『みんなの転職「体験談」。』
『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

転職時に「ヘッドハンターを有効活用したい!」という方に意識してほしいポイント3つ

[最終更新日]2021/04/12

ヘッドハンターを有効活用するための3つのポイント

転職において、「ヘッドハンティング」という言葉を耳にしたことがある人は多いのではないでしょうか。

ひと昔前まであまり一般的とは言えない存在だったヘッドハンターですが、近年は広く知られるようになりつつあり、ヘッドハンティングによる転職を成功させている人も増えてきています。

目次

 

1)ヘッドハンティングとは? 転職エージェントとの違い

ヘッドハンティングという言葉を聞いたことはあるものの、その具体的な仕組みやサービスの概要についてははっきりと分からない部分もあるかもしれません。

まずは、ヘッドハンティングとは何か、転職エージェントと何が違うのかについて、詳しく見ていきましょう。



ヘッドハンティングとは

ヘッドハンティングとは━━ ヘッドハンターが優秀な人材に声をかけてマッチする企業を紹介すること ヘッドハンターの紹介に応じた場合、書類審査や一次面談を経由せずに選考に進むことが多い。

ヘッドハンティングとは、優秀な人材に対し、ヘッドハンターを通じて「うちの会社で働きませんか?」とアプローチをかけることです。
元々は「経営者」や「役員」といったエグゼクティブ層を中心に行われていましたが、近年では企業の中間管理職ポジションの人材や、語学やITなど特定の分野で秀でたスキルを持つ人材にもヘッドハンティングが行われるケースが増えています。

一口にヘッドハンターと言ってもそのスタイルは様々で、個人で活動するヘッドハンターもいれば、ヘッドハンティングの専門企業や人材紹介会社に所属しているヘッドハンターもいます。

ヘッドハンターは人材募集を行っている企業から依頼を受け、ニーズにマッチした人材を探し、コンタクトを取ります。

ヘッドハンティングの対象となるのは世の中に存在するあらゆるビジネスパーソンですので、場合によっては転職のことなど少しも考えておらず、もちろん転職活動など全くしていない人のところへも、ある日突然、ヘッドハンターから連絡が入ることがあります

ヘッドハンターが人材を発掘する際には、業界内での評判や聞こえてくる実績、インターネット上の情報、築いてきた人脈といった情報の中から、特に有能と思われる人材に対して連絡を取っています。

ヘッドハンターがコンタクトを取った時点で、その人をぜひ招き入れたいという企業が存在するため、一般的な転職活動のような採用選考は行われず、「受けてもらえるかどうか」の意思確認が行われます。



転職エージェントとは

転職エージェントとは━━ 求人情報の紹介と合わせて、専属のキャリアアドバイザーが求人企業との連絡代行や転職活動に関わる支援を行うサービス

転職エージェントとは、企業が求める人材を紹介するビジネスです。この部分だけを見た場合、転職エージェントとヘッドハンティングにはそれほど大きな違いがないように思えます。

しかし、転職エージェントが企業に紹介する人材は、自ら転職エージェントへ登録した人であり、その時点で転職の意思が少なからずあることが分かっています。

「ある日突然ヘッドハンティングの連絡が来た」ということはあり得ますが、「知らないうちに転職エージェントに登録されていた」ということはあり得ません。

自分から転職エージェントへ登録し、利用する意思を示さない限り、転職エージェントを利用できないことになります。
また、転職エージェントを通じて応募した場合、応募先の企業では採用選考が行われ、その結果次第では不採用となることもあります。





ヘッドハンティングと転職エージェントの違い

ヘッドハンティングと転職エージェントには、以下のような違いがあります。

ヘッドハンター 転職エージェント
転職者へのアプローチ 能動的(ヘッドハンターからアプローチ) 受動的(転職者からアプローチ)
一人の転職者とのコンタクト期間 長い
1年かかって転職支援することもある
人によっては5年以上の付き合いになることも(近況報告等で会ったりすることもある)
短い
大抵3か月以内
転職者への支援 ・企業紹介
・キャリア相談
・企業情報の提供(会社ビジョン等、かなり深いところまで伝えられる)
・選考プロセスについて、融通をきかせてくれる(書類選考や一次面接のスキップ等)
・条件交渉(かなり強めにやってくれる)
・企業紹介(求人数)
・キャリア相談
・書類添削、面接対策
・企業情報の提供
・スケジュール調整
・条件交渉
保有案件数 ・ヘッドハンターによる(転職エージェントと比べると少ない) ・多いが、会社によって規模はまちまち

