『みんなの転職「体験談」。』
『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

Web広告プランナーになるには? 仕事内容と向いている人

[最終更新日]2022/09/27

Web広告プランナーになるには?

Web上にはさまざまな広告が掲載されています。Web広告を企画・提案するのがWeb広告プランナーと呼ばれる職種です。

Web広告プランナーの仕事に興味がある人、Web広告プランナーへの転職を検討している人にとって、仕事内容や待遇・将来性など、知っておきたいことが数多くあるはずです。

目次

1)Web広告の種類と主な仕事内容について

Web広告プランナーとは? クライアントが抱える課題をWeb広告によって解決へと導くエキスパート

Web広告プランナーは、クライアントが抱える課題をWeb広告によって解決へと導くエキスパートです。

Web広告に関する広範かつ深い知識を持ち、クライアントの課題をどのようなアプローチで解決できるかを提案します。

Web広告市場は近年大きく伸びており、2019年にはテレビメディアの広告費をWeb広告が上回ったことが大きな話題となりました。

長年にわたって広告効果でトップを独走し続けてきたテレビメディアに翳りが見え始め、Webが広告の主戦場となりつつあるのです。

こうした背景から、業界を問わず多くの企業がWeb広告にますます注力しています。

多様な選択肢の中から最適な広告戦略を見極め、広告効果を上げていく上でWeb広告プランナーは重要な役割を果たしているのです。

Web広告の種類にはどんなものがある?

Web広告の種類 ■リスティング広告 ■ディスプレイネットワーク広告 ■動画広告 ■SNS広告
  • リスティング広告
  • ディスプレイネットワーク広告
  • 動画広告
  • SNS広告

リスティング広告

リスティング広告:GoogleやYahoo!などの検索サイト上に表示される広告。検索キーワードに合わせて親和性の高い広告を表示できる。

検索連動型広告ともいい、GoogleやYahoo!などの検索サイト上に表示される広告です。
ユーザーが検索するキーワードに合わせて親和性の高い広告を表示できるので、顕在層にアプローチできる広告手法といえます。

リスティング広告では、効果測定をしながら広告表示するためのキーワードの選定とチューニングをしながら運用しします。

広告掲載の料金は1クリックあたりの単価になっており、単価はキーワードによって変わります。
数十円のものから、とくに競合の多いキーワードは数千円になることもあります。

また、ユーザーがクリック後にその商品・サービスを購入する確率はおおよそ1%前後といいます。

Google、Yahoo!の検索ユーザーは非常に多く予算次第ではリスティング広告から多くの送客が見込めますが、かけた広告費を上回る収益を出していくには相応の知識、経験、そしてトライ・アンド・エラーが求められます。

ディスプレイネットワーク広告

ディスプレイネットワーク広告:他社のサイト・アプリ上に画像やテキスト広告を配信する手法。ユーザーの興味関心や年齢・性別・地域などの属性に基づき広告を表示できる。

ディスプレイネット枠広告は、他社のサイト・アプリ上に画像またはテキストの広告を配信する手法です。

単体のサイトに広告枠の掲載を依頼する場合と、「ディスプレイネットワーク」という広告配信システムを利用して国内のサイト・アプリに横断的に配信する場合があります。

ディスプレイネットワークでは、GDN(Googleディスプレイネットワーク)やYDN(Yahoo!ディスプレイアドネットワーク)が広く知られています。
これらのシステムでは、ユーザーの興味関心や年齢・性別・地域などの属性にもとづいて広告を表示でき、潜在層ユーザーへのアプローチが可能です。

検索連動広告と比べるとクリック単価は安く、数円~数十円の範囲であることが多いです。
ただし、クリックしたユーザーがコンバージョン(商品・サービスの購入まで至るケース)まで到達する確率はやや低い傾向にあります。

自社サイトに一度訪れたユーザーに対して優先的に広告を紹介するリターゲティング(リマーケティング)という手法と併用しつつ運用するのが一般的です。

検索連動広告同様に、詳細な効果測定データを確認しつつ適宜チューニングしていく運用が求められます。

動画広告

動画広告:動画に表示される広告全般。視覚・聴覚に訴えるため高い訴求効果が期待できる一方で、視聴していたコンテンツが中断されることを嫌うユーザーもいる。

動画に表示される広告全般を動画広告と呼んでいます。Webサイトのコンテンツ一覧内に表示されるインフィード広告や、動画内で再生されるイントリーム広告など手法はさまざまです。

