『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代ビジネスマン男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

転職で後悔しない&失敗しない転職エージェントの選び方!

[最終更新日]2017/10/18


35

転職エージェントと呼ばれる業態の企業は、現在国内に何十社も存在します。その中からどの転職エージェントを選んで登録すればいいのか、迷ってしまう・・・という人がいても、無理はないでしょう。

転職エージェントには各社強みや得意分野があり、ターゲットとする業界やポジションもさまざまです。ですので、自分が転職を希望する業界や職種の特色に合った転職エージェントはどこかを知り、的を絞って登録することが肝心です。

目次

 

1)「転職エージェント選び」=あなたにマッチする優秀なコンサルタント探し

転職エージェント選びで失敗したと感じたことがある人の多くが、「キャリアコンサルタントの対応が良くなかった」「担当のコンサルタントとの相性がいまいちだった」といったように、コンサルタントに対して不満を持っているものです。

つまりは、それだけ転職エージェント選びにおいて「キャリアコンサルタントの質」が重要になってくる、ということですね。

ここからは、優秀なコンサルタントに担当してもらえる可能性を高めるために、何ができるのか?を考えていきたいと思います。


転職エージェント選びで、何よりも意識しておきたいことは

転職エージェントの良し悪しを決める最大のポイントと言えば、前述のとおり「キャリアコンサルタントの質」そのものです。

転職エージェントを選ぶということは、質が高く満足できるキャリアコンサルタントとのマッチングを成功させることとほぼ同じ意味と考えて差し支えありません。

「では、優秀なキャリアコンサルタントに担当してもらえるかどうかは、運に頼るしかないのか」というと、決してそんなことはなく、以下の3点を常に意識しておけば自ずと優秀なキャリアコンサルタントに出会えるようになるのです。

  • 複数の転職エージェントに登録し、キャリアコンサルタントの比較ができる状態にする。
  • キャリアコンサルタントの対応力、対応スピード、そして自分との相性を見る。
  • 「このキャリアコンサルタントにお願いしていきたい」という人がいる転職エージェントに絞っていく。

特に重要なのは2点目の「キャリアコンサルタントの対応力、対応スピード、そして自分との相性を見る。」のところです。

あなたにとってベストなキャリアコンサルタントとは、「あなたのためだけに」存在する、あなた専用のコンサルタントです。

志望する業界やこれまでの経験、培ってきたスキル、今後のキャリアの展望について、あなたのために相談に乗り、最適な転職先を紹介してくれるのが、ベストなコンサルタントなのです。

もちろん、コンサルタントは多くの転職希望者を担当し、常に忙しく働いています。

そんな中でも流れ作業のような印象を与えることなく、転職希望者と真摯に向き合い、一人一人にとっての最適解を示すことができるキャリアコンサルタントが優れたコンサルタントなのです。


大手総合転職エージェント+特化型転職エージェントの両方に登録しておこう

転職エージェントには大きく分けて「総合転職エージェント」と「特化型転職エージェント」の2つのタイプがあります。それぞれ得意とする転職のパターンが異なることを知っておきましょう。

大手総合転職エージェントは、幅広くさまざまな業界への紹介を行うエージェントです。

これに対して、「特化型」と呼ばれる転職エージェントとは、たとえばIT業界や医療業界といったように特定の業界に特化して紹介するエージェントや、20代に限定、エグゼクティブに限定、といったように、転職希望者のターゲットを絞っているエージェントです。


総合型と特化型は、どちらが転職エージェントとして優れているか、といった優劣を決められるものではありません。ケースバイケースで、総合型が適している場合もあれば、特化型がマッチすることもあるでしょう。

つまりは、ここで大切となるのは、大手総合転職エージェント+特化型転職エージェントの両方(最低2つ)の転職エージェントにまずは登録しておくことです。

その理由は、総合型と特化型の両方に登録しておくことで、どちらのメリットも享受できる可能性が高まるからです。


──そこで続いては、「大手総合転職エージェント」と「特化型転職エージェント」それぞれの特徴と、お勧めの転職エージェントを紹介していきましょう。


2)大手総合転職エージェントの選択は、得意とする年代層&年収層で絞り込もう

大手総合型転職エージェントに登録するメリットは、抱えている案件の豊富さにあります。複数の企業を比較検討したい人にとって、紹介可能な仕事の母数そのものが多いことはとても重要になってきます。