ヘッドハンターと転職エージェントの違いは、まず転職者へのアプローチとして「能動的」「受動的」かがあります。
ヘッドハンターは企業の依頼に応じニーズに合った人材へアプローチをかけるのに対し、転職エージェントは転職者自身がサービスへ登録し、求人紹介をしてもらう仕組みになっています。

ヘッドハンターは企業のニーズを把握したうえで条件にマッチした人材にコンタクトを取っているため、ヘッドハンティングを受けた時点で書類選考や一次面接を省いて転職の意思確認が行われるケースもあることに対し、転職エージェント経由の応募の場合は通常通り採用選考が進みます。





2)ヘッドハンティングを使って転職するメリット・デメリット

ヘッドハンティングを使うメリット

キャリア相談について真摯に向き合ってくれる選考プロセス時のサポート・バックアップ力が高い適性な条件交渉をしてもらえる

キャリア相談について真摯に向き合ってくれる

転職をしてみた結果「思っていた会社ではなかった」といったミスマッチは極力避けたいものです。
ヘッドハンターは転職者のこれまでの経歴とスキルを見て、最適な働き方の提案を行ってくれます。
また、特定の分野に特化したヘッドハンターも多く、マッチ度の高い求人紹介が期待できます。

これまでの会社で一定のキャリアを築いてきた人ほど、新しい職場での待遇や働き方は気になるところでしょう。
ヘッドハンターは人材発掘を行う前に、企業から「このような人材が欲しい」という条件を細かくヒアリングしているため、求人紹介をする際はメリットだけでなくデメリットもあわせて伝えてくれます。

現役ヘッドハンターへのインタビュー① 求人紹介について
ヘッドハンター:松浦さん

30代 男性
IT・ゲーム業界でのヘッドハンティングをこなう。これまで多くのプロデューサーやプランナー、エンジニアの転職支援を行い、転職成功へと導いた。
「人と企業が、真にマッチングする出会いの機会を大切にする」という支援スタイルに、多くの利用者から高い評判を得ている。

松浦
さん

ヘッドハンターは基本「その人に合わない会社」は紹介しません。
なぜなら、ヘッドハンターもまた企業と規約している以上、高いマッチングを実現しないといけないからです。

一回選考に落ちると、「このヘッドハンター経由で選考があったが、落ちました」という記録が残ってしまいます。
転職者の方が紹介を受けてくださった場合は、こちらとしても「内定がでるまでやり切る」という意識ですすめていきます。その為に、キャリア相談を含め、転職者自身を「ブラッシュアップ」する期間も設けています。




選考プロセス時のサポート・バックアップ力が高い

ヘッドハンターは紹介する企業に対し、ビジョンや事業方針、直近の活動状況はもちろん、組織体制やその企業の業界での立ち位置などまで広く深く通じていることが多いです。利用の際は、企業の5年後、10年後を見据えた情報を提供してくれるでしょう。

企業との関係も強固なため、選考プロセスについてもショートカットの提案をしてくれる場合もあります。

通常の転職活動では「書類選考→一次・二次面接→最終面接」といったフローを踏まなければならないのに対し、書類選考や一次面接を飛ばし、場合によっては「初回から社長面接に漕ぎつける」といったチャンスをを持てるのは、ヘッドハンティングを使う大きなメリットと言えるでしょう。


適性な条件交渉をしてもらえる

転職をするからには、給与面などなるべく良い条件で働きたいという気持ちは誰もが持っていることでしょう。
しかし、高い年収で採用された場合、言い換えればその金額に見合うだけの能力を期待されているということでもあります

ヘッドハンターは単に「年収アップ」だけを交渉するのではなく、入社後に過度なプレッシャーを感じることがないよう、転職者のスキルレベルにあわせた適性な条件交渉も行ってくれます。
企業との間に立ち、最適な落としどころを見つけてくれるのも、ヘッドハンティングを利用するメリットの1つです。



