『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代ビジネスマン男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

「介護業界で働きたい!」後悔しない介護の転職3つのポイント

[最終更新日]2017/08/23


15

高齢化が急速に進む日本では、いま介護に携わる仕事の需要が高まっています。
誰でも1年に1つずつ年を取るのですから、高齢者が安心して暮らせる世の中にすることは、私たち自身の将来を考える上でも大きな意義を持つと言えるでしょう。

一方で、介護業界は就労環境の過酷さや慢性的な人手不足といったことが原因で、離職率が高い業界と言われている面もあります。

目次

 

介護で働くやりがいとは? 実際に介護業界に転職した人の体験談

介護で働くことのやりがい

介護職と聞くと、高齢者のおむつを換えたり、着替えの手助けをしたり、食事の補助をしたりといったイメージを持つ人が多いのではないでしょうか。
しかし、実際には介護職の仕事は幅広く、奥が深いものです。

介護の仕事の根本にある重要な考えの1つに「自立支援」があります。
高齢者が身のまわりの世話をしてもらうだけでなく、自分でできることは自分でするように支援していくことです。
こうすることで、高齢者自身が活力や生きがいを改めて見出し、外出できるようになったり、人との交流やおしゃれを楽しめるようになったりすることの原動力になるのです。


高齢者は人生の大先輩です。どの高齢者も、若い時代にはさまざまな経験をし、多くの人を見てきたはずです。そのような高齢者の方々の人生を再び彩りある豊かなものにするお手伝いができ、入居者やお客様から感謝していただけるとしたら、望外の喜びではないでしょうか。

高齢化が進む日本において、高齢になっても豊かで幸せに満ちた暮らしをしたいと考える人は増えていくことでしょう。そうした意味においても、介護業界の仕事は世の中が求めている「生き方」に応えていくものであり、社会的意義が大きな仕事と言えます。


実際に介護職に転職した人の体験談

やりがいがある反面、仕事のきつさもまた強調されがちな介護業界ですが、実際に介護業界で就業したことのある人はどのように感じているのでしょうか。

介護業界で働くようになったきっかけ、転職直後のイメージと現実のギャップ、仕事の面白さや奥深さに気いていくさまなどに注目して、以下にご紹介します「介護の現場で働かれている先輩たちの体験談」もご参考になられてみると良いでしょう。

介護業界の意外な一面や、外から見ているだけではなかなか分からない仕事の醍醐味が伝わってくるのではないでしょうか。

入居者や利用者の力になれていると実感できたときや、入居者の家族の方々も含めて良い変化が見られたときに、「この仕事をしていてよかった」と思える瞬間が訪れる──それが、介護の「やりがい」として挙げられる方が多いようです。

たしかに、こうした感覚は他業種ではなかなか味わいにくいところかもしれません。
介護は「人」が主体の仕事ですので、人に対して何かしてあげたい、人との心の交流が楽しい、と思える人は、介護業界に向いていると言えそうですね。


2)介護業界で働く際にはどんな職場の種類があるの?

介護業界とひと口に言っても、仕事にはいくつかの種類があり、どの仕事に就くかによって働き方や求められる力も少しずつ異なります。

介護の仕事は、大きくは「入居介護施設(老人ホーム等)」、「デイサービス」、「ホームヘルパー」、「介護支援専門員(ケアマネ)」の4つに分類できます。

どの職場を選ぶかによって働き方が異なるだけでなく、求められる資格や利用者の方の要介護度、利用者の家族の方々の考え方といったさまざまな違いが出てきます。


入居介護施設(老人ホーム等)で働く

入居介護施設とは、利用者が入居し、24時間体制で介護を行う施設のことです。自治体や社会福祉法人が運営する特別養護老人ホームや、民間企業が運営する介護付き老人ホームなどがあります。


特別養護老人ホームは要介護3以上の高齢者が入居するのが一般的ですので、寝たきりの高齢者が多い傾向があります。仕事内容は食事介助、排せつ介助、入浴介助、更衣、口腔ケア、清拭といったいわゆる身体介護が中心となります。24時間体制のため、夜勤が必要な職場も多くなります。


なお、身体介護を行うには介護資格が必要ですので、無資格で働く場合は入居者の生活支援を行う「介護助手」といった立場で就業することになります。


介護付き老人ホームの場合、要介護3以上といった入居条件はないため、身のまわりのことが自身でできる入居者も多いなど、特別養護老人ホームに比べると身体介護の度合いが低くなる傾向があります。


ただし、老人ホームによっては入居時に数千万といった多額の一時金が必要なケースもあり、そういった老人ホームでは接遇マナーやていねいなケアが求められることもあります。


デイサービス(通所施設)で働く

デイサービスとは、自宅で生活する利用者が日中のみ通い、食事や入浴、機能訓練を行う施設です。

日中のみですので、入居介護施設のような夜勤の必要がない代わりに、利用者を自宅まで迎えに行き、送り届ける仕事があるのが特徴です。ただし、利用者が宿泊することも可能なお泊まりデイサービスを行っている施設もありますので、その場合は夜勤が必要なケースもあることに注意しましょう。


