『みんなの転職「体験談」。』
『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

エンジニアだけどLinuxが苦手、不安という人のおすすめ学習法

[最終更新日]2022/06/07

エンジニアだけどLinuxが苦手...おすすめ学習法は?

皆さまのなかには「Linuxになかなか慣れない」など、苦手意識や不安をお持ちの方もいるのではないでしょうか。

Linuxの多くは文字を基本とした画面であり、なんとなく操作すれば使えるOSではありません。
またWindowsやmacOSのように、開発元からのサポートが得られるとも限りません。このため利用に際し、ハードルが上がるOSであることは事実です。

一方でこれからの開発業務には、Linuxの活用が欠かせません。
特にWeb開発には、必須のスキルといえるでしょう。

目次

1)エンジニアがLinuxを学んだ方がよい3つの理由

ITエンジニアがLinuxを学び、マスターしておいた方がよい理由には、以下の3つが挙げられます。

Linuxは開発業務での必要性に加えて、スキルアップにも結び付きます。
それぞれの項目について、学んだ方がよい理由を確認していきましょう。

LinuxはWebサーバーでよく使われ、多くのソフトウェアが対応するOS

Linuxは多くのソフトウェアが対応するOS|Linuxが主なWebサーバーの開発環境であることが多い。ビジネスユースで選ばれる可能性も高い。

1つ目の理由には、Linuxが主なWebサーバーの開発環境であることが挙げられます。

Webサーバーにおいては、Linuxで動作するソフトウェアが多く使われてきました。
現在では一見Webと関わりのないサービスにおいても、裏側の処理ではWeb上で行われていることが少なくありません。そのため、必然的にLinuxが使われる機会も多くなるわけです。

またLinuxは主なOSの1つに挙げられているため、対応するソフトウェアも多数あります。
ビジネスユースで選ばれる可能性が高いことも、Linuxを学んだほうがよい理由に挙げられます。

Linuxの学習により、システム開発の全般的な理解が深まる

Linuxの学習=システム開発全般の理解が深まる|●使用目的や用途に応じ、適切な環境設定を行う必要がある ●トラブルが起きたら自力で解決する力も必要 ●コマンドラインで操作するものが主流

Linuxは、インストールすれば手軽に使えるOSというわけではありません。
使用目的や用途に応じて、適切な環境設定を行う必要があります。

機能を正しく理解したうえで設定しなければ、コンピュータが持つ性能を引き出せません。
トラブルが起きたら、自力で解決する必要もあります。

またLinuxは、コマンドラインで操作するものが主流です。コマンドのなかにはシステムの操作に関わるものもありますので、システム自体への知識も求められます。

これらは別の視点で見ると、Linuxを学習することによってシステム開発の全般的な理解が深まるということです。Linuxへの理解の高まりは、さまざまなシステム開発への対応に繋げられるのです。

エンジニアとしてのキャリアや従事できる業務の幅を格段に広げられる

キャリアや従事できる業務の幅を広げられる|とりわけWebサーバーを始めとしたサーバーOSで選ばれやすい

システム開発や構築、運用・保守の現場では、複数のOSを組み合わせて運用するケースも少なくありません。

WindowsやmacOSだけでなく、Linuxも知っているエンジニアは、複数のOSに関わる仕事に従事できます。幅広いスキルを持つ人材として、活躍が期待されるでしょう。

もちろんLinuxを扱った経験は、キャリアアップにもつながります。

とりわけLinuxはWebサーバーをはじめとした、サーバーOSで選ばれやすいことが特徴的です。
Linuxを扱えるようになることで、エンジニアは任される仕事の幅を大きく広げることができるのです。

2)エンジニアはLinuxをどう理解・把握するとよいか。4つの特徴を紹介

ITエンジニアは、Linuxをどう理解するとよいでしょうか。
そのためには、まずLinuxの特徴を把握することが近道です。

Linuxの主な特徴は、以下に挙げる4つにまとめられます。

WindowsやmacOSとは、かなり異なる特徴が並んでいます。
これらは、Linuxを使う魅力ともいえるでしょう。それぞれの特徴について、順に解説していきます。

