『みんなの転職「体験談」。』
『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

未経験から貿易事務に転職するには?仕事内容・求められるスキル・転職成功のためのポイント3点

[最終更新日]2022/11/13

実務未経験から貿易事務に転職できる?

事務職には多種多様な分野がありますが、その中でも「貿易事務」に転職したいと思ったことはありませんか?英語スキルがある人にとっては、目指したい職種の1つに入る可能性は十分にあるでしょう。

一方で、そもそも貿易事務は未経験から目指せるのか不安に感じている人もいるかもしれません。仕事のやりがいや大変な面について、できるだけ詳しく知っておきたい人も多いのではないでしょうか。

目次

1)そもそも、貿易事務は未経験で目指せる?

未経験での貿易事務転職は難易度高め|■必要とされるスキル・ビジネスレベルの英語が読み書きできる ・Excelの関数を使いこなせる ・国際物流に関する知識→派遣で実務経験を積み正社員へ、というルートが一般的

結論からお伝えすると、貿易事務に未経験で転職するのはややハードルが高いといえます。貿易事務に求められる基本的なスキルとして、次に挙げる3点は必須と考えておいた方がよいでしょう。

貿易事務に求められる必須スキル

  • ビジネスレベルの英語が読み書きできる英語力
  • Excelの関数を使いこなせるレベルのPCスキル
  • 国際物流に関する知識

「未経験可」と記載されている貿易事務求人であっても、上記の必須スキルは備えていることが条件となるケースが多いです。

とくに3つ目の「国際物流に関する知識」は、実務経験がなければ体得するのは困難でしょう。
企業が扱う商品や取引の多い国によって業務内容は異なるため、求人企業の業態に近い企業で実務経験のある人材が有利になりやすい傾向があります。

実務未経験から貿易事務の仕事に挑戦する場合は、まず派遣社員などで実務経験を積み、将来的に正社員へとキャリアアップを目指すのが現実的です。

2)貿易事務を募集している主な業界

貿易事務と一口に言っても、活躍のフィールドは多岐にわたります。
さまざまな業界が海外企業と取引したり、海外拠点を構えたりしている現代においては、幅広い業種で貿易事務の力を必要としているのです。

一例として、下記のような業界で貿易事務の求人が見られます。

商社・メーカー

商社・メーカー|●大手の総合商社やメーカーは各自の業務範囲が明確なケースが多い ●中小の専門商社やメーカーは担当する業務の範囲が広くなりがち

商社やメーカーは、貿易事務の活躍の場が豊富にある業界といえます。海外から部品を調達している企業や、外国向けに製品を販売している企業が少なくないからです。

大手の総合商社やメーカーであれば貿易事務の担当業務が細分化されており、各自がカバーする業務が明確に決まっているケースも多く見られます。

一方で、中小の専門商社やメーカーの場合、貿易事務の担当者が担当する業務の幅が広く多忙になりやすい傾向があるのです。

船会社・船舶代理店・フォワーダー(貨物利用運送事業者)

船会社・船舶代理店・フォワーダー|●ブッキングや船荷証券の発行といった業務を担う ●海上輸送に関する重要書類を作成する専門部署を設けている企業も ●英語を使った実務経験のない人でも活躍できる可能性がある

船会社や船舶代理店などでも貿易事務は必要とされています。ブッキングや船荷証券の発行といった海上輸送に必要な業務を担い、貨物が滞りなく受け渡しされるように手配しているのです。

企業によってはこれらの業務をフォワーダー(通関業者・海貨業者)や倉庫会社に委託することから、委託先の業者にも貿易事務の活躍の場があります。

また、輸出入の取引量が多い大手商社やメーカーでは、海上輸送に関する重要書類を作成する専門部署を備えている企業もあります。

貿易事務の業務が細分化されているため、英語を使った実務経験のない人でも活躍できる可能性があるのです。未経験から貿易事務を目指すなら、こうした大手企業の求人をチェックしてみるとよいでしょう。

3)貿易事務の年収とキャリアパス

貿易事務の平均年収

貿易事務の平均年収|●およそ355万円 ●語学力や国際物流に関する知識の高まりに応じ水準は高くなる

貿易事務の平均年収は、正社員の場合355万円です。一般事務の平均年収が302万円であることを踏まえると、事務職としては年収の水準が高いことが分かります。地域別に見ると、貿易事務の年収が最も高いのは東京都で372万円です※。

