『みんなの転職「体験談」。』
『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

転職エージェントの推薦状は本当に効果ある?採用担当の実際の声とおすすめエージェント

[最終更新日]2022/11/18

転職エージェントの推薦状本当に効果ある?

転職エージェント経由で求人に応募するとき、「担当エージェントが推薦状を添えてくれる」と聞いた人もいるでしょう。

推薦状は、はたして選考にどれだけ効果があるのでしょうか。

目次

1)転職エージェントの推薦状で選考は有利になる? 採用担当の実際の声

転職エージェント経由の応募では、履歴書・職務経歴書とともに転職者の強みや人柄等をまとめた「推薦状」が企業に送付されます。

では実際のところ、推薦状で選考が有利になることはあるのでしょうか?
企業の採用担当者の声をみてみましょう。

□推薦状よりも職務経歴書の内容を重視 □「推薦状の内容を鵜呑みにしない」という意識が働いている □エージェントが用意した推薦状の内容が形式的なものになっている

企業の採用担当者の多くは、「推薦状の内容は確認するが、選考に影響することはあまりない」と回答しています。

主な理由は、以下の3点です。

  • 推薦状よりも職務経歴書の内容が重視される
  • 採用担当の方で「推薦状の内容を鵜呑みにしない」という意識が働いている
  • エージェントが用意した推薦状の内容が形式的なものになっている

選考は職務経歴書と面接の内容をもとに進まれますが、推薦状はその際の「補佐的なもの」と見ておいた方がよいでしょう。

推薦状の効果は、エージェントと企業の信頼関係にもよる

では、「推薦状はあってもなくても変わらないのか」というと、そのようなことはないでしょう。
人は誰しも、新たな情報が目に入れば多少なりともその影響を受けるからです。

また、「履歴書・職務経歴書の内容は今一つでも、信頼できるエージェントからの強い推薦であれば一度会ってみる」と回答する採用担当者も少なくありません。

つまり、企業との信頼関係を築いたエージェントであった場合は、推薦状の効力がとくに発揮されやすいのです。

推薦状 □転職者の特筆すべき経歴・スキル □転職者の人物像 □推薦理由 履歴書・職務経歴書では伝わらないその人の強みやアピールポイントを補完する

そもそも、推薦状はどのような内容が書かれているのでしょうか。

以下は、ある転職エージェントの用意した推薦状の内容になります。

(※ 個人情報が特定されないよう、一部内容を変更しています)

推薦状

拝啓 ●●の候、貴社ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。平素は格別のお取り立てを承りありがとうございます。

さて、先日ご依頼のありました●●●●の求人につきまして、さっそくではありますが株式会社●●●●の■■ ■■氏をご推薦申し上げます。

■■氏は●●大学卒業後に株式会社●●に入社し、企画営業職として10年のキャリアを積みました。その期間は持ち前の企画力とコミュニケーション力を持って▲▲社はじめ大手通信会社との継続案件を獲得する等、大きな活躍と成果を果たしました。

貴社の希望されております●●●●の業務に足る人物であると推察しており、■■氏の方でも貴社で活躍することを希望しております。
詳しい待遇や本人の希望条件等は確認しておりませんが、何卒ご引見の上よろしくご高配を承りますようお願い申し上げます。

敬具

一般的に、エージェントが企業に推薦状を出す目的は以下3つのパターンがあります。

  • 求職者が、求人企業の求める人物像に特に当てはまることのアピール
  • 求職者と求人企業とのカルチャーフィットが期待されることのアピール
  • 離職期間が長い等のネガティブ要因があるときのフォロー説明

逆を言えば、これらのパターンに当てはまらない場合は「推薦状の効力はあまりない」と見ておいた方がよいでしょう。

どのパターンにおいても、推薦状で伝える内容は主に以下になります。

  • 転職者の特筆すべき経歴・スキル
  • 転職者の人物像(面談での印象等)
  • 推薦理由

このように、推薦状は「履歴書・職務経歴書では伝わらないその人の強みやアピールポイントを補完するためのもの」です。

推薦状はあくまで1つのツールとして過度な期待を持ちすぎないようにして、転職エージェントには「きちんと、正しく、そして効果的に」推薦してもらうように働きかけることが大切です。

続いては、転職エージェントから「効果的に推薦」をしてもらうための方法を見ていきましょう。

「両面型」の転職エージェントを利用する

転職エージェントには、「両面型」と「分業型」があります。

両面型の転職エージェント:企業の詳しい情報を直接教えてもらえる! 分業型の転職エージェント:担当が企業情報を詳しく把握できていないことも…

両面型の転職エージェントとは、企業と求職者双方に対して同じ人物が担当するエージェントです。

一方の分業型の転職エージェントは規模の大きい大手エージェントに多く、企業と求職者で担当を分けて運営します。

さきに「推薦状の効果は、エージェントと採用担当との信頼関係による」とお伝えしましたが、「両面型」の転職エージェントでは各担当エージェントが企業との深い交流を取っていることが多く、「企業にしっかり推薦してほしい」というニーズにも対応しやすいです。

