『みんなの転職「体験談」。』
『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

ヘッドハンターを使って転職する方法とおすすめ転職サイト

[最終更新日]2022/07/31

ヘッドハンターを利用した転職方法&おすすめのヘッドハンター型転職サービス

転職にあたって「ヘッドハンティング」を利用したいと考えている方もいらっしゃることでしょう。

ヘッドハンターから声がかかり、提示された条件を確認し、転職をする。
ざっくりとしたイメージを持っていても、一般的な転職サイトや転職エージェントと比べると、具体的なサービス内容への認知度は低く、サービスに関し誤解している方も少なくありません。

目次

1)「ヘッドハンティング」とはどんなもの?

ヘッドハンティングの概要

ヘッドハンターとは 人材をスカウトして、企業に紹介するという、「職業斡旋」を行う人

ヘッドハンティングとは、企業から人材紹介の依頼を受けたヘッドハンターが、特定の人に直接スカウトをすることです。

「スカウト」と聞くと、会社役員や事業部長といった、組織をまとめるポジションの人に対して行われるのでは?と思うかもしれません。

たしかに、かつては重役や幹部の人材採用のことを指していたこともありましたが、最近ではヘッドハンティングの対象は広がりが見られています。

幹部として採用される人だけでなく、将来の幹部候補や、現場の若手をまとめるリーダーのポジション、あるいは単に業務経験者採用を指していることもあるのです。

このように、ヘッドハンターは企業が求める人材に対して幅広く職業斡旋をする役割を担うようになったのです。

ヘッドハンターと転職エージェントとの違い

転職エージェント型:サービス登録者に対し、求人の候補やサポートを行う。ヘッドハンター型:転職者に対し求人を積極的にアプローチしていく

ヘッドハンターのように、人を介して転職活動を行うサービスの1つに「転職エージェント」があります。
しかし、実際のサービス内容においてはヘッドハンターとは違いがあります。

転職エージェントとは、転職を検討している人が経歴やスキルを登録しておき、その情報をもとにキャリアコンサルタントがそれに見合った仕事を紹介してくれるサービスのことを言います。

これに対して、ヘッドハンターからのスカウトは世の中のあらゆるビジネスパーソンを対象として行われ、「あなたのキャリアに興味を持つ企業があり、連絡を差し上げました」と声がかかるサービスです。

したがって、転職エージェントは「自分から登録してきた転職希望者」を対象としており、ヘッドハンティングは自ら「転職したい」という意志を発信していない人に対してヘッドハンターの側からアプローチする、という明確な違いがあります。

すでに社内の第一線で活躍している人や、業界内で話題に挙がるほど優秀な人であれば、ヘッドハンターの耳にもその情報が届いている可能性があります。

そういった優れた人材に対して、ヘッドハンターは「自分から」声をかけいくのです。

ヘッドハンティングと転職エージェントの違い

ヘッドハンティング 転職エージェント
人材(転職者)へのアプローチ 能動的(ヘッドハンターからアプローチ) 受動的(転職者からアプローチ)
転職者への支援内容
  • 企業紹介(一度に1~2社の紹介になることが多い)
  • キャリア相談
  • 企業情報の提供(会社ビジョン等、かなり深いところまで伝えられる)
  • 選考プロセスについて、融通をきかせてくれる(書類選考や一次面接のスキップ等)
  • 条件交渉(かなり強めにやってくれる)
  • 企業紹介(一度に10社前後の紹介になることが多い)
  • キャリア相談
  • 書類添削
  • 面接対策
  • 企業情報の提供
  • スケジュール調整
  • 条件交渉
保有案件数 ・ヘッドハンターによる(転職エージェントと比べると少ない) ・多いが、会社によって規模はまちまち

良いヘッドハンターは、あなたの強みを引き出してくれる

良いヘッドハンターとは:第三者の目で強みを引き出してくれる。時には自分でも気づかなかった人材価値を見つけられることも

ヘッドハンターの存在は、まだ日本では決してメジャーとは言えない状況ですが、アメリカなどでは、「定期的にキャリアについて相談するヘッドハンターを持つべきだ」と言われるほど、身近な存在です。