視覚と聴覚に同時に訴えるため高い訴求効果が期待できる手法といえます。一方で、広告の手法によっては視聴していたコンテンツが中断されることもあるため動画広告を嫌うユーザーもいます。広告の打ち方を誤るとコンテンツの再生数や離脱率に悪影響を及ぼしかねない点に注意が必要です。

Web広告プランナーは動画広告のコンテンツ企画段階から手がけます。制作ディレクターを兼務することもあるので、動画の制作や編集に関する知識が必要です。

SNS広告

SNS広告:InstagramやTwitterなどのSNS上に表示される広告。反響の大きな広告は短期間で爆発的に拡散されることもある。

InstagramやTwitterなどのSNS上に表示される広告です。反響の大きな広告はSNS内でシェアされ、短期間で爆発的に拡散されることもあります。

低予算で広告を出稿しやすい一方で、十分な広告効果を得るにはユーザーの心をつかむ広告を制作するノウハウが必要です。

近年ではSNS専門の広告代理店も増えており、年々競争が激しくなっています。
SNS運用代行も含めトータルで請け負うケースもあるので、SNSマーケティングに精通した広告プランナーを目指す必要があるでしょう。
逆にSNS広告で優れた実績を挙げれば、SNS広告プランナーとして活躍することも可能です。

Web広告プランナーの主な仕事内容

Web広告プランナーの仕事内容 ■ヒアリング ■プランニング ■提案資料作成
  • ヒアリング
  • プランニング
  • 提案資料作成

ヒアリング

クライアントへのヒアリングを通じて、先方が抱えている課題やプロモーションの目的を把握します。広告で取り上げる商品の特徴やターゲット、競合商品の状況など、現状をしっかりと把握しておくことが大切です。

また、クライアントは広告予算を確保しているはずですので、掲載期間や予算感を聞いておくことも欠かせません。
できるだけ低予算で広告を打ちたいのか、大規模な予算で十分な広告効果を得たいのかによって選ぶべき施策も異なるからです。

ヒアリングは顧客折衝の場でもあるので、顧客が言語化できていない部分まで汲み取る必要があります。洞察力コミュニケーション力が求められる仕事です。

プランニング

ヒアリング結果を元に、Web広告の全体像を決めていくのがプランニングです。はじめにKPI(重要業績評価指数)KGI(重要目標達成指数)を決め、達成のために適切な媒体を選出します。複数の媒体に広告を出すのが一般的ですので、媒体ごとに予算の割り振りを決めていきましょう。

また、プランに沿ってプロモーションを行った場合に見込める効果をシミュレーションしておくことも大切です。表示回数・クリック数・コンバージョン数・コンバージョン単価を計算します。
また、過去の事例などを参考にクリック率・クリック単価・コンバージョン率の推定値による予測値も算出しておきましょう。

提案資料作成

プランニングした内容を提案資料としてまとめ、顧客に提示します。提案資料を見るクライアント担当者がWeb広告について詳しいとは限らないので、一般的でない用語や表現はできるだけ使わずに分かりやすくまとめるのがコツです。

一方で、クライアントが知りたいのは「実際どれほどの費用対効果が見込めそうなのか」といった具体的な成果の部分です。
プランニングでシミュレーションした結果をベースに、客観的な数値データや過去の事例から計算した予測値を提示しましょう。

具体的な数値が示されていれば、クライアント担当者が上長を説得する際にも有効な資料となるはずです。

2)Web広告プランナーの待遇と将来性は

Web広告プランナーを目指すにあたって、待遇や将来性は気になるところでしょう。Web広告プランナーの平均年収や、職業としての将来性について解説します。

Web広告プランナーの平均年収

求人ボックス「給料ナビ」によると、Web広告プランナーの平均年収は494万円といいます。

Web広告プランナーの平均年収

画像引用元:求人ボックス「給料ナビ

ただし、分布としては350〜900万円台と幅広いので、人によって差が生じやすい職業といえます。
年収に差が生じる主な要因として、スキルと勤務地が挙げられるでしょう。