ただし、両面型の転職エージェントは分業型転職エージェントに比べて求人数は少なくなる傾向にあります。

また担当となるエージェントによって企業への交渉力に差が出ることもありますので、リスクヘッジとして複数のサービスに登録しておくことをおすすめします。

JACリクルートメント

JAC Recruitment。転職にグローバル戦略を。外資系や海外転職はJACリクルートメント。

管理職・役員クラスの転職で4年連続No.1!キャリア相談・求人紹介の精度の高さに定評があります。

JACリクルートメントは管理職や専門職といったハイクラス人材の転職支援を得意としています。
求人紹介だけでなく、キャリア面談やキャリアの棚卸し、キャリアプラン相談といった総合的なキャリアコンサルティングに定評があるサービスです。

在籍コンサルタントは転職市場に詳しいプロフェッショナルが多く、これまでの豊富な実績をもとにキャリアコンサルティングを受けられるでしょう。

JACリクルートメントの特徴
特徴
  • キャリア面談、キャリアプラン相談の品質が高い
  • 外資系・グローバル企業への支援実績が豊富/英文レジュメ添削にも対応
  • サポート対象地域 全国
サポート対象地域 全国
特に多い職種 サービス|商社|流通|消費財|マスコミ|建設・不動産|金融|IT・通信|WEB|EMC|コンサルティング・シンクタンク・事務所|メディカル・バイオ|医療・介護・福祉など
公開求人数 約1.5万件(2022年11月現在)
43万人の転職支援実績あり
登録は5~10分程で完了します。

パソナキャリア

パソナキャリア。転職活動の成功を、全力でサポートします。専門アドバイザーがあなたの転職活動を全面サポート!!イチ押し

サポート平均約20時間。年収交渉の実績も豊富な転職エージェントです。

パソナキャリアは全国に拠点があるため、地方にお住まいの人でも利用可能な転職エージェントです。
特に企業への年収交渉において高い実績があり、利用者の年収アップ率は67.1%です(※公式HPより)。

転職で年収アップを目指している人、キャリアプランや自己PRについてしっかり相談しながら進めたい人にパソナキャリアはおすすめです。

パソナキャリアの特徴
特徴
  • 転職者一人あたり平均20時間のサポート
  • 転職者の67.1%が年収アップに成功
  • キャリア形成、福利厚生などを企業へ直接ヒアリング
サポート対象地域 全国
特に多い職種 営業職|管理・事務|IT・Webエンジニア|技術職(電気・電子・機械・化学)|クリエイティブ|マーケティング・企画|コンサルタント・士業|販売員・サービススタッフ|研究・開発(メディカル)|専門職(Web・IT・ゲーム|金融|不動産・建設)など
公開求人数 約3.8万件(2022年11月現在)
利用者満足度4年連続【1位】
登録は3分程で完了します。

Spring転職エージェント

Spring転職

営業、エンジニア、経理、人事等、専門領域のエージェントが担当に付き、非常に高精度な企業情報をシェアしてくれます。

Spring転職エージェントは「企業とのマッチング」に力を入れています。

各業界・職種に特化したコンサルタントがサポートを行ってくれるため、転職市場の状況や必要な経験・スキルについてもアドバイスしてくれるのです。

希望業界・職種に詳しいコンサルタントのサポートがほしい人、外資系・グローバル企業を視野に入れている人は特にマッチしやすいサービスでしょう。

Spring転職エージェントの特徴
特徴
  • 専門領域に特化したコンサルタントがサポートを行ってくれる
  • 法人営業+コンサルタントの「両面型」サポート
  • 外資系・グローバル企業へのサポートに強い
サポート対象地域 東京・大阪・愛知
特に多い職種 営業系|販売・サービス系|ファッション系|マーケティング系|クリエイティブ系|IT系|エンジニア(電気・電子・機械・化学・素材・食品・化粧品・プラント・インフラ・エネルギー)系|メディカル系|人事・労務系|総務・広報|法務・知財|経理・財務系|経営/事業企画系|コンサルタント系|内部統制・監督系|購買・物流・貿易系|金融系|建築・不動産系|事務系など
公開求人数 約3.7万件(2022年11月現在)
企業とのマッチング率が高い
登録は5分ほどで完了します。

