します。そして、設計・開発をおこない、信頼性・生産性の高いシステムを構築し、その安定的な運用サービスを実現する役割を果たします。

引用元:応用情報技術者

在宅勤務によって家に居る時間が増えたことで、日々の過ごし方にも大分変化がありました。
プライベートの時間を大切にしつつ、「不測の事態」にも備えられるよう、時間を上手く活用して色々と勉強していきたいと考えています。



40で転職をお考えの方に、お薦めの転職サービス

1位JACリクルートメント

JACリクルートメント
ミドル世代の転職者へのサポートに強く、かつグローバル企業、海外勤務の求人情報も多数
実績豊富なキャリアコンサルタントに対するサービス満足度も高い、「ステップアップの転職」を目指す際はぜひ登録しておきたい転職サービス!

2位doda(デューダ)

doda(デューダ)
全国対応、かつ国内トップレベルの膨大な求人数!

すべての業種・職種を網羅した求人情報だけでなく、キャリアアドバイザーの良質なサポートで、転職成功者の実績・評判が共に高い、初めに登録しておきたい鉄板の転職サービスです。

3位CAREER CARVER(キャリアカーバー)

CAREER CARVER(キャリアカーバー)
国内人材紹介企業No1のリクルートが展開する、ハイクラス・エグゼクティブ向け転職サービス

エージェント・ヘッドハンターは厳選されたメンバーで構成され、ミドル世代からの転職はじめ、高年収や経営ボードを狙う求職者に対して、妥協しない転職活動を支援します。
レビューを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

レビューの平均:  
 0 レビュー