『みんなの転職「体験談」。』
『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

転職エージェントのやる気を出させる付き合い方とは?良い担当の見極め方と併せて紹介

[最終更新日]2022/06/27

転職エージェントのやる気に火をつけるには

転職エージェントに登録したものの、ほとんど求人を紹介してもらえなかった、といった話を聞いたことはないでしょうか。
一方で、転職エージェントから多すぎるぐらいの仕事を紹介されている人も存在します。

なぜこのような違いが生じるのか、不思議に感じたことがある人もいるかもしれません。

目次

1)大事なことは「付き合うべきエージェント」を見極めること

転職エージェントは、はじめに複数登録して徐々に絞っていくやり方がおすすめ ●担当エージェントとの相性チェックポイント:・雑談を含めて、こちらの話をよく聞いてくれるか ・自分の希望する業界や企業への知識が豊富か ・求人紹介の際、納得いく理由を教えてくれるか

転職エージェントのやる気を出させるうえで、はじめに意識しておきたいことは付き合うべきエージェントを見極めることです。

あなたの転職成功を力強くサポートしてくれるエージェントでなければ、無理に付き合う必要はありません。
より良いサポートを得るために、他の転職エージェントに切り替えた方がよいでしょう。

そのためにも、はじめに複数の転職エージェントに登録して、徐々にメインで利用するサービスを絞っていくやり方がおすすめです。

付き合うべきエージェントの見極めは、以下の3つの観点を持っておくとよいでしょう。

  • 雑談を含めて、こちらの話をよく聞いてくれる
  • 自分の希望する業界や企業への知識が豊富で、いろいろ教えてくれる
  • 求人紹介の際に、きちんとおすすめする理由を教えてくれる

雑談を含めて、こちらの話をよく聞いてくれる

良いエージェントは、あなたの情報をレジュメなどの入力情報からだけでなく、あなたとの対話からも入手しようとします。

企業とのマッチングは求職者の性格や価値観にも関わることを、エージェントがよく理解しているからです。

逆に「とにかく転職が決まってしまえばよい」と考えるエージェントは、求職者とのコミュニケーション時間をなるべく短くしようとする傾向があります。

担当エージェントの「当たりはずれ」は、実際にある。 対策:●エージェント品質の見極め方を知っておく ●いざとうときは「担当変更」または「他転職エージェントへのシフト」を検討しよう。

とくに初回の面談の際、「あまり話を聞いてくれなかった」「もっと伝えたいことがあったのに、あっという間に終わってしまった」という場合は要注意です。
2回目以降も同様の傾向が見られる場合は、そのエージェントとの付き合いを継続すべきかいちど考えてみた方がよいでしょう。

自分の希望する業界や企業への知識が豊富で、いろいろ教えてくれる

担当となるエージェントは、転職支援において得意とする業種・職種があるものです。
ベテランのエージェントでしたら得意領域は幅広いでしょうが、新任の場合はその限りではないでしょう。

注意すべきは、あなたの希望する業界やその企業への知識の浅いエージェントが担当についたときです。
その場合、紹介された求人が本当にあなたの希望にマッチするものかどうか、ご自身でも入念に確認しなくてはなりません。

希望する業界・企業への知識の豊富さについては、話をしていくうえで感じ取れることが多いです。
気になった際は、「これまで同じ業種・職種で転職成功した人は、どんな人がいましたか」「この領域を採用する企業は、主にどんな点を重視していますか」といったことを聞いてみるとよいでしょう。

期待する精度の回答が得られない場合は、担当変更もしくは他の転職エージェントへの移行を検討するのがよいと思います。

求人紹介の際に、きちんとおすすめする理由を教えてくれる

担当エージェントが求職者に求人紹介する理由は、大きく2つです。

  • ① その求人が、求職者の希望条件にマッチするから
  • ② 求人企業の方で、採用ニーズが高くなっているから

大抵は①と②両方の理由があって求人が紹介されるわけですが、ときに②のみ優先して求人紹介するエージェントもいます。

採用ニーズが過度に高い求人企業のなかには、ときに「人を雇ってもすぐに辞めてしまう」ようなブラック企業が含まれることもあります。
そのため、これまで伝えていたはずの希望条件にマッチしない求人を紹介されたときは、要注意です。
その求人の応募をしないことはもちろんですが、今後も同様に②優先の求人紹介をされてしまう可能性があるからです。

