『みんなの転職「体験談」。』
『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

SEってどんな仕事?業務内容から求められるスキル、未経験からの転職成功に向けて準備するポイント

[最終更新日]2021/10/12

SEに転職するには

SE(システムエンジニア)はITエンジニア・Webエンジニアの代表的な職種であり、これからSEを目指そうという人も多いでしょう。

転職によってSEのキャリアをスタートすることは可能ですが、その際は「SEに求められる知識・スキル」と「即戦力として活躍するためのポイント」を事前にしっかり押さえておく必要があります。

目次

1)SE(システムエンジニア)ってどんな仕事?

SEとして転職するためには仕事内容を含め、SEの現実を知っておくことが大変重要です。本記事の最初では、以下にあげる4つの点について解説していきます。

以下では、それぞれのポイントについて確認します。SEのリアルに迫っていきましょう。

SE(システムエンジニア)の仕事内容

一般的な開発業務の流れ 主にSE(システムエンジニア)が担当:ヒアリング・要件定義→システム設計→テスト→運用 主にプログラマーが担当:プログラミング

SEの業務はシステムの企画から運用開始まで、ほぼすべての工程を網羅することが特徴です。

SE(システムエンジニア)の主な業務

ヒアリング・要件定義 開発対象となるシステムについて、依頼主(顧客または上司)から開発要件や要望をヒアリングします。また、ヒアリング内容を「要件定義書」にまとめ、依頼主と開発チームと共有します。
システム設計 要件定義した内容をもとにシステムの設計を行います。
具体的には、以下の設計を行います。
  • ハードウェアの構成(使用する機器(サーバーやミドルウェア等)の種類や台数など)の設計
  • 開発するシステムの遷移図や画面構成、機能の詳細設計
  • データベース設計
  • システムの内部構造(ソースコードの構造等)の設計
開発 システムの開発に関わる作業です。主な作業は「コーディング」となり、プログラマーが担当することが多いです。
SEはプログラマーへの作業指示や進捗管理、コードのレビューなど、ディレクション的な業務を担います。
テスト 開発したシステムが、要件定義された内容に沿って動作するかを検証し、品質を確認・評価する工程を指します。
テストはプログラムの単体ごとにチェックする「単体テスト」、システム同士の機能連携をチェックする「結合テスト」、システム全体が依頼者のニーズに適うものかを検証する「総合テスト」の3つに分類されます。
SEはこのうち「結合テスト」、「総合テスト」を担当することが多いです。
運用・保守 開発したシステムが、運用時に安定的に動作しつづけるためのメンテナンス・およびトラブル発生時の対応(障害対応)を行います。
事前に監視方法や障害発生時の対応フローを設計し、依頼者の同意の上で運用・保守業務を行います。

上のとおり、SEには多種多様な業務があります。プログラマーと異なる点はさまざまですが、大きな違いとして以下の3点があげられます。

SEとプログラマーの違い

  • SEは主に上流工程と呼ばれる、要件定義や設計を担当することが多いが、テスト等にも携わる
  • SEは顧客との打ち合わせが必須であり、ヒアリングや交渉スキル、ドキュメント作成能力が求められる
  • SEは協力会社に指示を出す場面もしばしばある

なお上記の図では「プログラミングはプログラマーに任せる」ことになっていますが、実際にはSEがプログラミングを行う場面もあります。

SEには様々な種類がある?SEの種類

ひとくちにSEといっても、以下のようにさまざまな種類があります。

ベンダー系SE 自社のITシステムやソフトウェア、ITサービスを開発・運用する
受託型SE 客先からITシステム・サービスの開発または運用を委託される(客先企業に常駐して業務することが多い)
社内SE 自社内で使用するITシステム(勤務システムや、営業支援システムなど)を管理したり、新たに構築・導入する
ベンダー系SEとは

自社でシステムの開発・運用(またはパッケージの販売)を行うSEです。「ソフトハウス系SE」、または「自社開発SE」と同義で扱われることが多いです。

依頼主が社内であることが多く、綿密なコミュニケーションが取りやすい、関わるシステム・サービスに想いや情熱を乗せやすいといったメリットがあります。

一方のデメリットとしては、会社によっては「同じ技術のみの開発が多くなる」、「社外の人達との接点が少ない」といった点が挙げられます。

ベンダー系SEとは
受託型SEとは

顧客からITシステム・サービスの開発または運用を委託され、業務を行うSEです。客先企業に常駐して業務することが多いです。「システムインテグレータ」、「SIer」と表現されることもあります。

