『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代ビジネスマン男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

「営業はイヤ!」「営業職では働きたくない」と思っている人が意識したいポイント3つ

[最終更新日]2017/06/10


10

転職先の業種や職種を選ぶにあたって、「営業職は避けておきたい」と考えている人は案外多いようです。

自分は営業に向いていない」と感じている人もいれば、「営業の仕事はとてもつらいものだ」と思っている人もいるかもしれません。しかし、こうした理由ではじめから営業職を除外して転職先を検討することが、実は大きな損失につながっているかもしれません。

転職サイトで営業職を探すと、非常に多くの求人がヒットするはずです。それだけ営業職には多くの仕事があり、活躍するチャンスが多方面で用意されていると考えることもできるのです。

目次

 

1)営業職には転職したくない!と考えている原因を掘り下げてみよう

「営業職に転職することは全く考えていない」という人は、なぜそう思うのか原因を掘り下げてみることが大切です。

もしも営業職を避けてきた原因がただの思い込みだったとしたら、活躍できるかもしれないフィールドを自ら1つ捨ててしまうことになるからです。

まずは次の観点から、なぜ営業職にネガティブなイメージを抱いているのかを振り返ってみましょう。


営業職に対して抱いているイメージはどのようなものですか?正確な情報にもとづいていますか?

営業職には就きたくない!という人は、営業職に対してどのようなイメージを抱いているでしょうか。たとえば、次のようなイメージを持っていませんか。

  • 売れない状態が続くと会社にいづらくなる
  • 経緯や途中の努力が評価されず、結果がすべて
  • 高いノルマやムリな目標を課せられる
  • トラブルがあれば真っ先に謝りに行くなど、いつも矢面に立たされる
  • 移動や出張が多く、いつもバタバタしている

こうした営業職に対するイメージの中には、たしかに実態の一部を表しているものもあるのですが、正確な情報にもとづいているとは言いがたいところもあるはずです。

そもそも、会社に利益がもたらされるには、会社が売る商品やサービスが顧客の手に届き、それに見合った対価を得ることで会社にお金が入ってくる必要があります。良いものさえ提供していれば自然と売れるわけではなく、売るためには相手に勧めたり相手が気づいていない需要を掘り起こしたりする必要があります。営業職はその重要な役割を担っているのです。


営業職が企業の中で担っている本質的な役割よりも、イメージや印象によって「激務」「つらい仕事」といった仕事像を作ってしまっているとしたら、とてももったいないことです。
あなたが抱いている「営業職のイメージ」は、正確な情報にもとづくものでしょうか。客観的に振り返ってみると、案外思い込みだったということがあるかもしれません。


営業職を避ける理由は「営業をやりたくない」だけではない可能性もあります

営業職を転職先の候補から除外している人の中には、営業という仕事の内容を実はよく知らない人も少なくありません。その場合、営業職を避ける理由は単に「営業をやりたくない」だけではない可能性もあるのです。

たとえば、営業担当者はアポイントを取る際に顧客の都合に合わせる必要があるため、毎日決まった時間内で働くのが難しいことも少なくありません。ここが難点だと思う人は、営業に限らず「自分で仕事のスケジュールを決められない仕事」や「残業が多い仕事」を避ける傾向があります。

移動や出張が多いことが難点だと感じるのであれば、デスクワークが中心の内勤の仕事に偏った求人検索のかけ方をしている可能性がありそうです。

突然のクレームなど想定外のできごとが起こりがちなところが難点だと感じる人は、一度仕事のやり方や手順を覚えてしまえばルーティンでこなすことができそうな、定型的な仕事を好む傾向があるかもしれません。


もちろん働き方や仕事内容に対する希望は人それぞれですが、上記のような基準で転職先を絞り込んでいくと応募できそうな求人自体がどんどん少なくなっていくのではないでしょうか。

小規模の会社では職種を超えてさまざまな仕事を担当することもめずらしくないため、場合によっては営業も兼任しなくてはならないかもしれません。反対に大企業であれば、定期的な配置転換によって営業職に配属される可能性もあるでしょう。

このように、営業職を避けているうちに自分から転職先の候補を極端に狭めてしまっているかもしれないのです。営業職をやりたくないのはなぜなのか、根本的な理由を探ってみる必要があります。