気になった際は、求人を紹介された際に「なんでこの企業を私に薦めたんですか?」「このなかで、いちばんお薦めだと思うのはどれですか?また、その理由は?」といった質問をしてみるとよいでしょう。

エージェントに対して、積極的・能動的な姿勢を示す転職者。 エージェント:「この求人どうですか?」 転職者:「いいと思いましたが、実際の業務内容はどんな感じでしょう?」「実際に働いている人たちはどんなタイプが多いですか?」「あと、評価制度の仕組みや、女性管理職の割合も知りたいです」

質問の回答から「あまり信用できない」と感じられた場合は、その担当エージェントと無理に付き合うよりも新しいエージェントとの付き合いを開始した方が得策です。

2)エージェントのやる気を引き出す付き合い方は

続いては、担当となるエージェントのやる気を引き出せる付き合い方について見ていきましょう。

エージェントも人ですので、求職者のやる気に合わせてサポートの入れ込みが変わることもあります。
また、万一転職活動期間が長引いてしまった時は、担当エージェントとの信頼関係や相互理解が深まっていた方がキャッチアップもされやすくなるはずです。

エージェントのやる気を引き出す付き合い方の具体的な行動としては、以下の3点が挙げられます。

  • 登録時のレジュメ(または職歴書)は、丁寧かつ熱意をもって作成する
  • エージェントに聞くべきことを知っておく。あわせてアドバイスを素直に受け入れる謙虚さを持つ
  • コミュニケーションは「オープンマインド」で、率直な気持ち、想いを伝えていく

登録時のレジュメ(または職歴書)は、丁寧かつ熱意をもって作成する

エージェントは1人で同時期に数十人の求職者の相手をします。
そのため、転職への本気度があまり伝わってこない人よりも、「絶対に転職を成功させたい」という強い熱意を持った人へ優先的に仕事を紹介したいと考えるのはごく自然なことです。

そして、求職者の熱意とは「登録時」の段階ですでに伝わっていることが多いです。

たとえば、登録時に入力する転職希望時期
今すぐにでも転職したいという人に対しては優先度が高くなりますし、今は転職を考えていないという人の優先度は低くなるでしょう。

とくに気をつけておきたいのが、登録と合わせて入力(または送付)する、レジュメ(職務経歴書)です。

とあるエージェントの方は、「登録してくる求職者の方で、『1行レジュメ』のような、いい加減なレジュメ入力の人が結構多い」ということを話されていました。

レジュメ情報は、担当エージェントが求職者にどのような支援をするか、どの求人を紹介するかの大切な参考情報として活用されます。
適当なレジュメで提出してしまうと、その後のサポート品質にも少なからず影響が出てしまうのです。

登録時のレジュメの内容は、担当エージェントのサポート姿勢、やる気にも関わることを意識して、「この人を応援したい」と思ってもらえるように作成するのがよいでしょう。

エージェントに聞くべきことを、知っておく。あわせてアドバイスを素直に受け入れる謙虚さを持つ

転職はキャリアプランをじっくり考える機会 「求人の紹介以外にキャリア相談もしてみよう」

エージェントにとって「この求職者は付き合いやすい」と思う人とは、どんな人でしょうか。

もちろん個人差はありますが、多くのエージェントが口をそろえて言うのが「こちらの意見や忠告を素直に受け入れられる人」です。

求職者と企業のベストマッチングを目指すうえで、ときに担当エージェントは求職者にとって「耳の痛い」意見・忠告をしなければならいことがあります。

「この希望条件で進めるには、経験が不足しているかもしれない」、「もっと条件を広げないと、紹介できる求人が少なくなってしまう」など、様々あるでしょう。
または、「そもそも現在の経歴からして、希望条件が高すぎる」ということもあるかもしれません。

これらは決して珍しいことではなく、とくにミドル世代以降の転職者においてはその人の市場価値よりも自己評価が高くなってしまうことが多いのです(求職者の、社外でも通用する汎用スキルの度合等によります)。