総合転職エージェントの中でも、得意とする年代・地域が異なっており、各社が特徴を打ち出していることが分かります。特に年代については、登録時に属性を判断しやすい要素であることから、転職エージェントにとって「すぐに仕事を紹介できそうかどうか」を判断する材料になりやすいものです。

逆に考えれば、自分がどの転職エージェントのターゲットに近いのかを考えていくと、効果的に活用できる可能性の高い転職エージェントが見えてくるはずです。

実際、「まさしくターゲット層」という人が登録すると、多すぎると感じるほどの仕事紹介が次々と送られてくることもあれば、あまりターゲット層とは言えない人の場合は音沙汰なしに近いこともあるほどです。

転職エージェントを選択する際には、自分がターゲット層に入っていると思われるところから優先的に登録していくようにしましょう。


国内の代表的な【総合型】転職エージェント

転職エージェント 主な利用年代層 対象地域 特徴
リクルートエージェント 20~30代 全国 案件数・登録数ともに最大級かつ実績数も国内No1。最初に押さえておきたい転職サービス
DODA 20~30代 全国 リクルートエージェントと並び、国内最大級。履歴書添削、面接アドバイス等の手厚いサポートでも人気。
マイナビエージェント 20~30代 全国 キャリアアドバイザーの手厚いサポート。中小企業の独自求人が比較的多い。
パソナキャリア 20~40代 関東・
・関西・
東海
キャリアエージェントによる、幅広い職種・業種に向けて行われるキャリアプラン相談の丁寧さに定評。
Typeエージェント 20~40代 関東 既卒・第二新卒~ミドル世代まで、幅広い年齢層の転職者を支援。IT人材、エンジニアの転職に強い。

3)特化型転職エージェントは、得意分野&対象地域で選んでいこう

特化型エージェントとは、特定の業界・職種に強みを持つ転職エージェントのことです。

転職を希望する分野が明確にある人、得意分野がある人は、マッチする特化型転職エージェントに登録することで欲しい分野の求人情報を集中的にもらえる可能性があります。

在籍しているコンサルタントは、かつては実際に働いていた業界へ紹介しているというパターンも多いため、業界の動向や具体的な仕事内容、社風といった「濃い」情報を持っているのが特徴です。


ただし、大手総合型転職エージェントに比べると、特化型転職エージェントは会社として小規模のところが多いのも事実です。

それだけに、在籍コンサルタントの人数が限られていたり、対応エリアが都市部に限られていたりすることがあります。

特化型転職エージェントに登録する際には、自分の得意分野や希望する業界に合っているか、居住エリアに対応してもらえるかどうか、といったことを確認しておくようにしましょう。


国内の代表的な【特化型】転職エージェント

転職エージェント 得意分野 対象地域 特徴
ワークポート IT業界 関東・
関西・
東海・
福岡
専任の転職コンシェルジュによる高品質なサポート・アドバイスが人気。エンジニア職ほか営業職、クリエイティブ職など、職種幅も広く対応。
JACリクルートメント 外資系 関東・
関西・
東海・
中国
キャリアコンサルタントの品質の高さと、英文レジュメ作成アドバイス等のサポートも充実さが定評。
リブズキャリア 女性の転職 関東 女性の転職支援に特化したエージェント。女性の社会進出を強力にバックアップ。
ハタラクティブ 第二新卒・フリーター 関東 フリーター・既卒・第二新卒の就職・転職に強く、特に営業職の転職支援サービスが人気。
第二新卒ナビ 第二新卒 関東 20代、第二新卒向け転職エージェント。キャリアアドバイザーは全員が元既卒または第二新卒。
JAIC 第二新卒・フリーター 東京・
大阪
20代、フリーター、第二新卒向け転職エージェント。就職支援講座を受けられ、書類選考なしで応募可の企業も。
ビズリーチ ハイクラス 関東・
関西・
東海・
福岡
ハイクラス・エグゼクティブ向けの転職エージェント。管理職、経営層などエグゼクティブの転職に強い。
キャリアカーバー ハイクラス 全国 ハイクラス・エグゼクティブ向けの転職エージェント。キャリアコンサルタントを指名できる「ヘッドハンター」システムが人気。

4)転職活動をつづけながら、マッチするコンサルタントを絞っていく

転職エージェントの特徴と絞り込み方が分かってきたところで、次は自分に合ったキャリアコンサルタントの絞り込み方について考えてみましょう。

キャリアコンサルタントの力量や転職希望者との相性は、転職エージェントの選び方と同じかそれ以上に重要です。

必要な業界情報や業務知識を十分に持っていて、転職希望者にとって「まさにこういう会社を探していた!」と思える会社を紹介できるコンサルタントに出会う確率を高めるには、どういったことを心がけたらいいのでしょうか。

特に重要な3つのコツを見ていきましょう。


何社くらいの転職エージェントを並行していくのが良いか?

