『みんなの転職「体験談」。』
『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

イラストレーターの仕事で正社員になれる?実務未経験から転職成功する為には

[最終更新日]2022/10/09

実務未経験からイラストレーターに転職するには?

イラストレーターとしてのスキルを生かして転職したい——。このように考えたことはありませんか?
絵を描くことが大好きな人にとって、イラストレーターとして生計を立てていくことは憧れの1つでもあるはず。

一方で、イラストレーターで正社員を目指すことは可能なのか、具体的にどのような業界に就職口があるのかを知りたい方もいるでしょう。

目次

1)そもそも、イラストレーターで正社員は目指せるか

イラストレーターで「正社員」は可能? ●実務未経験からでも正社員転職は可能。だけど、求人数は少なめ。 ●イラストだけに専念できる仕事は少なく、デザインや商品企画など兼務する事が多い。

結論から言うと、イラストレーターで正社員を目指すことは可能です。美芸大を卒業していない方、独学でイラストを描いてきた方でも、正社員になれるチャンスはあります。

ただし、イラストレーターの求人数は全体として決して多くありません。
募集していたとしても1名のみなど、募集人数が非常に少ないケースがほとんどです。

また、純粋にイラストを描くだけでなく、グラフィックデザインや商品企画、その他のデスクワークを兼務して就業することもよくあります。

イラストを描く業務がメインの仕事が多いのは、主にゲーム業界です。
ゲーム業界に転職できればイラストレーターの仕事に集中できる一方で、求められるスキルレベルが非常に高いこともめずらしくありません。
とくにデッサン力が求められることから、美芸大卒者や実務経験者が有利になりやすい傾向があります。

2)イラストレーターを正社員募集している主な業界

イラストレーターの正社員を募集している業界は多岐にわたります。外注先としてではなく、自社内でイラストレーターを確保する必要がある企業であれば、どのような業界でもイラストレーターが求められる可能性はあるからです。

中でも、次に挙げる4つの業界はイラストレーターの正社員募集が比較的多く見られます。

ゲーム業界

ゲーム業界|●キャラクターや背景などのイラストを描く仕事 ●世界観に合わせ、幅広いタッチのイラストが描ける事が求められる

ゲームプランナーやアートディレクターの指示のもと、キャラクターや背景、アイテムなどのイラストを描きます。
仕様書・指示書に従ってイラストを描くだけでなく、ゲーム内の設定や世界観への深い理解が求められる仕事です。

ゲームメーカーや制作会社では、さまざまなジャンルのゲームを手掛けています。特定のジャンルに限らず、幅広いテイストのイラストを描き分けることが求められるでしょう。

また、ゲームに使用するイラストは動きが加わることが前提のものも多く見られます。
キャラクター設定にも留意しながら、イメージに合ったイラストに仕上げなくてはなりません。
メインキャラクターの造形を任されるようになるには、相応の経験と実績が必要です。

未経験者の場合、はじめは制作工程のごく一部のみ担当することもあるでしょう。

インターネット・Web業界

インターネット・Web業界|●「Webデザイナー」として募集している企業が多い。 ●PhotoshopやIllustratorを使いこなせるスキルは必須。

インターネット・Web業界では、イラストレーター関連の職種を「Webデザイナー」として募集しているケースが多く見られます。
つまり、イラストレーターの仕事のみを担当するわけではなく、Webデザインの一部としてイラスト制作に携わることもあるといった位置づけです。

そもそもWebデザイナーの定義そのものが広範囲にわたっており、UIデザインが中心の場合もあれば広告バナーを大量に制作したり、図解のための挿入図を制作したりする場合もあります。

いずれもPhotoshopやIllustratorといったデザインソフトのオペレーションスキルは必須となるため、純粋にイラストを描くスキルだけで勝負するのは難しいのが実情です。

一方で、業務範囲が多岐にわたっており転職先として選択肢が多い業界ともいえます。イラスト+αのスキルがある人にとって、転職先の有力候補の1つとなるでしょう。

DTP・印刷業界

DTP・印刷業界|●「オペレーター寄り」の仕事と「デザイナー寄り」の仕事の2種類。 ●色相に関する知識やコミュニケーションスキルも求められる。

DTPデザイナーとして転職する場合、イラストが描けることがアピールポイントとなる可能性があります。

実務でイラストレーターの業務がメインになることはほとんどありませんが、イラストやカットが必要な案件を担当した際に自分で描けることは強みになるはずです。

DTPデザイナーと一口に言っても、素材をレイアウトするオペレーター寄りの仕事と素材やページデザインそのものを制作するデザイナー寄りの仕事があります。
デザイナー寄りの業務では色相や配色に関する知識が役立つため、イラストレーターとして培った能力を発揮できるはずです。

