『みんなの転職「体験談」。』
『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

20代が「会社辞めたい・仕事辞めたい」と思った時に、意識したい3つのポイント

[最終更新日]2022/02/02

会社、辞めようかな…

日々仕事を続けていると、ふと「会社辞めたい」「仕事辞めたい」と思えてくる瞬間は、誰にもあることでしょう。

ですが、20代の人、中でも新卒で初めて入った会社で働いている人にとって、会社を辞めるということは一大事です。

「今の状態で、本当に転職してしまっていいのだろうか」と、なかなか辞める時の判断がつかない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

目次

1)20代の方が、「会社を辞めたい」と思ったときに、振り返っておくべきこと

「会社を辞めたい」と思ったとき、後先を考えず衝動的に辞めてしまうのはリスクが伴います。まずは自身を振り返り、「本当に辞めるべきかどうか」を客観視してみましょう。

その際、次の3つの視点が役に立ちます。

では、これらの3つの視点について、詳しく見ていきたいと思います。

「なぜ辞めたいのか」の理由を明確にしておく

「なぜ辞めたいのか」の理由を明確にしておく:「それは転職で解決できる問題なのか」を振り返ってみる

仕事を辞めたいと思ったとき、まず振り返っていただきたいのが、「自分はなぜ会社を辞めたいと考えているのだろう?」という点です。

たとえば、「毎日残業続きなのに、給与が見合っていない」であったり、「会社の先行きが不安」など、「自分の理想としていた現状とはかけ離れている」ことが、会社を辞めたいと考えるきっかけになっていることも考えられます。

まずは「会社を辞めたい」と思う理由を、思いつくまま紙に書き出してみましょう。

その後、出てきた辞めたい理由を以下のようにカテゴリ分けし、「これらの問題は、会社を辞めれば解決できるか」を考えてみてください。

  • 転職に関わらず、自分自身で解決する問題
  • 転職によって解決できそうな問題
  • 転職によって解決できるかは分からない問題
1)転職にかかわらず、自分自身で解決する問題 働き方を変えたい 心身の不調 スキルアップしたい 2)転職によって解決できそうな問題 通勤を短くしたい やりたい職種がある 入りたい会社がある  3)転職によって解決できるか分からない問題→上司とウマが合わない 職場環境が悪い

たとえば「仕事にやりがいが感じられない」「苦手な上司がいる」といった理由を挙げた場合、それは転職後して新しい会社に行っても同じように起こってしまう可能性があります。

このように、まずは「なぜ会社を辞めたいのか」、そして「それは転職で解決できる問題なのか」を振り返ってみましょう。

今の自分が「会社の求める力を十分に発揮できているか」を考える

「会社の求める力を十分に発揮できているか」を考える:「より会社の役に立つためには」「今よりもっと貢献できるか」といった考えに切り替えると、視野が広がる

会社を辞めたい理由として「正当な評価をもらえていないと感じるため」という理由を挙げる方もいらっしゃるかもしれません。

上記のような理由を挙げた際に振り返っておきたいのは、「今の自分の働きは、周囲の価値貢献に役立っているといえるか」といったポイントです。

会社・上司から下される評価については、ついつい「同期の○○よりも、自分の方が仕事ができているのに」といった近視眼的な視野に陥りがちです。

しかし、会社に属する社会人として大切なのは、身近な人と比べた場合の評価ではなく、別の組織に属した場合でも同様に評価される力を発揮していけることです。

「(今の会社の中で)もっと評価されたい」「(今の上司に)もっと努力を見て欲しい」といった考え方になっているとしたら、「そのために、より会社の役に立つにはどんな仕事をしていくべきか」「今よりももっと貢献できることはないだろうか」といった考え方に切り替えてみると、視野が広がり今まで思ってもいなかったような柔軟なアイデアが産まれやすくなるかもしれません。

