『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

WEBプログラマー・WEBエンジニアは未経験でも転職できる?

[最終更新日]2019/08/21


45
未経験で、WEBエンジニアに転職成功する為のポイントは──。

WEBエンジニアやWEBプログラマになりたいけど、実務未経験でどうやって転職すべきか分からない」と悩んでいませんか。

結論から言うと、実務未経験でもWEBエンジニア・WEBプログラマへの転職は可能です。

その背景として、日々ITが成長し、そして多くの企業がWEBサービスを開発・運用しており、恒久的な「WEBエンジニア・プログラマ不足」になっているところが少なくないのです。

レビューを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

レビューの平均:  
 0 レビュー

目次

 

1)未経験・異業種の方が知っておきたい、WEBエンジニア・WEBプログラマのお仕事

WEBエンジニアとWEBプログラマの違い・仕事内容

「WEBエンジニア」と「WEBプログラマ」って同じ意味じゃないの?

はじめに、WEBエンジニアとWEBプログラマの仕事内容の違いについて見ていきましょう。

仕事内容
WEBエンジニア WEBアプリケーションの開発に伴う、システム設計やプログラミング、テスト、運用まで幅広く行う。
WEBプログラマ WEBアプリケーションの開発に伴う、プログラミングおよびテストを行う。

上記表を見て確認できますとおり、WEBプログラマと比べてWEBエンジニアの仕事内容は多岐に渡ります。

ですが、会社によって両者の区別が明確にされていない場合も少なくなく、WEBエンジニア・WEBプログラマを総称してどちらも「WEBプログラマ」と呼んでいる会社もあります。

今回のように「未経験でWEBエンジニア・WEBプログラマに転職する」という際には、上記表で言うところの「WEBプログラマ」の仕事内容を指す場合が多いことを知っておくと良いでしょう。


それともう一つ、WEBエンジニア・WEBプログラマそれぞれの仕事内容に「WEBアプリケーション」という言葉がありますよね。 この「WEBアプリケーション」とは、簡単に言うと「ChromeやSafari、Fire FoxなどのWEBブラウザを通して利用されるサービス」のことです。

Amazonや楽天といったECサービスや、WEBブラウザで動作するSNSなどは、まさにそれぞれがWEBアプリケーションということですね。


さて、このWEBアプリケーションを「開発」するとなった際に、開発対象は更に「フロントサイド」と「サーバーサイド」の2つに分けられます。

フロントサイドとサーバーサイドの違い

フロントサイドとサーバーサイドの違い □フロントサイド 画面に表示される箇所(目に見える部分)を作る。 例:・メニュー配置等のレイアウト・文字や画像の動き・演出 □サーバーサイド 裏側で働いている、「動的な処理」を構築する。 例:・ID・PW認証 機能 ・商品データの検索・一覧表示

WEBアプリケーションは、プログラム言語と呼ばれる言葉を用いてサーバー上で指示を出す事で、ページが表示される仕組みになっています。

ここで開発する領域は、主に実際に目に見える部分を指示するフロント側(フロントサイド)と、裏側でデータのやり取りや受け渡しを行うサーバー側(サーバーサイド)とあります。

また、フロントサイドとサーバーサイドどちらを専門とするかで、学ぶべき領域や携わる業務範囲が異なります。

この違いについて、ネット上で商品を購入することができるECサイトを例にしてみていきましょう。


「フロントサイド」とは──

あなたがECサイトに訪れると、たくさんの商品が並んでいるページを見ることになると思います。

このページにおいて、どこに商品の写真を置いて、どこにその紹介文章を置くか、どのような色で、デザインで表示させるのかを設計、組み立てるのが、フロントサイドのWEBエンジニア、WEBプログラマが行う仕事になります。

時には、バナーが動いたり、文章が点滅したりすることもあるでしょう。こうした、訪れたユーザーが目にするページを構築するのがフロントサイド側で行う仕事です。


「サーバーサイド」とは──

次に、実際に購入するページに移るとします。この時、会員登録を行い、そしてクレジットカードや住所を入力しますよね。

一度入力した情報は、一度そのページを離れても、設定したIDとパスワードを入力することで、自動でデータが入るようになります。これはサイトの裏側で、入力したデータをデータベースと呼ばれるシステムに保管し、そしてログインすることでその情報を抽出している事で可能となっているのです。

こうした、サイトの裏側で情報のやり取りができるようにシステムを組み立てているのが、サーバーサイド側のWEBエンジニア、WEBプログラマの仕事になります。

サーバーサイド側は表には見えませんが、サイトを運営するうえで根幹、骨組みに当たる部分になりますので、専門性が高く非常に重要でやりがいがあるポジションです。


2)WEBエンジニア・WEBプログラマは、どんな知識やスキルが必要?