担当となる案件にもよりますが、多くの会社と関われる、多種多様な開発経験・実績を積みやすいといったメリットがあります。

ただし、担当する業務によっては旧時代のシステムを長期にわたってメンテナンスするであったり、必ずしも望む経験・スキルアップの機会に恵まれない場合もあります。

受託型SEとは
社内SEとは

自社の社内システムやセキュリティの管理・設計、システム開発に関する業務、ヘルプデスク業務やトラブル対応を行います。依頼主は社内(主に上司)からになり、部署に関わらず社内メンバーと関わる機会が多いことが特徴です。

その為、「身近な社員の役に立てること」、「働きやすい環境を構築すること」といった働き方を求める人にはやりがいを感じやすいでしょう。
一方で、「非エンジニアの人にわかりやすく説明する必要がある」、「エンジニアリングに足する新しい情報が入ってきにくい」といった環境であることも多いです。

社内SEとは

◇ ◇ ◇

SEの求人を募集する企業では、このうちの1つだけ募集するケースが多いです。

たとえば自社開発のサービスを希望するSEが、客先常駐型SEだけを雇用する企業に入社しても希望はかなえられず、かえって後悔するかもしれません。

また、同じタイプのSEであったとしても、求められるスキル・働き方は大きく異なります。

このため企業がどのタイプのSEで、どのようなスキル・働き方を求めているか、応募前に調査することは大変重要です。

SE(システムエンジニア)のやりがい

SEのやりがい ■要望を受ける段階から本稼働までシステムに関われる ■顧客がうまく言語化できない要望・課題を解決できる ■自分が関わったシステムが社会の役に立つ喜び ■最新のIT技術を追いかけられる etc...

現役SEの人たちに「SEのやりがい」について聞くと、以下のような回答が多く返ってきます。

  • 要望を受ける段階から本稼働まで、システムに関われる
  • システム完成に向けて一致団結でき、顧客先で無事稼働した報告をメンバーで喜び合える
  • 顧客がうまく言語化できない要望や認識していない課題も、システムで解決できる
  • 自分が関わったシステムが、社会の役に立つという喜び
  • 最新のIT技術を追いかけられる
  • 実力をつければより高いレベルの仕事を任され、高い給与も得られるチャンスがある

仕事面や能力アップに関する点を挙げる人もいれば、「メンバーで喜び合える」「社会の役に立てる」といった点を挙げる人もいるのがわかります。

やりがいの幅広さと、「努力すればするだけやりがいが得られる」傾向があるのも、SEの仕事の特徴と言えるでしょう。

参考:現役SEに聞いた!SEの大変な点とやりがいは?

ニックネーム:ブロッコリー 36歳/大阪府(年収:450万円)

SEの仕事は、ざっくりいうと顧客とのヒアリングをして要求を分析し、要件の定義を作り出し、顧客の要望にできるだけ応えられるようにシステム開発することですね。

顧客の要望に100%応えるためのシステム構築が難しいこともありますし、顧客に「できる範囲・できない範囲」を理解してもらうためのコミュニケーションが難しくなることもあります。

一方で、システムをチームで作り上げる際に、そのチームが結束してひとつになっていく過程はやっぱり何とも言えない充実感がありますね。そして顧客の要望通りのシステム開発ができた時にメンバーで喜び合えるのはとても楽しいですし、やりがいに感じています。

ニックネーム: kanehara 35歳/東京都(年収: 500万円)

基本的にはチームで行動しています。開発には1か月ほどのものもあれば難易度によっては半年近くかかるものもあります。
一つのチームに所属するというよりはいくつかのチームに所属して同時進行で案件に取り組むことが多いです。クライアントの要望を伺い、システムの開発、そしてリリース後の運用の保守を行っています。

そんなSEの仕事ですが、一番のやりがいが「クライアントの要望を形にするところ」ですね。

ですが、すべての要望を満たしたとしても、クライアントから満足いただけないこともあります。
なぜかというと、そもそも「要望」とは「まだ形になっていないもの」ですよね。そして、それをSEは形にする。その際に必ず多少のギャップが発生します。

