『みんなの転職「体験談」。』
『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

「ブラック企業」ってどうやって見分けるの?転職前にブラック企業を確認する方法

[最終更新日]2021/02/23

34
転職前にブラック企業を見極めるポイント

転職を活動を行う上で最も気を付けたいことの一つ、それは「ブラック企業に就職しないこと」ではないでしょうか。

社会的にも多くの企業が労働環境の見直しを行う中、いまだ長時間労働や低賃金といった「ブラック企業」たる実態が隠されている企業も存在します。

転職前に、ブラック企業であるかどうかを見極める方法はないのでしょうか。

目次

 

1)ブラック企業とは?ブラック企業の定義

一般的に言われている「ブラック企業」の定義とは

ブラック企業の定義・長時間労働・過酷な労働環境・低賃金・高離職率・ハラスメント

ところで、この「ブラック企業」という言葉ですが、具体的にどのような企業を指すのかイメージすることはできますか?

「ブラック企業」についての具体的な定義はないものの、一般的に「これはブラック企業では?」とされる特徴として、

  • 長時間労働
  • 休憩を与えないなど過酷な労働環境
  • 低賃金
  • 高離職率
  • ハラスメント(パワハラ、セクハラなど)

などがあります。

心身に影響を及ぼしてしまうほどのひどい条件で働いているにも関わらず、給与が上がらない、あるいは人が次々と辞めていくといったことが常態化している企業は「ブラック企業」と考えることができます。

その他にも、従業員に対する暴力や暴言、残業手当の未払いをはじめ、顧客や取引先を騙すような行為が平然と行われているような組織などもブラック企業に分類されるでしょう。

このようなマイナス面を、採用時には巧妙に隠し、表向きは良い会社のように見えるのがブラック企業の厄介なところです。
こうした企業の存在は、会社規模に関係なく存在するので注意が必要です。

つまりブラック企業は、「表向きは問題があるようには見えない」という点が特徴なのです。



昔はブラック企業などなかったというのはウソ!?

忙しいオフィスイメージ

こうした体質の会社は、何も最近になって増えてきたというわけではありません。
しかし、過酷な条件に耐えて働けばそれに見合った待遇が保証されていたり、終身雇用に象徴されるような身分保証が約束されていたりした点が、今と昔の大きな相違点でしょう。

また、売上が思うように伸びていない企業や一見儲かっているようでも利益が残らない企業は、ブラック企業の体質からなかなか抜けられない傾向があります。

かつては儲かっていた企業が過去の成功体験から抜けられず、「社員にもっと頑張らせれば昔のように売れるはずだ」などと経営層が思い込んでしまっていると、無理な働かせ方をして社員が摩耗していくことになりかねないのです。

長時間労働や、現代で言うパワハラにあたるようなことは、過去の会社組織でもめずらしくありませんでした。部下に「バカ」と言うことは今では問題視されますが、かつては「愛情をもって」指導してさえいれば、こうした暴言を吐いてもある程度まで許容されていた面もあったのです。

しかし、今ではこうした過酷な条件に耐えて働き続けたとしても、終身雇用も昇給も約束されてない企業が少なくありません。働く側としては「我慢するだけ損」という状況になりつつあります。

このような背景から、「ブラック企業」という言葉が徐々に浸透していったと考えられます。



2)ブラック企業に勤めた方の「体験談」

処遇も休日も社長の一声で決まる職場で働いたYさん(仮名)

いつか私も廊下で呼び止められ、降格を告げられる日が来るのだろう…。

Yさんが中堅の印刷会社に中途入社したのは、まだ30代に入ったばかりの頃。営業の経験など全くなかったにも関わらず、どういうわけかメーカーへのルート営業担当として採用されたのでした。

入社初日の朝礼で、Yさんはその職場の特殊な「空気」を感じることになります。

全員起立で行われる朝礼は、まるで社長の独演会。
話の内容が仕事に全く関係ないことは、入社初日のYさんでもすぐに分かりました。悠々と話し続ける社長とは対照的に、社員は全員、直立不動で表情ひとつ変えることなく聞いている、異様な雰囲気でした。

