『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

30代の方が「会社辞めたい」「仕事辞めたい」と思った時に、【必ず】意識したい3つのポイント

[最終更新日]2019/08/06


15
30代社会人。仕事を辞めたいとき、意識したいこと

30代の男性にとって、これからのキャリアの方向性を定めておくことは非常に重要です。30代というタイミングは、20代から積み上げてきた努力が実を結び、円熟へと向かい始める時期です。

それだけに、20代の頃よりもさらに慎重に転職すべきかどうか、会社を辞めるべきかどうかを見極める必要があります。そのためには、目の前にある「辞めたい理由」だけでなく、職業観やキャリア観を含めた仕事との向き合い方をしっかりと考えておかなくてはなりません。

目次

   

1)30代の方が、「会社・仕事を辞めたい」と思ったときに、まず振り返ってほしいことは…

30代は仕事の責任が重くなり、やりがいを感じられるとともに、プレッシャーやストレスを抱えやすくなる年代でもあります。何らかのきっかけで「仕事、辞めようかな」と考えたり、「こんな会社辞めてやる!」と思ったりすることがあるかもしれません。

仕事を辞めたいと思ったときに最低限気をつけておきたい点としては「衝動的に辞めないこと」でしょう。勢いで辞めてしまった、といった衝動的な行動に出てしまうと、その後のキャリアへの準備を十分に行うことが難しくなるばかりか、妥協に妥協を重ねた転職をしなくてはならない可能性すらあるからです。

30代のうちであれば、大胆な挑戦をすることも可能です。しかし、大胆な挑戦は綿密な計画や準備に裏打ちされたものでなければ、あっけなく失敗してしまいます。ここでは、まず「本当に仕事を辞めるべきか」「転職するタイミングとして適切か」を見極めるための視点を考えていきましょう。

30代の「本当に仕事を辞めるべきか」「転職するタイミングとして適切か」を見極めるための3つの視点  □ なぜ仕事を辞めたいのか、本当の理由を突きとめる  □ 自身のこれからの「ありたい姿」を具体的に描いてみる  □ 独立も視野に入れている人は、特に入念な計画と準備を!

なぜ仕事を辞めたいのか、本当の理由を突きとめよう

今現在の仕事を辞めたいと思っているからには、なにかしらの理由が必ずあるものです。辞めたい理由をカテゴリ分けし、今すぐ辞める必然性がどの程度あるのか、転職によって解消できる問題かどうかを検証していきましょう。

カテゴリ分けのイメージが付かない」という方は、「転職に関わらず、自分自身で解決する問題」、「転職によって解決できそうな問題」、「転職によって解決できるかは分からない問題」といった分け方をしてみると良いでしょう。後半二つは自身での解決は難しく、外部からの働きかけが必要となる問題になります。

1)転職にかかわらず、自分自身で解決する問題 働き方を変えたい 心身の不調 スキルアップしたい 2)転職によって解決できそうな問題 通勤を短くしたい やりたい職種がある 入りたい会社がある  3)転職によって解決できるか分からない問題→上司とウマが合わない 職場環境が悪い

たとえば、「上司とウマが合わない」というのは、一見すると転職によって解消できそうな問題のように思えます。
しかし、転職先でウマが合う人とばかり仕事をしていくことができるかというと、全員とウマが合う可能性は極めて低いでしょう。むしろ、苦手なタイプの人や考えが合わない人とうまくやっていく方法を模索したほうが建設的であるかもしれません。

反対に、たとえば「残業があまりにも多すぎる」というのは、辞めて転職したほうがよいという結論に至る可能性を十分に秘めています。過剰な残業をしないと仕事が回らないのは人員配置やビジネスモデルに根本的な問題を抱えていることが多く、あなた個人がステップアップするための糧になっていない可能性もあるからです。

辞めたい・転職したい理由は、たいてい自分でも意識しないうちに正当化されていたり、もっともらしい理由に置き換えられていたりします。そこで、辞めたい理由をただ羅列するのではなく、辞めたい本当の理由を深掘りし、突きとめていくことが重要なのです。

