『みんなの転職「体験談」。』
『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

PL(プロジェクトリーダー)に転職するには?キャリアパスと転職成功のポイント3つ

[最終更新日]2022/06/28

SEからPLになるには?

SEで活躍する方のなかには、次のステップとしてPL(プロジェクトリーダー)を目指す方も多いでしょう。

今でこそ多種多様なキャリアパスがあるものの、PLはSEからステップアップする代表的な職種です。
特にゼネラリストを志向する方は、必ず通るステップに位置付けられています。

目次

1)プロジェクトリーダーを目指す際は、まずその仕事内容をおさらいしておこう

現在プロジェクトリーダー(以下「PL」と記します)を目指している人は、はじめにPLの仕事内容への理解をいっそう深めておくべきでしょう。

「すでに知っている」という方もおさらいの意も込めて、以下PLの概要、仕事内容をチェックしてみてください。

PLは開発現場に近い場所で働くリーダー職

PLは開発現場に近い場所で働くリーダー職 ●プロジェクトを成功させることが任務 ●要件定義・設計・テストなど様々な工程を任される ●メンバーの士気を上げるのも役割のひとつ ●プロジェクトによりPLの人数は異なる

PLは開発現場において、プロジェクトを成功させることが任務の職種です。PM(プロジェクトマネジャー)から任されたチームにおいて、メンバーや成果物の品質、スケジュールなどを管理します。

管理する範囲は幅広く、要件定義から設計、開発、テストまで、開発業務におけるすべての工程を任されるケースも少なくありません。

またPLは、開発現場に近い場所で働くリーダー職です。
メンバーの気持ちをくみ取りつつ、士気を上げて成功に導くことも求められる役割のひとつです。

PLの人数は、プロジェクトにより異なります。
小規模プロジェクトの場合はPLが1人だけで、PMを兼ねる場合もあります。一方で大規模プロジェクトの場合はPLが複数存在し、さらにサブリーダーが置かれるケースもあります。

PLの主な仕事内容

PL(プロジェクトリーダー)の主な仕事内容 ●開発現場の監督・管理 ●メンバーの適性を踏まえた業務の割り当ておよび育成 ●他チームとの連携 ●PM(プロジェクトマネジャー)の補佐

PLの主な仕事内容は、以下の4つに分かれます。

  • 開発現場の監督・管理
  • メンバーの適性を踏まえた業務の割り当て、および育成
  • 他チーム との連携
  • PM(プロジェクトマネジャー)の補佐

それぞれどのような仕事を任されるのか、順に確認していきましょう。

開発現場の監督・管理

開発現場の監督・管理は、PLの代表的な仕事です。
PLは、プロジェクトのスムーズな進行に尽力しなければなりません。単なる状況把握だけでは不十分であり、将来起こりうる問題の芽を事前に摘むなど、先手を取った対処が求められます。

加えてメンバーの相談に乗ることも、PLの重要な役割のひとつです。

もしチーム内で問題が発生した場合は、速やかな対処を求められます。以下の項目を考慮し、対処方針を決断しなければなりません。

  • 影響範囲の調査
  • 解決に必要な人員や、増加する業務量
  • スケジュールへの影響の有無

状況によってはPMなど、さらに上の職種に報告・相談し、判断を求める必要もあります。

メンバーの適性を踏まえた業務の割り当て、および育成

各開発チームに所属するメンバーの割り当ては、主にPMの権限です。

一方で所属するメンバーにどの業務を割り当てるかは、PLの腕の見せどころです。
各メンバーの得意な領域を任せられれば、チームの力を最大限に発揮できるでしょう。

良質なシステムをスケジュール通りに納品しやすくなり、評価も高まります。
事前にメンバーの適性を把握し、強みを活かせるよう業務を割り当てることは成功につながる重要なポイントです。

また、プロジェクトにはしばしば経験の浅いメンバーが入ります。
このような方も戦力にするため、育成する業務も重要な仕事に挙げられます。

他チームとの連携

開発業務においては、チームが分かれている場合も少なくありません。一例として、以下のケースが挙げられます。

  • システム開発チームとインフラチームが分かれている
  • 機能ごとに開発チームが分かれている
  • フロントエンドとバックエンドは別々の開発チームで担当している