ですが、そうしたギャップがあるのを知っておくこと自体は、本来は求職者にとって有意義なはずです。
ギャップを知らないまま転職活動を続けてもうまく行くことは少ないでしょうし、知ったうえでは改善プランを考えて行動を新たにすることができます。

「この求職者は、こちらのアドバイスを素直に受けとめてくれそうだ」と担当エージェントに思ってもらうことは、そのエージェントとの有意義な付き合いに繋がるのです。

そのうえで、担当エージェントとの面談時に質問するとよい内容をお伝えします。

  • 「現在の私の希望条件と企業が求める人材とで、ギャップはありますでしょうか」
  • 「現在の私の経歴からは、どんな企業からニーズがありそうですか?」
  • 「私と近い希望条件の方で、例えばどんな転職ケースがありましたか?」
  • (応募先企業や志望する分野が明確な際)「職務経歴書や面接で、どういった点をPRすると良いですか」

一点目と二点目は、やや厳しい評価コメントが返ってくることがあるかもしれません。
ですが、それを受けとめる懐の大きさがあれば、担当エージェントを「頼りになるキャリア・パートナー」として、付き合っていくことができるはずです。

コミュニケーションは「オープンマインド」で、率直な気持ち、想いを伝えていく

転職エージェントとのコミュニケーションで、「この人の本音は、どうなんだろう(本当に心から支援してくれるだろうか)」と気になってしまう人は少なくないでしょう。

意外にも、担当となるエージェントのほうでも「この求職者の方は、どこまで本気で転職活動をしているのだろう」とやはり本音が気になることは多いといいます。

互いに相手の本音を探りながらのコミュニケーションでは、ぎこちなさが出たりや認識の齟齬が起きたりするものです。

転職者とエージェントとの面談で、よくある風景 転職者:「どの求人もピンとこない…」 エージェント:「この人がどんな求人を求めてるかがわからない…

まずはあなた自身から、「オープンマインド」で、担当エージェントに素直な気持ち、想いを伝えていくとよいでしょう。
「この人は本音で話してくれている」と感じてもらえれば、担当エージェントのほうでもより真摯な姿勢で臨むようになるはずです。

また、企業の採用担当者には決して言えないようなことであっても、「エージェントなら話せる」という場合もあるでしょう。

たとえば、給与条件など言いづらいことをエージェントを通じて交渉してもらうケースもあります。
そのため、担当エージェントとは本音で話せる関係になっておいたほうが何かとやりやすいのです。

3)これから転職エージェントに登録予定の人は、「選び方」も知っておこう

これから利用するエージェントを選ぶ方、または現在の転職エージェントから別のエージェントに切り替えようとしている方は、その効率的な「選び方」も知っておいた方がよいでしょう。

求職者が転職エージェントに何を求めるかによって、登録すべきサービスは変わります。
以下に主なケースを挙げておきますので、自分に合うケースからサービスをチェックしてみてください。

なるべく多くの求人に触れたい・積極的な提案を受けたい人

「なるべく多くの求人に触れたい・積極的な提案を受けたい」という人は、常時求人を多く抱える大手総合型の転職エージェントを優先して利用するとよいでしょう。

おすすめの総合型転職エージェント

国内の大手総合型転職エージェントといえば、以下の5サービスが代表的です。

代表的な総合型転職エージェント一覧

 
サービス名マイナビエージェント
マイナビエージェント
doda
doda
リクルートエージェント
リクルートエージェント
パソナキャリア
パソナキャリア
type転職エージェント
JACリクルートメント
メリット
  • 幅広い求人紹介
  • 書類添削・面接対策が手厚い
  • 豊富な求人・全職種カバー
  • 企業からのスカウトが多い
  • 求人数・支援実績 国内No1
  • 支援ツール・セミナーが充実
  • 利用者の年収アップ率67.1%
  • 全国に拠点がある
  • 丁寧なサポート・面接通過率が高い
  • 若手向けのIT/Web求人が豊富
デメリット
  • 転職意思の低い人は断られるケースも
  • 提案の電話・メールが多い
  • 活動ペースを急かすことも
  • 転職意思の低い人は断られるケースも
  • IT/Web業界以外の求人は少なめ
公開求人数 4.1万 16万 27万 3.9万 6,000
得意業界/職種 全業界 全業界 全業界 全業界 全業界
対象年代 全年代 全年代 全年代 全年代 全年代
対象地域 全都道府県 全都道府県 全都道府県 全都道府県 東京・神奈川・埼玉・千葉
おすすめの人
  • 書類添削・面接対策をしっかり行いたい人
  • 積極的な求人提案を受けたい人
  • スピーディに転職活動を進めたい人
  • 丁寧な対面サポートを受けたい人
  • 東京首都圏でIT・Web系の仕事を探している人
公式サイト