Linuxはさまざまなシステムで使われている

Linuxはさまざまなシステムで使われている|●メールサーバー ●DNSサーバー ●FTPサーバー ●業務用サーバー ●組み込みシステム など

サーバー用のOSといえばWindowsがおなじみですが、Linuxもよく使われています。
さきに解説したとおり、Webサーバーの構築は主な用途のひとつ。そのほかにも以下のように、幅広く使われていることが特徴です。

  • メールサーバー
  • DNSサーバー
  • FTPサーバー
  • 業務用サーバー
  • 組み込みシステム(工場で使われる機器や、家電など)

IDC JapanはLinuxについて、2020年から2024年の年間平均成長率が6.8%であると予測しています※。
Linuxはさまざまな分野においてますます使われる、将来の期待が大きいOSといえるでしょう。

※参考:インプレス「2019年の国内サーバーOS市場は前年比7.3%増、Windows Serverが好調─IDC

軽量のOSで、高い安定性や柔軟性がある。改善も進められている

軽量のOSで、高い安定性や柔軟性がある|●Linuxが求めるメモリは少ない量で済む ●世界中のエンジニアにより日々改良・機能改善が行われている

Linuxは、さまざまな長所を持つOSです。
もともとサーバーOSでの利用を想定して開発されていたことから、高い安定性があることも魅力の1つです。

また、Linuxは特定の企業に依存する製品でないため、他社製品を柔軟に組み合わせることが可能です。
特定の企業が提供する製品の組み合わせに限られる「ベンダーロックイン」も起きにくいです。

上記のメリットを持っていながら、Linuxが求めるメモリは少ない量で済みます。
これは、Linuxがコマンドラインによる操作を前提としていることが理由です。

また、LinuxはオープンソースのOSということもあり、世界中のエンジニアが日々改良を行っており、機能改善も現在進行形で行われているのです。

ソースコードが公開されているため、開発元しか知らない「ブラックボックス」の機能がない

ソースコードが公開されているため、「ブラックボックス」の機能がない|●トラブルがあってもソースコードを追えば原因が特定できる ●特定の企業に秘密が知られる心配もない

Linuxは、ソースコードが公開されているオープンソースのOSです。WindowsやmacOSのように、開発元の企業しか知らない「ブラックボックス」の機能は、原則としてありません。

このことは、トラブル調査や機能の把握に役立ちます。
スキルさえあれば、ソースコードを追うことで不具合がOSによるものなのか、またどの部分が原因か特定できます。
また利用しているLinuxにどのような機能があるか、詳しく知ることもできるでしょう。

OSの内部情報が公開されていることは、特定の企業に秘密を握られないことを意味します。
このためLinuxは、官公庁や教育などの分野にも相性が良いOSです。

Linuxにはいくつかの種類がある

Linuxにはいくつかの種類がある|Linuxは発展・普及の過程で「ディストリビューション」という種類に分かれた。●Ubuntu ←シェアが5割を超える ●CentOS ●Debian など

Linuxは発展・普及する過程で、いくつかの「ディストリビューション」と呼ばれる種類に分かれました。

基本的なコマンドや仕組みは共通していますが、細部やサポート、日本語への対応状況等には違いがあります。主に使われるディストリビューションには、以下のものが挙げられます。

  • Ubuntu
  • CentOS
  • Debian

いずれも、初心者向けの情報は充実しています。
特にWebサーバーにおいて、Ubuntuのシェアは5割を超えている※ため、Ubuntuを使って学ぶことは1つの方法です。
実務でスムーズに活用するためにも、それぞれの特徴を把握しておくとよいでしょう。

※参考:マイナビ「WebサイトLinuxシェア1月、Ubuntuが50%に迫る

3)ケース別・Linuxを学ぶ4つのおすすめ学習法を紹介

Linuxは、なんとなく触っていれば使えるようになるOSではありません。
特にシステム開発に使う方の場合は、しっかり学ぶ必要があります。もっともこれは多くのエンジニアが経験した道ですから、難しくはありません。