つまり、クライアントと私たちSEで、その要望を形にしたときに、それが「どんな形になるのか」のイメージを前もって共有することが大切だと思います。その為にやることは、こまめにすり合わせをすること──つまり、コミュニケーションですね。
SEはコミュニケーションがとっても大切です。

ニックネーム:いちのじ 30歳/千葉県(年収:400万円)

現在私はシステムの開発と保守、両方をやっています。私のイメージとして、「システムエンジニアはとても曖昧な位置付け」ですね。具体的な作業はフェーズ毎に変わりますから。一貫して言えるのは、「設計業務と、関係者との調整、そして進捗管理」が業務の中心にあることでしょう。

SEの仕事をしていて大変と感じるのは、顧客・メンバーほか関係者との調整ですね。担当する部分は全て把握しておくことを求められます。

私の場合、製造フェーズで、フリーランスや在宅など、色々な立場のプログラマーがチームになることも多く、調整や連絡が大変でしたね。
それ以外にも、保守の仕事で任せられているシステムにトラブルが起きたときは、「解決するまで帰れない」なんてこともしばしばです。私の場合、3徹くらいは普通でした。

そんなSEのやりがいといえば、やはり「思い描くものを形にすること」でしょう。物を作り上げるのが好きな人なら、きっとSEの仕事は楽しいと思います。関わっているプロジェクトや課題(トラブル含め)が解決した時は、相当な達成感が味わえます。

それから、多くの人達と関わり合いながらモノを創っていくので、「人が好きな人」もSEは向いているかもしれませんね

参考:現役SEに聞いた!SEの大変な点とやりがいは?

SEの仕事が向いている人

SEの業務を適切にこなし、そしてSEとしてのやりがいを感じやすい、「SEが向いている人」のタイプとしては、主に以下が挙げられるでしょう。

複数当てはまるという人は、SEの転職を本格的に検討すると良いかもしれませんね。

  • 新しい分野の知識・技術に好奇心を持って取り組める人
  • 個人作業よりもチームとしての活動に楽しみややりがいを見出せる人
  • 「思いを形にする」ことに楽しみややりがいを見出せる人
  • 俯瞰して全体を見渡せる人

SE(システムエンジニア)の年収・将来性は

20代平均300~400万円 30代平均500万円以上

SEの年収は所属する企業によっても異なりますが、平均額はおおむね以下のとおりとなっています。

  • 20代は300~400万円台
  • 30代以上は500万円以上

※参考:厚生労働省「令和元年賃金構造基本統計調査」

30代以上の平均年収は、比較的高い職種です。ただし40代以上になると、年齢を重ねてもあまり上がりません。 このため、継続して年収を上げたい方はより高度の職種に移るなどのキャリアアップも求められます。

尚、上記はあくまで平均年収です。高いスキルやパフォーマンスを発揮できるSEで、年収1,000万円を超えるというケースも少なくありません。

またSEは引き続き人材不足であり、将来性が高いといわれています。しかしこれは、現状のスキルのまま働き続けられることを意味しません。
それはIT業界が、以下にあげる大きな変化の時期を迎えているためです。

  • AIなど新しい技術や、クラウドなど新しいサービスの需要が増加
  • オーダーメイドでの開発案件は減少が見込まれる
  • プログラミング言語を知らないユーザーでも、システム開発できるサービスが登場

このため将来もSEとして活躍し続けるためには、「新しい技術への挑戦」が不可欠です。

SE(システムエンジニア)のキャリアプラン

SE(システムエンジニア)のキャリアパス・イメージ プログラマー→SE(システムエンジニア)→プロジェクトマネージャー→コンサルタント

SEは、プログラマーからのキャリアアップが多くみられます。一方でSEからのキャリアプランは多彩ですが、大きく以下の2つに分けられます。

  • スペシャリスト系
  • マネジメント系(プロジェクトマネージャー、コンサルタントなど)

どちらへ進むかは、あなたの希望と適性により選べます。そもそもSEは、高度IT人材の基礎となる職種といえますから、経験とスキルを身につけることで将来の可能性が広がります。