表内の求人数は2022年10月時点のものです。

なお、冒頭でもお伝えしましたがはじめのうちは一つではなく複数のサービスに登録しておくことをおすすめします。
転職エージェントによって紹介される求人に違いがあること、また複数のサービスを併用することによって「付き合うべきエージェント」の判断をしやすくなるからです。

特定の業種・職種などの専門分野に詳しいエージェントからサポートを受けたい人

「特定の業種・職種などの専門分野に詳しいエージェントからサポートを受けたい人」は、特化型の転職エージェントがおすすめです。

特化型の転職エージェントでは、担当エージェントがその領域についての知見が深いことが多く、紹介求人の精度が高まりやすいです。

おすすめの特化型転職エージェント

代表的な特化型転職エージェント一覧

   
タイプ ITエンジニア ITエンジニア IT・Web系職種 管理職・エキスパート 管理職・エキスパート 管理職・エキスパート 会計・経理・税務・財務 マスコミ・メディア アパレル・ファッション 管理部門 外資・グローバル 外資・グローバル 製造系エンジニア 介護・福祉 介護・福祉
サービス名 マイナビITエージェント
マイナビITエージェント
レバテックキャリア
ワークポート
ワークポート
JACリクルートメント
JACリクルートメント
リクルートダイレクトスカウト
リクルートダイレクトスカウト
ビズリーチ
ビズリーチ
ジャスネットキャリア
ジャスネットキャリア
マスメディアン
マスメディアン
クリーデンス
クリーデンス
MS-Agent
MS-Agent
エンワールド
エンワールド
ロバート・ウォルターズ
ロバート・ウォルターズ
メイテックネクスト
メイテックネクスト
きらケア
きらケア
かいご畑
かいご畑
メリット
  • 書類添削・面接対策が充実
  • 優良企業やレア求人が豊富
  • 求人のマッチング率が高い
  • 担当は全員エンジニア経験者
  • 担当からの積極的な求人提案
  • 未経験転職への支援に強い
  • ハイクラス向け求人が豊富
  • キャリア相談の品質が高い
  • 実績豊富なヘッドハンター
  • 転職者がヘッドハンターを指名できる
  • 企業からのスカウトが多い
  • 都市部から地方までハイクラス層求人が豊富
  • 会計、税務、経理分野に強み
  • 担当から専門性の高いサポート
  • マスコミ・メディア系転職に強い
  • 独占求人・非公開求人が多い
  • アパレル・販売系業界に特化
  • 業界経験ある担当のサポート
  • 管理部門・士業の転職支援専門
  • 管理部門支援実績は業界No1
  • 外資系・グローバル転職に強い
  • 入社後も定期的なフォロー・定着支援
  • 選考突破率の高さで評判
  • 英文レジュメの作成支援あり
  • 製造系エンジニア支援実績No1
  • 模擬面接サポートが手厚い
  • 職場環境を詳しく聞ける
  • 担当から専門性の高いサポート
  • 未経験向け求人豊富
  • 資格取得の支援制度あり
デメリット
  • 求人は都市部に寄っている
  • 未経験者向けの求人は少ない
  • 求人は質よりも量を重視
  • 全体的な求人数は少なめ
  • 急ぎの転職には不向き
  • 全ての求人を見るには有料会員になる必要あり
  • 地方の求人は少なめ
  • 未経験者向けの求人は少ない
  • 地方の求人は少なめ
  • 地方の求人は少なめ
  • 未経験者向けの求人は少ない
  • 全体的な求人数は少なめ
  • 地方の求人は少なめ
  • 地方の求人は少なめ
  • 正社員求人は少なめ
公開求人数 1.6万 1.6万 6.0万 1.5万 30万 8.3万 3,500 4,100 1,200 7,400 1,000 2,000 3,000 2.8万 1万
得意業界/職種 IT・Web IT・Web 全業種・職種 全業種・職種 全業種・職種 全業種・職種 会計・経理・税務・財務 マスコミ・メディア アパレル・ファッション 管理部門・士業 外資系 外資系 製造系エンジニア 介護・福祉 介護・福祉
対象地域 全都道府県 全都道府県 全都道府県 全都道府県 全都道府県 関東・関西・中部(東海) 東京・大阪 関東・関西・東海 全都道府県 東京・愛知・大阪+海外 東京・愛知・大阪+海外 東京・名古屋・大阪・福岡 全都道府県 全都道府県 全都道府県
おすすめの人
  • 書類添削・面接対策のサポートをしっかり受けたい人
  • キャリアアップ・年収アップを目指す人
  • 未経験分野にチャレンジしたい人
  • じっくりキャリア相談を受けたい人
  • ヘッドハンターの支援を受けたい人
  • 企業からスカウトを多く欲しい人
  • 会計、税務、経理、財務分野を目指す人
  • マスコミ・メディア系職種の人
  • アパレル・ファッション系業種の人
  • 管理部門・士業での転職を検討している人
  • ハイクラス・グローバル系企業を目指す人
  • 英語力を生かした転職をしたい人
  • ものづくり・製造系エンジニアの人
  • 職場環境を重要視する人
  • 未経験から介護職を目指す人
公式サイト