社長のワンマンぶりはYさんの想像をはるかに超えていました。業務の繁忙状況に関わらず、「明日は出社日とする」と社長が言えば、あらかじめ公休日だった日でも急に出社日へと変更されるのです。
廊下で声をかけられ、その場で理由の分からない部署異動を命ぜられた同僚もいました。

Yさんは社長のお気に入りだったらしく、社長に連れられ、全日程が観光の予定しかない「海外研修」に数名の社員とともに行ったこともあるそうです。他の営業部員との処遇の差は誰の目にも明らかであり、Yさんが営業部内で孤立するまでに時間はかかりませんでした。

入社からわずか1年後、まだ満足に仕事を覚えてもいないYさんに、社長は

社長

「この春から営業部を君に任せようと思う。あの部署は君の好きなようにアレンジしていい。思い切り力を発揮してもらいたい」

と言いました。それはつまり、これまで営業部を支えてきた古参の社員をリストラせよ、という意味も込められていたと言います。

その翌週、Yさんはひっそりと会社を辞めました。

Yさん

「いつか私も、廊下で呼び止められて降格や左遷人事を軽い口調で言い渡されるのだろう、という確信がありました」

とYさんは当時を振り返ります。



会社の伝統は法律より重い!? 過酷な長時間労働を経験したTさん(仮名)

あのさ、お前仕事を何だと思ってる?

Tさんは新卒で学習塾に採用され、講師として働くこになりました。

勤務時間は午後2時から午後10時。授業後の後片付けと残務処理で、残業があることは覚悟していたため、いつも早めに出社することを心がけていたTさん。しかし、定時よりも2時間ほど早く出社しているにも関わらず、ほとんどの社員はすでに事務所にいました。

ある日、Tさんは2歳年上の先輩社員から会議室へ呼ばれ、

先輩

「あのさ、お前、仕事を何だと思ってるわけ?」

Tさん

「はい?」

状況がよく飲み込めないTさんの様子を見て、先輩はいきなり罵声を浴びせてきたそうです。

先輩

「何が『はい?』だ! 12時すぎにモタモタと出社してきて、一体何を考えてる? こんなに出社が遅い新人は初めて見たぞ。新人なんだから、10時には来て授業の練習の1つでもするのが当然だろう!」

それから周囲の先輩社員の名を挙げながら、誰しもが新人時代には定時の4~5時間は早く来て、明け方近くまで会社にいたものだ、それがこの会社の伝統なのだ、と語ったそうです。

それから半年間、先輩の「助言」通りに勤務したTさんでしたが、やがて体に変調を感じるようになり、1年後に会社を辞めました。



時代錯誤の女性差別と同僚の無理解に苦しんだKさん(仮名)

我慢が足りない女性が増えているんだろうなぁ。

Kさんは、2人目の子どもが小学校に入学したのを機に仕事に復帰したいと思い、自宅から比較的近いデザイン会社にデザイナーとして内定をもらいました。

社員は社長をはじめ、全員が男性。10名強の小規模な会社でした。前職で十分な経験を積んでいたKさんは、1年目からさっそくデザインの腕をふるうつもりでいたと言います。

しかし、Kさんが配属されたのはなんと「経理係」
それも、経理担当者の男性社員の「手伝い」として配属されたことを知ります。

それから約半年間、Kさんが任された仕事といえば、来客へのお茶出し、コピー、郵便物を出しに行くこと、社員のデスクを毎朝拭くこと、水回りの掃除、電話応対といった「雑務」だったと言います。