続いては、WEBエンジニア・WEBプログラマとして業務に携わるうえで、どんな知識・スキルが必要かについて見ていきましょう。特に押さえておきたいのは、以下の3点です。

WEBエンジニア・WEBプログラマに求められる知識・スキル  ・プログラミング言語の知識  ・論理的思考力(ロジカルシンキング) ・問題解決能力

それぞれ、順を追って見ていきましょう。


プログラミング言語を知ること

プログラミング言語とは、HTMLやCSSといったマークアップ言語やPHP、Java、Perl、Ruby等の開発言語のことを指します。

前述の「フロントサイド」での開発の場合は、HTML、CSS、javascript等のプログラミング言語を使用し、「サーバーサイド」の開発の際は、PHP、Java、Perl、Ruby等のプログラミング言語を使用します。

その為、プログラミング言語を知らない事には仕事が進みません。

ですから、まずは言語を学ぶことが大切です。とはいえ、今、スラスラと言語が書ける人も、昔は知識がない状態から始まっています。

知識がないからと言って諦めるのではなく、一つ一つ学んで成長していくのだという気持ちを持って取り組むことが大切です。


また、多くの企業はWEBエンジニアやWEBプログラマの人材不足に困っている事が多く、できれば育てていきたいと考えている傾向にあります。ですから、未経験でも入社可能で、育成の仕組みが整っている企業に入社し、熱意をもって取り組んでいけば、必ずや成長していくことができるでしょう。


論理的思考力(ロジカルシンキング)

WEBエンジニアやWEBプログラマと呼ばれる人達は、プログラム上におけるそれぞれの指示をどのように組み立てれば、効率よく実現できるかを一つ一つ整理しながら構築していく必要があります。

その為、目標とするゴールに向けて、論理的に正しい道筋を作り上げることができる思考を身に着ける必要があります。感性を用いて仕事を進めるというよりは、論理的思考に基づいて業務を進めていくということです。

この論理的思考というのは、「ロジックツリー(ピラミッド構造)」や「MECE」といった思考プロセスを身に着けることで鍛えることができます。世の中には論理的思考を鍛えるための書籍というのも数多く出ていますから、一冊は読んでおくとよいでしょう。

また、論理的思考力は実際に業務を進めていくうちに自然と身についてくるものでもありますから、まずはチャレンジしていくことが大切です。


問題解決能力

フロント側、サーバー側に関わらず、プログラミングを行っていくと、どのように構築すればよいか分からない、どのような言語を用いれば分からないという場面は非常によく遭遇します。これは、経験を積んでいるベテランにも起こる事です。

ですから、そうした問題に遭遇した時に、「どのように解決していけばよいか」について、前向きに取り組む姿勢と経験を培うことも大切です。

幸いにして、世の中には優れたWEBエンジニアやWEBプログラマが多く、つまずきやすい問題や自分自身も遭遇した問題の解決策を、自身のサイト上で公開してくれています。また基本的な言語の使い方や、こうした動きをしたい、という際にどのような言語を用いればよいかという逆引き辞典も数多く販売されています。

分からないことは決して恥ずかしい事ではありませんので、こうしたツールを用いて、素早く解決できるような手段をあらかじめ持っておくと、現場に出た時に仕事を素早く進めることができるでしょう。


参考:プログラミングの問題解決に役立つおすすめ「質問サイト」

▽ITエンジニア特化型Q&Aサイト「teratail(テラテイル)」

ITエンジニア特化型Q&Aサイト「teratail」
引用元:teratail

teratail(テラテイル)」は、プログラミングやエンジニアリングに関する質問と回答をユーザー間で行うQAサイトです。
利用ユーザーも多く、例えば「初心者が一人でWebアプリを作れるようになるには?」だったり、「PHPの知識だけで転職できますか?」といった初心者や業務未経験者の質問も多く見受けられます。