そして、そうした広い視野を持つことは、仮に転職した場合も変わらず力を発揮しやすくなるのです。

今持っている知識や情報に偏りはないかを考える

今持っている知識や情報に偏りはないかを考える:漠然と「今の会社は良くない」と思っていると、「隣の芝は青い」状態になってしまう可能性がある

漠然と「この会社は良くない」と感じて仕事を辞めようとしている場合、一度その判断を疑ってみてもいいかもしれません。

たとえば現在、所属するA社での職場の人間関係に悩んでいる場合、「B社はとてもアットホームな職場らしいよ」という話を聞くと、「B社の方がいい会社だ」と思ってしまいがちですが、B社であっても「アットホーム」とされているのは限られた部署だけの話である可能性もあります。

同じ会社で働き続けていると、他の職場の状況についてはなかなか把握できる機会がありません。そのため、自分が持っている知識や情報は日々古くなり、実態とは異なるものになりつつあるかもしれないと疑う気持ちも大切です。

2)それでも「会社辞めたい」という20代の方に意識してほしい3つのポイント

冷静に自分を振り返ってみて、それでも「会社を辞めたい」と思うのであれば、実際に転職へと向けて一歩踏み出してみてもいいかもしれません。ただし、最初にも述べた通り転職にはリスクが伴うことも忘れずにいましょう。

転職活動をスタートするにあたって、次に挙げる3つの点は重要な心構えとなります。
本格的に転職活動に踏み切る前に、しっかりと準備をしておきましょう。

それぞれにポイントについて、詳しく見ていきましょう。

まずは、この先のキャリアプランを明確にしよう

まずは、この先のキャリアプランを明確にする:「これまでの経験が活かせると思ったから」では弱い。「今後はマネジメントもしたい」「経営戦略に関わりたい」等「これから」を見据えた志望動機が好まれる

転職で避けて通れないものの1つに「採用面接」があります。面接では、必ず志望動機が聞かれますが、説得力のある志望動機を話すためには「キャリアプラン」がきちんと描けているかどうかに関わってきます。

たとえば志望動機を「(同じ職種の仕事だから)これまでの経験が生かせると考えたため」と答えた場合、残念ながら企業に納得してもらえる可能性は少ないでしょう。

もちろん、これまでの経験が生かせることも重要なのですが、それと同時に20代後半、30代、40代とキャリアを重ねていくにつれ、「今後はマネジメントの経験も積んでいきたい」「現場経験を生かして経営戦略にも関わりたい」といった、「これから」のことを考えているかどうかも、非常に重要な点なのです。

キャリアプランを描いている人の志望動機は、目標とする将来像から逆算したものになります。「将来的に〇〇を目指したい、そこで御社を志望させていただきたい」という伝え方になるわけです。

採用担当者の側としても、「この人を採用した場合、どういった活躍をしてくれそうか」がより具体的に伝わるため、その分採用への期待も高まります。まずは10年後、20年後のキャリアプランをしっかりと描いておくことが重要です。

参考:キャリアプランとは

キャリアプランとは、あなたが将来に望む仕事や働き方を実現するためのプランニング(行動計画)のことをいいます。

具体的には、以下のようにプランを建てていきます。

キャリアプランの建て方 Step1 キャリアの棚卸しを行う これまで経験した業務を洗い出します。そして更に「得意なもの」「これからも続けていきたいこと」についても考えていきます。 STEP2 新たにチャレンジしたいことを考える STEP1で出したリストを見ながら、「新たにチャレンジしたいこと・実現したいこと」を考えてリストに追加します。 STEP3 実現するために、必要な知識・スキルを考える STEP2の「実現したいこと」を叶えるために、どんな知識・スキルが必要になるか、またそのために求められるアクションを考えます。 STEP4 キャリアプランのスケジュールを建てる STEP2と3で導き出した「実現したいこと」と「必要なアクション」を時系列で整理します。 ※ まず1年~3年のスパンで考えると、整理しやすいです □キャリアプランの例 1年後 実現したいこと ・リーダー職 ・ディレクターとして充分な業務遂行スキルを持つ そのためにやること ・ディレクションスキルを高める ・業界知識を深める 3年後 実現したいこと ・マネージャー職 ・プロジェクトの責任者として活躍 そのためにやること ・マネジメントスキルを高める ・育成スキルを高める 5年後 実現したいこと ・自身のサービスを手掛ける、または独立起業 そのためにやること ・事業運営の上流から下流までの経験 ・経営の知識を深める