ヘッドハンティングを使うデメリット

持っている案件が少ないヘッドハンターとの相性が合わない場合も

持っている案件が少ない

ヘッドハンティングを利用する際のデメリットとして、転職エージェントと比べると案件が少ないことが挙げられます。
「企業と転職者のマッチング」にこだわり求人を厳選しているため、求人の質自体は高いことが多いのですが、「なるべく多くの求人を見て、選択していきたい」という方には向かない可能性があります。

もし、「たくさんの求人情報が見たい」「自分でも求人を探したい」という方は、後述する「転職エージェント型サービス」の利用をおすすめします。


ヘッドハンターとの相性が合わない場合も

転職市場や特定の分野への知識に長けたヘッドハンターであっても、「性格的に合わない」「話をしづらい」となると、転職活動の進捗にも影響が生じてしまいます。
ヘッドハンティングを利用する際は、担当のヘッドハンターとの相性はきちんと確認しておくべきでしょう。

相性に関しては、一度話をしてみないと見極められない部分も多いと思いますので、初回の面談時に自身の希望するコミュニケーションスタイルを伝えておくのも有効です



3)良いヘッドハンターの見分け方

ヘッドハンターは基本的に転職市場におけるプロフェッショナルですが、性格的に「合う・合わない」といった相性もあれば、得意とする業界やポジションがそれぞれあるものです。

それでは、自分にとって良いヘッドハンターは、どのように見分けたらいいのでしょうか。
実際にヘッドハンターに会ってみた2人の方の体験談を読んでみましょう。



「良いヘッドハンター」は、あなたのキャリアにとって「一番の未来像」を考え、提案してくれる

「あなたはきっと、事業会社で働いた方が活き活きと活躍できると思いますよ」と言ってくれました。
Y.Wさん

ヘッドハンターを利用して良かったと思ったのは、私の新しい働き方を提案してくれたことです。

私は当初、投資会社やベンチャーキャピタル系の企業に務められればと思っていたのですが、ヘッドハンターから、「あなたはきっと、事業会社で働いた方が活き活きと活躍できると思いますよ」とアドバイスをもらいました。

実際、転職してみてその通りでしたね。私は、自分も実際に事業に携われて、かつ社員(仲間)の熱量を感じながら働くのが好きだったんです。

結局ヘッドハンターの方に紹介いただいた企業とは別の企業に転職することになったのですが、それでもそのときいただいたアドバイスには、今でも感謝しています。

良いヘッドハンターは、人材を取り巻く転職市場を客観的に、時にドライに見ています。

自分にとって「向いている仕事」や「好きな仕事」があるとして、それが本当に天職かどうかは、最終的には自分自身が決めることです。

しかしながら、少し視点を変えてみることで全く別の世界が広がってくる、ということは往々にしてあり得ます。

上の体験談では、本人がある程度のキャリアプランの方向性を持っているところへ、全く別の方面のビジネスに進むことを勧めています。

数多くのビジネスパーソンをヘッドハンティングによって引き抜いてきたヘッドハンターの目には、その人が本質的に持っている力や適性が、場合によっては本人以上にはっきりと見えることがあるのです。

そうした第三者的な見通しをもって、長い目で見た場合のアドバイスをしてくれるのは、非常に良いヘッドハンターと言えます。

体験談にあるように、直接的には転職へと踏み切らないことがあったとしても、そのような有能なヘッドハンターからのアドバイスは参考になるはずです。

現役ヘッドハンターへのインタビュー② 良いヘッドハンターの見分け方
松浦
さん

良いヘッドハンターかどうかを見分けるポイントとして、紹介された会社についてわからないことを全部聞いてみるのが良いと思います。
この時に、その会社のビジョンやその会社が今後どうしていきたいのかが語れなければ、良いヘッドハンターとは言えないでしょう。

また、「キャリア相談を聴いてほしい」「ざっくばらんに合わせてくれる場を設けてほしい」など、転職者の申し出をどれくらい聞いてくれるかも見極めるポイントになります。

優秀なヘッドハンターは、転職者がやりやすいように転職のプロセスをアレンジしてくれるものです。それは紹介する企業との信頼関係があるからできるのですが、その点について、転職者側は「どの程度まで融通を利かせてくれそうか」といった点を見ると良いと思います。