多くのプロジェクトでは、途中で仕様やスケジュールの変更が多少なりとも入るものです。もしチーム間の連携が取れていないと、以下の不都合が生じるおそれもあります。

  • 他のチームを待たせてしまい、スケジュール遅延を引き起こす
  • バグの発生原因を作ってしまう

他のチームが関係する情報は、速やかに連絡・連携することもPLの重要な役割です。このためには、他のチームの状況もしっかり把握しておかなければなりません。

PM(プロジェクトマネジャー)の補佐

PMの補佐も、PLの重要な役割に挙げられます。
いくら経験豊富なPMでも、すべての技術に詳しいわけでもなければ、あらゆる経験を積んでいるわけでもありません。

PM一人では判断できないケースにおいてPLの助言はありがたいものであり、プロジェクトを正しい方向に進める原動力となります。

また大規模プロジェクトの場合、PM一人では隅々まで目を配ることができません。PLがメンバーをしっかり管理することで、PMは上層部や顧客との折衝、予算・人員管理など、PMしかできない業務に集中できます。

PLとSEの違い

PLとSEはともに開発の第一線で活躍する職種ですが、以下の大きな違いがあります。

役割 特徴
PL チームに所属するSEやPG(プログラマー)を管理する。PMの補佐役も担う場合がある。開発を進める上で一定の権限が与えられている
SE PLの指示を受け、開発業務に取り組む。担当業務を定められている場合も多く、権限は限られている

SEはPLの指示を受けて開発業務を遂行する人、PLはSEを管理する人という違いがあります。実際にPLは、複数のSEをまとめている場合が多いです。

このためPLは技術だけでなく、人を動かす能力も備える必要があります。「PLは開発スキルに加えてマネジメントスキルも必要」といわれる理由は、このような事情によるものです。

PLとPM(プロジェクトマネジャー)の違い

PLは、PMと(プロジェクトマネジャー)も異なる職種です。PLは開発現場の責任者、PMはプロジェクト全体の統括者といった分担がなされています。主な違いを、以下にまとめました。

項目 PL PM
目的 PMが作成した計画に基づき、プロジェクトを成功に導く プロジェクト全体の総責任者。予算と納期を守り、プロジェクトを完遂させる
業務範囲 開発現場のリーダー。複数のチームに分かれている場合は、チームリーダーとなる場合も多い プロジェクト全体の管理を行う。プロジェクト計画も立てる
顧客との交渉 行う場合がある 必須
予算や人員計画
スケジュール
作業範囲
意見は述べられるが、決定権はない 決定権がある

進捗のチェックはPL、PMともに行います。まずはPLが把握し、自力で解決できない場合はPMへエスカレーションする業務フローが一般的です。

2)PLの年収とキャリアパス

仕事に就くなら、給料は気になるもの。またPLはPMなど、さらなる上位職への入り口となる職種です。
ここからはPLの待遇やキャリアパス、未経験から転職可能かどうかという点を確認していきましょう。

PLの平均年収

求人ボックスによると、PLの平均年収は596万円です。

プロジェクトリーダーの求人の給与

画像引用元:カカクコム「プロジェクトリーダーの転職・求人情報

最も多い層は平均年収の596万円よりもやや低く、450万円~550万円のランクとなっています。 おおむねSEよりも高く、PMよりも低い水準に設定されている場合が多いです。

もっともPLの年収は就職先の会社により、また年齢やスキルにより大きく変わります。
年収分布を見ると、年収450万円~700万円の層が多くなっています。

また、マイナビ「IT・エンジニアの職種図鑑 プロジェクトリーダー」によると、30代のPLは20代と比べて年収が100万円前後増えるといいます。

経験を積むにつれて年収を大きく上げることが可能であり、やりがいのある職種といえるでしょう。

PLは未経験から転職可能?