一方で多くのIT企業では、希望する職種のポストが空いていない場合も少なくありません。

たとえばシステム開発の3次請け、4次請けを行う企業においては、スペシャリストやプロジェクトマネージャーを目指すことはなかなか難しいことが現状でしょう。

つまり、SEの転職の際はこのような企業ごとの「SEの働き方」をあらかじめ知っておき、「自身の希望するキャリアを適えられる職場」を見出しておくことが重要なのです。

2)SE(システムエンジニア)に必要な知識・スキル

SEには多様な知識やスキルが求められます。代表的なものとしては、以下が挙げられるでしょう。

それぞれ仕事をする上ではどのようなレベルが求められるか、順に確認していきましょう。

ITに関する知識とスキル、および自らすすんで学ぶ姿勢

ITに関する知識とスキルおよび自ら進んで学ぶ姿勢:■プログラミング言語や開発の手法 ■OS ■データベース ■ネットワーク ■セキュリティ など

SEはITを武器に仕事をする技術職ですから、ITに関する知識やスキルは欠かせません。システムは以下のように、さまざまな要素から成り立っています。

  • プログラミング言語や開発の手法
  • OS(クラウドを使う場合は、利用するクラウドサービスの知識も求められる)
  • データベース
  • ネットワーク
  • セキュリティ

参考:システム開発の全体の流れ

ITエンジニアの全体像 ■研究開発…企画 ■プロジェクト管理…システム開発 インフラ開発 ■保守品質…運用・保守

SEは顧客に対して適切な提案をする必要がありますから、システム開発の知識はもちろん、上記にあげた他の分野の知識も習得しておきましょう。

また上記の技術は、日進月歩で進んでいます。自ら積極的に学び知識やスキルをアップデートし続けることがよい提案につながります。

参考:現役SEに聞いた!これからSEを目指す方へのアドバイス①

ニックネーム: きっく 24歳/神奈川県(年収: 400万円)

SEは独学でも目指せる職種だと思います。
ですが、最近は「若いうちに基本情報技術者試験合格をしておくように」と言ってくる企業が多いように感じています。

そういった煩わしい指摘から解放される意味でも(笑)、基本情報技術者試験の勉強をおすすめします。

ですが、本当に理解が出来るようになるのは、実際にシステムに携わったりしたときだと思うので、出来ることであれば簡単なシステムやアプリなどを自作してみて欲しいです。

その中で開発の仕方やコーディングについて考える機会が必ず出てきます。そうした小さな経験をしておくことで、スタートダッシュが全く違うと思います。

参考:現役SEに聞いた!これからSEを目指す方へのアドバイス①

自社や顧客企業の業界・業務に関する知識

自社や顧客企業の業界・業務に関する知識:SEに求められる知識はエンジニアリングだけではない! システムに関わる知識 + 自社や顧客企業の知識

SEは、顧客が抱えているビジネス上の課題を解決する役割も担います。適切なシステムを提案するためには、その会社または顧客企業の業務を知っていることが前提です。

業務知識がなければ適切な解決方法(ソリューション)を提示できず、顧客から不信感を抱かれかねません。またシステムが稼働しても、業務の効率化や業績の向上に結びつけることもできません。

一方でSEに求められる業務知識は配属先によって異なりますから、入社後に独学で学ぶことが基本です。

担当する業界で一般的に行われている業務内容は、知っておく必要があります。

個々の企業ごとに異なる部分など、細かい部分の知識は仕事を通じて学ぶことになるでしょう。社内で勉強会が行われる場合は、積極的に参加してみると良いでしょう。

社内調整や、顧客の要望をヒアリングし交渉するスキル

社内調整や顧客の要望をヒアリング/交渉するスキル:ヒアリング・交渉スキルは相手の「WILL」を聞く力

システム開発では、さまざまな立場の方が関わります。ときにはそれぞれの立場を主張しあい、対応に苦慮する場合もあるかもしれません。

このような場合でも何が障害なのかをきちんと聞き取って分析し、プロジェクトの完成に向けて一丸となって進めるよう調整するスキルが求められます。

同じことは、顧客との打ち合わせでも言えます。
システム開発は社会的な意義のある事業であるものの、自社の利益も確保することが重要です。

このため顧客と自社の事情を踏まえつつ、両者にとってよい結果となるようにうまく交渉するスキルが求められます。

加えて顧客の業務に役立つシステムをつくるためには、顧客が求める真の要望を引き出すことも重要です。

参考:現役SEに聞いた!これからSEを目指す方へのアドバイス②

ニックネーム: しゅういち 38歳/愛知県(年収: 500万円)