Kさん

「当初聞いていたデザインの仕事とは、全然違う仕事ばかりなのですが…」

上長の反応は冷ややかなものでした。

上司

「どうして? それも仕事でしょ? 何か不満なの?」

聞けば、職場の男性、つまりKさん以外の全員が、女性はお茶出しなどの雑用をこなすのが当然で、実務部隊は男性が担当するものだと信じ切っているようでした。

上司

「なんかさあ、うちの会社、女性が入ってきてもすぐ辞めちゃうんだよね。我慢が足りない女性が増えているんだろうな」

その一言でKさんは転職を決意し、現在は男女分け隔てなく力を発揮できる職場でデザインの仕事に没頭しています。



3)なぜブラック企業が存在するのか

ブラック企業存続の裏に「安くてもキツくても耐えてしまう労働者たち」

エスカレーターを下るサラリーマンたち

たとえば、職場の昼休みにランチを食べに行き、メニューを見ると全て2,000円以上だったら「高い」と感じますよね。反対に300円台でおいしい定食を出す店があれば、毎日のように通うのではないでしょうか。

おいしい食事を2,000円出さなければ食べられない店と、300円台で食べられる店。この二者は何が違うのでしょうか。

もちろん仕入れ値や使用食材の質といった差はあるかもしれませんが、価格差の大きな理由の1つに「店で働く従業員の給与」があります。おいしくてボリュームもあるのに安い店で働くスタッフは、決して高くない給与で日々働いているはずです。

仕事が大変であるにも関わらず賃金が安い職場であっても、「自分がいなくなると他のスタッフが困ってしまう」「常連のお客さんに迷惑がかかる」といった考えから、辞めたくても辞められない人がいます。

あるいは、辞めてしまうと次の仕事が見つかるかどうか不安だから、今は収入が途絶えると困るから、といった経済的な理由で辞められない人もいるでしょう。

労働条件が過酷だからと、誰も寄りつかない職場になってしまうと、困るのは経営者です。しかし、低賃金で過酷な環境であっても耐えて働く人がいるからこそ、こうした体質の企業は無くなることがないのです。



低賃金や長時間労働が恒常化する根本的な原因は「ビジネスモデル」

ビル群

そもそも低賃金で人を働かせ続けなくてはならない理由は、高い賃金を払えるだけの売上や利益がないからと考えられるでしょう。

長時間労働についても同様です。適切な労働時間できちんと結果が出せていれば、わざわざ夜中まで働く必要はありません。ところが、法令で定められている労働時間では会社を維持するだけの売上を確保できないために、長時間働かなければならない環境が出来上がってしまうのです。

こうした問題の根本的な原因は「ビジネスモデル」にあります。

売上を伸ばして維持する仕組み、一定の時間内に効率よく稼ぐ仕組みといったビジネスモデルが確立されていないために、従業員を酷使する以外に打開策がないというわけです。当然のことながら、この責任は経営者にあります。

つまり、ブラック労働が常態化しており改善される見込みのない会社というのは、本来なら経営者が負うべき責任を従業員が負わされていると言えます。



4)ブラック企業に入らないようにするための工夫

利益構造を調べてビジネスモデルを分析しよう

ブラック企業の大きな特徴として、そもそもビジネスモデルが未完成で利益構造が確立されていないことが挙げられます。転職先として検討している会社は、どのような相手からどうやって利益を得ているかは事前に調べておく必要があるでしょう。

具体的には、扱っている商品やその性質、顧客のターゲットを分析し、「自分なら利用したいかどうか」「お金を払ってでも欲しくなるものか」「これからも需要が衰えそうにないか」といったことをよく観察しておきます。

自分なら利用するだろうか?これからも需要があるだろうか?