人と接する機会が多いことを理由に営業を避けている!? そうだとしたら少々問題かもしれません

営業職を避けて転職したい人の中には、「人と話すのがどうも苦手なので営業は向いていないと思う」「友達が多いほうではないので自分には合わない」といった考えの人が少なくありません。

たしかに、営業としてバリバリ活躍しているビジネスパーソンは、一見すると友達が多そうな、社交的な性格の人ばかりのように映るかもしれません。しかし、仕事をする上で良好な人間関係を築けることと、プライベートで友人や知人が多いことは、関係があるようでいて実は完全に一致するものではないことをご存知でしょうか。

実際、第一線で活躍し結果を出している営業担当者であっても、もともとは人と接するのが苦手だったとか、決して話が上手なタイプではなかったという人はめずらしくないのです。


営業にとって「この人なら信頼できる」「この人が言うなら契約してみよう」と思ってもらえることが大切です。単に口がうまいだけのように思われたり、表面的な関係しか築けそうにない人と思われたりするようでは、重要な商談の場でOKの返事をもらうことは難しいでしょう。

反対に、口下手だけれども一生懸命説明してくれる人や、表裏なく何でも話してくれる人のほうが、ビジネスでは信頼を得ていることがあります。

もし、人と接するのが苦手という思い込みから営業職を避けているとしたら、少々問題かもしれません。ビジネスで求められているヒューマンスキルを根本的に見誤っている可能性があるからです。仕事をする上で必要なのは、淀みなく滑らかにしゃべるための表面的な話術ではありません。この点をはき違えないようにしておくことが大切です。


転職、キャリアプランに関する相談を受けやすい転職サービス▽

1位DODA(デューダ)

全国対応、かつ国内トップレベルの膨大な求人数!

すべての業種・職種を網羅した求人情報だけでなく、キャリアアドバイザーの良質なサポートで、転職成功者の実績も多数の、初めに登録しておきたい鉄板の転職サービスです。

2位リクナビNEXT(リクナビネクスト)

求人企業の多さは安定の国内No1!。転職を少しでも検討し始めたら、まずは登録して間違いのない、ブランド力、実績共に信頼できる転職サイト

3位リクルートエージェント

転職後の利用者満足度によると、99%の方が「満足」!20代~40代まで幅広い利用者の方からの高い満足を実現する、業界最大手の転職エージェント。

2)営業職にもいろいろな種類があることを知っておこう

一口に営業職と言っても、仕事内容にはいくつかの種類があることをご存知でしょうか。営業の相手や手法によって、仕事の目的も進め方も全く違うものになります。「足で稼ぐ営業」『飛び込みで勝負する営業」だけが営業職ではないのです。

ここでは、営業職には具体的にどのような仕事があるのか見ていきましょう。


リテール(個人向け)営業と法人営業では、仕事内容がこんなにちがう

まず、営業は顧客の対象によってリテール(個人向け)営業法人営業に分けることができます。

リテール営業とは、商品やサービスを消費者に直接勧めるスタイルのことで、証券会社や保険会社で個人向けの商品を扱う営業がこれにあたります。「営業」「セールス」と聞くと多くの人が連想するのは、このリテール営業であることが多いようです。


これに対して、法人営業はその名の通り、企業向けに商品やサービスを案内する営業になります。相手が会社なので、当然ながら窓口となる担当者にアポイントを取り、プレゼンを行うなどの営業活動を行います。

法人営業は、ふだん消費者として過ごしているとあまり触れる機会がないため、具体的な仕事のイメージを持ちづらいものです。多くの場合、単に「うちの商品を買ってください」「このサービスを利用してみてはいかがですか」といった売り方ではなく、企業が抱えている課題や問題点についてヒアリングし、それらを解決するための提案を行うことになります。

企画営業あるいはコンサルティング営業といった職種を耳にすることがありますが、課題を解決するためには提案やコンサルティングが必要になるため、企画やコンサルティングも営業活動の一環ととらえることもできるのです。

もし「営業=売り込み」というイメージを持っているとしたら、マーケティングの視点やコンサルティングも営業に含まれるという見方をすると、営業職のとらえ方が変わってくるかもしれません。


