『みんなの転職「体験談」。』
『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

マークアップエンジニアに転職するには?仕事内容・未経験から目指す際のポイントを解説

[最終更新日]2022/06/02

マークアップエンジニア将来性・仕事内容は?

Webコンテンツに関わる仕事として、マークアップエンジニアに関心をお持ちの方も多いのではないでしょうか。
転職を成功させるためには、仕事内容や必要なスキルを正しく把握することが欠かせません。また予想される年収や将来性も知っておくと、入社後のギャップに悩むことなく過ごせるでしょう。

目次

1)マークアップエンジニアの仕事内容、年収、将来性

マークアップエンジニアの主な仕事内容

【マークアップエンジニアの主な仕事内容】 ■コーディング ■CMSの設計/構築 ■SEO(検索エンジン最適化)

マークアップエンジニアの仕事は、大きく以下の3つに分けられます。

コーディング Webデザイナーが考案したデザインをもとに、HtmlやCSS等を駆使してWebページで表示する
CMSの設計/構築 WordPressなどのCMSを運用するためのカスタマイズ(メニューの設定や機能の追加・整理等)を行う
SEO(検索エンジン最適化) 適切なHTMLタグを使用する、構造化データを設定するなど、適切なSEO対策を行う

各項目について、コーダーなど他職種との違いも踏まえて解説します。

コーディング

Webデザイナーが考案したデザインをもとにして、以下の項目をWebページで表示できるようコーディングすることは、マークアップエンジニアの重要な役割です。

  • 全体のレイアウト(文章や画像の配置など)やデザイン
  • 文字の装飾
  • 動的なコンテンツの表示

より良い方法があれば、積極的に提案することも業務に含まれます。これは、原則として指示書通りに作業を行うコーダーとの大きな違いです。

作成したWebコンテンツには想定と異なる表示がされるなど、バグが潜んでいる場合もあります。特にブラウザによって表示が異なることは留意しておきたいポイントです。適切に修正することも、重要な業務です。

CMSの設計/構築

近年のWebコンテンツ作成においては、CMS(コンテンツ・マネジメント・システム)を用いるケースも増えています。代表的なCMSのひとつに、WordPressがあります。

CMSの活用において鍵となるポイントに、テンプレートの活用が挙げられます。
短時間でコンテンツを作成できるテンプレート機能は、実務に大きく役立ちます。
一方でテンプレートの良し悪しはWebサイト全体の品質だけでなく、売上や業績にも影響しかねません。このためテンプレートを中心とした、CMSの設計・構築も重要な業務です。

SEO(検索エンジン最適化)

近年の検索エンジンは記事の意味を重視するように改良されているため、SEO対策が上位に表示される必須条件とはいえません。一方で、記事が不当に低い評価を受けないようにする観点でのSEO対策は必要です。

マークアップエンジニアが関係する業務には、以下の項目が挙げられます。

  • 適切なHTMLタグを使用していること
  • 遷移先のリンクが有効であること
  • 構造化データを設定する
  • 見やすく読みやすい表示となるよう工夫する
  • スマートフォンでも読みやすいように工夫する

マークアップエンジニアはWeb情報について「文章やイラストを効果的に表示する」という見える箇所と、「検索エンジンに適切に情報を伝える」という見えない箇所の双方に働きかける必要があります。

マークアップエンジニアの平均年収

マークアップエンジニアの平均年収は、400万円~500万円となっています(※マイナビ「職種別平均年収ランキング | クリエイティブ系 マークアップエンジニア・フロントエンドエンジニア」)。
システムエンジニアと比べると、50万円前後低くなっています。

但し年収は会社により、またこれまで積んできたキャリアにより大きく変わります。
求人ボックスによると、「マークアップエンジニア 未経験」の年収分布は、350万円前後と500万円前後で2つの山ができています。これは就職できた方が、高給を得られる方とそうでない方に二極化していることを示します。

マークアップエンジニア未経験の求人の給与:平均年収462万円

引用元:カカクコム「求人ボックス マークアップエンジニア 未経験の転職・求人情報」 

マークアップエンジニアの仕事の将来性は?