ヒューレックス

ヒューレックス。人をつなぐ。地域につなぐ。あなたの地元に強い転職エージェント

地方転職に強みのある転職エージェント。地域に根ざした優良企業で働きたい人におすすめです。

ヒューレックスは地方銀行と業務提携していることから、その地域に根ざした企業求人を多く保有しています。

担当コンサルタントは地域情報や地元企業の動向を熟知した人材です。
幅広い年齢層を対象にサポートを行っているため、「他の転職サービスは若手優先の印象が強かったが、ヒューレックスでは丁寧に対応してもらえた」というユーザーも多くいます。

さらにヒューレックスでは内定獲得後も職場見学や社員との座談会をセッティングすることで、就業後のミスマッチがないように取り組んでいます。

ヒューレックスの特徴
特徴
  • 地方銀行と業務提携し、独自の求人を取り揃えている
  • 地域に特化した専任コンサルタントが転職活動をサポートしてくれる
  • 職場見学や社員との座談会もセッティングしてくれる
サポート対象地域 宮城・東京・愛知・大阪・福岡・沖縄
とくに多い職種 営業|経理・財務|法務・人事・総務・広報|一般事務|経営・管理職・企画・マーケティング|技術職(電気・電子・機械・医療・化学・食品・建築・土木)|ITエンジニア(システム開発・インフラ・SE)|Web関連職・メディア・ゲーム・デザイン|専門職(士業・金融・不動産・コンサルタント)|サービス・外食・販売|教育・保育・物流・購買など
公開求人数 約1.9万件(2022年11月現在)
地元優良企業の求人に出会える
登録は5~10分程で完了します。

「ヘッドハンター型」の転職サービスを利用する

ヘッドハンターとは…人材をスカウトして企業に紹介する「職業斡旋」を行う人

年収600万円以上を目指している人は、「ヘッドハンター型」の転職サービスも検討しておくとよいでしょう。

ヘッドハンターのヘッドハンティングは、企業との信頼関係によって成り立ちます。
そのため、企業はヘッドハンターが推薦する求職者に対して優先して検討することが多いです。

もちろん、ヘッドハンターとしても「誰でもいいから推薦する」ということはありませんので、ヘッドハンター経由での転職活動を行う場合はまずあなたとヘッドハンターの関係構築を進めることが大切です。

また、ヘッドハンター1人が持っている求人数は決して多くはありません。
そのため、応募の選択肢を広げる際は、転職エージェントの併用または複数のヘッドハンターとコミュニケーションを取る等の工夫が求められます。

主なヘッドハンター型転職サービス

リクルートダイレクトスカウト

Career Carverリクルートダイレクトスカウト リクルートのヘッドハンティングサービス

ミドル・ハイクラス向け求人国内トップクラス!ヘッドハンターの指名も可能です。

リクルートダイレクトスカウトは、転職大手「リクルート」が運営するヘッドハンティング型の転職サービスです。複数のヘッドハンターや企業から経歴・スキルにマッチするスカウトを受け取ることができます。

また、リクルートダイレクトスカウトでは自身の希望する業種・職種における実績が豊富なヘッドハンターへサポートを依頼することができます

ヘッドハンターは複数名を同時に指名することも可能です。

リクルートダイレクトスカウトの特徴
特徴
  • 「年収800~2,000万円クラス」の好条件のスカウトが届く
  • 優秀なヘッドハンターを転職者側で選ぶことができる
  • より採用確度の高い「一求入魂スカウト」がある
サポート対象地域 全国
特に多い職種 経営ボード|経営企画・事業企画|管理|人事|マーケティング|広告|マスコミ・メディア・出版|クリエイティブ|営業|サービス|コンサルタント|ITコンサルタント|専門職(公認会計士、司法書士等、その他)|IT技術職|Webサービス・制作など
公開求人数 約31万件(2022年11月現在)
優秀なヘッドハンターに出会える
登録は5~10分程で完了します。

doda X(旧・iX転職)

doda X。キャリアに戦略を。

好条件のスカウトを待つだけでなく、自分から応募も可能です。

doda Xは、パーソルキャリア株式会社が運営するハイクラス転職サービスです。
約3,000人のヘッドハンター※が、あなたの経歴・スキルを見たうえで求人紹介を行います(※2022年2月時点)。

年収幅は800~2,000万円の求人が大半なので、「今よりもさらに上を目指したい」という人におすすめです。

さらにはスカウトを待つ以外にも、自身で求人を検索し応募することも可能です。
時間的制約が多いハイクラス転職で、効率的に転職活動を進められるのはdoda Xの大きなメリットといえるでしょう。

doda Xの特徴
特徴
  • 厳選されたヘッドハンターからのスカウトがもらえる
  • 「年収800~2,000万円クラス」の求人がメイン
  • 登録情報を限定公開できるため、在職中でも安心して転職活動ができる
サポート対象地域 全国
特に多い職種 経営・事業統括・管理統括|企画・管理|専門職(コンサルティングファーム・専門事務所・監査法人)|営業職|技術職(SE・インフラエンジニア・Webエンジニア)|医療系専門職|金融系専門職|クリエイター・クリエイティブ職|販売・サービス職|公務員・教員・農林水産関連職など
公開求人数 約1.7万件(2022年11月現在)
年収800万円以上の求人多数
登録は5~10分程で完了します。

