『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代ビジネスマン男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

転職エージェントのWORKPORT(ワークポート)で 転職相談サービスを体験してみた!

[最終更新日]2017/07/05


126

「転職エージェントの転職相談サービスってよく聞くけど、実際どんなサービスなの?」

「今受けているところ以外の転職相談サービスが、どんなサポート内容なのか見てみたい」


転職活動をされている方、もしくは転職を現在検討中の方で、こんな疑問を持たれている方は多くいらっしゃることでしょう。

転職において、転職エージェントとのコミュニケーションは活動を充実させていく上でとても大切です。だからこそ、実際のサービスの様子を具体的にイメージできていたほうが、より有効活用に繋げられそうですよね。

そこで、転職エージェントの実際の面談サポートの様子をレポートとして紹介しようと企画していたところ、転職エージェント媒体で受賞を多数している、株式会社ワークポートさんから快く了承いただき、ご協力いただけることになりました。

株式会社ワークポート

サービス名 WORKPORT(ワークポート)
特徴 「WORKPORT」は、IT・インターネット業界をはじめ、様々なジャンルの転職サービスを提供している総合人材転職エージェントサービスです。
「ひとつでも多くの可能性を追求できる、専門性の高い転職支援サービスを提供する」というポリシーを掲げ、書類の添削から面接サポート、年収交渉までトータルでサポートしてくれる、心強い転職サービスです。
企業名 株式会社ワークポート(2003年3月)

目次

 

1)「転職相談サービス徹底レポート!」
──株式会社ワークポート(東京本社)へ

さて、今回転職相談を受けるのは、以下の方です。

名前(仮名) Hさん(女性)
年齢 26歳
現在の職種 企画営業(企業研修サービスの企画提案)リーダー職
希望する職種 IT系(プランナー・ディレクター)

Hさんは企業研修を主事業とする会社(現在約10名)の4年目社員。組織の中核メンバーで活躍しつつも、これからのキャリアプランにおいて、もっと自身のスキルアップ・キャリアアップに繋げられるフィールドで活躍できないかと考えていました。

ですが、具体的に「いつまでに転職しよう」という意思は定まっておらず、「こういう企業で働きたい」というイメージもまだ形成されていません。

Hさん

「まだ漠然としている中で、転職の面談を受けても良いのだろうか…。でも、このまま悩んだままでもあまり進展はなさそうだし…」

そんな不安を持ちながら、Hさんは株式会社ワークポートの東京オフィスに向かいます。

※ 転職面談については、事前の予約(登録)が必要となります。詳しくは、以下サイトをご覧ください。

株式会社ワークポート(東京オフィス)

東京都品川区大崎1-2-2 アートヴィレッジ大崎セントラルタワー9F・6F

※オフィスは東京のほか横浜・名古屋・大阪・福岡にもありますのでそちらでも面談が可能です。


2) ワークポートさんの転職面談スタート!

Hさん談:「はじめはすごく緊張していたんですが、すぐに打ち解けていきました」



ワークポート東京オフィスの受付に向かったHさん。
受付の方が、面談ルームに案内してくれました。

???

「H様ですね、お待たせしました。」

面談ルームに現れたのはワークポートの転職コンシェルジュ川勝弘行さんITエンジニアやクリエイター(ディレクターやプロデューサー、プランナー、デザイナー)の転職サポートを専門とされる、ベテランの転職コンシェルジュの方です。

今回、こちらの方に転職の相談を受けてもらうことになります。

川勝さん

「今日はお忙しい中ご来社いただきありがとうございます。──緊張されていますか?」

Hさん

「ええ、少し…」

川勝さん

「リラックスしていただいて構いませんよ。
本日は企業との面接の場とは違い、ざっくばらんにお仕事に関するお悩みを伺えればと思います。また、ご不明な点も沢山あるかと思いますが、遠慮なく聞いてくださいね。

本日は大体1時間ほどの面談をさせていただければと思います。その後、今後の流れをお話して終了です。

それから、事前に職務経歴書と履歴書をお送りいただき、ありがとうございました。私自身、以前はシステムエンジニアとして別の企業で就業していた経験があり、転職の経験がございます。当時私が体験した際のお話も出来るかと思います。もちろん、これまでの転職成功者の方々の前例も含めて、お話していきますね。」