まずはSEやサブリーダーを経験するのが一般的。PLはSEの上位職種。そのためSEよりも高いITスキルが求められる

業務・ITの両方に高いスキルをお持ちの方は別として、多くの方は入社後すぐにPLを任されるわけではありません。
まずはPL候補としてSEやサブリーダーを経験し、実力を認められればPLになるといったステップを踏むことになるでしょう。

PLは、SEの上位にあたる職種です。
業務知識とITスキルは、SEよりも高いレベルを求められることでしょう。

一般的には、SEを数年経験した後になる職種です。会社によっては、サブリーダーを経験した後になる職種という場合もあるでしょう。

そもそもSEよりも業務・ITに疎いPLは、組織を統率できません。このようにPLは未経験からすぐになれる職種ではなく、経験を積んだ後に就ける職種です。

PLのキャリアパス

PL(プロジェクトリーダー)のキャリアパス。ゼネラリスト志向ならPMはキャリアアップの為に必ず通るべき道

PLが次に目指す職種として、PM(プロジェクトマネージャー)を挙げる方は多いでしょう。
PMはPLの経験を活かしつつ、より高いレベルでプロジェクト運営をかじ取りできる職種です。ゼネラリスト志向の方は、将来のキャリアアップを果たすために必ず通る職種といえるでしょう。

もっともPLの先にあるキャリアは、PMだけではありません。スペシャリスト志向の方は、ITスペシャリストも主なキャリアパスに挙げられます。これまで培ってきた技術力を、存分に発揮できる職種です。

またITコンサルタントフリーランスになる道もあります。PLからのキャリアパスは、あなたの希望に応じて選べることが特徴です。

3)PLに求められる知識・スキル

PLの職責をまっとうするには、IT技術・業務・プロジェクト運営に関する幅広い知識やスキルが求められます。代表的な4つのスキルを、以下に示しました。

それぞれの重要性について、詳しく確認していきましょう。

目標達成力・推進力

目標達成力・推進力:スケジュールの遅延や仕様変更、メンバーの体調不良などが起こった時に、諦めず取り組む姿勢が求められる。

PLに求められるスキルのひとつに、目標達成力推進力が挙げられます。
なぜなら開発プロジェクトでは、往々にしてスケジュールの遅延や仕様変更、メンバーの病気など、開発の進行に影響する事象が発生するためです。

ときには、納期を守ることが難しいと感じる場合もあるでしょう。しかしPLが簡単にあきらめてしまっては、必死になって頑張っているメンバーのやる気を削いでしまいかねません。

このためPLは困難な状況にあっても創意工夫を凝らし、諦めずに取り組む姿勢が求められます。またプロジェクトの成功を目指してチーム全体を鼓舞し、適切な方法で進める推進力も必要です。

コミュニケーションスキル

コミュニケーションスキル:問題の兆候を察知してヒアリングを行い、トラブルを防ぐ。気軽に相談できるようチームの風通しを良くする努力も必要。

なんとしても納期を守る精神的な強さはPLにとって重要ですが、それだけでは務まりません。メンバーをはじめ関係者と適切に情報交換できるコミュニケーションスキルは、信頼されるPLになるために必須のスキルです。

相手の話を正しく理解し、状況を把握したうえで最適な判断を行うことは当然必要ですが、これだけでは不十分です。人は言葉に出さなくても、行動やしぐさ、顔色の変化がある場合も少なくありません。

問題の兆候をいち早く察知してヒアリングを行い、適切な対処を行えるとトラブルを防ぎやすくなります。

また気軽に相談できる雰囲気を作るとチームの風通しが良くなり、トラブル防止やモチベーションのアップにつながります。コミュニケーションスキルの向上は、信頼されるPLになるための重要なポイントです。

開発に関わる技術への理解

開発に関わる技術への理解:プロジェクトで使う技術に関する知識はもちろんのこと、最新のIT技術を追いかけ、開発に応用していくことも大切。

PLは、技術を使ってシステムを作る開発プロジェクトを率います。

状況の把握と判断、指示を適切に行い、メンバーからの信頼を得るためには、開発に関する技術の理解が欠かせません。

特にプロジェクトで使う技術は、ひととおり把握しておく必要があります。豊富な知識量や技術力がものを言う分野といえるでしょう。この意味ではSEとして、さまざまな開発に携わった経験も活かせる分野です。