貿易事務には一般事務に求められるPCスキルに加え、語学力や国際物流に関する知識も問われます。
一般的な傾向として、必要なスキルが多くなればなるほど条件を満たす人材は少なくなるため、給与水準が高く設定されていると考えてよいでしょう

また、貿易事務としての業務経験や求められるスキルしだいでは、さらに高年収が期待できる場合もあります。貿易事務のスペシャリストを目指すことで、将来的に平均年収を大きく上回ることも不可能ではありません。

※求人ボックス 給料ナビ「貿易事務の仕事の年収・時給・給料」より引用

貿易事務のキャリアパス

貿易事務のキャリアパス|●「○○系の輸出入に強い貿易事務」としてエキスパートを目指す ●貿易関連の営業職 ●海外の現地商品の仕入れを担当する「バイヤー」

貿易事務は英語力や国際物流に関する知識を活かして、多彩なキャリアパスを想定することができます。

特定分野の知識を深めていき、「〇〇系の輸出入に強い貿易事務」としてエキスパートを目指せるでしょう。業界特有の商習慣に詳しい貿易事務は重宝されるため、培ってきた経験が財産となるはずです。

さらに、貿易事務として営業担当者のサポートをしてきた人が、その知見を活かして自ら貿易関連の営業職にキャリアチェンジすることもあります
国際物流に関する一連の流れを把握しているからこそ、的確な判断にもとづいて顧客にアプローチできるのです。

あるいは、海外取引先との交渉経験を活かして、海外の現地商品の仕入れを担当する「バイヤー」へと転身するケースもあります。実務を通じて身につけてきた英語力や、営業担当者を間近で見てきた経験がバイヤーの仕事に応用できる場合もあるのです。

このように、貿易事務のキャリアパスには多くの選択肢があります。貿易事務の経験は、さまざまな分野で実務に応用できるのです。

4)貿易事務のやりがいと大変な点

貿易事務への転職を目指すにあたって、仕事のやりがいや大変な面を知っておきたい人もいることでしょう。一般事務との違いや身につくスキルなど、貿易事務ならではの仕事の特徴を把握しておきたいと感じるのは自然なことです。

貿易事務の仕事のやりがい・大変な点を挙げましたので、実務の様子をイメージする際に役立ててください。

貿易事務のやりがい

貿易事務のやりがい|●海外・異文化への視野と知識を広げられる ●取引を無事終えたときの達成感 ●コミュニケーション・語学力の向上 ●経験重視で長く働ける
  • 海外・異文化への視野と知識を広げられる
  • 取引を無事終えたときの達成感
  • コミュニケーション・語学力の向上
  • 経験重視で長く働ける

貿易事務は国際ビジネスの現場に携わる仕事のため、海外や異文化への視野と知識を広げるチャンスが豊富です。
日本とは異なる外国の法律や商習慣に触れ、グローバルな視点を持つことができる仕事といえます。

さまざまな国との取引には困難な交渉やトラブルがつきものですが、取引を無事に終えられたときの達成感もひとしおでしょう。

また、日常的に英語を多用する仕事のため、必然的にコミュニケーション力や語学力が向上します。

とくに英語を読み書きする能力に関しては、国際ビジネスで十分通用するレベルにまで引き上げることができるでしょう。

さらに、経験が重視される職種のためスキルが身につけば長く働けることも魅力の1つ。

将来のキャリアパスも見据えつつ、長いスパンで自身のキャリアを捉えられることは、貿易事務として働き続けていく上で大きなやりがいとなるはずです。

貿易事務の大変な点

貿易事務の大変な点|●繁忙期はスケジュール管理が肝要 ●小さなミスが大きな損失に繋がることも ●異文化コミュニケーション力も必要
  • かなり忙しくなる時期もある。スケジュール管理が肝要
  • 小さなミス・トラブルが大きな損失につながることも
  • 価値観・時間感覚の差は大きい。異文化コミュ力も重要

貿易事務の繁忙状況は、取引先の商習慣や現地との時差、為替レートなど複合的な要因によって左右されます。時期によっては多忙を極めることもあるため、スケジュール管理能力が求められる仕事です。

たとえ忙しい時期であっても、貿易事務が作成する書類のミス1つで大きな損失につながることもあり得ます。
1件のトラブルが莫大な損失をもたらすこともあるため、常に細心の注意を払って事務処理を行う集中力が求められるでしょう。

また、貿易事務には異文化コミュニケーション力も求められます。

日本とは異なる価値観・文化・時間感覚の国々と取引していくため、国内の感覚で仕事をしているとカルチャーショックを受けることもあるでしょう。
物事の捉え方の違いや価値観の差異を認め合い、柔軟に対応する能力が欠かせない仕事です。