Hさん

「──はい、よろしくお願いします。」

※ 川勝さんは事前に履歴書と職務経歴書を受け取っており、Hさんが今回初めての転職活動になることを把握されています。

3) これまでの経歴と、そして「想い」のたな卸し

Hさん談:「これまでの自身の活動や今の気持ちが、どんどん明確になっていきました」

川勝さん

「ちなみに、転職活動は始めたばかりですか?」

Hさん

「はい、といっても、まだ具体的に行動は起こせてなくて…」

川勝さん

「では、まずは活動に関する情報を収集しながら徐々に進めていこうかなという感じですかね。──ところで、就職活動の際は結構たくさんの企業様を受けられたのですか?」

Hさん

「いえ、数はそれほど多くは無くて。10数社ほどですね。」

川勝さん

「今の会社を選ばれた、一番の決め手はなんでしょう?」

Hさん

「代表の考え方ですね。【人の成長あっての組織の成長】という言葉がとても印象的で。

あとは企業規模です。入社した時は数名の会社だったのですが、これまで私はあまり前に出ない性格でしたが、この人数だったら前に出れるだろうと。」

川勝さん

「代表の方のお考え、素晴らしいですね。──そして4年ほど、Hさんは今の職場で頑張ってこられたんですよね。…良かったら、『こういうところを頑張ってきた』といった点を教えていただけませんか?」

Hさん

「まずは法人営業です。色んなお客様の課題を聴いて、どんな対策が打てるかを一緒に考えて──。

あとは、マーケティングについてですね。少しずつ営業メンバーも増えてきて、組織として活動する際に、どうやったら効率的かつ効果的に結果を出していけるか、といった点にも取り組みました。」

川勝さん

「良いですね。マーケティングに関わったきっかけはなんですか?」

Hさん

「とある機会があって、マーケティングに興味を持ち始めて。それを、会社の方で与してくれたんです。

マーケティング関連の研修を受けさせてもらって、その後実際に任せていただきました。主に、コーポレートサイトからの見込み客創出であったり、Web広告を行ったり…といったところです。」

川勝さん

「やってみてどうでした?面白いと感じたことや、逆に難しいと思ったことは…」

Hさん

「同じサービスでも広告の打ち出し方で結果が全然変わったりするのは、とても面白かったですね。あと、コーポレートサイトをリニューアルしたんですが、Htmlであったり、裏側の設計・構造を知れたのも面白かったです。

逆に大変だったのは、マーケティングの取り組みどれをとっても『初めての試み』だったということです。わからない、うまく行かないかもしれない、といった不安が常にあって。」

川勝さん

「そのようにされて、どんどん『今はないモノ』を形にされていったのですね。──素晴らしいですね、尊敬します。

お話を伺っていますと、現状かなり充実されているように見えますが、どのようなきっかけで今回転職を考えられたのですか?」

Hさん

「えっと…1つが、IT楽しいな…と純粋な想いがあって。ただ、弊社のメイン事業はそこではないので、専門的には突き詰めきれないな…という想いがありました。

2つ目が、弊社のサービスは『研修サービス』で、いわば無形商材でして。形がないんです。ですので、お客様にサービスを提供した後に、良かったか悪かったか数値としては見えない。 

だから、サービスを提供した後に、それが結果としてどうなった、というのが分かるような、そんなサービスをやってみたいという想いがありました。
あとは、現状もまだ社員数は少ないので、もっと大人数でやれたら、もっと大きなことが出来そうだな…と。」

川勝さん

「ありがとうございます。──とてもよく分かりました。おそらく、現状で大きな不満がある、という訳ではないのですよね。それはそれで良いと思います。

これから新しい働き方のイメージがどんどん形になっていくかもしれませんし、もしかしたら活動中に『やっぱり今の職場の方が良い』となるかもしれませんし、実際そういった方もいらっしゃいます。

ですので、まずは『ご自身が転職すること』についてのイメージを膨らませていくところから始めてみましょう。」

4) 転職への希望・イメージを明確にしていく

Hさん談:「『自分はこれからどうしていきたいか』と『今何を明確にしたら良いか』が段々と分かってきて──」

川勝さん

「新しい職場を探していくにあたって、大切にしたいことやキーポイントはありますか?…あとは、先ほど『大人数で』とありましたが、人数のイメージもあるようでしたら・・・」