▽Qiita(キータ)

Qiita
引用元:qiita

Qiita(キータ)」は、エンジニアリングに関する知識を記録・共有できるサービスです。
エンジニアの方々がそれぞれの得意分野について、「プログラミング言語の習得に必要なもの」、「ディープラーニング基礎知識まとめ」といった形で特定テーマに沿って記事としてまとめており、その範囲も幅広くあります。
これからの学習に向けての参考サイトとして非常に有用でしょう。

その他、Q&Aの質問も受け付けていますので、他のQAサイト同様に質問をして有識者からの回答を参考にする、といった使い方もできます。

3)未経験からWEBエンジニア・WEBプログラマに転職する際に、準備しておきたい4つのポイント

続いては、実務未経験でのWEBエンジニア・WEBプログラマへの転職を成功させるために、是非とも準備しておきたいことを確認しておきましょう。

WEBエンジニア・WEBプログラマに未経験で転職する際に、準備しておきたい4つのポイント  □ サイトやサーバーの構成を、おおまかに理解しておく  □ 実際にソースを書き、サイトを作ってみる  □ 専門職の道を行くか、ゼネラリストとしての道を行くかを検討する  □ プログラマー・WEBエンジニア未経験に強い転職エージェントを利用する

#1 サイトやサーバーの構成をおおまかに理解しておく

フロント側、サーバー側のどちらを専門とするにしても、両方を知っておく必要はあります。

両者は基本的に共存関係にある為であり、また双方のWEBエンジニア・WEBプログラマが一緒になって仕事をする機会も少なくないからです。
その際に、お互いの内容をある程度把握していないと、仕事においてもプログラム上においてもうまく連携をとることができない場合があります。

また、サーバーにもいくつかの種類があり、それらの仕組みや違いを理解するのに少し時間がかかるかもしれません。ですが、これも一つ一つ学ぶことで少しずつ理解が深まっていきます。

転職する時点ですべてを理解している必要はありませんが、ぼんやりとでかまいませんので、サイトの構成について全体像を理解しておくと、その後のレベルアップが早くなることでしょう。

また、サービスによってはメールやインフラに関する知識も身に着けておく必要があります。特にメールサーバーに関する知識を持っている人は数が少ない分、知識を持っていると重宝される傾向にあります。


#2 実際にソースを書き、サイトを作ってみる

未経験での転職を志す場合でも、最低限の知識は求められる傾向にあります。また、予め知識を持っておくと、面接官に対して熱意をアピールすることにもつながりますから、まずはソースコードを書いてみるという事は重要です。

ソースコードというのは、プログラミング言語を用いて書かれた指示書のようなものです。テキストファイルに書くだけでも、拡張子を変える事でソースコードとして認識されます。

この際に行うといいのが、サイトを実際に作ってみるという事です。

最近は、「CMS」と言って簡単にWEBサイトを作成することができるツールも数多くありますので、まずはサイトを公開する際に、どのような流れで行われていくのかを体験してみることが重要です。

また、少しずつ「こういう動きをつくりたい」という思いも出てくるでしょうから、そうした時に実際に調べて書いてみることも重要です。

その他、併せていろいろと分からない単語が出てきたら、その単語を調べ、知識を増やすことを意識していくと良いでしょう。

また、オンライン・オフラインに関わらずスクールで学ぶこともできますから、実際に教わりながらサイトを構築していくのもよい方法です。WEBエンジニアやプログラマは、数多くソースコードを書いていくことが重要ですので、臆することなく始めていきましょう。


#3 専門職の道を行くか、ゼネラリストとしての道を行くかを検討する

転職の際によく聞かれる質問の一つが、将来どのようになっていきたいかという質問です。

WEBエンジニアやWEBプログラマのキャリアとしては、特定の道の専門家としてスペシャリストを目指すのか、もしくは顧客や社内の事業企画チームと仕様の策定や問題解決等を行うやWEBプロデューサーシステムインテグレーター(SIer)としての道を目指すのかで大きく分かれます。

