『みんなの転職「体験談」。』
『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

転職体験談:47歳。自動車部品の製造業から、未経験で障害福祉サービスへ転職。

転職前

BEFORE
職業
自動車部品製造業
職種
現場作業員
従業員規模
40名
年収
350万円
会社名

転職後

AFTER
職業
障害福祉業
職種
職業指導員
従業員規模
25名
年収
300万円
会社名

目次

いっぽ2020さんの転職ストーリー

1これまでの私

ワークライフバランスが取れた働き方。

イメージ図:ワークライフバランスが取れた働き方

転職前の私は正社員として、自動車部品の製造会社に勤めていました。

会社は完全週休二日制で、残業もなく、働く環境としても仕事内容に関しても、満足感とやりがいを持って働けていました

私の収入自体は多くないものの、妻は長くパート勤めをしてくれているので、それなりに貯蓄はできていました。
息子も2人いますが、一人はすでに社会人なので、今では子どもへのお金もそれほどかかりません。

自由になる時間とお金が増えたということもあり、週末は夫婦二人で出掛ける機会も多くなりました。


また長期休暇の際には、家族で一泊旅行に出かけることも何度かありました。





2転職のきっかけ

新型コロナウイルス感染拡大の影響を大きく受けた、自動車産業。

イメージ図:新型コロナウイルス感染拡大の影響を大きく受けた、自動車産業

仕事の内容自体に不満はありませんでしたが、現場作業は体力を必要とします。
年齢のことを考えると「しんどいなあ」と感じる時もあり、将来的にも多少の不安がありました。
そんな折に、2020年に新型コロナウイルスの感染が拡大して。

その影響は、私の会社にも大きく出ました。


関連先の会社で休業するところも出てきて、私の会社も休業まではいかなかったものの、仕事量は確実に減りました。

正直、かなり焦りました。
このコロナ渦で苦境に立たされる企業をニュースで見るたびに、他人事とは思えなくて。

(このままだと、自分がクビを切られることもあるかもしれない…。)

実際、この経済が落ち込んでいる時期では、車に対しての需要はもちろん下がっていきます。日々、不安が増していきました。


50歳が目の前にきている私にとって、これから長く働いていくうえで「安定して働けること」は非常に大切です。

果たして今の状況が、安定感があるかといえば、とてもそうは言えないでしょう。

幸いなことに子供も成長しており、収入に対して特段こだわりはありませんでした。
そこで私は「これからの人生、もっと安定感を持てる働き方をしたい」と考え、転職を決意したのです。





3転職活動中

未経験の障害福祉で働くことを決意。

イメージ図:未経験の障害福祉で働くことを決意

私は元々人との交流が好きだったので、「人とのコミュニケーションが多い仕事」に焦点を絞って求人を探しました。

色々な求人を見て、私が選んだのは障害福祉に関係する仕事です。
「人の役に立てるやりがいのある仕事」と感じましたし、何よりこれから自分が目指す働き方に合っていると思ったからです。

ですが、障害福祉の分野で働くのはこれが初めてです。当然不安もありました。

そんな時にたまたま福祉業界で働いている知人に会う機会があって。彼から仕事の内情を詳しく教えてもらいました。

そして教えてもらった内容は、インターネットで得られる情報よりもリアルで、かつ「本当に自分がこの仕事をできるのか」と思えるほど、大変なものでした

知人

「想像しているよりもきっと大変な仕事だよ。本当に転職するなら覚悟をそれなりの持った方が良い」

知人はそうアドバイスしてくれました。


それでも、最終的に私は自分の考えを変えませんでした。
「人とのコミュニケーションの多い環境」であること、そして「安定感を持って働きたい」という当初の思いを大切にすることにしたのです。


それから私は障害福祉分野で働くために、本格的に求職活動を始めました。

求職活動で利用した媒体は主に、ハローワークや、インターネットの求人サイト
未経験で転職前の給料と同じ条件を希望する場合は、どうしても年齢の部分がネックになってしまうので、給与水準は下げざるを得ません。私自身は、それでも働きたいという気持ちがありました。