新規開拓か既存顧客では、営業の目的もやり方もまったくちがう

商品やサービスを勧めるにあたって、全く初めての人に新たに購入・契約してもらうことを目的とした営業を新規開拓営業と言います。これに対して、すでに取引のある顧客から継続して受注をもらったり、そのために定期的なメンテナンスを行ったりする既存顧客向けの営業もあります。後者はルート営業と呼ばれることもあります。

すでに取引のある顧客に対して営業活動を行うのはなぜなのか、疑問に感じるかもしれません。企業にとって、年間を通じて安定的な売上につながる取引は非常に重要なものです。仮に売上1,000万円の新規契約を結んだとしても、別の既存顧客が取引を取りやめてしまったら、会社としてはプラスマイナス0ということになります。

新たな顧客を開拓することも大切ですが、それと同様に既存顧客と取引を続けていくための地道な営業活動を惜しまないことも、企業としてはとても重要なのです。

また、既存顧客としっかりとした信頼関係を築くことができていれば、新たな顧客を紹介してもらえる可能性もあります。たとえば、営業先の企業の取引先や、グループ企業であれば系列会社を紹介されるといったことが現実にあるのです。


既存顧客に対する営業では、ガツガツと契約を取りに行く姿勢は必要ありません。それよりも、担当者レベルでじっくりと信頼関係を築いていき、仕事ぶりや人柄を評価していただくことが重要になります。いわゆるセールスの営業とは異なり、会社組織を超えた人と人とのつながりを作っていく仕事なのです。


3)営業職に求められるマインドセットは他の職種でも生かせることを知ろう

重要な情報はまず営業担当者が入手してくる!アンテナの高さが求められる会社の情報源

仮に営業職に転職しない場合であっても、営業職に求められるマインドセットと同様のものが求められることがあります。たとえば、取引先や顧客の情報収集という点では、営業職に限らずアンテナを常に高くしておくことが求められます。

営業職は顧客と直接話をする機会が多いため、真っ先に重要な情報を得ているケースが少なくありません。ただし、誰でもこうした重要な情報を入手できるわけではありません。日頃から顧客との信頼関係が築けているからこそ、社外の人間であっても重要な情報を託すことができるのです。

顧客の元には、他社の営業担当者も毎日のように訪れていることでしょう。その中で「その他大勢のうちの1人」に埋もれてしまうことなく、「この人なら話してもいいだろう」と思ってもらうには、営業担当者自身も顧客に強い関心を持ち続け、他人事ではなく自分事としてとらえていなくてはなりません。

もし営業職ではない別の職種に転職するとしても、顧客の要望に添った商品を開発したり、ニーズを読み誤ることなくサービスを提供したりするには、顧客に対して強い関心を持ち続けることが必須になるでしょう。「自分は内勤だから関係ない」「必要なことは営業担当者が聞いてきてくれるはず」といった姿勢では、顧客満足度を高める仕事はなかなかできないものです。

たとえ営業職ではなくとも、顧客の立場で考える上で営業職のマインドセットは非常に役に立つのです。


人と人との関係を形成する力はあらゆる職種で求められる!人脈を築く力

ビジネスは人と人とが関わることで成り立っています。この人と人とのつながりのことを「人脈」と呼ぶことがあります。

ときどき、人脈の豊富さを「持っている名刺の枚数」と勘違いしている人がいますが、名刺交換をしただけで相手の顔も思い出せないような関係性は「人脈」とは言えません。本当にピンチのときに頼ってもらえたり、反対に助けてもらえたりするような信頼関係があって初めて、人脈を築くことができていると言えるのです。

実は、営業ではない職種の人でも、日頃から取引先や顧客との接点は案外たくさんあるものです。電話応対や来客時の対応のひとつひとつが、電話をかけてきた相手や来社した相手にとっては強く印象づけられています。

部署の中の一社員として事務的な対応に終始している人と、相手の名前や顔をきちんと覚えてていねいに対応してくれる人とでは、後者の人のほうがはるかに良い印象を残すでしょう。

あるいは、取引先との打ち合わせを行う際、必要最低限のことだけを伝えて終わるのではなく、相手の近況など雑談に近い話が楽しくできる人は「株式会社〇〇の△△部の人」ではなく、個人名で覚えてもらいやすいのです。