SE仕事を行う上で重要なのは、どの職種でも同じだが、的確に相手の言いたいことを理解し、的確に答える業務コミュニケーションスキルだと思います。
「ITエンジニアだから人と話す機会は少ない」なんて思っていたら大間違いです。
特に、最近ではリモートワークを取り入れる企業が増えてきていますが、そこでのチャットやメール、Webミーティングでのコミュニケーションは対面コミュニケーションより難易度が上がります。
人に正しく伝えるスキルは、より一層、重要になっているのではないでしょうか。

ニックネーム: おーちょ 51歳/東京都(年収: 1,350万円)

特に業務システムを扱うSEの場合、クライアントにヒアリングを行った際に相手がどうしたいのか、何を求めているのかを引き出すことが非常に難しい場合があります。

「理想の業務プロセスを、明確に伝えられるクライアントは少ない」と受けとめておいた方が良いと思います。
まずは、自分で様々な業務プロセスを学んで同業種の事例などから要件定義を引き出したり、ヒアリングを丁寧に重ねながら「これだ」と見出して提案できるSEになれると素晴らしいと思います。

参考:現役SEに聞いた!これからSEを目指す方へのアドバイス②

論理的思考能力

論理的思考能力:「工程Aで出力されたデータを、工程Bで使う」「スケジュール内に終えるには何から始めるべきか」など

SEには、論理的思考能力も求められます。それは業務の遂行において、以下の場面が生じるためです。

  • 設計する際は仕様や業務フローのチェックを行い、矛盾が生じないように行う
  • 開発においてスケジュールを作成し、管理する
  • バグが発生した場合に、プログラムのコードを確認して不備を見つける

たとえば業務においては、「工程Aで出力されたデータを、工程Bで使う」といったプロセスがしばしば発生します。このとき、工程Bは工程Aの後で処理するよう注意して設計しなければなりません。

また開発工程においては、「スケジュールに遅れないためには、いつまでに何を終えていなければならないか」といった課題も発生します。論理的思考能力があればスケジュール遅延の兆候を早めに見つけ、対処することが可能です。

3)SE(システムエンジニア)への転職を成功するために、意識したいポイント3つ

SEへの転職を成功するためには、以下3つのポイントについて、事前にしっかり準備しておくことをおすすすめします。

それぞれがなぜ重要か、順に確認していきましょう。

プログラミングおよびITの基礎知識を持っておく

POINT1 プログラミングおよびITの基礎知識を持っておく:実務経験の浅い人はポートフォリオ作成やスクール学習を

SEのなかには、まったくプログラミングを行わない方もいるかもしれません。

そのような方でも顧客に対して適切なシステム提案を行うためには、プログラミングやITの基礎知識が必須です。また開発の終盤であるテストの段階でトラブルが発生した際、SE自らがコードを修正することもあります。

これらのスキルがあるかどうかは応募書類だけでなく、面接の場でも口頭でチェックされる場合も少なくありません。

エンジニア実務経験の浅い人は、ポートフォリオ作成やスクール学習も視野に

もし多少なりともエンジニア経験があれば実務経験をアピール可能ですが、未経験の方はそういうわけにもいきません。

その場合は小規模のシステムを組んでポートフォリオを作る、またはエンジニアスクール等を活用した学習期間を持つことを視野に入れるとよいでしょう。

ポートフォリオを作成することで、で開発のプロセスが学べ、資格の取得で知識を補うことができ、あなたのやる気をアピールすることも可能です。

また、プログラミングの経験やITの基礎知識に不安を感じる方向けの学びの場としては、ハローワークの職業訓練エンジニアスクールがあります。

ITエンジニア実務レベルを目指す人におすすめのプログラミングスクール

エンジニアスクール 特徴

コードキャンプゲート
  • オンラインプログラミングスクールで、現役エンジニアによるマンツーマンの指導が評判!
  • 学習内容:HTML5/CSS3、JavaScript/jQuery、PHP、MySQL 等

DMM WEBCAMP
  • オンライン教材で自主学習をし、最終的にはチーム開発に必要な知識まで習得できるプログラミングスクール
  • 学習内容:HTML / CSS / JS/ jQuery / Ruby / Rails、ECサイトの開発、ポートフォリオの作成 など

