『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代ビジネスマン男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

私の転職体験談:銀行営業の正社員から、同じく銀行営業の嘱託社員に転職


25

転職前

BEFORE
職業
銀行
職種
営業
従業員規模
約2000人
年収
550万円
会社名
非公開

転職後

AFTER
職業
銀行
職種
営業
従業員規模
約30000人
年収
450万円
会社名
非公開

目次

M.K.さんの転職ストーリー

1これまでの私

思い返せば、頑固でプライドを曲げられない気質でした。

大学を卒業して就職した時から働き続けていましたが、合併統合などで最終的には吸収される側の銀行に在籍していました。

20代の頃は0時までに家に帰れることはほぼなく、身を粉にして働いていました。30代でやっと、案件を任せて貰えるようになり、40代で部長代理になり、と私の中では順調なステップアップをしていました。

子供も3人授かり、休日や連休は家族で旅行やキャンプに行く為に働いている、といっても過言ではないくらい、充実した毎日を過ごしていました。

私がどいう人であったかというと、どちらかというと真面目で堅物なところがあり、自分の思うところを押し通したいと思ってしまうタイプでした。合わない部長が転勤でやってくると最後まで合わない、といった、今思い返すと難しい人間、、でしたね。

40代ともなればもっと柔軟であればよかった、と今は思いますが、ずっと「金融畑で働いてきた」というプライドがなかなか曲げられない、そんな人間でした。

2転職のきっかけ

勤めていた銀行が吸収合併されることになって──

50歳間近に転職を決断したのには、吸収合併の吸収される側の銀行に在籍していたからでした。

合併してからの賃金などはきっちりと明かされぬまま、吸収されると聞かされたのです。早期自主退職を早めから決めてゆくと、退職金が多めに貰えるとのことで、残れば残る程減ってゆく、新しい銀行の立ち上がりには追いつく自信が正直、ありませんでした。

しかし、末の子供がまだ15歳でこれからまだまだお金が必要になることが分かっていたので、2回目の自主退職の際に退職し、退職金を貰うことにしました。

そして、同期の役職のないもののほぼすべてが辞め、別の銀行や保険会社などへと移ってゆきました。

私はというと、この時はまだそれほど焦ってはいなかったです。

(退職金もあることだし、雇用保険で繋いで次の転職先をゆっくり探すとするか)

・・・そんな心づもりでした。

3転職中

転職は、思っていた以上に、なかなか決まらず・・・

ですが、やはり現実はそう簡単には進まず・・・転職活動は精力的に進めてはいたのですが、年齢も年齢でしたので、面接に進んだとしてもなかなか色よい返事をもらえませんでした。

そんな折、ともに退職した同期が都市銀行の人事部への転職が決まりました。
その話をお酒の席で聞き羨んでいると、

かつての
同期

君ならウチへ入れるよう声かけとくよ

と、言って貰えたのでした。
しかし、年収がかなり下がること、嘱託での雇用のため福利厚生が万全でないこと、賞与がないことなど、不安点も多く、さすがに即決はためらわれました。

その他にも散り散りになった同期達に声をかけたり、全く新しい職種への転職も考えましたがどれも、この先ずっと働いていくには、不安材料のある仕事先ばかりでした。

年収が100万円単位で減ることで、出てくる弊害はとても大きいものです。ましてや当時は、毎月のローン返済や保険の掛け金、子供達の学費や塾の代金など、これから減る見込みのない支払いばかりに追われていたので・・・

(このままじゃあ、大好きな旅行やキャンプになんて、とても行けなくなってしまう・・・私の人生は、もはや風前の灯火なのではないだろうか)

・・本当に、そう感じていました。

4転職後

嘱託社員・業務ツールのデジタル化・後ろ向きな案件──

結局、都市銀行への嘱託(※「嘱託社員」=明確な定義はありませんが、多くの場合正社員と対比して「臨時で雇う等、雇用期間に制限のある社員」を指します)として入行し、法人営業部へ配属になりました。

以前も同じような仕事をしていましたが、基本的には前向き案件を取り扱っていたので、仕事内容もエネルギッシュになれるものが多かったのです。
しかし、転職先では後ろ向き案件ばかり。例えば、資金繰りのうまくいかなくなったお客様に保証協会への借り換えをお願いして回る日々だったりと、──正直、気に病む仕事ばかりでした。

また、地銀から都銀への転職ということもあって、都銀は業務で扱う機器類も最新でデジタル化も進んでおり、50歳手前の私にはなかなか追いつけないという負い目も感じてもいました。
これまでは紙ベースでの仕事が多かったのが、今やすべてがデータで、転送、承認、といった形で毎回のように、転送ボタンを押し忘れて課長に

課長

転送ボタン押してね(笑)

と言われることに、だんだんと嫌気がさしていました。

私のほかにも嘱託社員の方は何人かいましたが、そういった「嘱託組」は、何と言いますか、「おじいさんのかたまり」のような雰囲気で、なんとなく同じだと思われたくなくて、私は彼らともなかなか打ち解けられずに、そして仕事の鬱憤を溜め込んでいました。

5転職を振り返って

息子と、仕事の話をしあうことが出来るようになりました。

残っていても、どうなるか分からない船からの脱出としては、退職金も多めに貰えたことですし良かったとは思います。
また、二人目の子供が私の銀行勤めを見ていたせいか、就職先を都市銀行に決め、バリバリと働き出したことを見ると、私の選択は間違っていなかったかなぁと思えるようになりました。

堅物な私は、堅物な嘱託組とは相いれませんでしたが、彼らを見ていて私は堅物だと気づくことができるようになってきたのです。
ずっと同じところで働いていたかったですが、合併統合のおかげで転職し、転職も新しい仕事への馴染みもなかなか大変ではありましたが、自分の今まで気付くことのなかったことを見直すことができたことが、最大の学びになりました。

私は前職では「言うことを聞かない頑固な部長代理」でした。ですが、今は「言うことを聞いて、自分で考える柔軟さのある嘱託」になれたことで、仕事への関わり方もゆっくりですが変わってこれたと思います。

末の子供が就職し、ローンも完済したのでゆっくり自分のペースで働きながら、福利厚生で決まっている2ヶ月に1日お休みを取ることをしっかり使い、のびのび生きていこうと思っています。
肩の荷がおりたので、これからは妻にきちんと恩返しし、20代の頃に全く子育てに参加できなかった罪滅ぼしをしたいと思います。

チャレンジとしては、嘱託の中で営業成績にランキングがつくので、上位に食い込めたらいいなと意気込んでいます。
また、子供とも銀行の話をできるようになったので、父親としての背中を見せられるように、仕事に誇りを持つことを伝えていけたらいいなと考えています。やはり仕事はしていないと張り合いがなく、どんどん内にこもってしまう気がします。

どんどん前に出て、クリーンでいられるようにしたいですね。

良かったら、評価のご協力をお願いします!
この記事が参考になったら、
にチェックしてください!
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
(平均4.17
Loading...

その他の転職ストーリーを見る

オススメ転職ストーリー

関連する転職ストーリーを探す

>