【マークアップエンジニアの将来性】 ■AIに取って代わられる可能性はある ■将来的に、以下のスキルを身につけておくことが重要 ・Webデザイン ・プロジェクトマネジメント ・プログラミングスキル

マークアップエンジニアの将来性は、あまり明るくありません。
それはマークアップの作業自体を、AIで行う技術が実用化されつつあるためです。将来にわたって仕事を続けるためには、以下に挙げるいずれかのスキルを身につけることが求められます。

  • Webデザイン
  • プロジェクトマネジメント
  • JavaScriptなど、プログラミングのスキル

もっともフロントエンドエンジニアやWebデザイナーとして活躍するうえで、マークアップエンジニアに求められる技術は必須です。
このため、「さらに上を目指すべき職種」という認識を持つとよいでしょう。

2)マークアップエンジニアに求められる知識

マークアップエンジニアには、多種多様な知識・スキルが求められます。代表的な5つの項目を、以下に挙げました。

いずれも業務の遂行において、欠かせない知識です。それぞれの項目についてどのような知識が求められるか、詳しく確認していきましょう。

HTML/CSSに関する知識・スキル

HTML/CSSに関する知識:手書きで書ける・バグを修正できるレベルが求められる。

HTMLやCSSは、Webコンテンツを作る上で基本的な言語です。マークアップエンジニアになりたい方にとっては、習得しておくべき最も重要な技術に挙げられます。

とりわけマークアップエンジニアには、HTMLやCSSを手書きで書けるレベルのスキルが求められます。

オーサリングツールなどにより生成されたコードは、ブラウザにより正しく表示できない場合があります。
加えて、バグが潜んでいるかもしれません。
これらの問題が発生した場合、直接コードを手で修正する必要があります。HTMLやCSSを使いこなせるレベルであれば、問題をクリアできることでしょう。

JavaScriptに関する基礎知識

JavaScriptに関する基礎知識:動的なコンテンツも実装できると、仕事の幅が広がる。

近年のWebサイトにはアニメーションやポップアップ表示、スライドショーなど、動的なコンテンツも多く使われています。
これらの機能も実装できれば、仕事の幅も広がることでしょう。そのためにはHTMLやCSSに加えて、JavaScriptの基礎知識が求められます。

職場によっては、これらの業務はフロントエンドエンジニアの担当となっている場合もあるでしょう。
その場合でも、問題が発生した際に何が起きているか知ることは重要です。JavaScriptを知っていれば、問題の特定と解決に役立つことでしょう。

CMSに関する知識・スキル

CMSに関する知識 ■CMSが持つ機能を把握し、適切な機能を選択し活用する ■サイトの目的や特徴にあわせて、適切なテンプレートを作成する

さきに解説したとおり、マークアップエンジニアにはCMSの知識も求められます。
もっとも、入力画面の操作方法を習得しているだけでは十分といえません。職責を果たすためには、以下のスキルも求められます。

  • CMSが持つ機能を把握し、適切な機能を選択し活用する
  • Webサイトの目的や特徴にあわせて、適切なテンプレートを作成する

WordPressなど主なCMSに関する機能や操作方法は、マスターしておくとよいでしょう。スムーズに業務へ入れる効果が期待できます。

ユーザビリティ/アクセシビリティに関する知識・スキル

ユーザビリティ/アクセシビリティに関する知識 ■誰でも見やすく、使いやすいコンテンツにする ■重要なポイントは目立つよう工夫されている ■目的の情報にアクセスしやすいよう、各ページの構成を工夫する

多くの方に読まれるWebコンテンツを提供するためには、ユーザビリティやアクセシビリティへの配慮も重要です。一例として、以下に挙げるポイントを意識することが挙げられます。

  • 誰でも見やすく、使いやすいコンテンツにする
  • 重要なポイントは目立つよう工夫されている
  • 目的の情報にアクセスしやすいよう、各ページの構成を工夫する

これらの実現には、UI(ユーザーインターフェース)UX(ユーザー体験)、ユニバーサルデザインなどの知識が必要です。作成したWebコンテンツが役立つためにも、しっかり身につけておきましょう。

SEOに関する知識・スキル

SEOに関する知識:適切なタグの設定や構造化データの作成など。ガイドラインはまめに変更されるので、最新情報をチェックする。

「マークアップエンジニアの主な仕事内容」でも解説したとおり、マークアップエンジニアにはSEOの知識も求められます。

適切なタグの設定や構造化データの作成などは、代表的な項目です。コンテンツを広く見てもらうためにも、ぜひSEOの知識を身につけておきましょう。またSEOのガイドラインは変更される場合があるため、最新の情報をチェックすることも必要です。

SEO施策のなかには、Googleのガイドラインで「使わないこと」と指定されている手法がいくつかあります。隠しテキストや隠しリンク、閲覧者に悪意ある動作をもたらすことは、行うべきでない代表的な手法です。