長く1つの会社で働いている人ほど、対外的に自分の人材価値がどのレベルなのか、現在の勤務先以外でどのように評価されるのかを客観視することが難しくなっていきます。

ヘッドハンターは「第三者」の目から見て、優れたスキルや豊富な経験を持つ人材にアプローチしていきますので、場合によっては本人も気づいていない人事価値に着目していることがあります。

まさか、自分の経験が別の方面で生かせると思っていなかった。
意外な業界が自分のキャリアに関心を寄せていたのだと知った。

こうした気づきは、ヘッドハンティングならではの「発見」と言えるでしょう。

このように、良いヘッドハンターはあなたの強みに注目し、引き出してくれる可能性があるのです。

2)ヘッドハンターを活用して転職したい場合は──

続いて、ヘッドハンターの具体的な活用方法について解説していきます。

「ヘッドハンターからある日突然、連絡がくる」のを待つこともできますが、反対に「声がかかるまで、延々と待ち続ける」ことにもなり、すぐにヘッドハンターのサービスを利用したい人にはあまり効率の良い方法とは言えません。

ヘッドハンターを活用して転職するには、大きく分けて次の3つの方法があります。

  • 人伝でヘッドハンターを紹介してもらう
  • ヘッドハンター提携のある転職サイトを活用する

それぞれの方法について、具体的に見ていきましょう。

人伝でヘッドハンターを紹介してもらう

人伝でヘッドハンターを紹介してもらう:あくまで「コンタクト」なので、必ずしもスカウトされるとは限らない。また、知人経由での紹介の場合、スカウトを断りづらいことも。

ヘッドハンターに自分を見つけてもらう近道としては、すでにヘッドハンターと知り合いになっている人から紹介してもらう方法があります。

たとえば、ヘッドハンティングによって転職した経験がある人が身近にいる場合、その当時お世話になったヘッドハンターを紹介してもらえる可能性があります。

あるいは、知人がヘッドハンターとして働いている人や、人材業界に知り合いが多い人の伝手で、ヘッドハンターとコンタクトを取ることができるケースもあります。

これらの方法の注意点としては、あくまで「ヘッドハンターとコンタクトを取る」方法なので、実際にヘッドハンターからスカウトされるかどうかは分からないことです。

また、知人からの紹介でヘッドハンターと知り合った場合、興味のないスカウトをされた場合にも断りづらくなるといったデメリットも考えられます。

人材発掘のプロフェッショナルから「ある企業があなたのキャリアに強い関心を寄せています」と言われたら、悪い気はしないかもしれません。
しかし、本当にその企業で働きたいかどうかは、必ず自分の目で確かめて判断することが大切です。

ヘッドハンター提携のある転職サイト

ヘッドハンター型の転職サービスを利用する:転職者側からヘッドハンターを指名できるサービスもある。転職サービスの得意分野を理解したうえで有効活用しよう。 ■コンサルタントから紹介(エージェント型) ■企業からの直接スカウト(スカウト型) ■ヘッドハンターのスカウト(ヘッドハンター型)

ヘッドハンターに直接見つけてもらうのが難しい場合でも、ヘッドハンター提携のある転職サイトを利用することで、ヘッドハンティングに近い形の転職を実現することは可能です。

転職サービスにおける紹介制度では、次の3つの経路があります。

  • キャリアコンサルタントから企業を紹介してもらう(エージェント型)
  • 企業から直接スカウトを受ける(スカウト型)
  • 提携しているヘッドハンターからスカウトされる(ヘッドハンター型)

なかにはヘッドハンターを転職者側から指名できる仕組みを持つサービスもあります。
たとえば、次の章で紹介する「リクルートダイレクトスカウト」や「ビズリーチ」では、興味のある業界に対して高い専門性を持つヘッドハンターを指名したり、これまでの実績から信頼できると感じたヘッドハンターを指名したりといったことが可能です。

なお、これらのサービスは、あくまでも転職エージェント型がサービスの主体で、企業からのスカウトやヘッドハンターによるスカウト「も」利用できるという仕組みであることが多いです。

「ヘッドハンターでなくては、巡り合えない求人がある」ということもなくはありませんが、ヘッドハンティングサービスにこだわりすぎずに、利用する転職サイトの仕組みや得意分野をきちんと理解して、サービスを有効活用するのが効果的でしょう。