キャリアプランを建てる際、まず「キャリアの棚卸し」を行います。

キャリアの棚卸しで出てきた経験(または知識・スキル)をもとに、あなたが新天地でチャレンジしたい働き方をイメージし、そしてそれを実現するためにどんな行動が必要かを考えていきます。

キャリアプランは、上記の「キャリアプランの例」にあるように時期ごとに「実現したいこと」と「そのためにやること」を表形式に落とし込むと、そのイメージを整理しやすくなります

ポイントは、半年や1年ではなく、3年・5年といった中長期的な期間を見据えることです。
今のうちにマスターしておくべき知識・スキルや取得しておくべき資格が出てくるかもしれません。

数か月に1度のペースでキャリアプランを考えておくと、普段においてもキャリアの軸を持てるようになり、迷いのない判断をしやすくなります。

キャリアプランの描き方を詳しく見る

『オープン・マインド』で面接に臨もう

「オープン・マインド」で面接に臨む:大事なのは転職者の「ここで働きたい」と企業側の「あなたと働きたい」が一致していること

採用面接では、自分を売り込むことに熱心になるあまり、「相手に関心を持つ」という視点が抜け落ちてしまわないよう気をつけておかなくてはいけません。

転職は、簡単に言えば転職者の「ここで働きたい」という思いと、企業側の「あなたと一緒に働きたい」という思いが一致することです。そのためには、スキルや経験と併せて、こちらから企業へ関心を持ち接していく心が大切になります。

自分のことに関心を持ってもらい、理解してもらうには、まず志望する企業に対して積極的に関心を持つようにしましょう。「会社は〇〇であるべきだ」「理想とするのは〇〇な働き方だ」といった自分の中でのこだわりや理想像だけに固執せず、相手の声に耳を傾ける「オープン・マインド」が必要なのです。

とにかく、行動を起こして持続させることが大事!

とにかく行動し続けることが大切!:万が一、転職活動が長期化することも考えると、「今の職場を辞めてから転職」はリスクが高い

転職を成功させるには、とにかく情報を多く集め、活動量を最大限に高めることが重要です。ある程度場数を踏まないと、面接での話し方やコツがつかめないこともあるでしょう。

初めて転職活動をする人の中には、「仕事を続けながら転職活動をするのは難しいので、退職してから動き始めよう」と考える場合もあるかもしれませんが、これは非常にリスクが高い考え方です。

新卒の就職活動とは違い、転職活動は「いつから始めるのか」「いつごろまでに内定をもらいたいのか」、自分ですべてのスケジュールを立て、管理しなくてはなりません。

転職活動が思っていたよりも長期化することも考えられます。そうなった場合、すでに退職して無職の状態になっていると、失業給付を受給期間を見ながら活動を続けることになり、気持ちに焦りが生じてしまいます。その結果、条件が良くない転職先でも安易に入社を決めてしまう恐れがあるのです。

そのため、転職活動は必ず在職中から始めましょう。

3)面接で聞かれる、「退職理由」の準備は万全ですか

面接で必ず聞かれる質問の1つに「退職理由」があります。

20代や第二新卒が転職する場合、初めて就職した会社を数年間で退職しようとしていることについて、企業側は「うちの会社に入ってもまたすぐに辞めてしまうのではないか?」という目で見ている部分が少なからずあることを自覚しておく必要があります。

退職理由を伝えるときに大切なのは、第三者が聞いて納得できる退職理由かどうか、という点です。

「職場の人間関係が良くない」「上司とそりが合わない」といったことはどの職場でも起こりうる問題のため、「原因は勤務先ではなく本人にあるのではないか」と思われてしまう可能性も十分にあります。