DTPデザイナーは、ディレクターやクライアントと打ち合わせをする場面も多い仕事です。
デザインソフトの扱いや印刷関連の知識に加え、調整力やコミュニケーションスキルが求められる仕事といえるでしょう。

メーカー

メーカー|●多くは商品企画や自社HPの作成など、イラスト以外の仕事も行う。 ●商業デザイン全般に興味のある人におすすめ。

メーカーにもデザイン・イラストレーター関連の人材ニーズは少なからずあります。
ただし、多くは商品企画や自社HPへの集客を目的としており、純粋にイラストだけを描く仕事ではありません。クリエイティブ職とはいえ、実務においてはマーケティングに関する知識も求められるケースが多いと考えられます。

別の見方をすると、イラストレーターとして身につけてきた知見やスキルをビジネスで活用したい人にとっては最適な環境といえます。

メーカーの中にはオウンドメディア運営に注力している企業も多く見られますので、オリジナリティのあるメディアを作り上げていく工程に携わるチャンスもあるでしょう。イラストレーターに限らず、商業デザイン全般に興味のある人におすすめの業界です。

3)イラストレーター正社員の年収とキャリアパス

イラストレーター正社員の平均年収

イラストレーター正社員の平均年収|およそ328万円 平均的なボリュームゾーンよりも低め

dodaの調査によれば、グラフィックデザイナー/イラストレーターの平均年収は328万円です(※)。同調査による平均年収は403万円であることから、平均的な年収のボリュームゾーンよりは低めの水準といえます。

前職の業種・職種によっては、正社員イラストレーターに転職することで年収が下がる可能性もあると認識しておく必要があるでしょう。

一方で、正社員イラストレーターは固定給が保証されているため、フリーランスのイラストレーターと比べて安定的に収入を得ることができます。
正社員イラストレーターとして高収入を目指すのは決して簡単ではないものの、安定性という点ではフリーランスよりも恵まれているともいえるのです。

※平均年収ランキング(165職種別の平均年収/生涯賃金)2021年版より

イラストレーター正社員の将来性

イラストレーターの将来性|●クライアントの意図を汲んだイラスト作成はAIには代替不可能 ●市場全体としてはデジタルイラストの需要が高まっている

近年ではAIによるパターン学習やディープラーニングの進歩により、イラストを自動生成できるサービスも台頭しています。近い将来、イラストレーターの仕事がなくなってしまうのではないかと言う人もいるほどです。

しかし、クライアントの意図を汲み取り、相手のニーズを深く理解したイラストを描くことは、少なくとも現状ではAIにはできません。イラストレーターという職業そのものが完全になくなることはないでしょう。

ただし、市場全体としてはデジタルイラストの需要が高まりつつあります
PhotoshopやIllustratorといったデザインソフトを使いこなし、イラスト制作に付随するデザインやマーケティングといった分野の知見を深めていくことで、イラストレーターとして活躍し続けることは十分に可能と考えられます。

イラストレーター正社員のキャリアパス

イラストレーターのキャリアパス|●フリーランス ●Webデザイナー ●企画職 ●アートディレクター ●専門学校講師 etc...

正社員イラストレーターのキャリアパスとして有力な道の1つは、正社員のままキャリアを重ねていくことでしょう。安定した環境下でじっくりとスキルを磨き、対応可能なジャンルやタッチの幅を広げていくのです。

イラストレーターとしてのスキルに自信がついたら、より視野を広げて次のキャリアを模索することもできます。一例として、次のようなキャリアパスがあり得るでしょう。

  • 正社員としての実績を礎にフリーランスに
  • Webデザインの知見を活かしてWebデザインナーに
  • デザイン的な思考と発想力を活かして企画職に
  • 折衝力やコミュニケーション力を活かしてアートディレクターに
  • イラストレーターとしての知見・経験を活かして専門学校講師に

このように、イラストレーターとして経験を積むことで多彩なキャリアパスが想定できます。将来的に活躍の場を広げていけることも、イラストレーターという職業の魅力の1つです。

4)イラストレーターへの正社員転職を目指す際に意識すべきポイント4つ

正社員としてイラストレーターに転職する場合、どのような点を意識しておくとよいのでしょうか。とくに重要なポイント4点をまとめましたので、転職活動に向けて準備を進める際にぜひ役立ててください。