おすすめの学習方法は、Linuxの理解度に応じて4つに分かれます。

それぞれの学習方法について、順に確認していきましょう。

基礎知識が不安な人はまず書籍&学習サイトで

基礎知識が不安な人は書籍&学習サイト|●ファイルやディレクトリの作成や削除、名前の変更 ●ファイルの内容確認 ●テキストの編集 ●入出力 ●ユーザーや権限の管理 ●プロセスの確認 ●シェルの使い方 など

Linuxの基礎知識が不安な方は、Linuxについてひととおり学ぶ必要があります。

書籍や学習サイトを使えば、Linuxの仕組みやコマンドを学ぶことができるでしょう。
以下の項目は頻繁に使う機能ですから、しっかりマスターしておくことをおすすめします。

  • ファイルやディレクトリの作成や削除、名前の変更
  • ファイルの内容確認
  • テキストの編集
  • 入出力
  • ユーザーや権限の管理
  • プロセスの確認
  • シェルの使い方

ここからは初心者におすすめの書籍と学習サイトを、3つずつ紹介します。スムーズな学習にお役立てください。

Linux初心者におすすめの書籍

Linux初心者には、以下の書籍がおすすめです。

それぞれの書籍には、特徴があります。事前に内容を確認したうえで、あなたに合ったものを選びましょう。

Linux初心者におすすめの学習サイト

Linux初心者には、以下の学習サイトをおすすめします。

学習サイト名 概要や特徴
paizaラーニング 短時間の動画がテーマ別に作成されているため、すき間時間で学べる。演習問題もついているため、理解度を確認しながら進められる
エンジニアの入り口 Linuxの概要から実際のコマンド操作まで、多岐にわたるコンテンツがテーマ別に用意されている
Envader Web上の仮想環境で、Linuxの環境構築やコマンドを試せる。誤操作しても実害を与えず、何度でもやり直せることはメリット

基本的な知識を得た後は環境構築にチャレンジしよう

基本的な知識を得たら環境構築にチャレンジ|●Linuxはスペックの低いパソコンでも使える ●パブリッククラウドも手軽な料金で使える

Linuxも「現場力」が問われることは、他のITスキルと同様です。

知識だけでは、なかなか他のエンジニアに認められにくいもの。このため本などで基本的な知識を得た後は積極的にLinuxをインストールし、実機で環境構築を行いましょう

Linuxは、スペックの低いパソコンでも使えることが魅力です。PCは新品にこだわる必要はありません。使わなくなった、または中古のパソコンを用意すれば、安価な費用でインストールできます。

今使っているパソコンに仮想化ソフトをインストールし、仮想環境を作成してLinuxをインストールしてみるとよいでしょう。

近年ではパブリッククラウドも手軽な料金で使えるようになりました。実機を用意しなくてよいこと、容量を柔軟に変更できるというメリットがあります。また、パブリッククラウドを使うスキルも養えます。

実務向けのオンライン学習サイト(Eラーニング)を利用する

実務向けのオンライン学習サイトの利用|●YouTube動画で無料で学ぶこともできる ●Udemyなどの有料Eラーニングは品質も担保されている

実務でLinuxを扱う場合、環境構築ができてひと通りコマンドを使えれば十分とはいえません。
Linuxの細部にわたる機能について、しっかり理解する必要があります。

これらについて書籍やYouTubeの動画を使って学ぶことは、よい方法の1つに挙げられます。とりわけYouTubeは、無料で視聴できる点が強みです。

近年はUdemyなど、Eラーニングのサービスも使えるようになりました。
有料で提供されているサービスですから、質は確保されていることが強みです。

都合の良いタイミングで学べることは、忙しいITエンジニアに嬉しいメリットといえるでしょう。限られた時間でスキルを引き上げたい方には、おすすめの学習方法です。

実務レベルで役立てられるおすすめのLinux学習コース(Udemy)