3)おすすめの、ヘッドハンティング付転職サイト

 おすすめの ヘッドハンター型 転職エージェント ■リクルートダイレクトスカウト ■doda X ■ビズリーチ ■dodaエグゼクティブ

ここからは、おすすめのヘッドハンティング付転職サイトについて紹介していきます。

ここで紹介する転職サービスは、いずれもヘッドハンターからのスカウトによる転職が可能ですが、必ずしもヘッドハンティングに特化しているものばかりはでないので注意が必要です

ヘッドハンターからのスカウトだけを希望する場合は、ヘッドハンティング会社への登録には一定の条件が設けられていることもありますので、サービスの概要をよく確認して利用するようにしましょう。

サービス名 特徴

リクルートダイレクトスカウト
  • 「年収600万円以上」の求人数は国内トップクラス
  • 経験豊富なヘッドハンターを転職者が選んでサポートを受けられる
  • 採用確度の高い「プレミアムスカウト」が届くことも

doda X
  • 年収800万円以上の企業経営戦略や事業戦略に直結する重要なポジションの求人が豊富
  • ヘッドハンターのサポートを受ける「ヘッドハンティングサービス」と、自分で求人を探して応募する「求人紹介サービス」の両方を利用できる
  • ハイクラス層向けの書類添削・面接対策のサポートを受けられる

ビズリーチ
  • 好条件の高年収・ハイクラス向け求人が、全業種にて充実
  • 企業からの熱量あるスカウトが届きやすい
  • 「ヘッドハンター検索機能」から、好みのヘッドハンターを選べる

リクルートダイレクトスカウト

Career Carverリクルートダイレクトスカウト リクルートのヘッドハンティングサービス
リクルートダイレクトスカウトの特徴
  • 「年収600万円以上」の求人数は国内トップクラス
  • 経験豊富なヘッドハンターを転職者が選んでサポートを受けられる
  • 採用角度の高い「プレミアムスカウト」が届くことも
サービス対応地域 全国
公開求人数 約11万件(2022年6月現在)

リクルートダイレクトスカウトは、就職・転職業界で最大級の規模を誇るリクルート・キャリア社が運営するヘッドハンティングサービスです。

Web上で登録した履歴書・職務経歴書の情報はヘッドハンター間のネットワークで共有され、あなたのキャリアやスキルに関心を寄せたヘッドハンターからスカウトが届くシステムになっています。

ヘッドハンティングによる転職で最も重要なのは、きちんと実績があり信頼できるヘッドハンターかどうかという点です。

リクルートダイレクトスカウトは大手が運営するサービスだけに、登録するヘッドハンターには厳しい基準を設けています。実績や信頼性に欠けるヘッドハンターに当たってしまうかもしれないという不安を感じさせないよう、配慮がなされているのです。

これまでのキャリアや実績に自信がある人であれば、リクルートダイレクトスカウトはぜひ登録しておきたいヘッドハンティング付転職サイトです。

リクルートダイレクトスカウトの活用メリットとおすすめポイント

リクルートダイレクトスカウトでは「転職者がヘッドハンターを選ぶ」という逆指名制を採用しているのが大きな特徴です。

リクルートダイレクトスカウトは転職者がヘッドハンターを選べる!

自分が希望する業種・職種に関する知識が豊富か、優れた転職支援実績があるか、といった点を見極めるために、ヘッドハンターのプロフィールを閲覧することができます
優秀なヘッドハンターを見つけたら、転職者のほうからヘッドハンターを選んで求人紹介を依頼できるのです。

また、ヘッドハンターは複数名を同時に指名することも可能です。

一方のリクルートダイレクトスカウトのデメリット・注意点は、求人が年収600万円以上のハイクラス向けのものに寄っている点、および基本的に「スカウトを待つ」活動スタイルになるため、急ぎの転職には向かない点、です。

希望年収はもう少し低くなる」場合や「なるべく早く転職したい」場合は、幅広い求人数を扱い、かつスピーディな対応が可能なリクルートエージェントdodaパソナキャリアなどの転職サービスがおすすめです。

