『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代ビジネスマン男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

未経験でITエンジニアを目指す際は、「無料・格安の学びの場(スクール)」も活用しよう

[最終更新日]2017/08/23


20

スマートフォンアプリやWebサービス、FinTech、さらにはAIや機械学習といった分野が急成長を遂げている現在、ITエンジニアは常に人手不足と言われています。

未経験だけれども、ITエンジニアになって働いてみたい」「プログラミングに興味はあるが、どうやって学んだらいいのだろう?」といったことを考えたことのある人も多いのではないでしょうか。

目次

 

未経験でもITエンジニアになることは可能!スキルアップの方法を定める

ITエンジニアと聞くと、「理系の学部を出ていないと難しいのでは?」「学校でプログラミングの専門知識を身につけないと無理なのでは?」と考えて二の足を踏んでしまう人もいるかもしれません。しかし、未経験からITエンジニアを目指し、実際に就業することは可能です。

まずは、全くの未経験の状態からプログラミングを学び、スキルアップしていくにはどのような考え方や行動が必要になるのかを見ていきましょう。


「受け身」のスタンスはNG。自分自身で「どうやったらスキルアップしていけるか」を考える

プログラミング未経験者が陥りやすいワナの1つに、「プログラミングを教えてもらいたい」という考え方があります。
もちろん、プログラミングスクールに通って知識やスキルを身につけることも可能ですが、「教えてもらう」という受け身のスタンスではなかなか身につかないのがプログラミングなのです。


実際、現役のプログラマーとしてバリバリ働いているような人でも、最初は独学でプログラミングを学んだという人や、趣味でアプリを作っているうちに本業になってしまった、という人は非常に多いのです。

プログラミングを学び始めるとすぐに実感することとして、市販の書籍やWebサイトなどを参考にしてプログラムを作ってみても、思ったように動かなかったり、技術書で紹介されている言語や開発環境のバージョンが古かったりして、最終的には自分で考えて解決しなくてはならないことが山ほど出てきます。

これはプログラマーとして働いている人でも同様で、コードのバグを修正する際は「自分で書いたコードの不具合は自分で見つけるしかない」という世界です。


このように、プログラミングを習得するためには、受け身の姿勢ではなく自分自身で問題を解決し、どうやったらスキルアップしていけるかを自分の頭で考える能動的・主体的なスタンスが必要になってきます。


独学も大切。ただし、格安・無料で受けられるプログラミングスクールも活用したほうがベター。

主体的に学ぶと言っても、たとえばプログラミングの参考書を買ってきて独学で言語を習得しようとした場合、「最初の章でつまずいてしまい、先へ進めない」「開発環境を構築する段階でつまずいてしまった」「途中から急に難しくなり、サンプルコードの省略が多くてついていけない」といったことになりがちです。

そこで、プログラミングスクールを補助的に利用し、疑問を解決する手助けをしてもらうのもひとつの手です。プログラミングの基本の型を一通り習うだけでも、最初につまずきやすい「」を超えるのに役立つ場合があるのです。


スクールに通うとなると、受講料が高額なのでは?」と思うかもしれませんが、最近は無料であったり、体験受講ができるプログラミングスクールも増えてきています。

冒頭で述べたように、IT業界は人手不足が深刻化しつつあります。熟練したプログラマーだけでなく、プログラミングについての初歩的な知識や素地のある人を雇い、育てていこうという企業が増えてきています。未経験からITエンジニアを目指したい人にとっては、チャンスが広がっていると言えるでしょう。


2)オススメ プログラミングスクール#1 「Webスク」

Webスクの特徴

Webスクは年収400万円以上での転職を保証し、実現できなかった場合は受講料を全額返金するというコンセプトのプログラミングスクールです。
6ヶ月間にわたる講習と、転職後の適性面談やカウンセリングといったサポート3ヶ月間がパッケージになっており、未経験からITエンジニアとして就業したいという人にぴったりのサービスとなっています。


ただし、Webスクは無料ではなく有料のスクールで、受講料はおよそ70万円~という設定です。完全無料で学べる!というわけにはいかないものの、その代わり年収保証付きの転職サポートが受けられる点は大きな魅力と言えるでしょう。


受講期間中はカリキュラムにある講座は受講し放題で、3時間の講習を週1回受講することができます。非常に恵まれた環境で学ぶことができ、かつ受講は少人数制となっており、講師から密なサポートを受けながらの受講が期待できます。

こんな人はWebスク向き!