デイサービスでの仕事は、食事補助や入浴補助、入浴介助、機能訓練の補助が挙げられます。
また、職員や他の利用者との交流を図ることを目的としたレクリエーションを行うこともあります。近年ではレクリエーションに力を入れる施設が増えていることから、レクリエーションの運営もデイサービスでの重要な仕事の1つとなっています。


基本的に日中のみの勤務のため、子どものいる女性も多く働いている傾向があります。また、民間企業が中心ということもあり、他業種からデイサービスの経営に参入するケースもめずらしくありません。働く上での待遇については施設ごとに大きく異なるため、事前にしっかりと確認しておくことが大切です。


ホームヘルパー(訪問介護)で働く

ホームヘルパーとは、要介護者の自宅へ出向き、自宅で介護サービスを行う仕事のことです。食事や着替え、排泄、入浴といった身体介助や、調理、掃除、洗濯、買い物といった生活支援、利用者が通院するときの送迎および乗車・降車の介助といった幅広い仕事を行います。

利用者の自宅で働くと聞くと、家事代行のようなイメージを持つ人がいるかもしれませんが、実際は異なります。たとえば、家事代行であれば利用者とその家族の食事の準備をしたり、ついでに家族の分の洗濯もしたりといったことがあり得ますが、ホームヘルパーは利用者のみの食事や洗濯を行い、家族の分は業務に含まれません。


入居施設やデイサービスでは、複数の入居者・利用者を担当しますが、ホームヘルパーは世帯ごとに1対1の関係で介護を行います。利用者との信頼関係が重要になる一方で、利用者や家族の精神的な支えとなることもめずらしくありません。


なお、ホームヘルパーとして働くには、利用者の身体に触れる身体介護が必須となることから、介護資格が必ず必要になります。


介護支援専門員(ケアマネージャー)として働く

介護支援専門員は、一般的にはケアマネージャー、あるいはケアマネと呼ばれている仕事です。

利用者のためのケアプランを作成したり、ケアプランの変更が必要と判断した場合は利用者やその家族、介護・医療関係者の了承を得て変更したりといった仕事になります。
また、ケアプランがきちんと実施されているかどうかをチェックしたり、自治体とのやりとりを担当したりするのも介護支援専門員の仕事です。


一般的に体を使って働くイメージの強い介護の仕事ですが、介護支援専門員は連絡調整や計算といったデスクワークが中心となります。勤務も原則的に日勤で、利用者やその家族との面談も事前に決めておくことがほとんどであるため、勤務時間は自由度が比較的高いと言えます。


介護支援専門員になるには、介護支援専門員資格が必須です。介護関係の資格の中でも難関と言われる資格ですが、介護の仕事を長く続けていくためのキャリアプランを考え、取得を目指す人も多い資格です。


3) 介護業界に転職する際に、必ず確認しておきたい3つのポイント

キャリアアップを意識していくなら、早めのタイミングで複数の資格取得を意識しておこう

介護業界の入門とも言える資格に「介護職員初任者研修」があります。かつてヘルパー2級と言われていた資格で、実務経験は問いません。介護業界で働く上で基礎となる知識を学ぶためのカリキュラムをこなし、筆記試験に合格することで取得できます。


介護職員初任者研修よりも実践的な内容を習得することを目的としているのが「介護職員実務者研修」です。介護施設にはサービス提供責任者(サ責)と呼ばれる人を配置する必要があります。

初任者研修の修了者でもサ責とすることは可能ですが、この場合は事業所の介護報酬が30%減額されてしまうため、これを避けるために実務者研修修了者が現場からも求められているのです。


介護職員実務者研修を修了することでサ責としての資格が得られます。また、さらに上級の「介護福祉士」という国家資格に挑戦するための受験資格として、介護職員実務者研修を修了している必要があります。なお、実務者研修という名称ですが、実務経験がなくても一定のカリキュラムをこなすことで受講することができるようになります。

介護福祉士は、介護業務に特化した国家資格として広く知られています。介護福祉士を取得することで、サ責はもちろん、生活相談員やチームリーダーへの道が開けてきます。ただし、介護系の高校や学科を卒業している場合を除き、受験資格を得るには実務経験が3年以上必要になります。


ケアマネージャー(介護支援専門員)は、要介護者の自立を支援したり、そのためのケアプランを作成したりするための資格です。

2017年までは介護関連の資格を持たなくても一定の実務経験があれば受験資格が得られましたが、2018年より受験資格が変更され、社会福祉士や介護福祉士といった国家資格に基づく業務経験や、生活相談員、支援相談員、相談支援専門員、主任相談支援員といった実務経験が通算5年以上必要になるため注意が必要です。


介護に関連する資格には、これ以外にもさまざまなものがあります。取得することでキャリアアップにつながったり、より有利な条件で転職できたりすることもありますので、しっかりとリサーチしておきましょう。


良くない職場・ブラック企業に入らないようにする、「見極め」の視点を持とう

介護業界に限ったことではありませんが、転職するからには「入ってみたら後悔した」といったリスクを避けたいものです。そこで、良くない職場、いわゆるブラック企業に入社しないで済むよう、見極めの視点を持つことは非常に重要です。