なお、一般的にはネガティブな理由よりも前向きな転職理由のほうが、面接担当者の理解を得やすい場合が多いと考えられます。

「転職理由」の全体イメージ:新しい会社を選ぶ理由+今の会社を辞める理由

たとえば、「これまでよりも仕事の幅を広げたい」といった伝え方であれば、志望動機と退職理由が合致していますので、「この人は次のステップに進むため転職を検討しているのだな」と理解してもらえる可能性が高いのです。

退職理由や志望動機をきちんと納得してもらえるものにするためには、1章で伝えたような「自分は何のために転職をしたいのか」といった本質的な部分をしっかりと考え抜いておくことが重要になります。

その上で、前向きな理由で転職したいという熱意をアピールすることが大切なのです。

採用面接はグロース・マインドセットで臨もう

フィックストマインドセット=成長しにくい。グロースマインドセット=成長しやすい

面接で「落ちやすい」人の話し方には特徴があります。それは、現状への不満や恐れを固定的にとらえてしまう「フィックスト・マインドセット」と呼ばれる考え方です。

たとえば「残業が多すぎる」ことが理由で転職を検討しているとして、面接でそのまま「残業が多すぎるので転職を考えています」と話したとすれば、「この人は仕事の効率が悪いのかな」と思われてしまいかねません。

よって、転職理由はあなたの「これから実現したい将来像」といったポジティブな内容を伝えつつ、前職の残業問題については「現在の職場では〇〇という点で業務の効率化が可能と考えており、自分にできることから実行するようにしています」と伝えれば、あなた自身は仕事を効率的にこなそうと努力してきたことが伝わります。

このように、より成長していこうと前向きに取り組む意識のことを「グロース・マインドセット」と呼びます。

よく「人柄」という言い方がされますが、面接における人柄には、こうした「前向きさ」「困難な状況を克服しようとする意識」が良い印象に繋がります。

グロース・マインドセットを持って面接に臨めば、入社後に多少苦しい時期があったとしても、前向きにとらえて頑張ってくれるだろうと思ってもらえる可能性が高まるのです。

グロースマインドセットの育て方

グロースマインドセットの思考にしていく為には、まずはそれを「意識」することです。

常に「グロースマインドセットであろう」という意識を持ち続けること──これだけで人はグロースマインドセットに寄っていくと言われています。

「グロースマインドセットのイメージが持ちにくい」という方は、以下の3つのポイントを意識してみてください。

グロース マインドセットの育み方 1 「自分は自分」他人と比較しない 2 「結果はしょせん、過去のもの」結果よりも、現在の行動を大切にする 3 「成功が必ずしもゴールではない」成功よりも、成長を目指す。そして、失敗は成長につなげやすい。
  • 「自分は自分」他人と比較しない
  • 「結果はしょせん、過去のもの」結果よりも、現在の行動を大切にする
  • 「成功が必ずしもゴールではない」成功よりも、成長を目指す。

グロースマインドセットの言葉の「グロース(成長)」にあるように、大切なのは「成長すること」への意識です。

そして、人は本来「成長したい」という欲求を持っているものです。

「他者からの評価の目」や「失敗への恐れ」が、その自然な欲求を抑制する要因になっていないかを振り返りながら、「自分はこれから先、どんな成長をしていきたいか」に目を向けていくことによって、自然とグロースマインドセットは育まれていきます。

グロース・マインドセットの育て方を詳しく見る

4)20代の方におすすめの転職エージェントと、その活用法

初めての転職活動では、今が転職に適切なタイミングかどうかを見極めるのが難しいと感じられるかもしれません。
そこで、「転職のプロ」である転職エージェントからのサポートを受けることをおすすめします。

