『みんなの転職「体験談」。』
『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

TypeScriptはこれから学ぶべき言語か?メリット・デメリットとおすすめ学習法

[最終更新日]2022/10/13

TypeScriptは学ぶべき言語?

いま、TypeScriptが注目されています。少し前まで、フロントエンドのWebアプリケーション開発を行うならば、言語はJavaScript一択でした。

TypeScriptの出現により、新たな選択肢が生まれたわけです。エンジニアのなかには、「せっかく学ぶならば、TypeScriptを選ぼうか」と思う方も多いのではないでしょうか。

目次

1)TypeScriptとは。JavaScriptとの違い、現在のニーズと将来性

TypeScriptはJavaScriptを改良してつくられたプログラミング言語で、主にフロントエンドの開発に使われます。Microsoft 社により、2010年代前半に開発されました。

システム開発の現場において、選択される機会が増えている言語です。実際にGoogleでは2017年に、TypeScriptを社内の標準開発言語に加えています

JavaScriptとの高い互換性や開発しやすさ、機能の充実などにより、「TypeScriptは、JavaScriptに代わる開発言語」と期待されているのです。

生産性の向上に資することも、特徴のひとつです。
今後の普及がおおいに期待できる言語であり、フロントエンドエンジニアであればぜひ学んでおきたい言語といえるでしょう。

JavaScriptとの違い

JavaScriptとの違い|・事前に変数の型を指定できる ・型推論が可能 ・クラスを安全に利用できる ・コーディングや動作の効率化可能 ・より短いコードで記述できる場合も

TypeScriptとJavaScriptの違いは、以下の点が挙げられるでしょう。

  • JavaScriptは動的型付けである一方、TypeScriptは静的型付け。事前に変数の型を指定できる
  • 型推論が可能。コンパイル時にエラーを検知できる
  • インターフェース機能を活用し、クラスを安全に利用できる
  • ジェネリック機能を使えるため、コーディングや動作の効率化を実現できる
  • 同じ内容を、より短いコードで記述できる場合がある

JavaScriptと比較すると、TypeScriptではコーディングにおける「想定外の事態」を避けるための工夫が随所に施されているのです。

このように、TypeScriptは開発をスムーズに行える機能が充実した言語といえるでしょう。
詳細は「TypeScriptのメリット・デメリット」でも解説しますので、ご確認ください。

TypeScriptの現在のニーズと将来性

TypeScriptのニーズと将来性|・近年順位を大きく上げた言語で求人も豊富 ・2021第三四半期~2022第一四半期まで、プログラミング言語ランキング8位を記録

TypeScriptは、主な言語のひとつに挙げられます。ここ数年で順位を大きく上げた言語であり、求人数も豊富です。ニーズが多く、将来性のある言語といえるでしょう。

RedMonkは、四半期ごとにプログラミング言語ランキングを公表しています。
2021年第三四半期から2022年第一四半期の間、TypeScriptは8位でした。

1位のJavaScriptには及ばないまでも、一定のニーズを獲得しているといえるでしょう。実際、TypeScriptのスキルを求める求人は豊富です。

TypeScriptは、2019年から急速に順位を上げた言語です。 評価を得ていることの証明であり、将来も明るい言語と考えられます。

※参考:アイティメディア「プログラミング言語の人気ランキング、順位変動は縮小傾向にある――RedMonkが調査

2)TypeScriptのメリット・デメリット

プログラミング言語を開発業務に活かす際には、メリットとデメリットの把握が求められます。
ここからは、TypeScriptのメリットとデメリットについて解説します。学習を進める際、また業務に活かす際の参考にしてください。

TypeScriptのメリット

TypeScriptのメリット|●JavaScriptよりも記述がシンプルで読みやすい ●JavaScriptとの互換性が高い ●「型」を宣言できるため、エラーを未然に防げる ●型推論やジェネリック機能、インターフェースを使える ●JavaScript用のフレームワークやライブラリを活用できる