WEBエンジニアのキャリアプランイメージ 専門スキルの向上→エキスパート・エンジニア  スキル・職能の広がり→WEBプロデューサ SE・システムインテグレータ システムコンサルタント 組織内のキャリアアップ→管理職(組織マネージャー)

実際に業務を進めていく中で適性が見えてくることもありますが、今の段階でどちらを目指したいのかは考えておくとよいでしょう。

エンジニア・スペシャリストになれば数多くのシステムやサイトを実際に構築していくことになりますので、それが実際に世に出た時には大きな達成感ややりがいを感じる事ができるでしょう。

また、WEBプロデューサーSE・システムインテグレータはよりビジネスを全体的に俯瞰できるポジションとなりますので、会社への貢献をより売上に近いところで実感することができます。

どちらにしても豊富な知識と経験が必要ですから、まずは一歩踏み出してプログラムを動かすところが始めていきましょう。


#4 WEBプログラマー・WEBエンジニア未経験に強い転職エージェントを利用する

具体的に転職活動を行う際は、転職エージェントの登録はマストで考えておくと良いでしょう。

特に、WEBエンジニア・WEBプログラマの実務未経験の方は、実務経験のある方よりもどうしても業界・企業に関する知識が不足していますので、その状態での活動は思っていた仕事内容と異なる会社に転職してしまったりのミスマッチ転職のリスクがあります。

その際に転職エージェントに登録することによって、キャリアアドバイザーから転職に向けての適切なサポート・アドバイスを受けることができます。

例えば、あなたの志向や現状スキル、またはこだわりに沿った求人企業を紹介してくれたり、書類審査や面接への対策に応じてくれたりと、転職エージェントは特に「業界・実務未経験」転職者に非常に有効なのです。

以下に、WEBエンジニア・WEBプログラマの転職向けの、「おすすめの転職エージェント」を紹介いたします。ご自身に合いそうな転職エージェントを1~2つ、登録しておくと良いでしょう。

業界未経験・実務未経験者に向けての手厚いフォローを期待したい方は、ワークポートがおすすめ

ワークポート。各業界専門の総合転職エージェント。

ワークポートは、IT、Web、ゲーム業界に強い転職エージェントであり、ITエンジニアだけでも常時5,000件の求人を持っています。

また、ワークポートの転職サービスは、以下の特徴を備えています。

  • 業界未経験・実務未経験者に向けての手厚いフォローを行っている
  • 転職者のチャレンジ・挑戦を支援しつつの、求人紹介を行っている

つまり、「未経験だから不安…」という方も、「未経験とは言えども、やりがいがあって任せてもらえる会社で働きたい」という方にも、ワークポートの転職サービスはマッチングしやすい、ということですね。

サービス名 WORKPORT(ワークポート)
特徴 「WORKPORT」は、IT・インターネット業界をはじめ、様々なジャンルの転職サービスを提供している総合人材転職エージェントサービスです。
「ひとつでも多くの可能性を追求できる、専門性の高い転職支援サービスを提供する」というポリシーを掲げ、書類の添削から面接サポート、年収交渉までトータルでサポートしてくれる、心強い転職サービスです。
企業名 株式会社ワークポート(2003年3月)




応募書類や面接のフォローをしっかり受けたい方は、マイナビエージェントITがおすすめ

マイナビエージェント。ITエンジニアの方へ

マイナビエージェントITは、転職サービス「マイナビ」が、ITエンジニアへの転職に向けた方々の為に設けた専用の転職エージェントサービスです。

マイナビのキャリアアドバイザーは「きめ細かい、丁寧なサポート・アドバイス」に関しての評判が高く、更にITエンジニア分野に特化してサービスを受けられるのが、この「マイナビエージェントIT」ということですね。

マイナビエージェントITを選んだ方は、以下のサポートを受けられます。

  • 応募書類の添削
  • 面接対策や、自己PRのアドバイス
  • 給与など、条件面での交渉
  • 現職をスムーズに退職するためのアドバイス

上記のサポートを受けられると、安心して選考に臨むことができるでしょう。事実、マイナビエージェントIT利用者の面接通過率は7割以上にのぼります。

WEBエンジニア・WEBプログラマになろうという意欲は人一倍あるけれど、書類選考や面接選考が不安…」という方は、マイナビエージェントITはうってつけの転職サービスと言えるでしょう。