参考:Google「ウェブマスター向けガイドライン」 

Webサイトの評価を大きく下げる行為を知っておくことは、より良いコンテンツの作成につながります。

3)マークアップエンジニアへの転職で意識すべき4つのポイント

マークアップエンジニアへの転職を目指すならば、ぜひ意識しておきたい4つのポイントがあります。

上記に挙げたスキルは、いずれもマークアップエンジニアで活躍するために必要な項目です。それぞれの項目がなぜ必要なのか、順に確認していきましょう。

未経験から就業可能な求人は少ない。コーダーからのキャリアアップが一般的

コーダーからのキャリアアップが一般的:未経験可の求人は少なめ。それでもいつでも応募できるようにあらかじめポートフォリオを作成しておく。

マークアップエンジニアはコーダーの上位職という関係上、コーダーからキャリアアップを目指す方が多く応募してきます。また求人も、コーダーの経験を前提とするものが少なくありません

このためマークアップエンジニアを目指す場合でも、いったんコーダーとして就職し経験を積んでから応募するとよいでしょう。場合によっては社内で実力が認められ、マークアップエンジニアになれる可能性もあります。

一方で、未経験でも応募可能な求人が出てくる場合もあります。
いつでも応募できるように、あらかじめポートフォリオを作成しておくとよいでしょう。日ごろからあなたの実力を示せるよう、準備しておくことが重要です。

マークアップエンジニアの「その先のスキル」を見据えておく

マークアップエンジニアの「その先」を見据えておく ■JavaScriptのスキルを身につけフロントエンドエンジニアに ■PHP・Pythonなどのスキルを身につけサーバーサイドエンジニアに ■Webデザインのスキルを身につけWebデザイナーに

「マークアップエンジニアの仕事の将来性は?」でも解説したとおり、ずっとマークアップエンジニアにこだわる方針はリスクが高いことに注意が必要です。
あくまでもキャリアパスの通過点と考え、その先を見据えたスキルアップをおすすめします。

マークアップエンジニアから目指せるキャリアには、以下のものが挙げられます。

  • JavaScriptのスキルを身につけ、フロントエンドエンジニアを目指す
  • PHPやPythonなどのスキルを身につけ、サーバーサイドエンジニアを目指す
  • Webデザインのスキルを身につけ、Webデザイナーを目指す

目指すキャリアによって、身につけるべきスキルは異なります。将来の自分はどうありたいか考えたうえで、必要なスキルを学び続けることが必要です。

フロントエンドエンジニア

フロントエンドエンジニアの仕事は、マークアップエンジニアの業務内容に加えて、ユーザビリティ・アクセシビリティ向上に向けて更にマルチな活動が求められます。

例えば、JavaScriptなどのプログラミング言語を利用や、そのほかサーバーサイドとの連携を伴う業務も多くなるでしょう。

ただし、そのほかの業務内容はマークアップエンジニアと重なるところも多いので、マークアップエンジニアから目指しやすいキャリアパスと言えます。

サーバーサイドエンジニア

Webサービス開発・運用における「裏側の仕組みや処理の部分」を担当する職種です。
プログラミング言語を駆使して、システムの設計や構築、コーディングや保守を行います。「バックエンドエンジニア」といわれることもあります。

マークアップエンジニアやフロントエンドエンジニアよりも需要が高いため、年収アップを目指しやすいメリットがあります。一方で、技術習得の難易度は高めになります。

Webデザイナー

社内のWebディレクターやクライアントからWebデザインに関する依頼を受け、その依頼に沿って制作・開発を行う仕事です。
デザインのスキル・経験を高めていきたい人や、ゆくゆくはアートディレクターを目指す人におすすめの職種です。

デザインの企画・制作だけでなくコーディングまでを業務範囲とする企業も少なくない為、マークアップエンジニアとしての業務経験が役立つことも多いでしょう。

資格取得がスキルの裏付けになることも

資格取得がスキルの裏付けになることも ■ウェブデザイン技能検定 ■Webクリエイター能力認定試験 ■HTML5プロフェッショナル認定試験 など

マークアップエンジニアへの転職には、資格の取得がスキルの裏付けとなる場合もあります。特に未経験で転職する場合は実務経験がないため、資格は実力を示す指標の1つとなるでしょう。