Hさん

「新しいチャレンジが沢山出来るところが良いかな、と思っています。あとは、人数規模のイメージは50名~100名あたりでしょうか。」

川勝さん

「知名度のある会社さんの方が、反響が分かりやすかったり、可視化しやすいかな…と思ったのですが。そういうのはどうですか?」

Hさん

「その点は、あまりこだわりはないです。扱っているサービスを提供した時に、実際にお客様がどう変わったかが目に見えれば良いと思っています。企業の認知度だったりは、それほど重要ではないです。」

川勝さん

「エンドユーザーの声がダイレクトに聞こえてくる…そういうのを大切にしたい、ということですね。

では、続いてIT業界についてもう少し深堀して確認していきたいと思います。

具体的にイメージされている職種を伺うことは可能でしょうか。現在ご興味を持たれている職種であったり、逆に避けようと考えている職種であったり、といったイメージをお聞きできればと。」

Hさん

「そのあたりが、まだちょっと漠然としていまして…例えばどんな職種があるのでしょうか?」

川勝さん

「例えば、WEBサイトのディレクターやデザイナーといったお仕事もあれば、スマホアプリを開発するエンジニア職種もございます。

スクールに通学されていた経験がある方や、学生時代の所属学部や独学経験のある方であれば実務未経験でチャレンジ可能なお仕事の紹介も可能です。

また、自社サービスを運営している企業を希望されるか、お客様から開発案件を受託している制作会社を希望されるか、など徐々に細かく伺っていければと思います。


ただこの辺りは、最初から希望が固まっている方は少なくて、活動を進めていく中で見えてくる方がほとんどです。

Hさん

「難しいですね、、今少しずつイメージが出来始めてはいるんですが、まだ、明確にこれというのが無くて…」

川勝さん

「焦らなくても大丈夫です。これからイメージが固まっていくところだと思いますので、じっくり進めていきましょう。

では、条件面についてもお聞きしますね。収入面のこだわり、たとえば年収や賞与の有無、それから残業、忙しさについての希望がありましたら、教えていただけますか?」

Hさん

「収入面は、今より下がらなければ良いかな、と思っています。賞与に関しては特にこだわりはありません。忙しさも、、そうですね。今大体月40時間程の残業時間なのですが、特に不満はありません。」

川勝さん

「ありがとうございます。では、どちらかというと、ワークライフバランス重視、というよりも仕事面での充実さを重視する、といったイメージでしょうか?」

Hさん

「はい。そうですね。」

5) これからのスケジュールと、求人票の確認

Hさん談:「これからのスケジュール感がとても明確になって。あとは、実際に求人票を見て、イメージも湧いてきました」

川勝さん

「ここからは、今後の進め方、スケジュールについてお話していければと思います。
いつくらいに転職を決めたい』というのはありますか?たとえば、年内で決めたい、であったり…」

Hさん

「動き始めは、できるだけ早くしたいですね。・・・ですが、転職自体は、引継ぎもあるので、すこし余裕を持ちたいのですが…早めの方が良かったりしますか?」

川勝さん

「そうですね、転職される皆さんは、大体1ヶ月半くらいで、決まる方は決まっていきますね。

ですが、まずはご自身が『どれだけの速度で活動したいか』を考えておいたほうが良いと思います。
スピード感はご希望もあるでしょうし、こちらもそれに合わせていきますのでご安心くださいね。

ちなみに、7月と12月はボーナス支給月という企業が多いということもあって、このタイミングで動き出す方は多いですね。──活動者が多いということは、ライバルも多くなるということですね。」

Hさん

「そうなんですね。そうなると、今くらいの時期(※ 面談は6月15日に実施しています)から動き始めると丁度良いかもしれませんね。ああ、でも、引継ぎを考えると、逆に後半にずらして、9月~10月あたりとか・・・」

川勝さん

「そうですね、どちらも丁度良い時期かもしれませんね。タイミングは合わせますので、仰っていただければそういった部分も考慮しながらこちらもサポートさせていただきますね。

──では、一度このあたりで、これまでの情報を元にHさんにマッチしそうな求人票をいくつかお持ちしますので、少々お待ちください。」


──川勝さんは一旦席を離れ、その後十数枚ほどの求人票をもって戻ってきました。

その後、それぞれの求人票の説明と、今後の進め方について30分ほどお話をされ、面談は終了となりました。

6) はじめての転職面談を終えて

Hさんの、初めての転職面談の感想

Hさん

「『ああ、こうやって進めるんだな…』ってとても感心しました笑。

何よりも、こちらの不安感をどんどん取り除いていっていただけるように進めていただける川勝さんのお話のされ方がとてもありがたかったです。
もっとイメージを明確にしていこう!』という気持ちになれましたし。