転職する・しないは別として、自身のこれからの「ありたい姿」を具体的に描いてみよう

仕事を辞めるかどうか、転職すべきかどうか、という考え方をすると、どうしても「辞めたい」「転職したい」という方向に傾きがちになります。

そこで、転職するかどうか、本当に今の仕事を辞めるべきかどうか、といったことは一旦横に置いた状態で、これから自分がありたい姿、仕事に求めているものについて、具体的に考えてみるといいでしょう。このとき役立つのが、ポジティブアプローチギャップアプローチという考え方です。

ポジティブアプローチ→ 価値や強みに焦点を当て、在りたい姿を描いた上で、目指す先や具体的なアクションプランを導きだします。 また、そこに向かって、行動を高めていく働きかけです。 ギャップアプローチ→ 足りないものに焦点をあて、あるべき姿と現状とのギャップから、問題を特定し、修正や改善をはかる方法

ポジティブアプローチとは、「こうありたい」という理想像を設定し、そこに向かって自分の強みをより伸ばしていこうという考え方です。今現在の仕事と同じ職種で、さらに高みを目指してステップアップしていきたい、といった転職であれば、ポジティブアプローチによって自身の理想像に近づいていくことを考えるといいでしょう。

ギャップアプローチも「こうありたい」という理想像を設定する点はポジティブアプローチと同じですが、理想像に対して今の自分に足りないものを埋めるにはどうしたらいいか?という視点で理想像に近づいていこうという考え方になります。

職種を変えて転職したいと思っている場合などは、今持っている力をどの程度生かせるのか読めないことも多いはずです。そうした場合、足りないものから考えたほうが「あるべき姿」に近づくための道が見えやすくなるというわけです。


将来的に独立を考えている人は、独立したい理由を明確にして入念な計画と準備を!

退職後のプランが転職だけでなく、将来的な「独立」も含めて考えている人は、特に入念な計画と準備を行っていく必要があります。

近年はスモールビジネスを始めやすい環境が整いつつあるため、ひと昔前に比べて気軽にビジネスを始めやすくなっています。
ただし、簡単に始められるということと、始めたビジネスで成功できるかどうかということは別次元の問題です。特に事業計画については早い段階から検討を重ね、スタートアップ期からビジネスが軌道に乗るまでの期間、どのように資金繰りをしていくのか、といったことも含めて考えておく必要があります。

よく、起業のための準備期間と聞いて、真っ先に開業資金のための貯金を連想する人がいますが、開業したもののすぐにお金に詰まってしまう人が後を絶たないことを覚えておくようにしてください。最初さえ乗り切ってしまえば、あとは自動的に軌道に乗るわけではないのです。

事業計画を立てる上でも重要になるのが、なぜ独立したいのかという理由です。単に会社員よりも自由な感じがするから、という程度のことではなく、自分でビジネスを興こすことによって実現したい思いがあるのなら、その思いがそのまま事業理念の要となるはずです。独立への思いは独立に向けた計画となり、さらには事業理念へとつながっていくのです。


2)それでも「転職したい」「会社辞めたい」という30代の方に、必ず意識してほしい3つのポイント

いちど自分の考えを整理しながら振り返ってみたものの、やはり転職したい会社を辞めたい、という結論に変化がなかったとすれば、いよいよ転職活動に向けて具体的な行動に移していくことになります。

30代の男性は、多くの場合とても忙しく、働きながら転職活動を続けるのは大変かもしれません。スキマ時間をうまく活用しつつ、余計なことをやらずにやるべきことに集中することで時間を効率的に使っていきましょう。

とはいえ、時間や労力をかけるべきところにかけないと、いつまで経っても転職先が決まらず転職活動が長期化してしまう原因になります。徹底してやっておくべきこと、時間をかけてでもやっておくべきことを3つ挙げますので、これらのことは確実に実行するようにしてください。

「転職したい」「会社辞めたい」という30代の方に、必ず意識してほしい3つのポイント  Point1 なるべく多くの「相談相手」を。複数の転職エージェントへの登録はマスト!  Point2 キャリアアップのロードマップを描き、長い目でキャリアを見る  Point3 今後のキャリアで伸ばしたいスキル・残したい実績を明確にする

なるべく多くの「相談相手」を。複数の転職エージェントへの登録はマスト!