ビズリーチ

ビズリーチ。年収600万円以上の方に支持される転職サービスNo.1

年収600万円以上のオファーが届く! 企業からのスカウトも活発なヘッドハンター型サービス。

ビズリーチは「年収600万円以上」のハイクラス向け案件が中心のヘッドハンター型転職サイトです。

好条件のスカウトを待つことができるので、現職が忙しくなかなか転職活動へ時間を割けない人にも転職のチャンスが巡ってくるでしょう。

ビズリーチのサービスには、登録者であれば誰でも利用できる「無料(スタンダード)プラン」と、定額制の「有料(プレミアム)プラン」の2つがあります。

プレミアムプランではヘッドハンターを指名・相談することができるほか、ビズリーチに掲載されているすべての求人を閲覧可能です。

自身の状況に応じてプランを使い分け、転職成功の可能性を高めることができるのが特徴のサービスです。

ビズリーチの特徴
特徴
  • 企業からの直接スカウトが多い
  • 掲載求人の3分の1が「年収1,000万円以上」
  • より採用確度の高い「プラチナスカウト」がある
サポート対象地域 全国
特に多い職種 経営(経営者・CxO・事業推進等)|管理(経理・財務・税務・IR等)|マーケティング|営業|コンサルタント|専門職(公認会計士・税理士・弁護士等)|IT技術職(SE・その他ITエンジニア)|ゲーム|電気・電子|半導体|機械|化学|金融|研究・臨床開発・治験|建築・土木など
公開求人数 約8.4万件(2022年11月現在)
企業からスカウトがたくさん届く
登録は5~10分程で完了します。

担当エージェントとの信頼関係を構築する

担当エージェントとの信頼関係を構築するために、「本音」や「熱意」を伝える

担当エージェントに「この人は推薦したい」と思ってもらえるためには、転職者の方から信頼関係の構築を働きかけることが大切です。

そのためには、担当エージェントに「本音」や「熱意」を伝えることは不可欠でしょう。

「どのような条件で働きたいか」「どんなキャリアを歩んでいきたいか」そういった思いが明確な転職者ほど、エージェント側も求人を紹介しやすいとともに、「この人を応援したい」という気持ちになるものです。

また、初回面談後も小まめに進捗状況などを共有しておくことで、転職活動への「やる気」を伝えることができます。

「この人とは合わない」と感じたら、担当変更を申し出よう

どんなに実績の豊富なエージェントであっても、やり取りを進めていくうえで「合う・合わない」はどうしても発生するものです。
その際に、我慢してサポートを受け続けたとしてもよい関係は築きにくいでしょう。

「担当のエージェントと相性が合わない」と感じた場合は、担当変更を申し出るのが得策です。

担当変更は電話やメールで依頼が可能です。
担当変更を依頼する転職者は決して少なくありません。エージェント側でもそのことは把握しているため、担当変更を申し出たことでその後のサポートに影響が出ることもありません。

また、自分にとってよいエージェントかどうかを見極めるポイントとして、以下の3点を意識しておくとよいでしょう。

  • キャリア相談に、親身に乗ってくれるか
  • 求人を紹介する際に、おすすめする理由についてきちんと納得できる説明をしてくれるか
  • 目指す業界・職種について詳しいか

たとえば、2つ目のポイント「どうしてこの求人をおすすめしてくれるのですか?」という質問に対し、求職者のキャリアを真剣に考えてくれている担当者ほど、適切な回答をくれるはずです。

推薦状にPRしてほしい内容をリクエストする

推薦状でPRしてほしい内容をリクエストして、より推薦状の効果を上げていく

エージェントとの面談でヒアリングした内容を元に推薦状は作成されます。
そのため、事前に推薦状でPRしてほしい内容をリクエストするのも有効な方法です。

応募書類とともに推薦状は企業へ送付されるため、本来であれば転職者がその内容を把握することはできません。
しかし、「推薦状の内容を確認させていただくことはできますか?」と事前に申し出れば、断るエージェントは少ないでしょう。

面談時に伝えた内容と齟齬はないか、またどのように自分が推薦されているかを確認することで、より推薦状の効果を上げていくことができるのです。

まとめ)転職エージェントの選び方次第で推薦状の効果は変わる

転職活動における推薦状の効果と活用方法について紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

採用活動で重視しない担当者も多い推薦状ですが、企業との関係性が強固な転職エージェントを経由することで、効果的に作用する可能性も十分にあります。

そのためには、本記事で紹介した以下の4つのポイントを意識してみてください。

目次[ 閉じる ]