PLは単にプロジェクトを進めるだけでなく、より良い開発方法を検討することも役割のひとつに挙げられます。

より短い時間でより良いシステム開発を実現するためには、最新のIT技術を把握することも必要です。自ら手を動かして開発しない場合でも、PLには技術を追いかける姿勢が求められます。

業務知識

業務知識:特定の業種・業務における知識を持っていると重宝される。

担当するシステムに関する業務知識も、PLに求められる知識のひとつに挙げられます。

業務知識がなければ開発メンバーの報告内容や、要件定義書・設計書に潜むバグを見つけることができません。結果として不適切な設計を行い、クレームにつながるおそれもあります。円滑なシステム稼働につなげるためには、業務知識の活用も欠かせません。

このため特定の業種・業務における深い業務知識を持つ方は、PLとして重宝される場合があります。もし経験のない業種に関する開発プロジェクトのPLを任された場合は、すみやかに業務知識を身につけ開発業務に支障が出ないよう心がけなければなりません。

4)PLへの転職を成功するための3つのポイント

これからPLへ転職したい方は、ぜひ意識しておきたいポイントが3つあります。

いずれも、納得する転職の実現には欠かせません。それぞれのポイントと重要性について、詳しく確認していきましょう。

自身のこれまでの経歴・マネジメント経験などを棚卸ししておく

これまでの経歴・マネジメント経験などを棚卸ししておく:●サブリーダー ●新人教育の担当者やOJTリーダー ●メンター など

PLになるためには、持っているスキルのアピールが欠かせません。採用担当者の納得を得るためには、事前にご自身のスキルをよく知ることが不可欠です。これまでの経歴やマネジメント経験を棚卸しする作業を、入念に行うことが求められます。

とりわけ問われるポイントとして、リーダーやマネジメント経験が挙げられます。これまでPLの経験が無い方でも、以下の経験を持つ方は多いでしょう。

  • サブリーダー
  • 新人教育の担当者やOJTリーダー
  • メンター

いずれも新入社員や若手の従業員を率いたり、助言を与えたりする役割を担う職種です。
自分の発言や行動を通して、相手に影響を与える職種といえるでしょう。経歴をまとめる際には行った取り組みだけでなく、得られた結果もチェックし、可能な範囲で具体的に記すと説得力が増します。

PLにおすすめの資格を取得して強みにしよう

PLにおすすめの資格を取得して強みにしよう:●応用情報技術者 ●プロジェクトマネージャ ●PMP ●PMOスペシャリスト認定資格 など

PLへの転職は、実務経験が重要視されます。加えて実力を裏付ける、またはポテンシャルを感じさせる資格を持っていると強みになり、選考を有利に進めることも可能です。

資格は、入社後の活躍にもつながります。体系的な知識を得られるため、入社後の効果的なプロジェクト運営に活かせる点もメリットといえるでしょう。

PLになりたい方は、まず応用情報技術者の取得を目指しましょう。技術面はもちろん、プロジェクト運営に関するさまざまなスキルが認定されます。高いスキルをお持ちの方は、以下に挙げる資格の取得もおすすめです。

  • プロジェクトマネージャ
  • PMP
  • PMOスペシャリスト認定資格

もし日々の業務に余裕がある方は、資格の取得も目指すとよいでしょう。

PLへの支援実績が豊富な転職エージェントを活用する

PLへの支援実績が豊富な転職エージェントを活用する:【メリット】 ・キャリアプランの相談ができる ・非公開求人の紹介をしてくれる ・書類添削/面接対策をしてくれる ・内定後の条件交渉も代行してくれる