グラフィック系ソフトのマスターは必須

グラフィック系ソフトのマスターは必須|Photoshop、Illustrator、ClipStudio、InDesignなど。DTPエキスパートの資格を取得すると、なお効果的。

イラストレーターとして働くにあたって、グラフィック系ソフトのオペレーションスキルは必須と考えてください。
PhotoshopやIllustratorはもちろんのこと、ゲーム・Web系であればClipStudio、文字組が中心の印刷物であればInDesignのスキルも求められます。

Adobe CreativeCloudの月額サブスクリプションであれば比較的安く使えますので、基本的なオペレーションスキルはマスターしておきましょう。

グラフィック系ソフトのスキルやDTP関連の知識レベルをより効果的に伝えるには、DTPエキスパートなどの資格を取得しておくのも1つの方法です。

合格率50%前後の試験のため、学習期間を確保して臨まなければ合格するのは難しい資格といえます。見方を変えると、資格を取得することで他のイラストレーターに差をつけることにつながるはずです。

「これが私のイラストレーターとしてのスキル」といえるポートフォリオを作成

ポートフォリオを作成する|できるだけ幅広いジャンル・タッチの作品を掲載しておく。あわせて、制作に用いた技術や携わった業務範囲を明記する。

イラストレーターとしての能力や実績を伝えるには、ポートフォリオを作成する方法が最も近道です。実際の作品を見てもらうことができれば、イラストレーターとして何ができるのか一目瞭然でしょう。

ポートフォリオにはできるだけ幅広いジャンル・タッチの作品を掲載することが大切です。

正社員イラストレーターの場合、特定のジャンルのイラストだけを描くことはほとんどありません。
1人で多くの仕事をこなせる人材は重宝されますので、過去に制作した作品のうち異なるジャンルのものを複数ピックアップしておくのがコツです。

また、ポートフォリオには作品そのものだけでなく、制作に用いた技術や携わった業務範囲を明記しましょう

たとえば、指示書に従って制作したのか、企画段階から参画したのかによって、応募先の評価が大きく変わることはめずらしくありません。
イラストレーターにとってポートフォリオは実績そのものであり、名刺代わりの強力なツールとなるはずです。

イラストと「+α」を意識すると、キャリアの幅を広げられる

+αのスキルを習得すると、キャリアが広がる|イラスト+Web、DTP、企画、マーケティング

前に触れた通り、正社員の場合はイラスト制作だけが業務範囲ではないケースが大半です。
裏を返せば、イラスト制作以外の仕事にも対応可能な人材になることでより幅広いキャリアの選択が可能となります。よって、イラスト「+α」のスキルを意識しておくことが非常に重要です。

たとえば、イラスト+Web・イラスト+DTP・イラスト+企画・イラスト+マーケティングといったスキルを掛け合わせることで、より希少性の高い人材になることができます。

実際、フリーランスのイラストレーターと比べると「広く浅く」さまざまな業務経験やスキルが求められるケースは少なくないのです。

イラスト以外に興味関心のある分野があれば、イラスト制作と並行して知識を深めていきましょう。

もし可能であれば、実務でその分野に携われるチャンスがあればキャリアアップの可能性も広がります。正社員イラストレーターを目指すからこそ、イラスト制作の仕事だけにこだわり過ぎないことが大切です。

イラストレーターに強い転職エージェントを活用する

イラストレーターに強い転職エージェントを活用する|●キャリアプランの相談ができる ●非公開求人の紹介をしてくれる ●書類添削/面接対策をしてくれる ●内定後の条件交渉も代行してくれる

正社員イラストレーターへの転職を目指すのであれば、クリエイティブ系の職種に強い転職エージェントを活用することをおすすめします。

営業職や技術職といった職種と比べて、クリエイティブ職の求人はそもそも希少です。その中でもイラストレーターの求人を探すとなると、自力で対処できる範囲には限界があります。

また、企業によってはそもそも公開求人を出さず、転職エージェントを通じてのみ応募可能な非公開求人で採用活動を進めるケースも少なくありません
欠員補充など募集人数1名〜数名といった募集に対して、大々的に公開求人を掲載する企業は少ないのが実情です。