TypeScriptのメリットは、以下の5点にまとめられます。

  • JavaScriptよりも記述がシンプルで読みやすい
  • JavaScriptとの互換性が高い
  • 「型」を宣言できるため、エラーを未然に防げる
  • 型推論やジェネリック機能、インターフェースを使える
  • JavaScript用のフレームワークやライブラリを活用でき、効率的に開発を行える

TypeScriptはJavaScriptの上位互換であること、シンプルかつ型を明確に定義できるため読みやすいこともメリットに挙げられます。

そもそもTypeScriptは、JavaScriptの課題を解決し改良した言語です。可読性の高さは、特に大規模なシステム開発において重要な項目となります。

TypeScriptの大きな特徴に、変数などの型をあらかじめ決めておく「静的型付け」を行える点が挙げられます。
明示的に型を指定することにより、決められた型以外の値を弾くことが可能です。

例えばint型の変数に文字列が入るコーディングを行った場合、TypeScriptではコンパイル時にエラーが表示されます。実行時にデータに対して意図しない操作を行い、悪影響を与えずに済む点はメリットといえるでしょう。

またTypeScriptでは以下の機能も活用でき、効率的な開発を助けます。

  • 明示的に型を決めなくても、コードの内容から引数や戻り値の型を決める「型推論」
  • 関数やクラスの型を抽象化し、呼び出す際に型を確定する「ジェネリック機能」
  • 多重継承を実現できる「インターフェース」

加えて、JavaScript向けのフレームワークやライブラリも活用できます。効率的な開発を行える環境が整っていることも、メリットといえるでしょう。

TypeScriptのデメリット

TypeScriptのデメリット|●相応の学習コストはかかる ●JavaScriptの習得者も、ある程度の学習が必要 ●拡張機能が必要な場合がある ●「any」の型に要注意

TypeScriptは優れた言語ですが、メリットばかりではありません。以下に挙げるデメリットも知っておきましょう。

  • 相応の学習コストはかかる
  • JavaScriptの習得者も、ある程度の学習が必要
  • 拡張機能が必要な場合がある
  • 「any」の型に要注意

TypeScriptはJavaScriptにない機能がいくつかあります。

初心者が学び始める場合は、JavaScriptよりも時間がかかることでしょう。JavaScriptをマスターしている方も、TypeScriptとの差分や相違点を学習し身につけなければなりません。

開発環境を整える際にも、TypeScript用の拡張機能を必要とする場合があります。多少の手間を要することも、デメリットといえるでしょう。

またTypeScriptには、「any」と呼ばれる型があります。
なんでも入れられる型定義なので便利ですが、意図しない動作の原因となることもあります。

開発は時間に追われがちなため「型をanyにしたら動いたのでOK」とする方もいるかもしれませんが、想定外のトラブルを防ぐためにも安易なany型の利用はおすすめできません。

3)TypeScriptはこれから学ぶべき言語か?

TypeScriptの習得がおすすめの人|●今後もフロントエンドエンジニアとして活躍したい人 ●大規模開発に携わりたい人 ●JavaScriptの経験が豊富で、更に上を目指す人 ●フルスタックエンジニアを目指す人 ●最先端の技術を追いかけたい人

TypeScirptの習得がおすすめの人

  • 今後もフロントエンドエンジニアとして活躍したい方
  • 大規模開発に携わりたい方
  • JavaScriptの経験が豊富で、さらに上のレベルを目指す方
  • フルスタックエンジニアを目指す方
  • 最先端の技術を追いかけたい方

もしフロントエンドの言語をこれから学び始めるならば、TypeScriptはおすすめの言語です。
TypeScriptは、大規模開発で選ばれやすい言語だからです。

今後、ご自身がアサインされる可能性もあるでしょう。スキルがあれば、現場でもスムーズに実力を発揮しやすくなります。またJavaScriptとの共通点が多いため、JavaScriptへの理解向上にも関与できる点も見逃せません。