前述のとおり、転職エージェントは1社だけ登録するのではなく、複数のエージェントに登録しておいたほうが良いです。

それぞれ、総合型は幅広く豊富な案件を紹介してもらうため、特化型はマッチ度の高い案件を紹介してもらえる精度を高めるために活用するイメージで登録しておきましょう。


ちなみに、「登録する転職エージェントは多ければ多いほどいいのか?」というと、そうではありません。

現実的には2~3社程度が妥当なところで、それ以上増えると自分でもどのエージェントに登録したのか把握できなくなってしまう場合がありますので、ご注意ください。


別々の転職エージェントから同じ会社を紹介される、ということは案外あり得るのですが、登録先が多すぎると把握できなくなり、誤って同じ会社に重複して応募してしまった、といったことになりかねません。

こうなると転職エージェントからも応募先の企業からも不信感を持たれてしまいます。


「この転職エージェント(キャリアコンサルタント)と進めていきたい」というのが出てきたら、そこに絞っていこう

複数の転職エージェントに登録していて、A社は紹介社数が多く連絡も密にとってくれるのに対して、B社はコンサルタントとの面談依頼何の連絡もなかったとします。

このとき、転職活動の力になってくれる可能性が高いのは当然ながらA社ですので、A社に絞って転職活動を進めていくことにしたほうが効率的です。


また、担当コンサルタントと電話や面談を通じて話してみて、「この人とはフィーリングが合う」「ついつい話し込んでしまった」というように、人間的に「合う」と感じるコンサルタントに出会うことができたら、その人を信じて託してみる、というのもありです。

信頼できる相手とは本音で話しやすいので、選考が進む中で相談しておきたいことが出てきたときも、相談事の微妙なニュアンスまで余すところなく伝えられる可能性が高まるからです。


このように、転職エージェントには複数登録しておくのが鉄則ではありますが、「この人に託したい」というコンサルタントが現れたら、そのエージェントに徐々に集中して任せていくと、より効率的に転職活動を進めていけるでしょう。


紹介される求人情報は良いのだけど、コンサルタントとの相性が合わないという場合は、担当変更もあり

たとえ大手の転職エージェントや口コミサイトで評判のいい転職エージェントであっても、自分にとって「合わない」と感じるのであれば、担当コンサルタントとの相性を疑ってみたほうがいいかもしれません。

キャリアコンサルタントも人間ですので、どうしても転職希望者と合う・合わないは出てきます。


「せっかく一生懸命に仕事を探そうとしているから、担当を変えてもらうのは申し訳ない」と遠慮してしまう方もいるかもしれませんが、転職エージェントに登録している最大の目的は転職の成功ですので、場合によっては担当を変更してもらうのもやむを得ないと考えましょう。

たとえ紹介される求人情報が良いものでも、相性が合わないコンサルタントと組んでいると、最終面接や内定前後の条件交渉といった重要な局面で、意思疎通に問題があったことが表面化してくることもあります。

そうならないためにも、担当と「合わない」と感じた場合は早めに対応しておくことが大切なのです。


5)まとめ 転職エージェントの良し悪しは最終的にコンサルタントしだい

転職エージェントは、人材紹介と称される通り企業に人を紹介するビジネスです。

つまり転職エージェントは「人の繋がり」によって成り立っているビジネスなのです。

転職エージェントの良し悪しはキャリアコンサルタントの腕や転職希望者との相性でほぼ決まると言ってもいいでしょう。

それだけに、転職エージェントに登録後、各社のキャリアコンサルタントがどう対応してくるのかをしっかりと見極め、自分に合うコンサルタントをいち早く見つけることが重要になるのです。

この記事の作成者:ash.


良かったら、評価のご協力をお願いします!
この記事が参考になったら、
にチェックしてください!
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
(平均5.00
Loading...