  • 本気でITエンジニアを目指したい、絶対になってやる!という気合いが十分な人
  • ITエンジニアを職業にしたい、稼げるITエンジニアになりたいと強く思う人
  • 目標を決めたら、達成するまで粘り強く努力する自信がある人
  • ITエンジニアとして就業後も、定期的にサポートを受けられると安心と感じる人

3)オススメ プログラミングスクール#2 「TECH CAMP」

TECH:CAMPの特徴

TECH:CAMPは東京、大阪、福岡に教室を構える通学型のプログラミングスクールです(遠方で通えない場合、オンライン受講も可能)。

各スクールには熟練の講師が用意され、プログラミングを直接指導してもらうことができ、より短期間でスキルを習得しやすい環境となっています。

TECH:CAMPの特徴の1つに質の高い教材があります。教材はオリジナル制作されたもので、これまで8,000名以上の受講生を輩出してきた中で500回以上にもわたる改善を加え、練り上げられていますので、効率よく、無駄なく学ぶことができるのです。


カリキュラムについても一人一人に合わせてカスタマイズしてもらえるので、自分にとって最も効率よくスキルを身につけられるコースを設定してもらえるのもポイントです。

また、「イナズマ1週間プラン」といった最速でプログラミングスキルを習得できるコースや、エンジニアとして就職する際に役立つビジネスマナーなども学べるエキスパートコースも設けられています。


受講料は月額12,800円~となっていますが、無料体験や無料カウンセリングも用意されていますので、本格的に受講するかどうか迷っている人は、まず体験してみて受講を決めるということも可能です。

受講可能な開発言語は幅広く、VRや3Dゲーム、AIといった今後伸びることが期待されている分野の最新技術を習得することも可能です。


こんな人はTECH:CAMP向き!

  • 分からないところがあれば、直接質問できる環境に身を置いて学びたい人
  • プログラミングをとにかく短期間で学び、実務レベルまで引き上げたいという人
  • ITエンジニアとして就業することを想定したビジネスの基礎も学びたいという人
  • これから伸びることが期待されている最新鋭の技術を学びたいという人

4)オススメ プログラミングスクール#3 「WORKPORT」

WORKPORTの無料エンジニアスクールの特徴

WORKPORTはIT・Web関係に強い転職支援サービスを運営する企業です。

そのWORKPORTが運営するプログラミングスクールは、未経験からITエンジニアを育て、IT業界への転職までをサポートする仕組みに特徴があります。

WORKPORTのプログラミングスクールは無料で受講することができ、ITエンジニアとして就業するまでの面接対策や企業の紹介といったフルサポートが用意されています。ITエンジニアの実務経験がない人だけでなく、正社員として就業した経験のない人でも、安心してIT業界を目指せる環境が用意されています。


講座のカリキュラムはITエンジニア未経験者を対象に作られていますので、全くの初心者でも開発環境の構築やプログラミングの基本の型をていねいに学ぶことができます。これまで独学でプログラミングを学ぼうとして挫折した経験がある人や、他のプログラミングスクールでついていけなかったことがある人でも、ITエンジニアへの道を一歩一歩進むことができるのです。

ただし、受講の対象となるのは20代のエンジニア実務未経験者に限定されています。また、受講には説明会への参加が必須となりますので、ご注意ください。


こんな人はWORKPORTの無料エンジニアスクール向き!