一方ですでにJavaScriptをマスターし、業務に活かしている方の場合はケースバイケースです。
業務に余裕がある方、さらなるステップアップを図りたい方、フルスタックエンジニアを目指す方は、ぜひマスターしておくとよいでしょう。

一方、開発作業で忙しい日々を過ごしている方は、無理にマスターする必要はないかもしれません。TypeScriptを学んだばかりに現場で混乱する事態は、ぜひとも避けたいものです。

4)TypeScriptのおすすめ学習法

せっかくTypeScriptを学ぶならば、できるだけ効率よく学びたいものです。
ここからはTypeScriptを学ぶおすすめの方法を3つ取り上げます。どのような学び方がよいか、確認していきましょう。

基礎知識が不安な人はまず書籍&学習サイトで

基礎知識が不安な人は書籍&学習サイトで|■書籍→内容の充実度と分かりやすさを重視 ■学習サイト→「TypeScript Deep Dive」

プログラミング言語の学習は、自ら手を動かしてプログラムを組むことが最も有効です。
しかしJavaScriptやTypeScriptの基礎知識に不安を感じる方は、やみくもにコーディングを重ねても思うように上達しないかもしれません。

このような方は効率的に学ぶためにも、プログラミングに必要な内容の習得が先決です。

TypeScriptの基礎知識を学ぶ方法には、書籍と学習サイトがあります。それぞれの学び方について、詳しく確認していきましょう。

書籍で学ぶなら内容の充実度に加えて、わかりやすいものをおすすめ

皆さまのなかには、TypeScriptがなにかを学びながら学習を進める方も多いのではないでしょうか。

初心者が書籍で学ぶ場合は、1冊で重要な項目を網羅するものがおすすめです。また細部まで詳細に書かれていても、理解できなければ意味がありません。100%網羅するよりも、わかりやすさが重要です。

TypeScriptの書籍はいくつかありますが、初心者には以下の2冊をおすすめします。

どちらも順番に読み進めながら学ぶことにより、基礎的なTypeScriptのスキルを身につけられるようつくられています。

学習サイトを使うなら、「TypeScript Deep Dive」は第一選択

学習サイトを使って学ぶなら、「TypeScript Deep Dive」がおすすめです。以下の内容が詳細に解説されており、無料で読めることが特徴です。

  • JavaScriptの主な機能
  • TypeScriptならではの機能
  • TypeScriptで表示されるエラー
  • 環境設定やプロジェクトの作成方法

JavaScriptとTypeScriptの共通点や違いを把握しながら、セットで学ぶことが可能です。すべてマスターすると、中級者レベルに到達可能といわれています。

実際に環境構築&プログラムを組んでみる

実際に環境構築&プログラムを組んでみる|●「私にも組める」という達成感と、日々の進歩を実感できる ●実機でどのように動くか、五感を使って確認できる ●意図通りに動かない事態に遭遇しても、問題解決で学びを得る ●よく陥りがちな例を体験でき、良くない理由を実感できる

テキストや学習サイトで基礎的な構文を学んだら、実際に開発環境を構築し、TypeScriptのプログラムを組むとよいでしょう。実機を使って動かすことには、以下のメリットがあります。

  • 「私にもプログラムが組める」という達成感と、日々の進歩を実感できる
  • 実機でどのように動くか、五感を使って確認できる
  • 意図通りに動かない事態に遭遇した後、問題を解決することで学びを得られる
  • よく陥りがちな例を体験でき、良くない理由を実感できる

TypeScriptの実力は、ご自身のコーディング能力によって示されます。この点で実機を使ったトレーニングは適しています。

そもそも本やWebコンテンツを読むだけでは、上記に示したメリットは得られません。はじめはテキストに書かれている内容でよいので、積極的にプログラムを組み動かすことをおすすめします。