「良くないヘッドハンター」というケースは、大きく3つある

どうにも話がかみ合わない……「ヘッドハンターってこんなもんか」と思いました。
A.Kさん

ヘッドハンター型の転職サービスに登録して、数日して何人かのヘッドハンターの方から連絡を受けました。
そのうち一人にお会いしたのですが、どうも具体的な話には進まなくて…。なんとなく、話がかみ合わないというか。

当時、私は退職間もなく、かつ次の転職先も明確に決まっていない状況でしたので精神的にも不安定でして、そのせいもあったかもしれません。

最終的に、「もしAさん{私のことです}の知り合いでも転職を検討されている人がいたら、是非紹介してくださいね」と言われて、その後はそれっきりでした。

「ヘッドハンターって、こんなもんなのか」とその時は思いました。
ですが、今思えば、そのときの私は転職に対するプランが全くなかったんですよね。
完全に受け身な状態だと、ヘッドハンターの人からしても「対応しようがない」と思われてしまうのかもしれません。

体験談にあるように、ヘッドハンターと一度会ったきり何の音沙汰もなくなってしまった、といったことは、現実としてあるのです。

ヘッドハンティングしてもらえるかもしれないと考えていた人にとっては期待外れの結果となりますので、「良くないヘッドハンター」という評価になるでしょう。

しかし、ヘッドハンターが「良くない」ケースの中には、ヘッドハンター側に問題がある場合と、ヘッドハンティングを待つ側に問題がある場合があります。よくあるケースとして、主に次の3つが考えられます。

ヘッドハンターの経験が浅いあなたとの相性が良くないあなたから「転職したい」という熱意が感じられない

ヘッドハンターの経験が浅い

ヘッドハンター自身の経験が浅く、企業とのパイプがしっかりと築けていなかったり、的確なアドバイスができていなかったりといったことは、可能性としてあり得ます。

もしそういったヘッドハンターに当たってしまった場合は、それとなく断るようにするといいでしょう。

ただし、ヘッドハンター型の転職サービスであれば、ヘッドハンターのプロフィールを見られることもありますので、事前にヘッドハンターの経験や得意分野を確認しておくことも大切です


あなたとの相性が良くない

ヘッドハンターも人間ですので、たとえ十分な実績があるヘッドハンターであっても「波長が合わない」といことは考えられます。

ちょっとした話し方のクセやものの言い方から、業界別の得意分野、得意とする紹介ポジションなど、いろいろな条件が重なった結果、「あなたとの相性」が良くない場合もあるということです。


あなたから「転職したい」という熱意を感じられていない

ヘッドハンティングは転職の意思がある・ないに関わらず、声がかかる人にはかかるものです。

しかし、ヘッドハンティング型の転職サービスを利用するケースでは、利用する時点で転職の意思が多少なりともあることを示しているわけですから、ヘッドハンターに頼り切ってしまうような受け身の状態だと、ヘッドハンター側でも「紹介のしようがない」と判断されかねない可能性もあります。

ヘッドハンティング型転職サービスを活用するのであれば、転職に対して積極的な姿勢を示すことは必要になってくると心得ておきましょう。





4)ヘッドハンターを有効活用するために意識しておきたい3つのポイント

ヘッドハンティング型の転職サービスを利用する場合でも、ヘッドハンターに頼り切ってしまうのではなく、自分でやれることは最大限やっておくなど熱意を高めておくことも必要になってきます。

ヘッドハンティング型転職サービスを活用する上で特に大切な3つのポイントを紹介します。

自身の強み・人間性をしっかり共有する(自己分析)転職後のありたい状態(Will)を明確にヘッドハンターには「本音」を伝えられるようにする
  • 「自分はどんな人間で、どんな強みがあるのか」をしっかり共有する(自己分析)
  • 転職後の将来ありたい状態(Will)を明確に
  • ヘッドハンターには「本音」を伝えられるようにする




「自分はどんな人間で、どんな強みがあるのか」をしっかり共有する(自己分析)