表内の求人数は2022年10月時点のものです。

転職する地域にあわせて、その地域事情に詳しいエージェントの支援を受けたい人

転職者「地方の求人はサポート範囲外って断られた…」→「目指す地域での転職で支援実績が豊富」なエージェントを優先して利用する

地方にお住まいの方は、その地域事情に詳しい転職エージェントを利用するべきでしょう。
とくにその地域に拠点を持つ転職エージェントは地元企業との関係構築が進んでいることが多く、大手では紹介されないような優良企業求人を提案されることもあります。

以下、都道府県別におすすめ転職エージェントを紹介していますので、希望する地域のリンクをクリックしてサービスを確認してみてください。

地域区分 都道府県別おすすめ転職エージェント紹介記事
北海道・東北地方 北海道青森秋田宮城岩手山形福島
関東地方 東京神奈川千葉埼玉茨城栃木群馬
中部地方 新潟長野富山山梨静岡岐阜愛知石川福井
関西地方 大阪兵庫京都滋賀三重奈良和歌山
中国地方 鳥取岡山広島島根山口
四国地方 香川徳島愛媛高知
九州地方 福岡佐賀大分長崎熊本宮崎鹿児島沖縄

まとめ)転職エージェントのやる気・付き合いは、こちらの働きかけでも変わる

ここまでの内容を、まとめてみましょう。

「付き合うべきエージェント」を見極めるポイント

  • 雑談を含めて、こちらの話をよく聞いてくれる
  • 自分の希望する業界や企業への知識が豊富で、いろいろ教えてくれる
  • 求人紹介の際に、きちんとおすすめする理由を教えてくれる

エージェントのやる気を引き出す付き合い方

  • 登録時のレジュメ(または職歴書)は、丁寧かつ熱意をもって作成する
  • エージェントに聞くべきことを知っておく。あわせてアドバイスを素直に受け入れる謙虚さを持つ
  • コミュニケーションは「オープンマインド」で、率直な気持ち、想いを伝えていく

はじめに意識すべきは、「その担当は、本当に付き合うべきエージェントか」を見極めることです。

そのうえで、担当エージェントのやる気を出させるために、「レジュメ登録」および「コミュニケーション」において、丁寧にかつこちら側のやる気もみせつつ取り組むことが大切です。

なお、相手が生身の人間である以上、どうしても「合わない」ケースもあるでしょう。

担当エージェントと合わないと感じた場合は、担当を変えてもらうか、別の転職エージェントを併用し、この人にだったら、本気をぶつけていけると思える人をパートナーに選定されるよう、進めてみてください。

目次[ 閉じる ]