5)貿易事務への転職を目指す際に意識すべきポイント3つ

貿易事務への転職を目指す際、意識しておきたいポイントについて解説します。

貿易事務は一般事務と比べて求められるスキルの幅が広く、必須となるスキルも多いのが特徴です。そのため、次に挙げる3点に関しては必ず意識しておく必要があるでしょう。

英語スキルの目安は「読み書きが問題なく行える」こと

英語スキルの目安は「読み書きが問題なく行える」こと|会話よりも英語の書類を読めるか、メールを英文で打てるか、といった点が重視される。

貿易事務では英語力は必須です。企業によっては、求人に「TOEIC600点以上」といった条件を提示しているケースも見られます。
TOEICのスコアは英語力を証明する上で有効なツールとなるため、スコアを保有していれば有利になるケースもあるでしょう。

ただし、英語力に関して1つ重要な注意点があります。
貿易事務で求められる英語力とは、主に「英語を読み書きする能力」です。

書類に記載された英語を読み解けるか、メール等で英文を書けるかといった点がとくに重視されます。英語力と聞くと会話をイメージしがちですが、貿易事務を目指すのであれば会話力よりも読み書きの能力のほうが重要です。

また、一般的な英語の読解・記述力だけでなく、国際物流で用いられる用語や表現に慣れていることも重要な要素といえます。

これから英語力を伸ばしていきたいと考えている人は、読み書きを重点的にトレーニングしていくとよいでしょう。

実務未経験の場合、資格の取得も強みになる

実務未経験の場合、資格の取得が強みになることも|●貿易事務検定(R)、通関士試験など ●求人によっては「勉強中の方も歓迎」と記載されていることも

実務未経験から貿易事務を目指すのは決して容易ではないことは前述の通りです。

ただし、実務未経験でもアシスタント業務から始められたり、入力作業などから挑戦できたりする職場もあります

こうした職場への転職を目指す際にも、貿易事務に関連する資格を取得しておくと素養があることをアピールできるでしょう。

貿易事務に関連度の高い資格としては、貿易事務検定(R)通関士試験が挙げられます。いずれも貿易事務の仕事に就く上で必須の資格ではありません。

しかし、資格を取得していれば基本的な知識を身につけていることの証明になるのです。

また、求人によっては「勉強中の方も歓迎」と記載されているケースもあります。未経験から貿易事務を目指す場合は、上記の資格の勉強を進めておくことをおすすめします。

貿易事務に強い転職エージェントを活用する

貿易事務に強い転職エージェントの活用|●求められる知識やスキルに合わせ求人紹介をしてくれる ●応募書類の添削や面接対策といったサポートも受けられる ●就業条件や給与の交渉もしてくれる

とくに未経験から貿易事務を目指すのであれば、貿易事務の転職サポートに強いエージェントを活用することをおすすめします。

転職エージェントのアドバイザーは業界の動向や求められるスキルの水準について熟知しているため、現状の知識やスキルに合った職場を紹介してもらえるからです。

さらに、応募書類の添削や面接対策といったアドバイスを得ることもできます。自力で選考対策を講じるよりも、より客観的な視点からアドバイスを得ることで選考通過率がアップするでしょう。

採用が決まった際にも、就業条件や給与条件に関する交渉を代行してもらえます。

転職者が自分から言い出しにくいポイントでもあるので、できる限り好条件で転職するなら転職エージェントの力を借りておくほうが得策です。

6)貿易事務への転職におすすめのエージェント

正社員として貿易事務を目指したい人は、doda・リクルートエージェントの併用がおすすめ

正社員として貿易事務を目指したい人は、はじめにdodaリクルートエージェントへの登録をおすすめします。

先にお伝えした通り貿易事務の求人数はそれほど多くないため、常時豊富な求人を持つ大手転職エージェントに登録しておいた方が比較検討しやすくなるからです。

2サービスに登録後、マッチする求人の多さや担当エージェントとのコミュニケーションの取りやすさを見て、メインで使用するサービスを絞っていくとよいでしょう。

doda|担当エージェントからの積極的な支援・自分でも求人を選べる

doda 転職なら、・・転職サイトdoda(デューダ)

dodaは国内大手転職エージェントのひとつで、常時15万件を超える求人を保有していること、担当エージェントが積極的に求人紹介を行ってくれることが特徴です。

2022年11月時点で、貿易事務の求人は約200件あります(公開求人のみ)。

また、dodaは求人を自分で探して応募する「転職サイト」と、求人紹介から企業への応募、日程調整までアドバイスしてもらえる「転職エージェント」両方のサービスを利用できます