不自然なほど安く商品を提供している会社や、とても需要がありそうにないものを作り続けている会社は、業績が悪化していたり、利益を無理に確保することで業績を維持しているように見せかけている場合があります。

このしわ寄せは従業員に来るため、何年間も働いていても低賃金のままだったり、明らかに負荷が大きすぎる長時間労働を強いられたりといった事態も起こりかねないのです。

ビジネスモデルを調査した結果、不自然さを感じた場合、またはどう考えてみても儲かりそうにないと感じた場合は、ブラック企業である可能性を疑いましょう。



会社HPや口コミ・評判から、会社の風土や体質を知ろう

怪しむ女性

転職を検討している会社がブラック企業であるかどうかは、企業のHPや求人情報、企業の口コミサイトなどから確認していくことも可能です。

企業HPや求人情報

大前提として、求人情報からは「具体的な仕事内容をイメージできるかどうか」を確認しておきましょう。
ここで注意したいのは、「情報を曖昧に伝えていないか」という点です。

「未経験歓迎」という記載があったとしても肝心の仕事内容は曖昧でイメージしづらい内容になっていた場合、新人向けのマニュアルや育成制度が整備されていない、「とにかく人手が欲しいから」という企業かもしれません。

また、仕事内容以外についても、たとえば「昇給」に対して「随時」と書かれていたら、その曖昧性を疑っておいたほうが良いかもしれません。

「年に一回は昇給があるだろう」と思って入社してみたら、蓋を開けてみれば「結果を出した場合のみ昇給が約束される」可能性もあるのです。

その他、年間休日数や福利厚生制度などに関しても、他の求人情報や世間の一般水準と照らし合わせつつ、違和感がないか確かめておく必要があります。

また、年収額についても「同業他社と比較してどうか」「給与の内訳はどうか(みなし残業等で、基本給が少なめになっていないか)」はしっかりチェックしておきましょう。




企業の口コミサイト

企業の口コミサイトは、転職サイトには掲載されていない、実際の従業員からのネガティブな意見も含めた「生の声」を知ることができ、かつ基本的に無料で利用できます。

代表的な企業口コミサイト

一つの企業内で、「長時間労働」や「残業の多さ」、その他「上司のパワハラ」等の口コミが数多く見られるようでしたら、ブラック企業である可能性を疑っておいた方が良いかもしれません。

ただし、口コミサイトは匿名でコメントを残すことができるため、現職に不満を持っている社員の「個人的な感情」が顕れやすい傾向があります。

口コミサイトを参照する際はなるべく多くの声を参照したうえで「平均的な評価・所感」を見出すようにし、一部の個人的な評価・感想に影響を受けすぎないようにご注意ください。




説明会や面接の場

企業の説明会や、採用面接で担当者と相対した際に、ブラック企業であるかどうかを見極めるポイントもあります。

たとえば説明会の場で、具体的な仕事内容よりも「やりがい」「充足感」といった感覚的な説明ばかりになるような会社には注意が必要です。企業側で、「入社前に実際の仕事内容を詳しく知られたくない」という意識が働いている可能性があるからです。

また、面接の場で担当者が「やる気」や「体力」があるかを熱心に聞いてきたり、残業を許容することを促すような質問をしてくる場合、長時間労働が蔓延している職場でないかを疑ってみるべきでしょう。

健全な企業であれば、会社の情報は事実に基づき詳しく説明してくれますし、こちらの質問に対しては変に取り繕わずありのままを伝えてくれるはずです。



転職エージェントのキャリアアドバイザーから、会社の内情を確認しておこう

企業のHPや口コミサイトなど、独自に情報を集めることも可能ですが、やはり一人の力では限界もあります。
より詳しい企業の内情が知りたいと思った時は、転職エージェントサービスを活用してみるのもおすすめです。

転職エージェントに登録すると、キャリアアドバイザーと呼ばれる担当者が転職者をサポートしてくれます。

転職エージェントサービスの仕組み。転職エージェントのキャリアアドバイザーは、求人紹介やキャリアプランへのアドバイス、書類添削・面接対策などのサポートを行ってくれます。

キャリアアドバイザーによるサポート内容は、求人紹介からキャリアカウンセリング、さらには書類添削や面接対策などさまざまです。

自身が検討している企業がブラック企業でないかどうかのアドバイスをもらいたい時や、転職先の選択肢を広げたい方は、転職エージェントのサービスを利用することをおすすめします。