転職は、いわば「人生の大きなターニングポイント」です。満足のいく転職を果たすためにも、親身に相談に乗ってくれる「相談相手」は多いに越したことがないでしょう

その際に、是非ともおすすめしたいのが「複数の転職サービス(転職エージェント)に登録すること」です。

転職エージェントでは、キャリア支援のプロである「キャリアアドバイザー(キャリアコンサルタント)」から転職先企業の提案だけでなく、あなたのタイプやこれまでの経験から、今後どういったキャリアアップをしていくと良いかのアドバイス・提案もしてくれます。

具体的な転職方針を掲げている人もそうでない人も、一度「他の人の客観的な意見を求める」意味合いにおいても、転職エージェントは活用して損はありません。

また、転職エージェントは会社によって得意とする業種・職種があったり、保有する求人情報にも差があり、更には、相談に応じるキャリアアドバイザーとあなたとの「相性」も出てきます。
転職活動時には転職エージェントを複数登録しておき、その中であなたによりマッチすると思えるサービスに絞っていくと、より効果的な活動に繋げていけるでしょう。


以下に、30代の転職者におすすめの転職エージェントを6つほど紹介します。
サービスの特徴を見て、ご自身の現状に合いそうなサービスから登録を進めていくと良いでしょう。

30代のキャリア支援におすすめの転職エージェント  □ JACリクルートメント  □パソナキャリア  □ enミドルの転職  □ビズリーチ  □リクルートエージェント  □ doda

紹介求人とキャリアアドバイザーの品質の高さを求める方は、「JACリクルートメント」がおすすめ

JAC Recruitment。転職にグローバル戦略を。外資系や海外転職はJACリクルートメント。
JACリクルートメントの特徴 ・キャリアアドバイザーの品質・紹介求人の品質がともに高い
・管理職・ハイキャリア層の転職サポートに強く、外資系・金融系求人が多い
対応地域 全国(拠点:東京(2か所)、横浜、名古屋、静岡、大阪、京都、神戸、広島)
○○の転職おすすめ度 ★★★★★

キャリアアドバイザーの、じっくりとしたきめ細やかなサポートを期待する方は、パソナキャリアがおすすめ

パソナキャリア。転職活動の成功を、全力でサポートします。専門アドバイザーがあなたの転職活動を全面サポート!!
パソナキャリアの特徴 キャリアアドバイザーのスキル・サポート品質が非常に高く、ミドル世代・女性転職者からの評判も高い。
全国都道府県に支店があり、地方転職、Uターン・Iターン転職にもおすすめ。
対応地域 全国(47都道府県)
転職おすすめ度 ★★★★★

ミスマッチ転職のない、「慎重」な転職活動を希望する方は「enミドルの転職」がおすすめ

ミドル世代の可能性を広げる。enミドルの転職
enミドルの転職の特徴 30代~50代のミドル世代の転職支援に強い
転職者と企業のマッチング(相性)を考慮したきめ細かいサポートを提供することで評判が高い。
対応地域 東京・神奈川・千葉・埼玉
転職おすすめ度 ★★★★☆

更なるキャリアアップ・チャレンジを期待している方は「BIZREACH(ビズリーチ)」がおすすめ

選ばれた人だけの会員制転職サイト BIZREACH(ビズリーチ) 年収2,000万円以上の求人特集
ビズリーチの特徴 ハイクラス・エグゼクティブ向け転職に強い。
登録者に対する企業からの関心度合いも高く、本気度の高いスカウトメール・オファーメールを貰えるケースが多い。
対応地域 全国
転職おすすめ度 ★★★★☆

より多くの企業情報を見て転職活動を比較検討していきたい方は、「リクルートエージェント」がおすすめ

転職エージェントならリクルートエージェント。非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介。転職エージェントがあなたの転職を成功に導きます。
リクルートエージェントの特徴 国内の転職エージェントの中でも求人数と実績の多さで常にTOPに立つ、最大手転職エージェント。キャリアアドバイザーの適切かつスピーディな対応が評判。
対応地域 全国(拠点:北海道、宮城、東京(2か所)、埼玉、栃木、横浜、静岡、名古屋、京都、大阪、神戸、岡山、広島、福岡)
転職おすすめ度 ★★★★☆

限られた時間内で、効率的かつスピーディな転職活動を実現したい方は、「doda」がおすすめ

doda 転職なら、・・転職サイトdoda(デューダ)
dodaの特徴 求人数の多さは国内TOPクラス。および転職サイト「doda」との併用で、転職者はキャリアアドバイザーのサポートを受けつつ、自身からもどんどん求人情報を探していける。
対応地域 全国(拠点:北海道、宮城、東京、横浜、名古屋、大阪、岡山、広島、福岡)
転職おすすめ度 ★★★★☆