優秀なヘッドハンターに出会える
登録は5~10分程で完了します。

doda X

doda X。キャリアに戦略を。
doda Xの特徴
  • 年収800万円以上の企業経営戦略や事業戦略に直結する重要なポジションの求人が豊富
  • ヘッドハンターのサポートを受ける「ヘッドハンティングサービス」と、自分で求人を探して応募する「求人紹介サービス」の両方を利用できる
  • ハイクラス層向けの書類添削・面接対策のサポートを受けられる
サービス対応地域 全国
公開求人数 非公開

doda Xは、「キャリアに戦略を。」をキーワードにdodaと同じパーソルキャリアが展開する「年収600万円以上」のハイクラス層をターゲットにした転職サービスです。

ヘッドハンター型のサービスを提供しており、転職希望者の希望条件・経歴をもとに、それらに見合った企業を紹介してくれます。

また、doda Xは2019年に誕生したばかりのサービスなので、「働き方改革」による多様な働き方が可能な企業を多く取り扱っているのも特徴です

希少性の高いハイクラス求人を中心に扱っていること、経験豊富なヘッドハンターによる「応募~入社」までのトータルサポートを受けられることから、ヘッドハンティングを通じて希望の条件を叶えたい転職者におすすめのサービスです。

doda Xの活用メリットとおすすめポイント

doda Xはヘッドハンターのサポートを受ける「ヘッドハンティングサービス」と、自分で求人を探して応募する「求人紹介サービス」の両方を利用できます。

doda Xは、ヘッドハンティングサービスと求人紹介サービスの両方が利用できる!

ヘッドハンターからの提案をメインとする「じっくり、待ちのスタイル」で転職活動をしたい方はヘッドハンティングサービスを、積極的に求人を検索して企業にアプローチしていきたい方は求人紹介サービスを利用すると良いでしょう。

doda Xは幅広い職種の求人を扱っていますが、特に多いのがIT・通信インターネット・広告・メディアメーカー(機械・電気)です。
これらの業種でより責任あるポジションにチャレンジしたい人におすすめです。

一方のdoda Xの注意点は、全体の保有求人数は大手サービスよりも少なめである点です。

希望している求人が思ったより多く紹介されなかった…」という場合は、求人数の豊富なリクルートエージェントdodaパソナキャリアリクルートダイレクトスカウトといった転職サービスがおすすめです。

年収800万円以上の求人多数
登録は5~10分程で完了します。

ビズリーチ

ビズリーチ。年収600万円以上の方に支持される転職サービスNo.1
ビズリーチの特徴
  • 好条件の高年収・ハイクラス向け求人が、全業種にて充実
  • 企業からの熱量あるスカウトが届きやすい
  • 「ヘッドハンター検索機能」から、好みのヘッドハンターを選べる
サービス対応地域 全国
公開求人数 約8万件(2022年6月現在)

ビズリーチは日本国内で初めてヘッドハンター特化型の「逆スカウト」をスタートさせた転職サイトです。

管理職やグローバル人材といったエグゼクティブ人材をターゲットとしており、登録ヘッドハンターにも一流としてふさわしいかを審査する厳正な基準を設けています。

一般的にハイキャリア転職サービスは求人数が少なくなりがちですが、ビズリーチは近年求人数が増えており、首都圏はもちろんのこと地方での転職においても非常に豊富な求人を確認することができます

「ハイクラス転職サービスにはどんな求人があるのだろう?」「自分の場合、どのような企業からスカウトが届くのか?」といったことを知っておくだけでも、今後のキャリアプランを考える上で十分参考になるはずです。

ビズリーチの活用メリットとおすすめポイント

BIZREACHの仕組み

ビズリーチの登録者に届くスカウトには、企業からの直接スカウトとヘッドハンターによるスカウトの2種類があります

紹介される求人は経営管理(管理職・役員)プロジェクト管理専門職といった事業の上流工程を支える重要なポジションのものが多いです。
カバーしている業種も幅広いため各業界の最前線で活躍するポジションへの転職が期待できます。

紹介される会社は大企業だけでなく、中小の優良企業の求人も扱っています。
また、独自に「BizReach創業者ファンド」を創設するなど、スタートアップ企業の支援も積極的に行っていることから、スタートアップ企業やベンチャー企業への転職支援にも強いのが特徴です。

一方のビズリーチのデメリット・注意点は、求人が年収600万円以上のハイクラス向けのものに寄っている点、および基本的にヘッドハンターからの提案を待つ転職スタイルになるため、急ぎの転職には向かない点が挙げられます。