自己分析イメージ

転職に必要なのは、仕事上のスキルや経験だけではありません。

ヘッドハンターはビジネスパーソンの人となりをよく見ています。長い目で見たとき、その人がどのようなことでつまずき、乗り越えていくのか、といった根本的なことほど、その人の本質に迫っていかなければ見えてこないからです。

ヘッドハンティング型転職サービスを利用するにあたっては、自分はそもそもどのような人間なのか、どんな強みがあるのか、といったことを深掘りして追究してみることが重要です。

また、こうした自己分析ができるということは、客観性を持って自分自身を観察できるということを意味しますから、ビジネスにおいても冷静な判断ができる人物であることが伝わる要素となり得ます。





転職後の将来ありたい状態(Will)を明確に

転職するにあたっては、少なくとも転職後にどうありたいか、どのような活躍をするために転職しようとしているのか、といったWillの部分をはっきりと持っていることが極めて重要です。

今現在の勤務先を退職して別の企業へ移る強い必然性があるのかどうか、根本に立ち返ってみるのもひとつの手です。
実際、ヘッドハンターの中には「今の職場でこのまま続けることをおすすめします」といったアドバイスをする人もいます。

「Will」を明確にするためには、自身のこれまでの働き方を「過去」「現在」から順を追って振り返ってみるのがおすすめです。
以下の「キャリアプラン記入シート」に沿って参考に、「将来ありたい姿」を考えてみてください。

キャリアプラン記入シートイメージ
  • STEP1 過去の自分を客観的に振り返る
  • STEP2 現在の自分の「スキル」「楽しいこと」を掘り下げる
  • STEP3 10年後の自分はどうなっていたいかを考える
  • STEP4 10年後の理想を叶えるために、今何が必要かを考える

上記キャリアプランのSTEP3の「10年後の自分はどうなっていたいかを考える」が、まさしくその人の「Will」にあたる箇所です。

この部分を明確にしておくことによって、ヘッドハンターとのコミュニケーションだけでなく、今後のキャリア形成にも役立てられるでしょう。





ヘッドハンターには「本音」を伝えられるようにする

ヘッドハンターイメージ

ヘッドハンターは転職者のキャリアプランをヒアリングしたうえで、条件に見合った求人紹介を行ってくれます。
そのため、よりミスマッチの少ない転職を成功させるためにも、ヘッドハンターには「本音」を伝えるように心がけましょう。

また、転職活動を続けるうちに当初とは違う方向性が見えてくることもあります。
「せっかく求人を紹介してもらったのだから、気が変わったと伝えるのは申し訳ない」と遠慮してしまうのではなく、気持ちの変化も含めて正直に伝えることが大切です。

ヘッドハンターの方でも、「本音」を伝えてもらうことにより転職活動の軌道修正を図りやすくなります。



5)おすすめのヘッドハンティング型の転職サービス

ヘッドハンティング型の転職サービスのうち、3つのおすすめを厳選してご紹介します。

ヘッドハンティング型の転職サービスは、ほぼ例外なくミドル・ハイクラス層を対象としている点が共通しています。

ただし、各サービスによって強みや力を入れているポイントは少しずつ異なりますので、転職活動の目標や方向性に合ったサービスを利用することが重要になってきます。

まずは、それぞれの転職サービスの特徴を理解しておきましょう。



自分の転職活動のスタイルに合わせて使いたい人は、「キャリアカーバー」

Career Carverキャリアカーバー リクルートのヘッドハンティングサービス

キャリアカーバーはリクルートが運営するヘッドハンティング型転職サービスです。
転職者側で担当コンサルタントを選び、指名することができる仕組みになっています。

希望する業界や職種の専門知識を持っているかどうか、実績は十分か、といった観点でコンサルタントを選ぶことができますので、ミスマッチを最小限に抑えることができます。

また、登録後にヘッドハンティングを待つだけ、という受け身の利用の仕方もできるようになっています。在職中で多忙な人にとっては、効率的に転職活動を進めることができる絶好の仕組みと言えます。





キャリアアップを目的とした転職活動をしたい人は、「dodaエグゼクティブ」

doda エグゼクティブ転職、ハイクラス・管理職の求人情報 年収1,000万円以上の求人と、非公開求人

dodaエグゼクティブは、転職サイト・転職エージェントサービスのdodaと同じパーソルキャリア社が運営する「ハイクラス・エグゼクティブ層」向けのヘッドハンティング型転職サービスです。