PLはさまざまな企業から求人が出されています。通いやすい場所や仕事内容だけを見て、応募先を決める方もいるかもしれませんが、これはあまり良い方法といえません。

なぜならスキル面がクリアしていても、業務内容や担当する業種、社風等でのミスマッチが起きる場合もあるためです。このため応募先の選定は入社後の姿をイメージし、多くの項目を検討したうえで決めることをおすすめします

とはいえ、独力で1社ずつ検討する時間はなかなか取れないものです。忙しい方こそ、PLへの支援実績が豊富な転職エージェントの活用をおすすめします。

転職エージェントに相談しあなたに合った職場を一緒に探すことで、充実した日々とより高い収入の獲得も期待できます。

5)PL(プロジェクトリーダー)への転職におすすめのエージェント

ここからは、PLとして活躍できる職場への転職を検討している方向けに、おすすめの転職エージェントを紹介します。

紹介するサービスはどれもPLへの転職支援実績のあるエージェントです。

エージェントによってサポートの傾向や担当となるアドバイザーのタイプも変わりますので、まずは自分に合うエージェントを見つけていくうえで2~3登録し、「ここがフィットする」というエージェントに利用を絞っていくと良いでしょう。

マイナビIT AGENT|IT・Web業界への転職支援に強い&丁寧なサポート

マイナビエージェント。ITエンジニアの方へ
マイナビIT AGENTの特徴
  • ITエンジニアの求人数は国内トップレベル。システム会社から事業会社まで幅広く網羅
  • 担当者の対応が丁寧。書類添削から面接対策までじっくり取り組んでくれる
  • 企業とのリレーションが強く、独自の非公開求人が多数
サービス対応地域 全国
拠点 東京(2か所)、神奈川、北海道、宮城、愛知、大阪、京都、兵庫、福岡
PL・PMの求人数 約3,000件(2022年6月現在)

マイナビIT AGENTは人材紹介会社の大手マイナビが運営する「IT/Webエンジニア専用」の転職支援を行うエージェントです。
サポート対応地域は全国。オンラインでの面談も受け付けています。

マイナビIT AGENTの大きな特徴は、エンジニア向け求人数の豊富さ、そしてシステム会社から事業会社まで幅広い業界の求人に対応している点が挙げられます。

また、マイナビの転職サービスは「サポートの丁寧さ」にも定評があり、職歴書の作成や面接対策に不安を感じている人におすすめです。

マイナビIT AGENTの活用メリットとおすすめポイント

マイナビIT AGENTの所属アドバイザーは、全員がIT・Web業界に精通したプロフェッショナルです。

幅広い職種に対応している総合型転職エージェントとは異なり、エンジニアの転職事情を十分に理解しているため、転職者一人ひとりに適した開発環境や企業へのアプローチ方法についてアドバイスしてもらえます。

また、マイナビIT AGENTは優良企業のレア案件(=非公開求人)を独自に保有しています。

「非公開求人」とは?=企業が社名を明かさず人材を募集すること。▽企業が非公開求人を行う理由●企業側で急な採用が必要となり、求人を公開して募集する時間がない。●企業の人事採用側の事務コストの節約。●機密性の高いプロジェクトや事業戦略に関わる人材採用。

就業条件が恵まれているエンジニア求人には、大量の応募者が殺到する傾向があります。そのため選考の競争率も高くなりやすく、強力なライバルが数多く現れる可能性もあるでしょう。

マイナビIT AGENTの非公開求人は、専任アドバイザーを通じてのみ紹介されます。エンジニアのスキルや経験にマッチした非公開求人を個別に紹介してもらえるので競争率が低く、採用に至る確率を高めることにつながるのです。

一方のマイナビIT AGENTの注意点は、未経験者向けの求人が少なめな点、求人がやや都市部に集中している点です。

未経験者歓迎・実務経験の浅い人向けの求人を見たい」、「地方での求人を中心に見たい」という場合は、幅広い層・地域に向けて求人紹介をしているdodaリクルートエージェントパソナキャリア(全世代向け)といった幅広い分野で評判の高いの転職サービスがおすすめです。