転職エージェントではキャリアプランについてのアドバイスや求人紹介、その他書類添削や面接対策など、転職活動をトータルでサポートしてもらえます。

転職エージェントサービスのしくみ

転職エージェントのキャリアアドバイザーは転職市場を熟知したプロフェッショナルですので、あなたの知識や情報にもし偏りがあれば、軌道修正したり不足している部分を補ってくれたりする可能性も大いにあるのです。

また、転職エージェントサービスは国内にいくつかあり、それぞれに強みにしている業界やサポート内容も異なるため、なるべく多くの求人やアドバイスに触れるためにも、転職エージェントは複数登録しておくことをおすすめします

早い段階で2~3つの複数の転職エージェントに登録しておく

もしもサポートを受けてみて「担当のキャリアアドバイザーのサポートに不満を感じる」といった場合には、担当者の変更も可能です。

自身の転職活動を成功に導くうえで、頼りになるキャリアアドバイザーを見極めるために、主に次の3つのポイントを意識してみてください。

  • キャリアの相談に、親身に乗ってくれるか
  • 求人を紹介する際に、その理由・背景をきちんと納得いくように説明してくれるか
  • 求人の紹介などの提案・連絡のペースは、(あなたにとって)適切と感じられるか
転職エージェントの利用で、自分に合ったアドバイザーを見分けるポイント3つ

続いて、20代・第二新卒のサポートに強いおすすめの転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの選び方を詳しく見る

現在、国内に転職エージェントは17,000以上もあります。当然ながら、それら転職エージェントにはそれぞれ特徴があり、「どの転職エージェントも一緒」ということはありません。

そこで、あなたに合ったサービスを見つけやすくするためにおすすめの転職エージェントをパターン別にピックアップしました。

どれか一つのタイプではなく、複数のタイプが当てはまるという人もいるでしょう。
その場合は、それぞれのタイプでおすすめしているサービスを見て、自分にマッチしそうなサービスを2~3ピックアップしてみてください。

なるべく早く転職したい、積極的に求人提案を受けたい人はdoda・リクルートエージェント

なるべく早く転職先を決めたい人はdoda&リクルートエージェント

20代の転職で、「なるべく早く転職したい」、「積極的に求人提案を受けたい」という人はdodaリクルートエージェントのサービス利用がおすすめです。

両サービスは共に国内最大手の人材紹介会社として、豊富な求人と充実したサービス体制があり、「的確かつスピーディな対応」への評判が高いです。
職務経歴書などの書類添削や応募企業の情報収集、面接対策についても、これまでの実績に基づいた適切なサポートを行ってくれます。

ただし、doda・リクルートエージェントは若手のキャリアアドバイザーも多く、当然その品質は一定ではありません。
相性の良くないアドバイザーや経験の浅いアドバイザ―が担当になったときにうまくリスクヘッジできるように、複数の転職エージェントに登録しておきサポート品質を比較確認できるようにしておいた方が良いでしょう。

サービス名 特徴

doda
  • 全年齢層におすすめ
  • 豊富な求人と、キャリアアドバイザーからの積極的な求人紹介の評判が高い
  • サービス内の求人一覧ページより、自身で求人の検索・応募もできる
  • サポート対応地域:全国

リクルートエージェント
  • 全年齢層におすすめ
  • 国内No1の求人数と転職支援実績、キャリアアドバイザーの品質も高い
  • 「職務経歴書エディタ」や「面接力向上セミナー」等の転職支援ツール・サービスも充実
  • サポート対応地域:全国

キャリアアドバイザーにじっくり相談してもらいたい人はマイナビエージェント・パソナキャリア

キャリアアドバイザーに相談したいマイナビエージェント&パソナキャリア

転職エージェントを「相談役」として活用したい方、または今後のキャリアをどうしていくか等で転職に不安を感じている20代の方は、じっくり相談を聴いてもらえると評判の転職エージェントがおすすめになるでしょう。

相談をどれだけ聞いてもらえるかは担当となるキャリアアドバイザーによっても変わってきますが、以下の転職エージェントは「話をよく聞いてもらえた」という評判が多いです。