こうした一見すると地味に思える積み重ねが、豊かな人脈を築いていくための一歩となっていきます。人とのつながりを大切にするというマインドは決して営業職だけが意識しておけばいいわけではなく、仕事をしやすい環境を自分で作っていくためにあらゆる職種で必要とされるものなのです。


ゆくゆくは管理職を目指すなら、営業の経験はプラスに働く可能性も大いにあり

いずれ管理職になって活躍の幅を広げたいと思っている人は、営業職を経験しておくことでプラスに働く可能性があります。実際、いわゆる総合職のジョブローテンションでは、将来の幹部候補者に一度は営業職を経験させているといった企業もあるのです。

自社の商品やサービスを買っていただく段階を担当する営業職は、仕事の性質上、お金の流れを意識せざるを得ません。また、自分の給料がどこから支払われているのか、ダイレクトに実感しやすい仕事とも言えます。このため、営業職を経験することで仕事の全体像を把握しやすくなったり、会社の中でのお金の流れを意識できるようになったりするメリットがあります。

また、営業職は営業先の相手への配慮が欠かせない仕事であるため、営業職として着実に成果をあげた人は人間的にもバランスが取れていると判断される傾向があります。このことは、昇進して管理職になった際、部下への配慮ができる人であるかどうかを見極めるための1つの判断材料となる可能性もあるでしょう。


このように、ゆくゆくは管理職を目指したい人にとって、営業職を経験しておくことは決してマイナスにはなりません。仕事をする上で視野を広げておくためにも、営業職に就くことを肯定的にとらえ直してみるのもひとつの考え方です。


転職、キャリアプランに関する相談を受けやすい転職サービス▽

1位DODA(デューダ)

全国対応、かつ国内トップレベルの膨大な求人数!

すべての業種・職種を網羅した求人情報だけでなく、キャリアアドバイザーの良質なサポートで、転職成功者の実績も多数の、初めに登録しておきたい鉄板の転職サービスです。

2位リクナビNEXT(リクナビネクスト)

求人企業の多さは安定の国内No1!。転職を少しでも検討し始めたら、まずは登録して間違いのない、ブランド力、実績共に信頼できる転職サイト

3位リクルートエージェント

転職後の利用者満足度によると、99%の方が「満足」!20代~40代まで幅広い利用者の方からの高い満足を実現する、業界最大手の転職エージェント。

4)まとめ 「営業はムリ!」と最初から決めつけてしまうのはもったいない!仕事内容をよく調べて判断するべし

営業職には転職したくない!営業職はムリ!と今まで考えていた人は、営業職を避けている理由を掘り下げ、具体的な営業職の仕事内容を客観的に確認してみることをおすすめします。

営業職の求人はほとんどの転職サイトで多数掲載されています。それだけ多くの企業が営業の仕事を必要としているわけですから、「営業で成果をあげることができる」という自信がつけば転職市場における人材価値を引き上げることにもつながるはずです。

転職を検討する際に非常にもったいないことの1つに「思い込み」や「決めつけ」があります。もし営業職へのイメージが先行してしまっているようなら、客観的に見て自分は営業に向いていないのかどうか、転職エージェントのアドバイスも参考にしながら検討してみましょう。

(ライター:Ash. )


転職、キャリアプランに関する相談を受けやすい転職サービス▽

1位DODA(デューダ)

全国対応、かつ国内トップレベルの膨大な求人数!

すべての業種・職種を網羅した求人情報だけでなく、キャリアアドバイザーの良質なサポートで、転職成功者の実績も多数の、初めに登録しておきたい鉄板の転職サービスです。

2位リクナビNEXT(リクナビネクスト)

求人企業の多さは安定の国内No1!。転職を少しでも検討し始めたら、まずは登録して間違いのない、ブランド力、実績共に信頼できる転職サイト

3位リクルートエージェント

転職後の利用者満足度によると、99%の方が「満足」!20代~40代まで幅広い利用者の方からの高い満足を実現する、業界最大手の転職エージェント。
良かったら、評価のご協力をお願いします!
この記事が参考になったら、
にチェックしてください!
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
(平均5.00
Loading...
>