「まずは自分でじっくり貿易事務の求人チェックしたい」という方は転職サイトのサービスを利用し、その後「応募や企業への交渉についてサポートしてほしい」となったときにエージェントサービスを利用する、という使い方もできます。

転職者満足度 No1
登録は5~10分程で完了します。

リクルートエージェント|豊富な求人数、担当エージェントのスピーディ・効率的な対応

転職エージェントならリクルートエージェント。非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介。転職エージェントがあなたの転職を成功に導きます。

リクルートエージェントは国内No1の求人数と転職支援実績を誇る転職サービスです。
転職先を選ぶにあたって、なるべく多くの求人を比較したい人にリクルートエージェントはおすすめです。
2022年11月時点で、貿易事務の求人は約100件あります。

最大手の転職エージェントということもあり、リクルートエージェントのサポートは非常に統制が取れています。担当エージェントは求職者の意向や希望転職時期に合わせて適切なスケジュールを提供し、職務経歴書の作成や面接対策については専用の支援ツールが用意されています。

効率的に転職活動を進めたい人におすすめのサービスです。

求人数・サポート実績No1
登録は5~10分程で完了します。

派遣社員として貿易事務を目指したい人は、テンプスタッフ・スタッフサービスの併用がおすすめ

派遣社員として貿易事務を目指したい人は、テンプスタッフスタッフサービスの派遣会社がおすすめでしょう。両社ともに貿易事務の求人が非常に豊富だからです。

ただし、派遣会社は「担当コーディネーターとの相性・やりやすさ」も重要です。
貿易事務の仕事に配属したのちも担当コーディネーターとのやり取りは続き、業務や契約更新時の相談にも関わるからです。

2つ以上の派遣会社に登録しつつ活動をする人は多いです。自分に合った派遣会社を見つけるうえでも、はじめに両方登録しておくとよいでしょう。

テンプスタッフ|「女性が働きやすい環境づくり」をサポート

「なかなか決まらない」を解決!事務の転職なら、テンプスタッフ!

テンプスタッフは6万件を超える求人数を保有しており、数ある派遣会社の中でもトップクラスの求人数となっています(※2022年11月時点)。貿易事務の派遣求人は約800件あります。

対応している職種に関しても、一般事務をはじめとするオフィスワークはもちろんのこと、営業やクリエイティブ系、保育・介護といったように、幅広い職種に対応可能です。

その他にも、テンプスタッフには以下のようなメリットも挙げられます。

  • 「有給休暇」「育児・介護休業」などの制度が充実している
  • 登録に際して年齢制限はなし

コーディネーターに関しては「穏やかで相談しやすいタイプの人が多く、登録スタッフの悩みや相談事にも親切に応じてくれる」という感想が多数見られました。

派遣会社満足度 No1
登録は3分ほどで完了します。

スタッフサービス|人材派遣会社でトップクラスの求人数

オフィスワーク・IT・エンジニア・介護・看護・医療・製造の人材総合サービス。

スタッフサービスは創業1981年の大手人材会社であり、創業当初から派遣求人をメインに取り扱っている老舗企業です。

多くの企業との取引実績があることから、保有している求人数は派遣会社の中で最も多く、職種・業種ともに多様な領域をカバーしています。貿易事務の派遣求人は、2022年11月時点で約700件あります。

その他にも、スタッフサービスには以下のようなメリットも挙げられます。

  • 就業後も派遣先へ訪問しフォローをしてくれる
  • 働きながらキャリアアップできる研修制度も充実

派遣社員としての充実したキャリアを実現したい人は、スタッフサービスへの登録をおすすめします。

充実の福利厚生&スキルアップ制度
登録は3分ほどで完了します。

まとめ)未経験から貿易事務を目指すなら「ステップアップ」をイメージしよう

貿易事務は事務系職種の中でも専門性が高く、求められるスキルの水準も高いのが特徴です。未経験から貿易事務を目指すのは不可能ではありませんが、ハードルが高いことは理解しておきましょう。

未経験から貿易事務を目指すのであれば、まずは今回紹介してきた必須のスキルを身につける必要があります。その上で、派遣から正社員を目指すなどステップアップをイメージすることが大切です。

本記事を参考に、ぜひ貿易事務に転職する夢を叶えてください。着実にステップアップしていくことで、貿易事務として活躍するための道が必ず開けていくはずです。

目次[ 閉じる ]