希望年収はもう少し低くなる」場合や「なるべく早く転職したい」場合は、幅広い求人数を扱い、かつスピーディな対応が可能なリクルートエージェントdodaパソナキャリアなどの転職サービスがおすすめです。

企業からスカウトがたくさん届く
登録は5~10分程で完了します。

4)「ヘッドハンター型サービス」と「転職エージェント型サービス」の組み合わせで転職成功率は高まる

 おすすめの転職エージェント ■JACリクルートメント ■リクルートエージェント ■Spring転職エージェント ■パソナキャリア ■マイナビエージェント

ここまではヘッドハンティング付転職サイトについてお話ししてきましたが、より転職成功の確度を高めるには「転職エージェント型」のサービスも併せて活用すると良いでしょう。

転職エージェントは紹介する求人企業の幅が広く、かつサポートもスピーディに行われ、おおよそ2~3ヶ月で内定獲得へと進むことができます

一方のヘッドハンターはピンポイントでおすすめの求人企業を紹介してくることが多く、活動ペースは転職エージェントと比べるとスローペースです。

それぞれの特性は「どちらの方がより良い」というものではなく、両方に登録しておいた方が、それぞれのメリット・優位性を余さずに活用することができます。

また、サポートしてくれるサービス担当者との「相性」の問題もありますので、転職サービスはなるべく複数利用しておくことがおすすめです。

以下に、おすすめの転職エージェント型サービス5社を紹介します。もちろんどのサービスも無料で利用できますので、ご自身の転職活動にマッチしそうなサービスがありましたら、ぜひ登録を検討してみてください。

サービス名 特徴

JACリクルートメント
  • 「年収600万円以上」のミドル・ハイクラス向け転職エージェント
  • ベテランのキャリアアドバイザーが多く、キャリア相談の品質が高い
  • じっくりと転職者のペースに合わせたサポート。好条件求人も多い

リクルートエージェント
  • 求人数および転職支援実績 国内No1。全業種・職種において常時豊富な求人を用意
  • 担当者の提案ペースが早く、スピーディな転職を実現しやすい
  • 職務経歴書エディタや面接力向上セミナー等の「転職支援ツール」が豊富

Spring転職エージェント
  • 幅広く、豊富な求人数(国内トップクラス)。地方求人紹介にも強い
  • 担当者から積極的な求人紹介を受けやすい
  • 担当者のサポートと併用して、自分でも求人情報を探して応募できる

パソナキャリア
  • 全都道府県に支店あり。対面サポートを受けやすく、UIターン転職にも強い
  • 「担当者がじっくり相談に乗ってくれる」という評判が多い
  • 企業への交渉力が強く、転職者の年収アップ成功実績が豊富

マイナビエージェント
  • 国内企業とのリレーションが強く、優良求人の紹介を受けやすい
  • 特に20代~30代の若手社会人への転職支援に強み
  • 書類添削や面接対策などの支援サポートをじっくり丁寧に行ってくれる

JACリクルートメント

JAC Recruitment。転職にグローバル戦略を。外資系や海外転職はJACリクルートメント。
JACリクルートメントの特徴
  • 「年収600万円以上」のミドル・ハイクラス向け転職エージェント
  • ベテランのキャリアアドバイザーが多く、キャリア相談の品質が高い
  • じっくりと転職者のペースに合わせたサポート。好条件求人も多い
サービス対応地域 全国
拠点 東京、埼玉、神奈川、愛知、静岡、大阪、京都、兵庫、広島
公開求人数 約1万件(2022年6月現在)

JACリクルートメントは、特にグローバル・金融系に強いとされる大手転職エージェントサービスです。

年収や待遇面でも好条件な求人が多く、将来的なキャリアやスキルアップをめざす方にはうってつけのサービスと言えるでしょう。

JACリクルートメントは特に30~40代の「ミドル層」へのサポートに手厚く、アドバイザーを通じてのみ紹介可能な「非公開求人」も多数扱っています。

キャリアアドバイザーの品質も総じて高く、「キャリアアップ」のための具体的なアドバイスやサポートが期待できます。

JACリクルートメントの活用メリットとおすすめポイント

JACリクルートメントを活用するメリットとして筆頭に挙げられるのが「ハイクラス向け求人の充実度」です。とくに年収600万円以上など好条件の求人を多数保有していることから、ハイクラス人材を求める企業と転職者のマッチングを得意としているのです。