Tech Academy(テックアカデミー)
  • コース数が非常に豊富(29コース:2020年11月現在)な、オンライン型のプログラミングスクール
  • 学習内容:PHP、JAVA、jQuery、Ruby、Python、Scala、Kotlin、Unity、ブロックチェーン、AI、Node.js、Google Apps Script、AI、データサイエンス、UI/UX…等


業務遂行スキルを高めておく(指示やコミュニケーション、書類作成など)

POINT2 業務遂行スキルを高めておく

SEとして働くと、コミュニケーションを取る相手の幅広さに気付くことでしょう。

SEが業務でコミュニケーションを取る、主な相手

  • チームのメンバー
  • 上司
  • 他部署のスタッフ
  • 顧客企業の担当者
  • 協力会社

これらの人たちの持つ、「業務やエンジニアリングに関する知識・情報量」は実に様々です。

SEはコミュニケーションを取る相手に対して、相手が持つ知識・情報量にあわせ、できるだけ明確に、人による解釈がなるべく異ならないような依頼や指示出しができるように、意図したことを明確に伝え、相手の意図もしっかりくみ取れるようにしていく必要があります。

そのうえで大切となるのが、様々な「業務遂行スキル」です。
例えば、商談や打ち合わせでのコミュニケーションではヒアリングスキルプレゼンスキルが求められますし、設計書や議事録等の提出資料を作成するための資料作成能力ライティングスキルも求められるでしょう。
開発チームをまとめていくうえではチームビルディング力ディレクションスキルが必要となります。

これらスキルは一朝一夕で培えるものではなく、多くの場合経験で養われるものです。
SEになってから習得しても間に合うケースもありますが、可能な限り今からこれらスキルに関わる業務に積極的に関わり、経験を少しでも多く積んでおくことをおすすめします。

参考:現役SEに聞いた!これからSEを目指す方へのアドバイス③

ニックネーム: ぼのーぼ 28歳/大阪府(年収: 500万円)

SEは、「人と話すスキル」を身に着けておくとスムーズに仕事を進めやすくなるという印象です。クライアントもそうですが、チームの皆をまとめるといったシーンも多くなります。
早いうちからコミュニケーション能力の向上を意識しておくと良いでしょうね。
また、仕様書や要件定義書などを書く機会が多くなるので、ドキュメントの書き方や上流工程への知識もつけておくと良いでしょう。

参考:現役SEに聞いた!これからSEを目指す方へのアドバイス③

IT業界に詳しい、転職エージェントを活用しよう

POINT3 IT業界に詳しい転職エージェントの活用

SEへの転職活動を1人で行うことは可能ですが、ベストの方法とはいえません。それは、以下の課題があるためです

  • SEを求める企業は数多いため、あなたに合った企業を探し出すことは大変な労力を要する
  • 働きながら転職活動を進める場合は今の仕事との調整がつかず、うまく進められない場合も少なくない
  • 応募要項に書かれている内容が真実とは限らない

このため企業の内情をよく知らないまま入社し、後悔してしまうかもしれません。

一方で、転職エージェントならあなたの希望をヒアリングし、入社後に活躍できる企業を紹介してもらえます。

転職エージェントは、転職者に対して求人の紹介、キャリアプランのアドバイス、その他応募書類の添削、面接対策を行ってくれます。
「仕事が忙しい」という人も、活動のスケジューリングや、応募先企業との調整も行ってくれます。企業の内情も熟知しているため、「応募してみたけど、だった…」ということも起きにくくなるでしょう。

もっとも、どの転職エージェントに依頼すればよいか迷う方もいるかもしれません。次の章では、おすすめの転職エージェントを紹介していきます。

4)SE(システムエンジニア)へ転職する際におすすめの転職エージェント

転職エージェントは、どれも同じではありません。

SEの特徴を熟知していない転職エージェントに依頼すると、「ベンダー系SEを希望しているのに、客先常駐がメインの企業をすすめられた」などのような、好ましくない状況となる可能性もあります。