ITエンジニア求人トップクラス
登録は3分程で完了します。

レバテックキャリア|IT・Web業界の実務経験ある担当が力強くサポート

レバテックキャリア。IT/Web業界のエンジニア・クリエイター専門
レバテックキャリアの特徴
  • 担当アドバイザーは全員エンジニア経験者。専門分野において適切なサポート・アドバイスが受けられる
  • 企業情報を熟知した担当のフォローにより、書類通過率・内定決定率が高い
  • AI・ビッグデータ・FinTechなどのトレンド技術を扱う求人が豊富
サービス対応地域 全国
拠点 東京、神奈川、大阪、福岡
PL・PMの求人数 約5,000件(2022年6月現在)

レバテックキャリアは「エンジニア実務経験者」のサポートに特化した転職エージェントサービスです。

保有求人数もIT・Web業界特化型サービスの中ではトップクラスで、かつエンジニアの専門知識を持つキャリアアドバイザーからサポートを受けることができます。

年収アップなど待遇面での改善をしたい」、「エンジニアとしてのキャリアプランを掘り下げたい」、「書類や面接で評価してもらえるようアドバイスを欲しい」というエンジニアの方は、レバテックキャリアがおすすめです。

レバテックキャリアの活用メリットとおすすめポイント

PLに関しての求人は5,173件あります(2022年3月25日現在 ※公開求人のみ)。

大手転職サービスであるdodaやマイナビには及ばないものの、レバテックキャリアは「AI」、「機械学習」、「クラウドエンジニア」、「ビックデータ」、「FinTech」などのトレンド技術を扱う求人を多く抱えており、エンジニアとしてキャリア開拓を目指す人にフィットしやすいのです。

レバテックキャリアは最新技術・トレンド技術分野の求人が豊富! DX推進:約200件 AI・機械学習:1,000件以上 ビッグデータ:約1,000件 FinTech:約500件 クラウドエンジニア:約200件
 

そのほか、レバテックキャリアでは他の転職サービスにはない良質な「非公開求人」も豊富に扱っており、サイト上では閲覧できない案件もキャリアアドバイザーを介して紹介してもらうことができます。

「非公開求人」とは?=企業が社名を明かさず人材を募集すること。▽企業が非公開求人を行う理由●企業側で急な採用が必要となり、求人を公開して募集する時間がない。●企業の人事採用側の事務コストの。●機密性の高いプロジェクトや事業戦略に関わる人材採用。

非公開求人の中には、大手企業のプロジェクトや高年収求人も含まれているので、「エンジニアの経験を活かし、さらなるキャリアアップをしたい」という人にとっては大きなメリットになるでしょう。

一方のレバテックキャリアの注意点は、未経験者向けの求人が少なめな点、求人がやや都市部に集中している点です。

未経験者歓迎・実務経験の浅い人向けの求人を見たい」、「地方での求人を中心に見たい」という場合は、幅広い層・地域に向けて求人紹介をしているdodaリクルートエージェントパソナキャリア(全世代向け)といった幅広い分野で評判の高いの転職サービスがおすすめです。

利用者の8割が年収アップ
登録は5~10分程で完了します。

doda ITエンジニア|幅広く充実したボリュームの求人と、積極的な提案

doda。企業との強いリレーションで口コミ転職者満足度No.1。ITエンジニアの転職ならdoda
doda ITエンジニアの特徴
  • 全国トップレベルのITエンジニア求人数。都市部だけだなく地方求人にも強い
  • 企業からのスカウト・オファーが届きやすい
  • 転職サイト・転職エージェントどちらのサービスも利用できる
サービス対応地域 全国
拠点 北海道、宮城、東京、神奈川、静岡、愛知、大阪、京都、兵庫、岡山、広島、福岡
PL・PMの求人数 約1.2万件(2022年6月現在)

doda ITエンジニアは国内大手人材会社「doda」の、ITエンジニアに特化した転職エージェントサービスです。
ITエンジニア系のエージェントは都市部に特化したところが多い中、doda ITエンジニアは都市部だけでなく地方での転職支援にも強いです。