妻に意見をもらうために、「給料が下がってしまうかも」と打ち明けたところ、

「給料面のことはあまり気にしなくても大丈夫だから、やりたいことやってみるのが良いんじゃない?」

――と、理解してくれたのです。この言葉で気持ちが楽になりました。


最終的には自宅からそれほど遠くない所で、障がい者の就労を支援する会社を見つけ、転職することができました。





4転職後

「大変だけど、この仕事を選んで良かった」と思えたこと。

イメージ図:「大変だけど、この仕事を選んで良かった」と思えたこと。

実際に仕事を始めてみると、知人のアドバイス通り大変でした。


障がい者労働支援の最終的な目的は、「障害のある人を一般就労へと導くこと」です。
そのために、軽作業を通して仕事の訓練をしたり、社会人としてのマナーを身につけてもらいます。

コミュニケーションが上手く取れない方もいて、作業が思うように進まずに残業が多くなってしまうこともあります。また、急な体調の変化で早退する際には、自宅まで送り届けなければなりません。

毎日の仕事が慌ただしくて、あっという間に時間が過ぎてしまうという感覚でした。
心身ともに疲れてしまうこともありますが、障害を持った方の笑顔を見たときは、「この仕事を選んで良かったな」と心から思えます。

給料は決して優遇されたものではありませんが、今ではとてもやりがいを持って取り組めています。





5その後、どうなったか。

やりたい仕事ができている喜び。

イメージ図:やりたい仕事ができている喜び。

一般的に仕事を選ぶ際に重要視するのが、給料などの労働条件を重視する方は多いでしょう。もちろん私もこれまでの仕事ではそうでした。家計の経済的安定を図るためにも、給料は特に大切な要素なので。

しかし、今回の転職を通して感じたことは、「やりたい仕事ができる喜び」です。
とはいえそれを実現するためには、妻や家族の協力はもちろんのこと、自分の置かれた環境が大きく関わってきます。
私の場合には、子供にお金がかからなくなってきて給料面をそこまで気にする必要がなかった、また妻が理解をしてくれたなど、ポジティブな要素があって実現できました。

ある意味では、コロナの感染拡大も、転職を考えるきっかけとなった気がします。

偶然が重なった結果でもありますが、やりたい仕事を考えられたのは、改めて良かったと感じていますね。


転職前に比べて給料は低くなったので、旅行や娯楽に使えるお金も節約しなければなりません。ですがそれ以上のやりがいを感じています。
加えてこの業界は、自分が年齢を重ねていったとしても需要があるので、安定感は抜群です。


◇ ◇ ◇


コロナ感染拡大によって、働き方改革の必要性がさらに拡大しています。特にネットを利用したビジネスに対する理解を深めていくのは、今後の社会では必須になると思います。


現在は転職して間もない状況なので本業に力を注ぎますが、副業としてネットの活用も考えています。

ネットビジネスにはWebライターなど初心者でも始められるものもあるので、将来的に今よりも広がりを見せていくと思われるネット社会への対応力を身に付けたいです。

障害福祉の世界がネットに移行するかは分かりませんが、副業としてウェブライターで稼ぐことが、本業に活かせる日に繋がれば嬉しいですね。



40代で転職をお考えの方に、お薦めの転職サービス

1位JACリクルートメント

JACリクルートメント
ミドル世代の転職者へのサポートに強く、かつグローバル企業、海外勤務の求人情報も多数
実績豊富なキャリアコンサルタントに対するサービス満足度も高い、「ステップアップの転職」を目指す際はぜひ登録しておきたい転職サービス!

2位パソナキャリア

パソナキャリア
手厚く、そして親身な転職者支援で評判の高いパソナキャリア幅広い業界に向けての求人案内数と、地方転職者含めた全国の方々がサービスを利用できる体制を整えています。
はじめての転職ならではの不安や疑問を解消できるよう、転職活動のやり方や自己PRの仕方など、丁寧にサポートしています。

3位CAREER CARVER(キャリアカーバー)

CAREER CARVER(キャリアカーバー)
国内人材紹介企業No1のリクルートが展開する、ハイクラス・エグゼクティブ向け転職サービス

エージェント・ヘッドハンターは厳選されたメンバーで構成され、ミドル世代からの転職はじめ、高年収や経営ボードを狙う求職者に対して、妥協しない転職活動を支援します。
レビューを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

レビューの平均:  
 0 レビュー
<>