Web広告プランナーは仕事の成果が数字で可視化される職業です。

自分が手がけた広告が実際にどれだけの効果を上げたのか、客観的な数値データから確認することができます。優れた成果を挙げてきたWeb広告プランナーは、転職市場においても高く評価されるでしょう。

また、勤務地に関しては大都市(とくに東京)に大手広告代理店が集中しているため、年収も都市部のほうが高い傾向があります。

Web広告プランナーの将来性

Web広告プランナーの将来性を示す指標の1つに「インターネット広告媒体費」が挙げられます。下のグラフは、2017年から2021年のインターネット広告媒体費の推移を表したものです。

インターネット広告媒体費の推移(億円)

(「日本の広告費 インターネット広告媒体費 詳細分析」を元に作成)

インターネット広告費は2021年に2兆円を超え、テレビ・新聞・雑誌・ラジオの4媒体を合わせた広告費を上回りました。インターネット広告費の増加傾向は今後も続く可能性が高く、広告の主戦場は今後インターネット広告へと移行が進むと考えられます。

インターネット広告を扱うWeb広告プランナーの需要も、今後ますます高まっていくでしょう。Web広告プランナーは高い需要が見込める、将来性のある仕事といえます。

3)Web広告プランナーに必要な知識・求められるスキルは

Web広告プランナーを目指すにあたって、どのような知識やスキルが必要なのでしょうか。

求められる知識・スキルを把握しておくことは、選考時のアピールポイントを考える上でも重要です。Web広告プランナーに必要とされる主な能力として、次の3点が挙げられます。

Web広告の知識とプランニングスキル

Web広告の知識とプランニングスキル:Web広告の知識:実務経験に限らずマーケティングについて学ぶ プランニングスキル:目標設定と達成の進捗管理などを意識

Web広告プランナーとして働くには、Web広告の知識は必須です。前述のようなWeb広告の種類をはじめ、広告運用でよく使われるツールや分析方法についてある程度の知識を持っておく必要があります

実務経験に限らず独学でWebマーケティングへの理解を深めるなど、対策を講じておくことが大切です。

また、プランニングスキルもWeb広告プランナーにとって重要な能力の1つといえます。
プランニングはあらゆる職種でスキルアップを目指せますので、現在の就業先で意識的に伸ばしていくとよいでしょう。

たとえば、営業職にとって目標設定と達成の進捗管理は非常に重要なプロセスといえます。営業活動によってどのような成果が期待できるかをシミュレーションし、予測と実績の差異を分析しながら埋めていきましょう。

こうした思考にもとづいて仕事を進めていくことが、Web広告プランナーとして「資質あり」と判断される好材料となるのです。

コミュニケーションスキル

コミュニケーションスキル:■クライアントの本質的な要望を引き出して提案に繋げる能力 ■制作やマーケティングチームなど、多方面の関係者との折衝 ■要望を伝えつつメディア側の要求との間に着地点を見出す交渉力

Web広告プランナーがヒアリングを行う際、クライアント担当者が自社の課題を言語化できているとは限りません。

クライアントの要望をそのまま受け入れるのではなく、より本質的な要望を引き出して提案につなげる能力が求められます。傾聴力質問力といった総合的なコミュニケーション能力が必要です。

クライアントとの折衝以外にも、Web広告プランナーは多方面の関係者に協力を仰ぐ必要があります。

制作チームやマーケティングチームなど、大勢の関係者と情報を共有して仕事を進める上でコミュニケーションスキルは必須です。

さらに、広告メディアとの交渉においては、要望を伝えつつメディア側の要求との間に着地点を見いだしていかなくてはなりません。

対外的な折衝で求められる交渉力も、Web広告プランナーとして求められるコミュニケーションスキルの1つといえるでしょう。

分析力・論理的思考力

分析力・論理的思考力:クライアントに対し、「どのような仮説に基づいているのか」「どのデータを元に判断したのか」の「根拠」が求められる

Web広告の企画・運用は数値分析の世界です。KKD(勘・経験・度胸)に頼ることなく、データドリブン思考によって客観的に分析を進めることが求められます。
物事を順序立てて論理的に考え、仮説検証を繰り返していくことが大切です。