また、dodaは求人を自分で探して応募する「転職サイト」と、求人紹介から企業への応募、日程調整までアドバイスしてもらえる「転職エージェント」両方のサービスを利用できます。
「まずは自分でじっくり求人チェックしたい」という方は転職サイトのサービスを利用し、その後「応募や企業への交渉についてサポートしてほしい」となったときにエージェントサービスを利用する、という使い方もできます。

doda ITエンジニアの活用メリットとおすすめポイント

PLに関しての求人は11,582件あります(2022年3月25日現在 ※公開求人のみ)。

doda ITエンジニアでは「ダイレクト・リクルーティングサービス」という仕組みを取っており、そのため実績のあるエンジニアは企業から熱意あるスカウトメールが届くことが多いでしょう。

従来の採用形式:転職者が企業に応募する形式 ダイレクト・リクルーティング:企業から転職者に直接アプローチする形式

dodaに登録すれば、「自分が今どんな企業から関心を持たれているか」について、スカウトメールの傾向から確認することができるでしょう。

スカウトメールは登録時のレジュメ内容をもとに送付されますので、「スカウト・オファーを沢山ほしい」という方は、レジュメ内容を充実させることをおすすめします。

また、doda ITエンジニアでは担当にキャリアアドバイザーのほかに「プロジェクト担当」といって求人企業への採用支援を行うスタッフも就いてくれます。

dodaエンジニアITのサポートの仕組み

引用元:doda「転職エージェントのdodaがあなたをしっかりサポート

これにより、転職者は応募企業についての詳細情報をキャッチアップしやすくなり、ミスマッチ転職の回避が期待できます。

一方のdoda ITエンジニアのデメリット・注意点は、担当アドバイザーの品質にバラつきがある点です。応募・エントリーを急かされたり、希望する分野への知識の浅いアドバイザーが就いてしまうこともあるでしょう。

丁寧かつ実績のあるアドバイザーに担当に付いてほしい」という場合は、パソナキャリア(全世代向け)、JACリクルートメント(キャリアアップ、ハイクラス向け)、マイナビIT AGENTレバテックキャリア(IT/Webエンジニア向け)といった各分野で評判の高いの転職サービスがおすすめです。

ワークポート|未経験者向け支援、特にIT・Web業界へのサポートに強い

ワークポート。各業界専門の総合転職エージェント。
ワークポートの特徴
  • 全国トップレベルの求人数。特にIT・Web業界への転職支援に強い
  • 幅広い業界において、未経験者へのサポート実績が豊富
  • 転職者の希望に合わせて、「チャレンジ転職」にも力強くサポートしてくれる
サービス対応地域 全国
拠点 北海道、宮城、東京(2か所)、埼玉、栃木、神奈川、静岡、愛知、京都、大阪、兵庫、岡山、広島、福岡
PL・PMの求人数 約4,000件(2022年6月現在)

ワークポート(WORKPORT)は「業界・職種未経験者」のサポートに優れており、なかでもIT・Web業界の支援に強い転職エージェントです。
全都道府県の地域を対象としており、オンライン面談も受け付けています。

また、ワークポートに登録した際に担当となってくれる転職コンシェルジュ(アドバイザー)は、積極的な求人提案をしてくれることでも知られています

転職先を検討するにあたって、できるだけ多くの求人を比較した上で応募先を決定したい人や、担当アドバイザーからの提案を多く受けたい人は、ワークポートのサポートがマッチしやすいでしょう。

ワークポートの活用メリットとおすすめポイント

図参照:ワークポート 転職コンシェルジュとの面接シーン

引用元:転職エージェントのWORKPORT(ワークポート)で 転職相談サービスを体験してみた!