まず、求人情報を見る際には「給与条件」「休日数」「募集人数」「募集頻度」に注意を払いましょう。

給与や休日といった条件が悪い場合は当然注意が必要ですが、反対に条件が不自然に良すぎる場合も警戒したほうが無難です。
実際に就業してみたら、提示された条件とは異なっていた、といったことになりかねないからです。

また、事業所の従業員数に対して募集人数が多すぎる場合も、大量採用・大量離職を疑ったほうが良いでしょう。

さらに、頻繁に募集をかけている職場の場合は、離職率が高い職場であることも考えられます。

面接や職場見学に訪れた際には、働いている職員や施設内の様子をしっかり観察しましょう。職員の表情が暗く余裕がなさそうに見えるようなら、過重な労働を課せられている可能性があります。

上司にあたる管理者やリーダー、経営者である施設長は一緒に働きたいと思える人物かどうか、面接できちんと目を見て話してくれているか、といったことも重要なポイントです。

その他、施設内の整理整頓が行き届いていなかったり、清潔感がなかったりするようであれば、職場内のモラルが低い可能性も否定できません。


──このように、良くない職場には、たいていファーストコンタクトの時点で何らかの違和感を覚えるものなのです。上記のようなことに十分注意して、転職後に後悔するリスクをできるだけ下げておきましょう。


介護業界の求人に強い転職エージェントを利用しよう

未経験から介護業界へチャレンジする場合、求人を探す段階から応募・選考までを自分一人でこなすよりも、介護系の情報を多く持っている転職エージェントを活用したほうが安心です。

異業種の職場は、前職と比較してどうであるか、といった基準が自分の中にないため、どうしても直感に頼って転職を決める流れになりがちです。ここでは、介護系の転職にオススメの転職エージェントを紹介していきます。



マイナビエージェント

マイナビエージェントは介護系以外にも広くさまざまな業種・職種に対応している転職エージェントです。ただし、各業界専任のキャリアアドバイザーが在籍していますので、介護業界の実情をきちんと理解しているキャリアアドバイザーから適切な助言をしてもらえることが期待できます。

また、単なる求人の紹介にとどまらず、キャリアカウンセリングによる将来を見据えた転職相談ができたり、採用担当者の視点を踏まえた面接対策をしてもらえたりといったメリットもあります。

未経験の業界への挑戦だからこそ、ていねいできめ細かなアドバイスは大変ありがたいものです。求人の見極め方や面接対策に不安を感じる人は、マイナビエージェントを活用してみるといいでしょう。



きらケア

きらケア」は、介護求人に特化した転職エージェントです。

介護系求人の中でも、特に高収入にこだわった案件を優先的に紹介しているのが大きな特徴です。介護業界に興味はあるものの、収入の面で不安が拭えないという人は、きらケアを利用してみるといいでしょう。

介護系に特化しているため、職場への直接取材や、実際に就業したことのある人へのヒアリングによって、リアルな情報を集めているのも頼もしいポイントです。
たとえば、施設長はどのような人柄なのか?同世代の職員が多いのかどうか?といった、実際に足を運んでみなければ分からない情報を教えてもらえるので、安心して就業することができるのです。

採用決定時になかなか言い出しづらい条件面での交渉や、就業開始後のアフターフォローもしてもらえるので、特に未経験で介護業界へ転職したい人にはぴったりの転職エージェントと言えます。



ミライユキャリア介護

ミライユキャリア介護」は、介護業界に特化した転職サービスとしては最大規模になります。豊富な求人数を抱えていることから、独自のパイプによるレア求人や好条件の求人が見つかる可能性もあるでしょう。

たとえば、自宅から近い施設や好条件と聞いたことがある事業所など、「ここで働いてみたい」という事業所がすでにある場合、その事業所で現在求人があるかどうかを調べてもらうことも可能です。

また、面接時の同行サポートも行っており、未経験で不安な思いを抱えて転職に挑む人にとっては大変心強いはずです。

登録は約1分で完了しますので、現在仕事をしていてなかなか時間が取れないという人も気軽に登録することができます。介護業界への転職に向けて、まずは一歩を踏み出してみたいと考えている人におすすめの転職エージェントです。


4)まとめ 介護業界は奥が深い! しっかりと先を見据えた選択を!

介護業界は仕事の過酷さや収入面でネガティブな情報が出回っていますが、実際に働いている人の声を聞くと、やりがいや社会的意義の大きな仕事であり、将来を見据えてステップアップしていくことも可能な奥が深い仕事であることがお分かりいただけたのではないでしょうか。

介護の仕事は、高齢者の方々に直接働きかける仕事であるだけに責任も大きく、相応の資格が求められる場面も出てきます。

どのような資格があり、取得するにはどういった要件が必要になるのか、といった情報をしっかりとリサーチしておくことが大切です。

その上で、「介護の仕事を選んで良かった」と思える選択ができるよう、先を見据えた選択をしていきましょう。

この記事の作成者:ash.


良かったら、評価のご協力をお願いします!
この記事が参考になったら、
にチェックしてください!
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
(平均5.00
Loading...
>