キャリアアップのロードマップを描き、長い目でキャリアを見ておこう

会社を辞めたい!と思っているときは、どうしても目の前のことにとらわれがちになり、近視眼的になりやすくなるものです。そこで、転職を考えているときほど、先々のキャリアを長い目で見る長期的な視点が大切になってきます。

こうしたときに役立つのが、キャリアのロードマップという考え方です。

「ロードマップ」とは、これから先のビジョン・展開を視覚化することです。
「ロードマップを描いたことがない」という方は、以下の図を参考に、ご自身のキャリアイメージを描いて見ると良いでしょう。

キャリアの「ロードマップ」の描き方  実現したいこと望ましい将来像  実現の為に必要な【知識・スキル】  知識・スキル獲得のための【具体的行動】

縦軸の「半年後」、「1年後」、「○年後」が時系列です。上から書きやすい人は上から、下からの方が書きやすい人は下から書き始めます。

そして、横軸は「実現したいこと・望ましい将来像」からイメージしていきます。ここでイメージする内容は具体的でなくても構いません。
例えば、「自身のアイデアを形にする仕事がしたい」であったり、「多くの人から感謝される働き方をしたい」といった内容でも問題ありません。

ただし、そこから右へと進んでいって「実現の為に必要な知識・スキル」や「具体的行動」をイメージする際は、具体的かつ詳細に描いていきます。
人は、イメージが具体的になるほど行動しやすくなるものです。そして、行動が促進されると自ずと道は開け、更には中長期的な視点も持ちやすくなるのです。


ちなみに、ここで描いたキャリアのロードマップに縛られる必要はありません。
数か月後または半年後にまたロードマップを作成してみて、変化があった場合はそれに合わせて行動を変えていくと良いでしょう。


今後のキャリアで伸ばしたいスキル・残したい実績を明確にし、リソースを集中させる

転職を希望する職種や仕事内容が具体的であればあるほど、転職では有利になりやすい傾向があります。企業としても中途採用者、とりわけ30代で経験もそれなりに積んできた中途入社の社員には即戦力としての活躍を期待するところが大きいのです。

自分が今後のキャリアでどのような働き方をしたいのかを明確化し、伸ばしたいスキルや残しておきたい実績といったところまで具体的になっていると、面接時に強力な武器となります。

入社後にやっていきたいことまで具体的になっていれば、そこに時間や労力といったリソースを集中させ、徹底的に面接対策を行うことも可能になります。転職エージェントを利用する場合にも、キャリアアドバイザーに相談すべき事柄が絞り込まれているため、より有効に活用できる可能性が高くなります。

なお、転職を2つ以上経験している人は、これまで勤めてきた会社で得た経験のうち、組み合わせて生かすことでシナジー効果を発揮するようなものはないか、注意深く振り返ってみましょう。意外なスキルが線でつながり、希少な複合スキルとして生かせることがあるかもしれません。
特に業種や職種を越境して転職した経験のある人は、「以前の経験は次の仕事と関係がない」と決めつけてしまわず、自分のこれまでの経験を「編集」するつもりで振り返ってみるといいでしょう。


3)まとめ 職種転換など大胆なチャレンジはラストチャンスかも!? 30代男性の転職は「慎重に」「大胆に」がポイント!

30代の男性が転職しようと思ったとき、特に職種を大きく変える転職のように大胆なチャレンジに踏み切るのはラストチャンスとなる可能性もあります。

長い目で見たとき、今このタイミングで職種を変えておいたほうがいいと思うのであれば、大胆にキャリアチェンジしてしまうのもひとつの手です。反対に、将来にわたってのキャリアパスや収入の推移、ライフサイクルの変化に対応できる仕事かどうか、といったことも踏まえて、慎重に判断を下すことも必要になってきます。

このように、30代男性の転職には「慎重」と「大胆」の両輪が必要になってくるのです。

キャリアを決定づける時期であるだけに、判断力や決断力が試される転職となることでしょう。先々のことまでしっかりと見通す慎重さと、決断したことはやり通す大胆さをもって、転職を成功させていきましょう。