たとえば、クライアントに広告プランを提案する際には「根拠」が常に求められます。

どのような仮説にもとづいて検証したのか、仮説はどのデータを元に判断したのか、といった説明が欠かせません。曖昧な点が残っていたり、感覚に頼って判断している点が見られたりすれば、クライアントの信用を失ってしまうでしょう。

Web広告プランナーに必要な資質を身につけるには、定量的なデータにもとづいて判断することを習慣化していく必要があります。KKDに頼っていた面がもしあるようなら、早急に改善を図りましょう。

4)Web広告プランナーの転職で意識すべき3つのポイント

Web広告プランナーへの転職を目指す際に、意識しておくべきポイントを紹介します。とくに未経験からWeb広告プランナーを目指す場合、必須ともいえる重要なポイントです。必ず取り入れて実践していきましょう。

勤務先は「広告代理店」か「インハウス」の2種類がある

勤務先は「広告代理店」「インハウス」の2種類がある:広告代理店:クライアントから案件を受託している インハウス:自社で広告を制作・運用まで手掛ける

Web広告プランナーの勤務先には、大きく分けて広告代理店インハウスの2種類があります。

広告代理店には、Web広告以外も幅広く扱う総合広告代理店、Webに特化した専門広告代理店、事業子会社であるハウスエージェンシーがあります。
規模の大小はありますが、いずれもクライアントから案件を受託していることが共通点です。大手広告代理店では、役割分担が細分化されているケースがよく見られます。

インハウスとは、自社で広告を制作・運用まで手がける企業を指します。
小規模な会社も多く、広告に関するあらゆる業務を兼任することも少なくありません。Web広告プランナーだけでなく、Webに関する幅広い業務を担当する可能性があります。

広告代理店とインハウスのどちらが向いているかは、携わりたい業務の範囲によって判断することが大切です。一般的に広告代理店は上流工程、インハウスは上流から下流工程まで幅広い業務を手がけるケースが多く見られます。

事前に運用型Web広告について学んでおく

事前に運用型Web広告について学んでおく:短期間で手法がアップデートされていく業界のため、常に最新の知見を取り入れておく必要がある。

未経験からWeb広告プランナーに転職するのであれば、事前に運用型Web広告について学んでおくことが重要といえます。
Web広告業界は短期間で手法がアップデートされていく世界ですので、最新の知見を取り入れておく必要があるからです。

現職で広告運用を担当するチャンスを得られるのが理想ですが、難しい場合は独学で知識を習得しましょう。マーケティング関連書籍を参考にするのはもちろんこと、無料のワークショップや講座を受講するのも1つの方法です。

たとえばGoogleでは「Googleデジタルワークショップ」や「Googleアカデミー」といった無料講座を提供しています。

以下はGoogleデジタルワークショップにおける、「検索連動広告」のレッスンページです。
各種広告についての基本的な知識と運用方法についてのイメージを養ううえで、役立てられるでしょう。

Googleデジタルワークショップ「検索連動型広告で情報を伝える方法 (検索連動型広告 第 1 章)」

画像引用元:Googleデジタルワークショップ「検索連動型広告で情報を伝える方法 (検索連動型広告 第 1 章)

こうして学んだ知識はWeb広告プランナーを目指す際の選考でアピールできるだけでなく、実務に就いてからも役立ちます。未経験者であっても自分でできる範囲の学習をしておくことが非常に重要です。

Web広告プランナーへの支援実績が豊富な転職エージェントを活用する

支援実績が豊富な転職エージェントを活用する:【メリット】・キャリアプランの相談ができる ・非公開求人の紹介をしてくれる ・書類添削/面接対策をしてくれる ・内定後の条件交渉も代行してくれる