高年収帯の求人や、重要なポジションを募集する求人を探している人にとって、登録を検討する有力な理由となるはずです。

JACリクルートメントは両面型サポートのため、コンサルタントが企業の採用担当者が直接コンタクトを取り、企業の情報や就業条件についてヒアリングを実施しています。

JACリクルートメント:企業の詳しい情報を直接教えてもらえる! 多くの大手転職エージェント:担当が企業情報を詳しく把握できていないことも…

つまり、転職者に伝えられる企業情報はコンサルタント自身が収集した一次情報なのです。

このため、企業担当と人材担当の間で情報が分断されてしまう心配がなく、精度が高く確実な情報を得ることが可能となっています。

一方のJACリクルートメントのデメリット・注意点は、保有求人数が大手サービスよりも少なめである点です。

希望している求人が思ったより多く紹介されなかった…」という場合は、求人数の豊富なリクルートエージェントdodaパソナキャリアリクルートダイレクトスカウトといった転職サービスがおすすめです。

43万人の転職支援実績あり
登録は5~10分程で完了します。

リクルートエージェント

転職エージェントならリクルートエージェント。非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介。転職エージェントがあなたの転職を成功に導きます。
リクルートエージェントの特徴
  • 求人数および転職支援実績 国内No1。全業種・職種において常時豊富な求人を用意
  • 担当者の提案ペースが早く、スピーディな転職を実現しやすい
  • 職務経歴書エディタや面接力向上セミナー等の「転職支援ツール」が豊富
サービス対応地域 全国
拠点 北海道、宮城、東京(2か所)、埼玉、栃木、神奈川、静岡、愛知、京都、大阪、兵庫、岡山、広島、福岡
公開求人数 約20万件(2022年6月現在)

リクルートエージェントは国内No1の求人数と転職支援実績を誇る転職エージェントです。

リクルートエージェントの強みは全業種・職種に対して豊富な求人数を持つこと、そして長年の実績で培われたノウハウ・転職支援ツールの充実さにあります。

全国の地域で対応が可能で、各都道府県の求人も豊富です。拠点も多く、オンライン・電話のサポートはもちろん対面での面談の受けやすさも強みの一つです。

リクルートエージェントの活用メリットとおすすめポイント

リクルートエージェントでは、志望企業の特徴・評判といった分析から選考のポイントまでをまとめた「エージェントレポート」を用意してくれます。
業界・企業情報はネットで公開されていないものも多いため、レポート情報はあなたの活動に大いに役立つはずです。

また、担当アドバイザーもこれまでの実績をもとに有益なアドバイスを提供してくれるでしょう。

リクルートエージェント登録後に無料で活用できる、職務経歴書を自動で作成できる「職務経歴書エディタ」や無料の「面接力向上セミナー」のサービスもおすすめです。

職務経歴書エディター
職務経歴書エディタ
テンプレートや入力例に沿って、職務経歴書を半自動で作成できるサービス。作成後にWordファイルにダウンロードして利用することも可能。
面接力向上セミナー
面接力向上セミナー
企業が「採用したい」と思える面接の必勝法が学べるセミナー。参加者の99%が「満足」以上の回答。
現在(2022年3月)はLIVE配信(オンライン)で行われている。

一方のリクルートエージェントのデメリット・注意点としては、これらサポートの提供は適切かつとても「スピーディ」であるということです。担当者によっては、活動ペースを急かしてくることもあるかもしれません。

じっくりと、自分のペースで転職活動をしたい」という場合は、パソナキャリアマイナビエージェントJACリクルートメントリクルートダイレクトスカウトにも併せて登録し、より自身にマッチするサービスを選んでおくと良いでしょう。

求人数・サポート実績No1
登録は5~10分程で完了します。

Spring転職エージェント

Spring転職
Spring転職エージェントの特徴
  • 幅広く、豊富な求人数。地方求人紹介にも強い
  • 担当者から積極的な求人紹介を受けやすい
  • 担当者のサポートと併用して、自分でも求人情報を探して応募できる
サービス対応地域 全国
拠点 東京・名古屋・大阪
公開求人数 約1万件(2022年6月現在)