代表的な資格には、以下のものが挙げられます。

資格名 実技試験の有無
ウェブデザイン技能検定 あり
Webクリエイター能力認定試験 あり
HTML5プロフェッショナル認定試験 なし

上記のとおり、実技を課す試験も少なくありません。
このことは自ら手を動かしてWebコンテンツを作らないと、資格を取れないことを意味します。合格によって、マークアップエンジニアに必要な能力が備わっていることを証明できます。

IT業界の支援実績が豊富な転職エージェントを活用する

IT業界の支援実績が豊富な転職エージェントの活用 ■主な転職エージェントの特徴を知っておく ■2~3つ複数の転職エージェントに登録しておく ■面談およびメール・電話のやりとりで相性を見極める

マークアップエンジニアはWebデザイナーやコーダーなど、他職種との連携を密に取る必要がある職種です。

コミュニケーションも重要となるため、仕事のしやすさは会社の環境に大きく影響されることでしょう。
安易に転職先を選ぶと、業務内容や対象とする業界が合わないなどのミスマッチが生じる可能性もあります。

このためスキル面が一致することだけをもって、応募することはあまりおすすめできません。
転職後に活躍するためにはIT業界の支援に強い転職エージェントを活用し、あなたに合った職場を探すとよいでしょう。

転職エージェントならば会社の雰囲気など、非公開の情報も多く保有しています。うまく活用することで、よい会社に応募しやすくなるメリットを得られます。

転職エージェントサービスの仕組み。転職エージェントのキャリアアドバイザーは、求人紹介やキャリアプランへのアドバイス、書類添削・面接対策などのサポートを行ってくれます。

マークアップエンジニアの方が転職エージェントを利用する際の選び方・活用法を紹介します。「自分に合った転職エージェントを見つけたい」という方は、以下ご参考ください。

ITエンジニアの転職で転職エージェントを有効活用するポイント1
ITエンジニアの転職で転職エージェントを有効活用するポイント2、ポイント3

マークアップエンジニアでの転職で、転職エージェントを活用するポイントは以下の3点です。

  • Point1 各ITエンジニア向け転職エージェントの、それぞれの特徴を知っておく
  • Point2 はじめに2~3つ「複数」の転職エージェントに登録しておく
  • Point3 何度かのやりとりで「相性」と「やりやすさ」を確認する

特にポイント3つ目の「相性とやりやすさ」は重要です。転職エージェントの担当者とは、転職期間中はずっと付き合いを続けていきますので、「自分に合った担当アドバイザー」を早めに見出していくことが、転職成功のひとつの要となるでしょう。

ITエンジニアの転職で自分に合ったアドバイザーを見分けるポイント3つ

  • キャリア相談に、親身に乗ってくれるか
  • 求人を紹介する際に、「何故おすすめなのか」についてきちんと納得できる説明をしてくれるか
  • 求人紹介の量・その後の連絡ペースが、適切と感じられるか
マークアップエンジニアへの転職を目指す方の、転職エージェントの選び方を詳しく見る

4)マークアップエンジニアへの転職におすすめのエージェント

ここからは、マークアップエンジニアとして活躍できる職場への転職を検討している方向けに、おすすめの転職エージェントを紹介します。

紹介するサービスはどれもマークアップエンジニアへの転職支援実績のあるエージェントです。

エージェントによってサポートの傾向や担当となるアドバイザーのタイプも変わりますので、まずは自分に合うエージェントを見つけていくうえで2~3登録し、「ここがフィットする」というエージェントに利用を絞っていくと良いでしょう。

マイナビIT AGENT──IT・Web業界への転職支援に強い&丁寧なサポート

マイナビエージェント。ITエンジニアの方へ
マイナビIT AGENTの特徴
  • ITエンジニアの求人数は国内トップレベル。システム会社から事業会社まで幅広く網羅
  • 担当者の対応が丁寧。書類添削から面接対策までじっくり取り組んでくれる
  • 企業とのリレーションが強く、独自の非公開求人が多数
サービス対応地域 全国
拠点 東京(2か所)、神奈川、北海道、宮城、愛知、大阪、京都、兵庫、福岡
マークアップエンジニアほかWebプログラマー求人数 約6,000件(2022年6月現在)

マイナビIT AGENTは人材紹介会社の大手マイナビが運営する「IT/Webエンジニア専用」の転職支援を行うエージェントです。
サポート対応地域は全国。オンラインでの面談も受け付けています。