ワークポートは「未経験職種」へのサポートが手厚いことでも知られています。
そのため、今の職種から新たにジョブチェンジを検討している方は、ワークポートのサービスが適しているでしょう。

ワークポートのここが強み! ■あなたの可能性を最大限に引き出すプロの力 ■個別の面接対策、書類作成のアドバイス

引用元:ワークポート 「転職コンシェルジュの転職相談サービス

検討の余地があれば求人を紹介する」というスタンスのエージェントのため、転職先の選択肢を広げる際にもおすすめです。

他の転職エージェントに登録したものの、想像していたほど求人を紹介してもらえなかった人や、担当者のレスポンスが鈍く転職活動が進まないと感じていた人にこそ、ワークポートを利用するメリットを実感できるはずです。

「〇ヶ月以内に転職したい」など、具体的な期限を決めて転職活動を進めたい人におすすめのサービスといえます。急ぎの転職に向いているのは、ワークポートを利用するメリットといえるでしょう。

一方のワークポートのデメリット・注意点は、担当アドバイザーの品質にバラつきがある点です。応募・エントリーを急かされたり、希望する分野への知識の浅いアドバイザーが就いてしまうこともあるでしょう。

丁寧かつ実績のあるアドバイザーに担当に付いてほしい」という場合は、パソナキャリア(全世代向け)、JACリクルートメント(キャリアアップ、ハイクラス向け)、マイナビIT AGENT(IT/Webエンジニア向け)といった各分野で評判の高いの転職サービスがおすすめです。

転職決定人数No1
登録は3分程で完了します。

Geekly|IT・Web業界の実務経験ある担当が力強くサポート

IT業界に特化した転職支援ならGEEKLY(ギークリー)。
Geeklyの特徴
  • Web業界・ゲーム業界の転職支援に強い
  • 担当アドバイザーのほとんどがITエンジニア経験者
  • 20代~40代まで、幅広い年代で転職成功実績がある
サービス対応地域 全国
拠点 東京
PL・PMの求人数 約3,000件(2022年6月現在)

Geekly(ギークリー)は、IT・Web・ゲーム業界に特化した転職エージェントサービスです。
他の転職サービスには掲載されていない「非公開求人」の数も豊富で、独自のノウハウにより転職者の希望の条件にマッチする企業の紹介を行っています。

ギークリーのキャリアコンサルタントは、最低でもIT業界で3年以上のコンサルティング経験を持っています。

かつては「35歳転職限界説」もありましたが、ギークリーの転職成功者のうち、およそ4割近くは36歳以降のミドル世代であり(※公式サイトより)、幅広い年代で偏りなく実績を積んでいる点もギークリーの大きなメリットです。

Geeklyの活用メリットとおすすめポイント

特化型エージェントだけにゲーム業界に強く、企業のコアな情報を転職希望者に提供していることに定評があります。キャリアコンサルタントの専門性も高く、エンジニアの経験やスキルレベルをしっかりと把握してくれるので、マッチングの精度が高いのも大きな特徴です。

また、エンジニア、クリエイター、ゲーム、営業など、分野ごとに専門チームを設けて、それぞれの分野の知見の深いカウンセラーがキャリア相談やおすすめの求人を紹介してくれます。

そうしたサポート体制もあって、ギークリーを利用した転職者の年収アップ率は75%といいます(※2022年2月 公式サイトより)。

一方のGeeklyの注意点は、未経験者向けの求人が少なめな点、求人がやや都市部に集中している点です。

未経験者歓迎・実務経験の浅い人向けの求人を見たい」、「地方での求人を中心に見たい」という場合は、幅広い層・地域に向けて求人紹介をしているdodaリクルートエージェントパソナキャリア(全世代向け)といった幅広い分野で評判の高いの転職サービスがおすすめです。

書類選考の通過率3.4倍
登録は3分程で完了します。

まとめ)PLは信頼を得ることが重要。技術力・人間力・マネジメントスキルを高めよう

SEと比べてPLは高い給与が期待できる一方で、求められるスキルは大きく増えます。それはプロジェクトの成功を左右する、責任の重い役割であることが理由です。

PLになると開発業務そのものよりも、チームの管理や他職種・他チームとの調整業務が多くなります。

プロジェクトメンバーや関係者から信頼されなければ、いくら技術力が高くても優秀なPLにはなれません。PLを目指す方は技術力に加え、人間力やマネジメントスキルも高めていきましょう。

目次[ 閉じる ]