働きながらTypeScriptを学べる職場環境を選ぶ

働きながらTypeScriptを学べる職場環境を選ぶ|●メンバーから、自分が書いたコードの添削をしてもらえる ●他の人が書いたコードを見て学べる機会がある ●社内で勉強会が開催される場合がある

急速にスキルアップを果たしたい方は、働きながらTypeScriptを学べる職場環境を選ぶことも良い方法です。

週40時間TypeScriptを使う環境に身を置くことで、みっちりと鍛えられることでしょう。この方法では、以下のメリットが得られます。

  • 他のプロジェクトメンバーから、ご自身が書いたコードに対する指摘を受けられる
  • 既存コードをメンテナンスする場面など、他の方が書いたコードを見て学べる機会がある
  • 社内で勉強会が開催される場合がある

得られたアドバイスや気づいた内容は実務に即したものですから、マスターすることで実力の向上に直結することも大きなメリットに挙げられます。

この点で、実務環境は最も効率的に学べる手法といえるでしょう。ときには厳しい指摘を数多く受ける場合もありますが、真摯に受け止め改善することで急速な実力アップを図れます。

5)「TypeScriptを学べる環境で働きたい」おすすめ転職サイト・エージェント

マイナビIT AGENT──IT・Web業界への転職支援に強い&丁寧なサポート

マイナビエージェント。ITエンジニアの方へ
マイナビIT AGENTの特徴
  • ITエンジニアの求人数は国内トップレベル。システム会社から事業会社まで幅広く網羅
  • 担当者の対応が丁寧。書類添削から面接対策までじっくり取り組んでくれる
  • 企業とのリレーションが強く、独自の非公開求人が多数
サービス対応地域 全国
拠点 東京(2か所)、神奈川、北海道、宮城、愛知、大阪、京都、兵庫、福岡
ITエンジニア公開求人数 約1.5万件(2022年7月現在)
TypeScript開発関連の公開求人数 約300件(2022年7月現在)

マイナビIT AGENTは人材紹介会社の大手マイナビが運営する「IT/Webエンジニア」の転職支援を行うエージェントです。

マイナビIT AGENTの大きな特徴は、エンジニア向け求人の豊富さにあります。 TypeScript関連の公開求人は約300件あり(2022年7月現在)、とくに自社開発系をはじめとするWebアプリケーションの案件を多く確認できます。

また、マイナビの転職サービスは「サポートの丁寧さ」にも定評があり、職歴書の作成や面接対策に不安を感じている人におすすめです。

ITエンジニア求人トップクラス
登録は3分程で完了します。

レバテックキャリア──IT・Web業界の実務経験ある担当が力強くサポート

レバテックキャリア。IT/Web業界のエンジニア・クリエイター専門
レバテックキャリアの特徴
  • 担当アドバイザーは全員エンジニア経験者。専門分野において適切なサポート・アドバイスが受けられる
  • 企業情報を熟知した担当のフォローにより、書類通過率・内定決定率が高い
  • AI・ビッグデータ・FinTechなどのトレンド技術を扱う求人が豊富
サービス対応地域 全国
拠点 東京、神奈川、大阪、福岡
ITエンジニアの公開求人数 約1.5万件(2022年7月現在)
TypeScript関連の公開求人数 約1,200件(2022年7月現在)

レバテックキャリアは「エンジニア実務経験者」のサポートに特化した転職エージェントサービスです。

これまでITエンジニアとして実務経験を積んで、「より成長できる環境で働きたい」という人におすすめです。

レバテックキャリアの特徴は、サポートする担当エージェントの殆どが「エンジニア経験者」であること。
TypeScript開発に関しての知見を持つ担当から、専門的なアドバイスを受けられる可能性が高いでしょう。