マイナビIT AGENTの大きな特徴は、エンジニア向け求人数の豊富さ、そしてシステム会社から事業会社まで幅広い業界の求人に対応している点が挙げられます。

また、マイナビの転職サービスは「サポートの丁寧さ」にも定評があり、職歴書の作成や面接対策に不安を感じている人におすすめです。

マイナビIT AGENTの活用メリットとマークアップエンジニアの転職へのおすすめポイント

マイナビIT AGENTの所属アドバイザーは、全員がIT・Web業界に精通したプロフェッショナルです。

幅広い職種に対応している総合型転職エージェントとは異なり、エンジニアの転職事情を十分に理解しているため、転職者一人ひとりに適した開発環境や企業へのアプローチ方法についてアドバイスしてもらえます。

また、マイナビIT AGENTは優良企業のレア案件(=非公開求人)を独自に保有しています。

「非公開求人」とは?=企業が社名を明かさず人材を募集すること。▽企業が非公開求人を行う理由●企業側で急な採用が必要となり、求人を公開して募集する時間がない。●企業の人事採用側の事務コストの節約。●機密性の高いプロジェクトや事業戦略に関わる人材採用。

就業条件が恵まれているエンジニア求人には、大量の応募者が殺到する傾向があります。そのため選考の競争率も高くなりやすく、強力なライバルが数多く現れる可能性もあるでしょう。

マイナビIT AGENTのマークアップエンジニアを含むWebプログラマ求人数は、非公開求人含めて約6,000件あります(※非公開求人含む)。
非公開求人は、専任アドバイザーを通じてのみ紹介されます。エンジニアのスキルや経験にマッチした非公開求人を個別に紹介してもらえるので競争率が低く、採用に至る確率を高めることにつながるのです。

ワークポート──未経験者向け支援、特にIT・Web業界へのサポートに強い

ワークポート。各業界専門の総合転職エージェント。
ワークポートの特徴
  • 全国トップレベルの求人数。特にIT・Web業界への転職支援に強い
  • 幅広い業界において、未経験者へのサポート実績が豊富
  • 転職者の希望に合わせて、「チャレンジ転職」にも力強くサポートしてくれる
サービス対応地域 全国
拠点 北海道、宮城、東京(2か所)、埼玉、栃木、神奈川、静岡、愛知、京都、大阪、兵庫、岡山、広島、福岡
マークアップエンジニアほかフロントエンドエンジニア求人数 約1,500件(2022年6月現在)

ワークポート(WORKPORT)は「業界・職種未経験者」のサポートに優れており、なかでもIT・Web業界の支援に強い転職エージェントです。
全都道府県の地域を対象としており、オンライン面談も受け付けています。

また、ワークポートに登録した際に担当となってくれる転職コンシェルジュ(アドバイザー)は、積極的な求人提案をしてくれることでも知られています

転職先を検討するにあたって、できるだけ多くの求人を比較した上で応募先を決定したい人や、担当アドバイザーからの提案を多く受けたい人は、ワークポートのサポートがマッチしやすいでしょう。

ワークポートの活用メリットとマークアップエンジニアの転職へのおすすめポイント

図参照:ワークポート 転職コンシェルジュとの面接シーン

引用元:転職エージェントのWORKPORT(ワークポート)で 転職相談サービスを体験してみた!

ワークポートは「未経験職種」へのサポートが手厚いことでも知られています。
そのため、今の職種から新たにマークアップエンジニアへのジョブチェンジを検討している方は、ワークポートのサービスがフィットしやすいでしょう。

Webエンジニアリングの実務未経験の場合も、「検討の余地があれば求人を紹介する」というスタンスのエージェントのため、他の転職サービスよりも転職先の選択肢を広げることができます。

ワークポートのマークアップエンジニアを含むフロントエンドエンジニアの求人数は約1.300件あります(2022年6月現在)。
「他の転職エージェントではあまり求人を紹介してもらえなかった」という人も、ワークポートで目当ての求人を見つけられるかもしれません。

レバテックキャリア──IT・Web業界の実務経験ある担当が力強くサポート

レバテックキャリア。IT/Web業界のエンジニア・クリエイター専門
レバテックキャリアの特徴
  • 担当アドバイザーは全員エンジニア経験者。専門分野において適切なサポート・アドバイスが受けられる
  • 企業情報を熟知した担当のフォローにより、書類通過率・内定決定率が高い
  • AI・ビッグデータ・FinTechなどのトレンド技術を扱う求人が豊富
サービス対応地域 全国
拠点 東京、神奈川、大阪、福岡
マークアップエンジニアほかフロントエンドエンジニア求人数 約700件(2022年6月現在)