希望する条件は各自で異なりますから、それぞれの希望に対してきめ細かく対応できる転職エージェントが求められます。

ここでは未経験からSEを目指す際の、転職エージェントの選び方・活用法を紹介します。あなたに合った転職エージェントを見つけられるよう、ぜひご参考ください。

ITエンジニアの転職で転職エージェントを有効活用するポイント1 主な転職エージェントの特徴を知っておく
ITエンジニアの転職で転職エージェントを有効活用するポイント2 はじめに2~3複数の転職エージェントに登録しておく、ポイント3 面談およびメール・電話のやりとりで相性とやりやすさを見極める

SEへの転職で、転職エージェントを活用するポイントは以下の3点です。

  • Point1 各ITエンジニア向け転職エージェントの、それぞれの特徴を知っておく
  • Point2 はじめに2~3つ「複数」の転職エージェントに登録しておく
  • Point3 何度かのやりとりで「相性」と「やりやすさ」を確認する

特にポイント3つ目の「相性とやりやすさ」は重要です。転職エージェントの担当者とは、転職期間中はずっと付き合いを続けていきますので、「自分に合った担当アドバイザー」を早めに見出していくことが、転職成功のひとつの要となるでしょう。

ITエンジニアの転職で自分に合ったアドバイザーを見分けるポイント3つ
  • キャリア相談に、しっかり乗ってくれるか
  • 求人紹介をする際に、「何故おすすめなのか」についてきちんと納得できる説明をしてくれるか
  • 求人紹介の量・その後の連絡ペースが、適切と感じられるか
転職エージェントの選び方・活用法を詳しく見る

SEの転職で、おすすめの転職エージェント一覧

ITエンジニア業務経験1年以上の人向け

転職エージェント 特徴

レバテックキャリア
  • キャリアアドバイザーのIT・Webに関する知識が豊富
  • 応募書類作成、面接対策のサポートに強い(面接通過率約65%!)
  • 拠点:東京・愛知・大阪・福岡

マイナビITエージェント
  • ITエンジニアの求人数が大手~ベンチャー企業まで豊富
  • 登録からアフターフォローまで一貫した手厚いサポート
  • 拠点:東京・神奈川・北海道・宮城・愛知・京都・大阪・兵庫・福岡

doda IT エンジニア
  • dodaならではの、良質かつ豊富な求人
  • 担当2名体制で、転職活動を強力サポートしてくれる
  • 拠点:北海道・宮城・東京・神奈川・静岡・愛知・大阪・京都・兵庫・岡山・広島・福岡

Geekly(ギークリー)
  • Web業界・ゲーム業界の転職支援に強い!
  • 20代~40代まで、幅広い年代で転職成功実績がある
  • 拠点:東京

DYM IT転職(経験者向け)
  • エンジニアのキャリアアップ・キャリアチェンジへの積極的な提案
  • オンライン対応完備!平日22時まで受け付け&土日も面談可能
  • 拠点:東京・大阪・愛知・京都・福岡・広島・北海道・宮城

ITエンジニア実務未経験・業務経験1年未満の人向け

転職エージェント 特徴

リクルートエージェント
  • 国内No1の転職支援実績と求人数!
  • 優秀なキャリアアドバイザーが多く、適切なサポート・転職支援を受けられる
  • 拠点:東京・北海道・宮城・栃木・埼玉・千葉・東京・神奈川・静岡・愛知・大阪・京都・兵庫・岡山・広島・福岡

doda
  • ITエンジニアの求人数が大手~ベンチャー企業まで豊富
  • 登録からアフターフォローまで一貫した手厚いサポート
  • 拠点:北海道・宮城・東京・神奈川・静岡・愛知・大阪・京都・兵庫・岡山・広島・福岡

ワークポート
  • IT・Web業界の転職支援に強い!
  • キャリアアドバイザーが積極的に求人提案をしてくれる
  • 拠点:東京・埼玉・神奈川・千葉・宮城・仙台・愛知・大阪・京都・神戸・岡山・広島・福岡・北海道

type転職エージェント
  • 年収アップ転職の成功率が高い(71%)!
  • 一人ひとりに向き合った丁寧なサポートで、「面接対策」のアドバイスの評価も高い
  • 拠点:東京

DYM IT転職(未経験者向け)
  • エンジニア未経験者向けの研修制度がある
  • オンライン対応完備!平日22時まで受け付け&土日も面談可能
  • 拠点:東京・大阪・愛知・京都・福岡・広島・北海道・宮城