あとは、求人票を実際に一つ一つ拝見して、『今自分は転職活動をしているんだな』という実感が出てきて、それもまたイメージを膨らませる働きかけに繋がったと思います。その中で興味を持てた企業さんもいくつか出てきました。

転職面談を受け、本当に良かったです。ありがとうございました。」

ワークポートさんの転職相談サービスを拝見して

今回、ワークポートさんにお願いして転職面談の風景を見学させていただきましたが、特に印象的であったのは以下の4点です。

  • 転職活動者の希望分野に合わせて、転職コンシェルジュがマッチングされていること
  • 転職活動者の想い、人間性(特にポジティブな部分)について深い配慮を取った対応をされていること
  • 転職のイメージを固めていく一方で、「留まる」ことも提案されていたこと
  • 今後のスケジュールを明確にし、かつ転職活動者の無理のないよう進められていること


実際に面談を受けられたHさんもまた、2点目と3点目の「転職活動者の想い、人間性(特にポジティブな部分)について深い配慮を取った対応をされていること」および「転職のイメージを固めていく一方で、「留まることもあり」という選択肢も提案されていたこと」について、印象深かったとお話されていました。

担当いただいた川勝さんにそのことをお伝えしますと、以下のようにお応えいただきました。

川勝さん

「面談される方の『ポジティブな部分』は個人的にも意識していますね。転職エージェントとの面談は、企業面接にも繋がるところが非常に多くあります。その際に、ネガティブな部分にフォーカスしすぎてしまうとうまく行かなくなるということもありますから。

あと、『留まることもあり』、という提案をしたのは、今回のHさんのお話を聞いての私の判断ですね。実際、Hさんのお話を伺っていると、現職においても非常に高い成果を出されていましたし、当人も充実感を持たれていましたので。

もちろん、新しいチャレンジとして転職したいというHさんの思いも全力でサポートしますが、かといって無条件で『何が何でも転職したほうが良い』と伝えるのは違うかな、と思いまして。


私は面談に立ち会う際は、『本当の想い』で伝えるように意識しています。そうでないと、転職活動者の方も本音で答えにくくなってしまうでしょうから。

転職面談で大切なところは、『型にはめない』点であって、そこが面白みでもあると思っています。相談に来られる方で、2人として同じ経歴の人はいません。皆さん、それぞれの人生を歩まれて、それぞれの想いや願いも違います。

そして、それらの想いや願いを叶えられた時の『やりがい』はとても大きいですね。そんな機会をたくさん作っていきたいと思っています。

7) まとめ 「悩んだままでいるよりも、まずは行動を」

転職者は皆、それぞれの人生を歩まれて、それぞれの想いや願いもある」そう熱く語っていただく川勝さんの表情がとても印象的な、今回の転職面談取材でした。


転職はいわば、人生の大きなターニングポイントです。悩むことも沢山あるでしょう。
ですが、そんな私たちのターニングポイントに対して、「やりがい」を感じながらサポートしてくれる転職エージェントが身近にいるのなら、活用しない手はないかもしれませんね。


転職しようかどうか迷われている方、または転職を思い始めたものの具体的な行動を起せないままでいる方が、今回の記事をお読みになって、より明確なイメージが持たれることを、心より願っています。

──そして、「自分も一度転職面談を受けてみたくなった」と思われた方は、一度ワークポートの転職相談サービスを、ご利用されてみてはいかがでしょうか。

サービス名 WORKPORT(ワークポート)
特徴 「WORKPORT」は、IT・インターネット業界をはじめ、様々なジャンルの転職サービスを提供している総合人材転職エージェントサービスです。
「ひとつでも多くの可能性を追求できる、専門性の高い転職支援サービスを提供する」というポリシーを掲げ、書類の添削から面接サポート、年収交渉までトータルでサポートしてくれる、心強い転職サービスです。
企業名 株式会社ワークポート(2003年3月)
良かったら、評価のご協力をお願いします!
この記事が参考になったら、
にチェックしてください!
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
(平均4.85
Loading...
>