サービス名 特徴

マイナビエージェント
  • 全国の20代~30代前半の若手社会人におすすめ
  • キャリアアドバイザーの丁寧かつ転職者のペースに合わせたサポートが評判
  • アドバイザーが各専門分野に分かれており、適切なアドバイスを受けやすい
  • サポート対応地域:全国

パソナキャリア
  • 全国・全世代におすすめ
  • 全国都道府県に支店があり、対面でのサポートを受けやすい
  • 「キャリアアドバイザーがじっくり相談を聴いてくれる」ことで評判が高い
  • サポート対応地域:全国

初めての正社員転職・就職になる人はJAIC、就職ショップ、マイナビジョブ20’s、ハタラクティブ

初めての正社員・就職活動にはJAIC&就職Shop&マイナビジョブ20's&ハタラクティブ

今回が初めての正社員転職/就職を目指すことになるという人は、「フリーター・既卒者向け」の転職エージェント利用がおすすめです。

それらの転職エージェントでは、正社員未経験者の採用企業に対してどうアプローチしていくと良いかのノウハウを多く持っているからです。また、サポート体制が充実しているところも多く、「正社員になりたいけど、実現できるか不安を感じている」という人も相談しやすいでしょう。

具体的なサービスとしては、以下があります(※表参照)。

サービスの特徴を見て、自分に合いそうと感じたものから登録を検討してみてください。

サービス名 特徴

JAIC(ジェイック)
  • 20代~30代前半のフリーター・既卒・若手社員におすすめ
  • 「はじめての正社員」の就職・転職支援に強い
  • 無料の研修サービスも実施。社会人としてのスキルやスタンスを学ことができる
  • サポート対応地域:東京・神奈川・大阪・宮城・愛知・広島・福岡・熊本

就職Shop
  • 20代のフリーター・既卒・第二新卒におすすめ
  • リクルートが運営する20代未経験に特化した転職サービス
  • 紹介する求人は全て直接訪問して取材した企業で、ホワイト企業多数
  • サポート対応地域:関東・関西

マイナビジョブ20’s
  • 20代第二新卒の転職者におすすめ
  • 20代ならではの悩み・課題に寄り添ったサポート
  • 適性診断やキャリア相談サービスで、今後のキャリアプランを描きやすい
  • サポート対応地域:関東・東海・関西

ハタラクティブ
  • 20代のフリーター・既卒・第二新卒におすすめ
  • 業種・職種「未経験可」の求人が多い
  • 充実したキャリアカウンセリングで、内定率80%の実績!
  • サポート対応地域:東京・神奈川・埼玉・愛知・大阪・福岡

専門スキルを活かしたい人は、「特化型」の転職エージェント

総合型と特化型の違い

ITエンジニアや管理業務、マスコミや介護など、これまで培った専門スキルを活かしての転職を検討している人は、「特化型」の転職エージェントがおすすめです。

特化型の転職エージェント利用いちばんのメリットは、担当となるキャリアアドバイザーがその分野の業界情報やトレンドに詳しいということです。

20代で一定の知識・経験を培いつつ今後もキャリアを積み上げる為にどのような知識やスキルの開発が必要かであったり、応募する企業でどのような知識・スキルが求められるかについて、具体的なアドバイスを貰いやすいでしょう。

各分野別のおすすめ特化型転職エージェント

          
分野 サービス名 特徴
IT・Web
マイナビITエージェント
■手厚いサポートを受けたい全国のITエンジニアの転職におすすめ
  • 業界の最新情報を熟知した専門のアドバイザーによる適切な支援
  • 書類添削、面接対策、企業への推薦紹介、内定後の条件交渉まで一貫して手厚いサポートをしてくれる

レバテックキャリア
■都市部でキャリアアップを目指すITエンジニアの方におすすめ
  • エンジニア実務経験のあるアドバイザーからのサポート
  • 書類添削、面接対策のサポート品質が高い
ハイクラス JACリクルートメントロゴ
JACリクルートメント
■キャリアプランについてじっくり相談したい人におすすめ
  • 高パフォーマンスのキャリアアドバイザーが多数在籍し、安心してサポートを受けられる
  • 無料で受けられる「キャリア相談」のサービス品質が高い