レバテックキャリアは「エンジニア実務経験者」のサポートに特化した転職エージェントサービスです。

保有求人数もIT・Web業界特化型サービスの中ではトップクラスで、かつエンジニアの専門知識を持つキャリアアドバイザーからサポートを受けることができます。

年収アップなど待遇面での改善をしたい」、「エンジニアとしてのキャリアプランを掘り下げたい」、「書類や面接で評価してもらえるようアドバイスを欲しい」というエンジニアの方は、レバテックキャリアがおすすめです。

レバテックキャリアの活用メリットとマークアップエンジニアの転職へのおすすめポイント

マークアップエンジニアを含むフロントエンドエンジニアの求人は約700件(2022年6月現在)。
そのほか、レバテックキャリアでは非公開求人も豊富に扱っており、サイト上では閲覧できない案件もキャリアアドバイザーを介して紹介してもらうことができます。

レバテックキャリアは採用企業の情報収集に時間をかけており、転職者は応募先企業の詳しい情報を知れることもメリットのひとつです。

また、転職支援の実績として初回提案内定率(内定した企業が、担当からの初回提案だった割合)90%、年収アップ率60%と、高い数値を出しています(※公式サイトより)。

doda エンジニアIT──幅広く充実したボリュームの求人と、積極的な提案

doda。企業との強いリレーションで口コミ転職者満足度No.1。ITエンジニアの転職ならdoda
doda エンジニアITの特徴
  • 全国トップレベルのITエンジニア求人数。都市部だけだなく地方求人にも強い
  • 企業からのスカウト・オファーが届きやすい
  • 転職サイト・転職エージェントどちらのサービスも利用できる
サービス対応地域 全国
拠点 北海道、宮城、東京、神奈川、静岡、愛知、大阪、京都、兵庫、岡山、広島、福岡
マークアップエンジニアほかWebプログラマー求人数 約6,000件(2022年6月現在)

doda エンジニアITは国内大手人材会社「doda」の、ITエンジニアに特化した転職エージェントサービスです。
ITエンジニア系のエージェントは都市部に特化したところが多い中、doda エンジニアITは都市部だけでなく地方での転職支援にも強いです。

dodaは求人を自分で探して応募する「転職サイト」と、求人紹介から企業への応募、日程調整までアドバイスしてもらえる「転職エージェント」両方のサービスを利用できます。
「まずは自分でじっくりマークアップエンジニアの求人をチェックしたい」という方は転職サイトのサービスを利用し、その後「応募や企業への交渉についてサポートしてほしい」となったときにエージェントサービスを利用する、という使い方もできます。

doda エンジニアITの活用メリットとマークアップエンジニアの転職へのおすすめポイント

doda エンジニアITでのマークアップエンジニアを含むWebエンジニアの求人数は約6,000件(2022年6月現在)。
多くの候補の中から、自分に合った職場を見つけやすいでしょう。

また、doda エンジニアITでは「ダイレクト・リクルーティングサービス」という仕組みを取っており、そのため実績のあるエンジニアは企業から熱意あるスカウトメールが届くことが多いでしょう。

従来の採用形式:転職者が企業に応募する形式 ダイレクト・リクルーティング:企業から転職者に直接アプローチする形式

dodaに登録すれば、「自分が今どんな企業から関心を持たれているか」について、スカウトメールの傾向から確認することができるでしょう。

スカウトメールは登録時のレジュメ内容をもとに送付されます。
「スカウト・オファーを沢山ほしい」という方は、レジュメ内容の充実と、マークアップエンジニアやフロントエンドエンジニアへの職種を目指していることをPRすることによって、希望する分野の企業からのスカウト・オファーが届きやすくなるでしょう

まとめ)マークアップエンジニアは通過点。その上の職種を目指すキャリアパスを考えよう

マークアップエンジニアは、将来性があまり明るくない職種という点は否めません。しかしエンジニアとしてステップアップする通過点と考えると、大変魅力的な職種です。自らの工夫で良質なWebコンテンツを製作できることに、やりがいを感じる方も多いでしょう。

このためマークアップエンジニアをゴールとせず、その先を目指してキャリアパスを考えることをおすすめします。必要なスキルの習得に力を注ぐこともよい方法です。

またキャリアパスの作成や会社を選ぶ際は、IT業界に詳しい転職エージェントの活用をおすすめします。業界の最新情報や会社の内部事情を入手できるため、現実にフィットした活動を進められることでしょう。