キャリアアドバイザーはも厳選されたハイスペックな人材を登用しており、ベテランならではの豊富な経験から、登録者のこれまでのキャリアの中でアピールすべき実績を強力にプッシュしたり、条件面でタフな交渉も行ってくれます

現状よりもさらに高みを目指すための転職や、キャリアアップを強く指向する転職活動にのぞむケースでは、とても頼りになる転職サービスと言えます。





転職を急いでおらず長い目で見て転職活動を進めたい人は、「ビズリーチ」

選ばれた人だけの会員制転職サイト BIZREACH(ビズリーチ) 年収2,000万円以上の求人特集

ビズリーチは「年収600万円以上」のハイクラスのヘッドハンティングに特化した転職サービスです。
ビズリーチの特徴の1つに、業界に先駆けて有料プランを設けている点が挙げられます。

もちろん無料で利用することもできますが、「この人材と会ってみたい」と企業側から強い要望があった場合に送られる「プラチナスカウト」を含む全てのスカウトに返信・応募するには、有料会員になる必要があります。

さらに有料会員には担当のヘッドハンターへのキャリア相談や、「年収1,000万円以上」の求人に応募ができるなどのメリットがあります。

長い目で見て良い条件のヘッドハンティングがあれば検討してもいい、と考えている人に向いているサービスです。




「ヘッドハンター型サービス」と「転職エージェント型サービス」と組み合わせると転職成功確度は高めやすい

 おすすめの転職エージェント

ここまではヘッドハンター型の転職サービスの利点についてお話してきましたが、より転職成功の確度を高めていく際には「転職エージェント型」のサービスも併せて活用すると良いでしょう。

転職エージェントは紹介する求人企業の幅が広く、かつサポートの活動もスピーディに行われ、大体2~3ヶ月で内定獲得へと進めます。

それぞれの特性は「どちらの方がより良い」というものではなく、そのときどきによってフィットする進め方は変わるでしょう。──つまり、ヘッドハンター型サービスと転職エージェント型サービス両方を登録しておいた方が、それぞれのメリット・優位性を余さずに活用することができます

主な転職エージェント型サービス一覧
サービス名 特徴

リクルートエージェント
  • 転職成功実績国内No.1
  • 独自のサービス内容にも定評あり
  • 拠点:東京・北海道・宮城・栃木・埼玉・千葉・東京・神奈川・静岡・愛知・大阪・京都・兵庫・岡山・広島・福岡

doda
  • 保有求人国内トップクラス
  • 企業からのスカウトメールが多い
  • 北海道・宮城・東京・神奈川・静岡・愛知・大阪・京都・兵庫・岡山・広島・福岡

JACリクルートメント
  • 転職エージェント型サービスに特化
  • 外資系・グローバル企業の求人が豊富
  • 拠点:東京・埼玉・神奈川・愛知・静岡・大阪・京都・兵庫・広島

パソナキャリア ハイクラス
  • 年収700万円以上の求人が多い
  • 首都圏限定のキャリアアドバイザー「逆指名サービス」
  • 拠点:関東・関西・東海

転機
  • 年収800万円以上の求人が豊富
  • 経営者との直接面談が可能
  • 拠点:東京・神奈川・大阪・愛知・福岡・富山・岡山・北海道・宮城・沖縄




まとめ)ビジネスへの熱意とマインドセットがヘッドハンターを動かす

スーツ姿の男性

ヘッドハンティング型転職サービスは、「今すぐ転職したいわけではなく、良い案件があれば検討してみる」といったスタンスが基本となります。ただし、ヘッドハンターはそれまでの実績やポジションにだけ着目しているわけではありません。

現状に満足することなく、さらなる高みを目指す熱意やマインドセットこそが、将来にわたって高いパフォーマンスを発揮し続ける可能性の高い人材と感じさせ、ヘッドハンターを動かしていくのです。

ヘッドハンターに頼り切ってしまうのではなく、自らキャリアを切り拓いていこうとするマインドを持ちつつ利用することが大切です。



<>