サービス名 マイナビエージェント×IT・WEBエンジニア
特徴 マイナビエージェント×IT・WEBエンジニア」は、国内有数の転職サービス「マイナビ」が、IT・Web業界の転職にターゲットを絞った転職エージェント。

数多くの独占求人非公開求人を掲げ、登録からアフターフォローまで一貫した手厚いサポートが人気です。
企業名 株式会社マイナビ(1973年8月)




より多くの求人情報を見ながら、比較検討をしていきたいという方は、DODA ITエンジニアがおすすめ

doda。企業との強いリレーションで口コミ転職者満足度No.1。ITエンジニアの転職ならdoda

現在国内にどれだけの「未経験可」のWEBエンジニア・WEBプログラマの求人があるかを確認していきたい、という方はDODA ITエンジニアがおすすめです。

DODA ITエンジニアは転職サービス「doda」が運営する、ITエンジニアに特化した転職エージェント・サービスです。

ITやエンジニアリングの転職支援に強いキャリアアドバイザーがサポートにつきますので、業界に関する知識を得られるだけでなく、dodaの保有する豊富な求人情報を確認できます。

また、dodaのキャリアアドバイザーは「提案力」・「スピード力」があることでも評判ですので、「自分で、能動的に転職活動を進めていくうえで、頼りになるアドバイザーが欲しい」という方には、DODA ITエンジニアのサービスは「良きパートナー」になり得るでしょう。

サービス名 doda(デューダ)
特徴 全国対応、かつ国内トップレベルの膨大な求人数!

すべての業種・職種を網羅した求人情報だけでなく、キャリアアドバイザーの良質なサポートで、転職成功者の実績・評判が共に高い、初めに登録しておきたい鉄板の転職サービスです。
企業名 パーソルキャリア株式会社(1989年6月)




実務未経験だが、培ったスキルには自信がある・チャレンジしたいという方は、レバテックキャリアがおすすめ

レバテックキャリア。IT/Web業界のエンジニア・クリエイター専門

実務未経験であったとしても、現在WEBエンジニア・WEBプログラマに関する知識とスキルに相応の自負を持っているという方は、レバテックキャリアがおすすめです。

レバテックキャリアはIT業界専門の転職エージェントであり、対応するキャリアエージェントもまたエンジニアリングの実務経験と業界知識を有するスタッフになります。

つまり、それだけキャリアアドバイザーからのアドバイスやフォローの品質も高まるということですね。

また、レバテックキャリアはITエンジニア向けの求人数も豊富に持ち、企業の内情もよく調べていることも特徴です。このため転職希望者の特性やスキルを活かし、将来のキャリアパスを相談しながら転職先を紹介してもらえることでしょう。

サービス名 レバテックキャリア
特徴 IT・Web系のエンジニア経験者に特化した転職支援サービス! 業界最大級の非公開求人数と、業界情報や技術に精通したキャリアコンサルタントが、転職者に対して、キャリア相談から企業のご提案、条件面交渉などトータルな転職サポートを提供してくれます。
企業名 レバレジーズ株式会社( 2005年4月)




4)年代別 広告代理店への転職で注意するポイント

続いては、WEBプログラマー、WEBエンジニアの転職を考えたときに、年代別に注意するポイントを上げていきたいと思います。


20代がWEBプログラマー、WEBエンジニアに未経験で転職する場合

20代における未経験からの転職は比較的入りやすいといえます。

今は多くの企業でWEBエンジニアが不足傾向にありますし、もっと育てたいと考えている経営者は多くおります。
また、20代は第二新卒といって企業側も積極的に採用を強化している傾向にありますので、しっかりと準備と対策を行うことで内定率を上げていくことは可能でしょう。


ただし、WEB業界は労働条件が疎かにされがちな企業がまだまだ多くあります。場合によっては、月に100時間を超えるような残業が強要されたり、残業代が出なかったりといった企業も少なくありません。

また、いきなり即戦力として求められ、研修や勉強会といったものが一切行われない企業もゼロではありません。
そうした企業に入ってしまう事を防ぐために、福利厚生が整っているか、研修制度や勉強会の制度はあるか、常に大量募集を行っていないかといった事を調べながら、企業文化や風土を事前に調べておきましょう。