TypeScript関連の求人も約1,200件(2022年7月現在)と、豊富に取り揃えています。

レバテックキャリアは「AI」、「機械学習」、「クラウドエンジニア」、「ビックデータ」、「FinTech」などのトレンド技術を扱う求人を多く抱えており、TypeScriptの学習とあわせてこれら分野への知識を深めたい人は登録して求人をチェックしてみるとよいでしょう。

利用者の8割が年収アップ
登録は5~10分程で完了します。

Geekly──IT・Web業界の実務経験ある担当が力強くサポート

IT業界に特化した転職支援ならGEEKLY(ギークリー)。
Geeklyの特徴
  • Web業界・ゲーム業界の転職支援に強い
  • 担当アドバイザーのほとんどがITエンジニア経験者
  • 20代~40代まで、幅広い年代で転職成功実績がある
サービス対応地域 全国
拠点 東京
ITエンジニア公開求人数 約1.5万件(2022年7月現在)
TypeScript関連の公開求人数 約700件(2022年7月現在)

Geekly(ギークリー)は、Web・ゲーム業界などのコンシューマ向けサービスに関わる開発会社へのエンジニア転職に強い転職エージェントサービスです。

東京のIT企業求人に強く、「勢いのあるベンチャー企業で働きたい」、「自社サービスを手掛ける企業で開発したい」という人におすすめです。

ギークリーのキャリアコンサルタントは、最低でもIT業界で3年以上のコンサルティング経験を持っています。「TypeScriptを学びたい」というニーズにもしっかり応えてくれるでしょう。
TypeScript関連の求人も約700件ほど確認できます(※2022年7月現在)ので、複数の候補から希望に合った応募先を選択できるはずです。

書類選考の通過率3.4倍
登録は3分程で完了します。

ワークポート──未経験者向け支援、特にIT・Web業界へのサポートに強い

ワークポート。各業界専門の総合転職エージェント。
ワークポートの特徴
  • 全国トップレベルの求人数。特にIT・Web業界への転職支援に強い
  • 幅広い業界において、未経験者へのサポート実績が豊富
  • 転職者の希望に合わせて、「チャレンジ転職」にも力強くサポートしてくれる
サービス対応地域 全国
拠点 北海道、宮城、東京(2か所)、埼玉、栃木、神奈川、静岡、愛知、京都、大阪、兵庫、岡山、広島、福岡
ITエンジニア公開求人数 約1.8万件(2022年7月現在)
TypeScript関連の公開求人数 約600件(2022年7月現在)

ワークポート(WORKPORT)は「業界・職種未経験者」のサポートに優れており、なかでもIT・Web業界の支援に強い転職エージェントです。
全都道府県の地域を対象としており、オンライン面談も受け付けています。

また、ワークポートに登録した際に担当となってくれる転職コンシェルジュ(アドバイザー)は、積極的な求人提案をしてくれることでも知られています

そのため、TypeScriptを学びたい気持ちはあるものの「実務経験の浅さが不安」、「Linux未経験者も受け入れる企業を探したい」という人は、ワークポートのサポートがマッチしやすいでしょう。

また、ワークポートは「検討の余地があれば求人を紹介する」というスタンスのエージェントのため、転職先の選択肢を広げる際にもおすすめです。

転職決定人数No1
登録は3分程で完了します。

まとめ)TypeScriptの習得はおすすめ。参画可能なプロジェクトの選択肢を増やせる

TypeScriptはJavaScriptの課題が解決され、大規模プロジェクトにも対応可能な言語です。

初めてフロントエンドの言語を学ぶ方はもちろん、フロントエンドエンジニアとして活躍したい方、ステップアップしたい方にもおすすめです。習得により参画可能なプロジェクトの選択肢を増やすことができ、あなたが活躍できるチャンスが広がります。

比較的簡単な準備で学習を始められることも、フロントエンド向け言語の強みです。気になる方は、さっそく学習を始めてみてはいかがでしょうか。

目次[ 閉じる ]