Web広告プランナーは活躍の場が広がっており、就業可能な職場も増えつつあります。

選択肢が広がるのは良いことですが、業務内容や業務範囲の面でミスマッチが生じるリスクが増しているともいえるのです。とくに未経験者の場合は、応募先の業務内容や業務範囲をイメージしにくいでしょう。

Web広告プランナーへの転職を目指す際には、支援実績が豊富な転職エージェントの活用をおすすめします。

プロのアドバイザーにサポートしてもらうことで、自分に合った環境・業務内容を一緒に探してもらうことができるからです。

転職エージェントのアドバイザーは、求人企業の内情や社風など、外部からは見えにくい情報を把握していることが少なくありません。自分で求人に応募する場合と比べると事前に把握できる情報が増え、入社後のミスマッチを防ぐことに役立つはずです。

5)Web広告プランナーへの転職におすすめのエージェント

ここからは、Web広告プランナーとして活躍できる職場への転職を検討している方向けに、おすすめの転職エージェントを紹介します。

紹介するサービスはどれもWeb広告プランナーへの転職支援実績のあるエージェントです。

エージェントによってサポートの傾向や担当となるアドバイザーのタイプも変わりますので、まずは自分に合うエージェントを見つけていくうえで2~3登録し、「ここがフィットする」というエージェントに利用を絞っていくと良いでしょう。

リクルートエージェント

転職エージェントならリクルートエージェント。非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介。転職エージェントがあなたの転職を成功に導きます。

Web広告プランナーの求人数は国内トップクラス!豊富な支援実績をもとにサポートを受けられます。

リクルートエージェントは国内No1の求人数と転職支援実績を誇る転職エージェントです。

リクルートエージェントの強みは全業種・職種に対して豊富な求人数を持つこと、そして長年の実績で培われたノウハウ・転職支援ツールの充実さにあります。

とくに活用しておきたい支援ツールは、志望企業の特徴・評判といった分析から選考のポイントまでをまとめた「エージェントレポート」です。
先に触れた通り、Web広告プランナーの転職において企業研究は非常に大切です。その際に、レポート情報は大いに役立つはずです。

また、担当アドバイザーもこれまでの実績をもとに転職に関する有益なアドバイスを提供してくれるでしょう。

リクルートエージェントの特徴

特徴
  • 求人数および転職支援実績 国内No1。全業種・職種において常時豊富な求人を用意
  • 担当者の提案ペースが早く、スピーディな転職を実現しやすい
  • 職務経歴書エディタや面接力向上セミナー等の「転職支援ツール」が豊富
サービス対応地域 全国
拠点 北海道、宮城、東京(2か所)、埼玉、栃木、神奈川、静岡、愛知、京都、大阪、兵庫、岡山、広島、福岡
Web広告プランナー関連の求人数 約4,500件(2022年9月現在)
求人数・サポート実績No1
登録は5~10分程で完了します。

doda

doda 転職なら、・・転職サイトdoda(デューダ)

豊富な求人と担当アドバイザーの積極的な提案が特徴。「本気でいい求人を見つけたい!」と考えている方ならぜひ登録したい転職サイトです。

dodaは国内トップレベルの求人数と、担当アドバイザーから積極的な提案が評判の転職エージェントです。
Web広告プランナーの求人数は約3,400件(2022年9月時点)、都市部だけでなく地方での転職支援にも強いです。

また、dodaは求人を自分で探して応募する「転職サイト」と、求人紹介から企業への応募、日程調整までアドバイスしてもらえる「転職エージェント」両方のサービスを利用できます。
「まずは自分でWeb広告プランナーの求人をじっくりチェックしたい」という方は転職サイトのサービスを利用し、その後「応募や企業への交渉についてサポートしてほしい」となったときにエージェントサービスを利用する、という使い方もできます。

dodaの特徴

特徴
  • 幅広く、豊富な求人数(国内トップクラス)。地方求人紹介にも強い
  • 担当者から積極的な求人紹介を受けやすい
  • 担当者のサポートと併用して、自分でも求人情報を探して応募できる
サービス対応地域 全国
拠点 北海道、宮城、東京、神奈川、静岡、愛知、大阪、京都、兵庫、岡山、広島、福岡
Web広告プランナー関連の求人数 約3,400件(2022年9月現在)
転職者満足度 No1
登録は5~10分程で完了します。