Spring転職エージェントは世界的に知られている人材紹介会社アデコが運営する転職エージェントです。

日本においても全国をサポート対象エリアとし、およそ20,000件の求人を保有するなど、大手転職エージェントと比べても遜色のない充実したサポート体制を実現しています。

取扱い求人は、営業、IT系職種、製造系エンジニア(電気、機械、化学、インフラ等)、そのほかバックスタッフ系(人事、総務、事務等)が豊富です。

Spring転職エージェントの活用メリットとおすすめポイント

Spring転職エージェントは営業(企業担当)とコンサルタント(転職者担当)が兼任という仕組みを採用しています。

spring転職エージェントの営業(企業担当)とコンサルタント(転職者担当)兼任の仕組み

転職希望者と面談するコンサルタント本人が紹介先の企業へ足を運び、採用担当者や部門責任者と直接話しているので、「聞いて来たままの情報」「見て来た通りの情報」を転職希望者へ届けることができるのです。

他のエージェントでよくあるように営業とコンサルタントが分業制になっている場合、双方の連絡がうまくいっていないと企業に関する情報がうまく伝わらないことがあり、結果的に転職希望者が重要な情報を知らないまま入社してしまうことも全くないとは言い切れません。

当然、そのような場合はミスマッチが起きる大きな原因となりますので、コンサルタントが正確で本質的な情報を持っているのは非常に重要なことなのです。

詳細にわたる企業情報ときめ細やかな面談によって、転職希望者にとって真の意味で最適な案件を紹介できるのがSpring転職エージェントの強みです。
転職者の年収UP率は59.0%(公式サイトより)と、年収アップを狙う人にもおすすめです。

一方のSpring転職エージェントのデメリット・注意点は、保有求人数が大手サービスよりも少なめである点です。

希望している求人が思ったより多く紹介されなかった…」という場合は、求人数の豊富なリクルートエージェントdodaパソナキャリアリクルートダイレクトスカウトといった転職サービスがおすすめです。

企業とのマッチング率が高い
登録は5分ほどで完了します。

パソナキャリア

パソナキャリア。転職活動の成功を、全力でサポートします。専門アドバイザーがあなたの転職活動を全面サポート!!イチ押し
パソナキャリアの特徴
  • 全都道府県に支店あり。対面サポートを受けやすく、UIターン転職にも強い
  • 「担当者がじっくり相談に乗ってくれる」という評判が多い
  • 企業への交渉力が強く、転職者の年収アップ成功実績が豊富
サービス対応地域 全国
拠点 全都道府県
公開求人数 約4万件(2022年6月現在)

パソナキャリアは、人材派遣業の代表的な企業として知られるパソナグループが運営する転職エージェントです。派遣事業で築いてきた信頼は厚く、取引企業数は16,000社以上にのぼります。過去の転職支援実績は累計25万人に達しており、豊富な転職ノウハウを有しているのが特徴です。

転職コンサルタントによる丁寧なサポートを特徴としており、「じっくりと相談に応じてくれた」と、とくに女性転職者からの評判が高いです。

サポート対応地域は全国、かつ全都道府県に支店があります。対面サポートもしやすいエージェントです。

パソナキャリアの活用メリットとおすすめポイント

人材サービスを総合的に手掛けるパソナグループならではの特色として、拠点が全国の都道府県にある点が挙げられます。
拠点が各地にあることで、キャリアアドバイザーによるサポートも受けやすくなるはずです。

転職サービスによっては首都圏や大都市部のみが対象エリアとなっていることも少なくない中、地方での転職にも対応できるのは大きなメリットといえるでしょう。

また、地元の企業との信頼関係を築く上でも、エージェントの企業担当者が高頻度で採用担当者とコンタクトを取っていることは重要です。

地方に本社・支社がある企業の詳細な情報を得られるだけでなく、「パソナキャリアが推薦する人材なら採用を前向きに検討しよう」と思ってもらえる可能性が高いでしょう。
そうした背景もあり、パソナキャリア利用者の67.1%が内定後の年収アップに成功しているといいます(※公式サイトより)。