Udemyで開講されている、おすすめのLinux学習コースを紹介します。

すべてを学ぶと、スキルはかなり上がるでしょう。まずは興味のある講座から、1つずつ受講することをおすすめします。

働きながらLinuxが学べる職場環境につく

働きながらLinuxが学べる職場環境を得る|「転職とスキルアップを両輪で進めよう」というマインドが重要。企業研究には転職サイト・転職エージェントの活用も◎

Linuxについてある程度知識が付いたら、働きながらLinuxが学べる職場環境につくことがおすすめです。

「きちんと理解できるまで、実務に就くのは不安だ」という人もいますが、Linuxに関わらずエンジニアの理解は実務によって大きく深まるものです。

とくに現在転職を考えている人は、「スキルアップしてから転職しよう」よりも「転職とスキルアップを両輪で進めよう」というマインドの方がうまく行くケースが多いです。

ですが、新しい職場がLinuxを学べる環境かどうかは、しっかり調べなければなりません。
また、あなたのスキルレベルに合わせて業務が与えられるかも注意すべきでしょう。

これら企業研究は自力で行うのが基本ですが、あわせてITエンジニアの転職支援に強い転職サイト・エージェントを利用することをおすすめします

次章で紹介する転職サイト・エージェントは、担当となるエージェントがあなたのキャリアの志向やスキルセットをヒアリングしたうえで、Linuxが学べる職場を提案してくれるでしょう。
サービスによって紹介される求人は異なりますので、善い選択・判断ができるように複数のサービスに登録しておくことをおすすめします。

4)「Linuxを学べる環境で働きたい」人のおすすめ転職サイト・エージェント

マイナビIT AGENT──IT・Web業界への転職支援に強い&丁寧なサポート

マイナビエージェント。ITエンジニアの方へ
マイナビIT AGENTの特徴
  • ITエンジニアの求人数は国内トップレベル。システム会社から事業会社まで幅広く網羅
  • 担当者の対応が丁寧。書類添削から面接対策までじっくり取り組んでくれる
  • 企業とのリレーションが強く、独自の非公開求人が多数
サービス対応地域 全国
拠点 東京(2か所)、神奈川、北海道、宮城、愛知、大阪、京都、兵庫、福岡
ITエンジニア公開求人数 約1.4万件(2022年6月現在)

マイナビIT AGENTは人材紹介会社の大手マイナビが運営する「IT/Webエンジニア」の転職支援を行うエージェントです。
サポート対応地域は全国。オンラインでの面談も受け付けています。

マイナビIT AGENTの大きな特徴は、エンジニア向け求人数の豊富さ、そしてシステム会社から事業会社まで幅広い業界の求人に対応している点が挙げられます。

とくにアプリケーションエンジニア社内SEインフラエンジニア」の求人が豊富で、Linuxを学べる職場環境も多く見つけられるでしょう。

また、マイナビの転職サービスは「サポートの丁寧さ」にも定評があり、職歴書の作成や面接対策に不安を感じている人におすすめです。

レバテックキャリア──IT・Web業界の実務経験ある担当が力強くサポート

レバテックキャリア。IT/Web業界のエンジニア・クリエイター専門
レバテックキャリアの特徴
  • 担当アドバイザーは全員エンジニア経験者。専門分野において適切なサポート・アドバイスが受けられる
  • 企業情報を熟知した担当のフォローにより、書類通過率・内定決定率が高い
  • AI・ビッグデータ・FinTechなどのトレンド技術を扱う求人が豊富
サービス対応地域 全国
拠点 東京、神奈川、大阪、福岡
ITエンジニアの公開求人数 約1.4万件(2022年6月現在)