ワークポート

ワークポート。各業界専門の総合転職エージェント。

「Web広告プランナー未経験でも、積極的に支援してほしい!」という人におすすめのエージェントです。

ワークポート(WORKPORT)は「業界・職種未経験者」のサポートに優れており、なかでもIT・Web業界の支援に強い転職エージェントです。
全都道府県の地域を対象としており、オンライン面談も受け付けています。

また、ワークポートに登録した際に担当となってくれる転職コンシェルジュ(アドバイザー)は、積極的な求人提案をしてくれることでも知られています

とくに「未経験職種」へのサポートに手厚く、そのため、Web広告プランナーに向けて新たにジョブチェンジを検討している方は、ワークポートのサービスがフィットしやすいでしょう。

他の転職エージェントに登録したものの、想像していたほど求人を紹介してもらえなかった人や、担当者のレスポンスが鈍く転職活動が進まないと感じていた人にこそ、ワークポートを利用するメリットを実感できるはずです。

特徴
  • 全国トップレベルの求人数。特にIT・Web業界への転職支援に強い
  • 幅広い業界において、未経験者へのサポート実績が豊富
  • 転職者の希望に合わせて、「チャレンジ転職」にも力強くサポートしてくれる
サービス対応地域 全国
拠点 北海道、宮城、東京(2か所)、埼玉、栃木、神奈川、静岡、愛知、京都、大阪、兵庫、岡山、広島、福岡
Web広告プランナー関連の求人数 約900件(2022年7月現在)
転職決定人数No1
登録は3分程で完了します。

type転職エージェント

type転職エージェント。ひとつ上を目指すあなたの転職アドバイザー。

東京エリアでWeb広告プランナーを目指す20~30代におすすめ。丁寧な支援と企業マッチングに強みがあります。

type転職エージェントは株式会社キャリアデザインセンターが運営する転職支援サービスです。同社の創業は1993年と、人材事業としては老舗の部類に入る企業として知られています。

長年にわたり人材サービスを提供してきた実績は、転職支援実績の豊富さや企業との信頼関係の強さとなって表れています。実際、type転職エージェントを活用して転職に成功した人の71%が年収アップを実現しているのです。

また、ひとりひとりの経歴と志向に合わせてのサポート・アドバイスが得意という評価が多く、とくにIT業界への転職支援を強みとしています。

type転職エージェントでは、面接対策をした場合としなかった場合とでは、対策をした方がおよそ12%通過率が高くなるというデータが出ています(※公式サイトより)。

これは老舗ならではの企業とのパイプが太いことと、転職者とのヒアリングや面接対策を丁寧に行うことによって、転職者と企業とのミスマッチを防ぐことができている結果と言ってよいでしょう。

「他の転職サービスではあまり良いアドバイスがもらえなかった」という方も、type転職エージェントを試してみると良いかもしれません。

type転職エージェントの特徴

特徴
  • サービス利用者の71%が年収アップ!企業との交渉力に強い
  • ひとりひとりの経歴と志向に合わせてのサポート・アドバイスが得意
  • 特にIT・Web業界への転職支援に強み
サービス対応地域 東京、神奈川、千葉、埼玉
拠点 東京
Web広告プランナー関連の求人数 約300件(2022年9月現在)
3人に2人が年収アップ
登録は5分ほどで完了します。

まとめ)将来性に期待大のWeb広告プランナーへの転職を実現させよう

Web広告プランナーは、急拡大を続けるWeb広告市場において中心的なポジションを担う職種です。今後もWeb広告業界は伸び続けていくと予測されており、将来性の面でも十分期待できる職業といえるでしょう。

一方で、未経験からWeb広告プランナーを目指すには一定のハードルがあるのも事実です。求められる知識・スキルを着実に習得し、転職成功に向けて一歩一歩進んでいく必要があります。

ぜひ今回の記事を参考に、Web広告プランナーへの転職を検討してみてください。業界・職種未経験者であっても、Web広告プランナーへの道は必ず開けていくはずです。

目次[ 閉じる ]