その他にも、どのような取引先があり、またどのような案件実績があるのか、もしくは自社でサービスを提供している企業であれば、どのようなプログラムを用いているのか、新規事業等は積極的に行っているのかといったことも事前に調べておき、入社後にどのような仕事に携わることに事になりそうかをイメージしておくことも重要です。

なお、勉強に関しては自ら積極的に学ぶ姿勢を持つことが重要です。また、年収面に関してはスキルがモノをいう世界ですから、初めの内は、年収よりも学べる環境かどうかを重視していくとよいでしょう。


20代の転職者の方におすすめ参考情報

30代がWEBプログラマー、WEBエンジニアに未経験で転職する場合

30代での転職も、まだまだ需要はあります。

ただし、20代以上に論理的思考力や事前にプログラムに触れておくという実績は重要です。
転職活動を始める前にどの言語を学んでいくのかを定めて実際に勉強し、自分でプログラムやサイトを作ってポートフォリオを準備しておきましょう。

こうした準備を行う事で、より採用率の向上や良い条件での内定を得る可能性が高まります。逆に、30代になると全く知識がない状態では採用が少し厳しくなるか、もしくは、採用されても労働条件において不利になりかねませんので注意が必要です。

また、転職の際には転職の理由を明確に答えられることと、過去に行ってきた改善の経験が話せることも重要です。

WEBエンジニアやWEBプログラマは、プログラムを構築してテストし、動かないところを改善して、あるべきシステムを作り上げていきます。
一回で完璧なプログラムを作れる人は本当にわずかですから、基本的には改善や修正が行われることを前提に、その改善スキルを持っている事をアピールできる人は、未経験でも強みになると言えます。

30代で転職する際には、未経験ではありながらも準即戦力のような立ち位置を求められますから、しっかりと準備していきましょう。


30代の転職者の方におすすめ参考情報

40代がWEBプログラマー、WEBエンジニアに未経験で転職する場合

40代で未経験からWEBエンジニアやWEBプログラマに転職できる人は稀です。その為、40代以上の場合におけるキャリアアップについてご紹介いたします。

40代のエンジニアに会社が求めているのは、組織をまとめる力や案件を引っ張っていく推進力、そして顧客とのコミュニケーションや企画力にあります。
つまり、現場の第一線で働くというよりもマネジメントスキルや顧客折衝経験、そして、プロジェクトのリーダーとしてやり遂げた実績が求められます。

特に大口の案件を経験した実績があれば、大きな強みになります。また、豊富な実績と顧客折衝経験がある方は、コンサルタントという道も考えられます。

転職を行う際には、こうした実績をアピールする事ができれば、採用率は高まっていく事でしょう。

ただし、転職に際してよほどの理由がないと、企業側はリスクがあるのではないかという不安を抱えます。その不安を解消できるだけの理由と、アピールポイントを伝えられるように、しっかりと準備を行い、可能であれば練習も行っておくとよいでしょう。


40代の転職者の方におすすめ参考情報

まとめ)WEBエンジニア・WEBプログラマーの「今後」と「やりがい」

WEBエンジニアやWEBプログラマは、これからますます需要が増えていくことが予測されます。

ただし、競争相手は日本だけではなく海外の人材ともスキルやコスト面で競う事になっていきます。

特に企業側からすると、コスト面で見た時にどうしても海外の人材に負けてしまう可能性が高いですから、自分が選ばれる理由は何か、アピールできることは何かをしっかりと考え、そしてそのスキルを身に着けていくことが重要です。

また、スキルを身に着け、大きな案件を完成させて実際に使っていただき、そして感謝をされるようになると、非常にやりがいを感じる事ができるのが、WEBエンジニアやWEBプログラマという職業の特徴です。

一度身に着けたスキルは一生使っていくことができますから、初めは大変でも、年を重ねるごとにその価値が分かるようになっていくものです。

今はまだ経験がなくても、大丈夫です。
日々の努力を積み重ねて一流のエンジニアを目指して、頑張っていきましょう!

レビューを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

レビューの平均:  
 0 レビュー