転職後の年収の増減
 

引用元:パソナキャリア公式サイト

履歴書や職務経歴書の添削、面接対策、さらには自己分析やキャリアの棚卸しについても、キャリアアドバイザーが親身になって二人三脚で取り組んでくれるので、「転職活動をひとりで進めるのは不安…」という人には特に心強いパートナーとなるでしょう。

一方のパソナキャリアの注意点は、サポートは手厚いが、転職意欲の低い人は優先度を下げられる可能性がある点、そのほか職種・業種によっては提案される求人が少ない場合もあることです。

dodaリクルートエージェントリクルートダイレクトスカウトといった求人数が豊富でかつ担当から積極的なスカウトや提案の受けられるサービスも並行して登録しておくと、安心でしょう。

利用者満足度4年連続【1位】
登録は3分程で完了します。

マイナビエージェント

マイナビエージェントの特徴
  • 国内企業とのリレーションが強く、優良求人の紹介を受けやすい
  • 特に20代~30代の若手社会人への転職支援に強み
  • 書類添削や面接対策などの支援サポートをじっくり丁寧に行ってくれる
サービス対応地域 全国
拠点 東京(2か所)、神奈川、北海道、宮城、愛知、大阪、京都、兵庫、福岡
公開求人数 約3.7万件(2022年6月現在)

マイナビエージェントは専門知識を持つキャリアアドバイザーが一人ひとりの転職者に対して丁寧に向きあい、きめ細かなサポートをしてくれることで知られる転職エージェントです。

とくに20代〜30代前半の転職サポートを得意としており、志望動機のブラッシュアップや面接指導を的確に行ってくれます。

サポート対応地域は全国で、地域ごとに専門のアドバイザーが対応しています。

マイナビエージェントの活用メリットとおすすめポイント

業界ごとに専任のキャリアアドバイザーが在籍しており、専門知識を持つプロからアドバイスしてもらえるのが特徴です。業界・職種に特有の転職事情を熟知したキャリアアドバイザーに相談したい人に適しています。

マイナビエージェント主な専門領域
 

引用元:マイナビエージェント公式HP

また、大企業だけでなく中小企業の求人も豊富に保有しているため、企業規模に関わらず自分の希望に合った会社を探している人に向いています。

マイナビエージェントサポートの期間:dodaやリクルートエージェント等はサポート期間が3か月間。マイナビエージェントは無期限でサポートを受けられます。

一般的に、大手転職エージェントのサポートは「3ヶ月間」などの期限が設けられています。

一方、マイナビエージェントでは期間の制限はなく、「無期限」でサポートを提供してくれます。「思いのほか活動期間が長引いてしまった…」とった場合も、マイナビエージェントであればサポートを継続してもらえるのです。

期間を定めることなく、かつ転職者の経歴と想いに合った転職先を紹介していくマイナビエージェントのスタイルは、「内定率のアップ」や「納得できる転職の実現」に大きく寄与しています。

実際にマイナビエージェントを利用して転職に成功した人は、入社後にミスマッチを感じることも少ない傾向があります。

一方のマイナビエージェントのデメリット・注意点は、サポートは手厚いが、転職意欲の低い人は優先度を下げられる可能性がある点、そのほか職種・業種によっては提案される求人が少ない場合もあることです。

dodaリクルートエージェントリクルートダイレクトスカウトといった求人数が豊富でかつ担当から積極的なスカウトや提案の受けられるサービスも並行して登録しておくと、安心でしょう。

20代の利用満足度No1
登録は5~10分程で完了します。

まとめ)ヘッドハンティングによる転職は、身近な存在になりつつある

ヘッドハンターが身近に

ヘッドハンティングによる転職は、かつてごく一部の限られたポジションで働く人だけを対象とされていました。

しかし、近年はヘッドハンティングの意味合いが広がっており、スキルが高い人材やユニークなキャリアを形成してきた人材に対してヘッドハンターがアポイントを取るケースも増えています。

ヘッドハンティングは手の届かない別世界の存在から、身近な存在へと変わりつつあります。

自分の強みを最大限に引き出してくれるヘッドハンターとの出会いは、この先のキャリアを大きく前進させる可能性を秘めています。

ヘッドハンティングに興味がある人は、ぜひヘッドハンティング付きの転職サイトを利用してみてください。

目次[ 閉じる ]