レバテックキャリアは「エンジニア実務経験者」のサポートに特化した転職エージェントサービスです。

これまでITエンジニアとして実務経験を積んで、「より成長できる環境で働きたい」という人におすすめです。

保有求人数もIT・Web業界特化型サービスの中ではトップクラスで、かつエンジニアの専門知識を持つキャリアアドバイザーからサポートを受けることができます。

レバテックキャリアは「AI」、「機械学習」、「クラウドエンジニア」、「ビックデータ」、「FinTech」などのトレンド技術を扱う求人を多く抱えており、Linuxの学習とあわせてこれら分野への知識を深めたい人は登録して求人をチェックしてみるとよいでしょう。

Geekly──IT・Web業界の実務経験ある担当が力強くサポート

IT業界に特化した転職支援ならGEEKLY(ギークリー)。
Geeklyの特徴
  • Web業界・ゲーム業界の転職支援に強い
  • 担当アドバイザーのほとんどがITエンジニア経験者
  • 20代~40代まで、幅広い年代で転職成功実績がある
サービス対応地域 全国
拠点 東京
ITエンジニア公開求人数 約1.5万件(2022年6月現在)

Geekly(ギークリー)は、Web・ゲーム業界などのコンシューマ向けサービスに関わる開発会社へのエンジニア転職に強い転職エージェントサービスです。

東京のIT企業求人に強く、「勢いのあるベンチャー企業で働きたい」、「自社サービスを手掛ける企業で開発したい」という人におすすめです。

かつては「35歳転職限界説」もありましたが、ギークリーの転職成功者のうち、およそ4割近くは36歳以降のミドル世代であり(※公式サイトより)、幅広い年代で偏りなく実績を積んでいる点もギークリーの大きなメリットです。

ギークリーのキャリアコンサルタントは、最低でもIT業界で3年以上のコンサルティング経験を持っています。「Linuxを学びたい」というニーズにもしっかり応えてくれるでしょう。
エンジニアの経験やスキルレベルをしっかりと把握してくれるので、マッチングの精度が高いのも大きな特徴です。

ワークポート──未経験者向け支援、特にIT・Web業界へのサポートに強い

ワークポート。各業界専門の総合転職エージェント。
ワークポートの特徴
  • 全国トップレベルの求人数。特にIT・Web業界への転職支援に強い
  • 幅広い業界において、未経験者へのサポート実績が豊富
  • 転職者の希望に合わせて、「チャレンジ転職」にも力強くサポートしてくれる
サービス対応地域 全国
拠点 北海道、宮城、東京(2か所)、埼玉、栃木、神奈川、静岡、愛知、京都、大阪、兵庫、岡山、広島、福岡
ITエンジニア公開求人数 約1.5万件(2022年6月現在)

ワークポート(WORKPORT)は「業界・職種未経験者」のサポートに優れており、なかでもIT・Web業界の支援に強い転職エージェントです。
全都道府県の地域を対象としており、オンライン面談も受け付けています。

また、ワークポートに登録した際に担当となってくれる転職コンシェルジュ(アドバイザー)は、積極的な求人提案をしてくれることでも知られています

そのため、Linuxを学びたい気持ちはあるものの「実務経験の浅さが不安」、「Linux未経験者も受け入れる企業を探したい」という人は、ワークポートのサポートがマッチしやすいでしょう。

また、ワークポートは「検討の余地があれば求人を紹介する」というスタンスのエージェントのため、転職先の選択肢を広げる際にもおすすめです。

まとめ)Linuxの苦手や不安を取り除くには、まず使ってみることが有効

LinuxはWindowsやmacOSに比べて、敷居が高いことは事実です。だからといって避け続けていては、いつまでたっても上達しません。

幸いにも現代では、実機を用意しなくてもLinuxを試せるサービスが複数登場しています。仮想環境やパブリッククラウドの活用は、代表的なものといえるでしょう。またEnvaderのように、ブラウザを通してLinuxの勉強ができるサービスも登場しています。

今やその気になれば、いくらでもLinuxに触れるサービスがあるわけです。まずはLinuxを試しに使い、コマンドを操作してみましょう。思ってもみなかった新しい発見があり、楽しさを実感するかもしれません。