転職エージェントに登録すると、専任のアドバイザーがつきます。

ポートフォリオを作成する際のポイントなどをアドバイスしてもらえるだけでなく、採用時の条件交渉も代行してもらえるため、より有利な条件で転職できることもあるのです。
転職成功率を高めるためにも、転職エージェントはぜひ活用するとよいでしょう。

5)イラストレーターの正社員転職におすすめのエージェント

マイナビクリエイター|エージェントによる丁寧なサポートが欲しい人におすすめ

Web・ゲーム・IT業界専門の転職エージェント、マイナビクリエイター。

マイナビクリエイターは、Web・ゲーム・IT業界に特化した転職エージェントです。
イラストレーターの求人は、2022年5月時点で約100件あります。

マイナビクリエイターを利用するメリットには以下の3点があります

  • 業界トップクラスのクリエイター求人数を保有
  • 業界出身のエージェントによる丁寧なサポート
  • 「MATCHBOX」を使って手軽にポートフォリオを作成できる

マイナビクリエイターは、サポートの強みとして「専門性」、「マッチング力」、「満足度」の3点を挙げています。
今回が初めての転職の方や新たな業界や職種をチャレンジする方は、マイナビクリエイターのサポートが特に役に立ちやすいでしょう。

Web・ゲーム・IT業界転職に強み
登録は5~10分程で完了します。

doda|なるべく早く転職を済ませたい人におすすめ

doda 転職なら、・・転職サイトdoda(デューダ)

dodaは「なるべく早く転職したい」という人におすすめの転職エージェントです。

常時10万件を超える求人を保有していること、担当エージェントが積極的に求人紹介を行ってくれることから、「希望にマッチした求人が見つかりやすい」のが特徴です。
イラストレーターの求人は、2022年5月時点で約190件あります。

その他、dodaを利用するメリットには以下の2点があります

  • 企業からの直接スカウトが多い
  • 「年収査定」「キャリアタイプ診断」などのツールが充実

スカウトメールを受け取ることにより、転職先の選択肢が増えるだけでなく、自身のおおよその市場価値の把握にも繋がるでしょう。

転職者満足度 No1
登録は5~10分程で完了します。

リクルートエージェント|求人を数多く比較検討したい人

転職エージェントならリクルートエージェント。非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介。転職エージェントがあなたの転職を成功に導きます。

リクルートエージェントは国内No1の求人数の転職サービスです。2022年5月現在、イラストレーターの求人は約80件あります。
転職先を選ぶにあたって、なるべく多くの求人を比較したい人に、リクルートエージェントはおすすめです。

その他にも、リクルートエージェントの特徴・メリットとしては以下の2点が挙げられます。

  • 「リクルート」ブランドへの信頼性もあり、多くの企業との間にパイプがある
  • 担当エージェントによる的確なサポートに定評がある

中でも担当エージェントのサポートに関する高評価は多く、「担当エージェントの年収交渉により、前職より100万円以上年収がアップした」「書類添削・面接対策などが手厚かった」といった意見が見られました。

求人数・サポート実績No1
登録は5~10分程で完了します。

ワークポート|未経験からキャリアチェンジしたい人におすすめ

ワークポート。各業界専門の総合転職エージェント。

ワークポートは「IT・Web業界でキャリアチェンジしたい」と考えている方におすすめです。

ワークポートは様々な業種・職種を扱う総合型転職エージェントですが、とくにIT・Web・ゲーム業界への転職支援に強みがあります。
2022年5月時点で、イラストレーターの求人は約60件あります。

ワークポートでは「職種未経験者向け」の求人紹介・サポートも積極的に行っています。
「未経験からのキャリアチェンジ転職を検討している」という人はワークポートのエージェントが頼りになるでしょう。

ワークポートを利用した人からは、「経験が浅くても求人を紹介してくれた」「必要なスキルについて詳しく教えてくれた」など、未経験者への手厚いサポートを裏付ける評判が多く見られました。

転職決定人数No1
登録は3分程で完了します。

まとめ)正社員イラストレーターは実務未経験からでも目指せる

イラストレーターとして経験がある人なら、正社員イラストレーターに未経験でも転職することは可能です。

ただし、イラスト制作の仕事だけを担当するのはあまり現実的ではないと考えたほうが得策でしょう。イラスト+αのスキルを意識的に培い、人材の希少性を高めていくことが大切です。

今回の記事を参考に、ぜひ正社員イラストレーターへのキャリアを検討してみてください。
将来的なキャリアを見据えて転職活動を進めることで、イラストレーターとしてのキャリアがますます充実したものになっていくはずです。

目次[ 閉じる ]