リクルートダイレクトスカウト
■年収700万円以上の転職を目指す全国の転職者におすすめ
  • 全国都道府県の高年収求人・レア求人を常時豊富に取り揃えている
  • 自分に合ったヘッドハンターを選んでサポートを受けることができる

ビズリーチ
■ハイクラス層向けのスカウト・オファーが欲しい転職者におすすめ
  • ハイクラス・好条件の求人が多数掲載
  • 企業から熱量あるスカウト・オファーメールが届くことが多い
マスコミ
マスメディアン
■テレビ・書籍・Web等のメディア系事業を目指す転職者におすすめ
  • 業界に精通したコンサルタントによる充実のサポート
  • 「宣伝会議」グループの人脈・情報を駆使して集めた良質な求人
アパレル
クリーデンス
■アパレル・ファッション業界を目指す転職者におすすめ
  • 業界に精通したコンサルタントによる充実のサポート
  • 他の転職サービスでは出会えない「非公開求人」も多数
経理・財務、人事、管理業務
ジャスネットキャリア
■会計、税務、経理・財務分野の転職におすすめ
  • 企業との独自のパイプを築いており、優良求人が豊富
  • 応募から面接、年収交渉までのサポート力が非常に強い!

MS-Japan
■管理部門(経理・財務・人事・総務・法務等)の転職におすすめ
  • 職種の専門知識を持つアドバイザーがキャリア相談から転職支援まで手厚くサポート
  • 求人企業への情報に精通しており、優良企業に紹介してもらいやすい
外資系
ランスタッド
■製造業・ものづくり業、医療機器・医薬品業界の好条件求人が豊富
  • 国内93拠点、世界39か国のグローバル人材紹介会社
  • ハイクラス転職のサポートに強く、幅広い年齢層に対応

エンワールド
■質の高いグローバル求人を提案してもらえる
  • ハイクラス・グローバル企業へのサポートに強い
  • ヘッドハンターからスカウトがもらえる

ロバート・ウォルターズ
■外資系企業・日経グローバル企業の転職におすすめ
  • 外資系・グローバル人材に熟知したコンサルタントからのサポート
  • 選考から採用まで、スピード感のある対応
製造系エンジニア
メイテックネクスト
■製造系エンジニアへの転職を目指す人におすすめ
  • 製造系エンジニアの転職支援実績No.1
  • 応募企業に合わせた模擬面接のサポートが好評
介護
きらケア
■介護・福祉分野への転職を目指す人におすすめ
  • 業界に特化したアドバイザーが、マッチング度の高い求人を紹介してくれる
  • 条件交渉から内定後のアフターフォローまで、きめ細やかなサポート

かいご畑
■はじめて介護職を目指す人、資格取得を検討中の人におすすめ
  • 『短時間』・『残業なし』など、様々な条件の求人を見つけられる
  • 派遣登録すれば、初任者研修や実務者研修が無料で取得できる
特化型転職エージェント一覧を詳しく見る

まとめ)20代・第二新卒の転職は「独りよがり」にならないよう、広い視野を持って行動しよう!

20代や第二新卒と呼ばれる年代の人が「会社を辞めたい」と思った場合に重要なのは、その考えが「独りよがり」ではないかどうかです。転職して別の会社に移ることで解消される問題なのかどうか、また、面接で第三者に話して納得してもらえる理由かどうかといったことを、客観的に考えられる視点が必要です。

初めての転職であれば、分からないことや知らないことがあるのは当然のこと。だからこそ、偏った知識や情報に基づいて間違った判断をしてしまわないよう、広い視野を持って行動することが何より大切になります。

転職のプロフェッショナルである転職エージェントも活用しながら、転職すべきタイミングかどうかを見極めていくことをおすすめします。