5)「良質な企業選び」を一緒に進めてくれる、おすすめの転職エージェント

スピーディーな対応ならdoda

doda 転職なら、・・転職サイトdoda(デューダ)

dodaは数ある転職エージェントサービスの中でも「幅広い求人数」と「スピーディーな対応」に定評があります。
保有する求人のうちおよそ8~9割は、dodaでのみ紹介が可能な「非公開求人」です(※2021年1月時点)。

また、dodaでは企業からの「スカウトメール」の量が多いことでも知られています。
どのような企業からスカウトが届いているかを見ることによって、自身の市場価値分析に繋げたり、今後の働き方へのイメージも広がることでしょう。

幅広い求人の中から転職先を検討したい方はdodaがおすすめです。





高品質なサポートならリクルートエージェント

転職エージェントならリクルートエージェント。非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介。転職エージェントがあなたの転職を成功に導きます。

リクルートエージェントは、保有する求人数・転職成功実績の両面において「国内No.1」を誇ります。
その理由は、キャリアドバイザーによる丁寧なサポートと、リクルートエージェント独自のサービス内容にあります。

リクルートエージェントでは、これまでにのべ※30万人以上(2021年1月時点)を転職に導いてきた実績があり、それだけキャリアアドバイザーもノウハウを備えた優秀な人材が揃っています。

また、採用面接の必勝法が学べる無料セミナーの実施や生の企業情報を伝える「エージェントレポート」など、さまざまなかたちで転職活動をバックアップしてくれます。





丁寧なアドバイスならマイナビエージェント

一般的に先に挙げたdodaやリクルートエージェントなどの大手転職エージェントは、抱えている転職者の数も多いために一人一人へのサポート時間がタイトになっていく傾向があります。

その点、マイナビエージェントは求人数や規模感ではやや劣るものの、「丁寧なサポート・アドバイス」に長けたエージェントと言えるでしょう。

キャリアアドバイザーは業界別の専任制なので、未経験の分野に挑戦したい場合であっても「プロの視点」から的確なアドバイスをもらうことができます。

はじめての転職活動や、20~30代前半の若手社員におすすめの転職エージェントです。





年収UPしたいならパソナキャリア

パソナキャリア。転職活動の成功を、全力でサポートします。専門アドバイザーがあなたの転職活動を全面サポート!!

パソナキャリアは全国に拠点を持つ転職エージェントのため、地方在住の方やUターン・Iターン転職を検討している方にとっても利用しやすいサービスです。

パソナキャリアはサポート・アドバイス品質の高さにおいて評判があり、企業の「生の声」を過不足なく転職者に伝えることを心がけています。

そのため転職後のミスマッチも起こりにくく、自身の適性に合った企業の内定をもらいやすくなるため、利用者の※およそ67.1%は、転職後に年収UPを果たしています(2021年1月時点)

転職では「待遇・年収」の改善を目的にしている方も多いはず。そんな方は、パソナキャリアのサポートを受けてみてはいかがでしょうか。





まとめ)ブラック企業への防御策をしっかりと!自分の身はまず自分で守ろう

決意する男性

労働環境の見直しが活発化している現代においても、残念ながら「ブラック企業」と見なされる企業は存在します。

経営者としては結果を出すことに必死なだけかもしれませんが、そのために過剰に酷使される状況は避けたいものです。職種や仕事内容によっては、向いている人にとっては苦ではないものの、そうでない人にとっては苦痛以外の何物でもない、といったこともあり得ます。

転職活動では、しっかりとリサーチを行って情報を集めるとともに、異変を察知できるようアンテナを高くしておきましょう。
自分にとって良い職場かどうか、気持ちよく働ける場所かどうかは、最終的には自分で見極める以外にありません。

この記事で紹介したポイントを意識しつつ、自身にとっての「良い会社とは何か」という判断基準を明確にしたうえで転職活動に臨んでみましょう。

レビューを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

レビューの平均:  
 0 レビュー