  • 20代でITエンジニアの実務経験がなく、IT業界で働いてみたいと思っている人
  • 高額な受講料を払うのはためらってしまうが、学びたいという意欲は十分にある人
  • 独学や他のプログラミングスクールでうまくいかなかった経験がある人
  • 転職成功に向けた面接対策や、企業への紹介といったフルサポートを受けたい人
サービス名 WORKPORT(ワークポート)
特徴 「WORKPORT」は、IT・インターネット業界をはじめ、様々なジャンルの転職サービスを提供している総合人材転職エージェントサービスです。
「ひとつでも多くの可能性を追求できる、専門性の高い転職支援サービスを提供する」というポリシーを掲げ、書類の添削から面接サポート、年収交渉までトータルでサポートしてくれる、心強い転職サービスです。
企業名 株式会社ワークポート(2003年3月)

5)オススメ プログラミングスクール#4 「Tech Academy」

Tech Academyの特徴

Tech Academyオンライン型のプログラミングスクールです。講座はオンラインで受講しますので通学の必要がなく、住んでいる場所に関係なく現役エンジニアの指導を受けることができます。

自宅の近所にスクールがない人や、通学の時間的・経済的負担を軽くしたい人にぴったりのプログラミングスクールと言えるでしょう。

受講期間中、オリジナルの4つのサービスやアプリケーションを開発することがカリキュラムに入っており、完成した作品を実際にリリースすることができます。

途中で分からないところが出てきたら、現役のエンジニアが務めるパーソナルメンターにチャットアプリを通じて質問することが可能です。さらに、パーソナルメンタリングと呼ばれるビデオチャットによって、メンターの顔を見ながら疑問点を聞き、解決していくこともできるのです。


このように、オンライン講座でありながら本格的にプログラミングを学べるTech Academyですが、一般的な通学型のプログラミングスクールに比べると受講料は低めに設定されていますので、受講料がネックでスクールでの受講をためらっていた人にとっては嬉しい限りでしょう。

プログラミングを本格的に習ってみたいけれども、通学するほどの時間的・経済的な余裕がないという人は、Tech Academyを検討してみるとよいでしょう。


こんな人はTech Academy向き!

  • 理屈だけでなく、実際に動くアプリやサービスを開発しながらプログラミングを学びたい人
  • 自宅から通える範囲にスクールがなく、通学して講座を受講するのは難しい環境の人
  • 時間的・経済的な事情から、高額な通塾型スクールに通うことをためらっていた人
  • 現役のエンジニアに直接質問したり、疑問をぶつけたりしてその場で解決したい人

5)まとめ エンジニアへの実現は「行動」することが一番の近道!

未経験からエンジニアを目指すとなると、時間をかけて専門的な勉強をしなくてはならないのでは?と思ってしまう人は多いのかもしれません。

しかし、プログラミングは実際に自分でコードを書き、アプリやサービスを開発しながら習得していくのが、実は上達への一番の近道だったりします。

エンジニアとしての力がついてきたら、IT・Web分野に強い転職エージェントを活用して転職活動を行うのも効果的です。

業界未経験であっても、スクールで学んだ経験を評価されて転職に成功するケースもあります。
まずは行動を起こし、エンジニアへの第一歩を踏み出していきましょう。

この記事の作成者:ash.


 

「IT・Webエンジニアの求人に強い」オススメの転職支援サービス

1位レバテックキャリア

IT・Web系のエンジニア、クリエイターに特化した転職支援サービス! 業界最大級の非公開求人数と、業界情報や技術に精通したキャリアコンサルタントが、転職者に対して、キャリア相談から企業のご提案、条件面交渉などトータルな転職サポートを提供してくれます。

2位Forkwell Scout

Forkwell Scoutは、IT・エンジニアに特化したスカウト型転職サービス

転職者へのスカウト率がなんと70%!かつ、スパム・DM的なスカウトがなく、エンジニアと企業との、かけがえのない出会いを創出していける求人サービスです。

3位DODA ITエンジニア

国内最大級の求人案件と信頼を誇るDODAで、さらにITエンジニア向けの転職に特化したサービスが、この「DODAエンジニアIT」です。 大企業や上場企業から中小、ベンチャーに至るまで多種多様なITエンジニア向けの求人にアプローチできるほか、業界に詳しい専任アドバイザーがしっかりサポートしてくれます。
良かったら、評価のご協力をお願いします!
この記事が参考になったら、
にチェックしてください!
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
(平均5.00
Loading...