SEの転職の際によくある質問(FAQ)

イメージ図:Q&A
 

Q1)SEの転職に、有利になる資格はありますか。

SEの転職においては、資格よりも実務経験や保有スキルを重視する企業が多いです。その為、「転職を有利に進めるために資格を取る」というよりも「知識・スキルの幅を広げるために資格を取る」というスタンスで臨むことをおすすめします。

その前提において、以下資格は取得しておくことによって転職を有利に進められることがあります。

資格 概要
ITパスポート 経済産業大臣が行う国家試験で、「ITを利活用するすべての社会人・学生が備えておくべきITに関する基礎的な知識が証明できる」資格と位置づけされています。
ITエンジニアのみならず、IT業界に関わる人(またはその予定の人)たちも対象としていることもあり、年間受験者も多いです。
基本技術情報者試験 経済産業大臣が行う国家試験で、「高度 IT 人材となるために必要な基本的知識・技能をもち,実践的な活用能力を身に付けた者」を対象とします。ITパスポートよりも難易度が高く、資格を保持することで企業からの信頼度を高めることが期待できます。
SE出身者で、基本技術情報者試験の取得を勧める人は多く、それだけ実務経験でも役立てられていることがうかがえます。
応用技術情報者試験 経済産業大臣が行う国家試験で、基本技術情報者試験の上位資格になります。「高度 IT 人材となるために必要な応用的知識・技能をもち、高度IT 人材としての方向性を確立した者」を対象とし、難易度は相応に高まり合格率は20%ほどです。
試験を通して技術・管理・経営までの幅広い応用力を身に付けることができます。
システムアーキテクト試験 主にシステム開発の上流工程を担当するエンジニアに向けた試験です。「システム開発の上流工程を主導する立場として、豊富な業務知識に基づいて的確な分析を行い、顧客等からの提案に適した情報システムのデザインを設計し完成する者」を対象とします。
SEとして経験を積み、更に上位エンジニアとして活躍する際、またはゆくゆくやITアーキテクトやITコンサルタントといった職種を目指す人に向いている資格です。

その他、SEのキャリアアップに有効と評価されることの多い資格

  • ネットワークスペシャリスト試験
  • データベーススペシャリスト試験
  • オラクルマスター
  • Oracle Certified Java Programmer

それぞれの資格について詳細をインタネット等で調べてみて、自身の今後のキャリアに役立つ知識・スキルを得られそうかをチェックしてみてください。

Q2)SEの転職は年齢によって難易度が上がりますか。

SE実務未経験からのSE転職は、年齢が上がるにつれて難易度は高まる傾向にあります。
また、年代によって企業から求められるものも変わりますので、その点も意識しておくと良いでしょう。

20代からSE転職を目指す場合 SEとしての実務経験の浅い人が大半になりますので、企業はITエンジニアリングの知識・スキル、およびSEとしての適性を見てくることが多いです。今後のポテンシャルを加味されることも多く、SE転職として比較的目指しやすい年代といえます。
30代からSE転職を目指す場合 企業は転職者に対して「SEとしての一定の実務経験、およびそれに見合った知識・スキル」を求めることが多いです。またプロジェクトリーダー等のチームマネジメント業務を任せられることも多く、メンバー育成やマネジメントの知識・経験が要求されることも多いです。
30代からSE転職を目指す場合は、「SEとしての知識・スキル+マネジメント能力」も求められると意識しておくと良いでしょう。これらの経験に乏しい場合、SE転職はやや難易度が高くなります。
40代以降からSE転職を目指す場合 40代の転職者に対して、企業は高いエンジニアスキルおよび実務経験を求める傾向にあります。これまでSEとしての実務経験がない場合は、それを補うだけのエンジニアスキルが必要となるでしょう。
ただし、近年においてはDX推進をはじめとして、エンジニアスキル以外の「+α」のスキル・経験を見込んでの採用を行う企業が増えてきています。
また今後SEとしてのスキルアップをしっかり行っていける自信を持てる方は、これまでの経験、積み上げた知識・スキルが有効活用できる求人を探して応募すると良いでしょう。

Q3)大手企業のSEに転職するにはどうすれば良いですか。

日本のIT業界は多重下請け構造になっていることもあり、三次受け・四次受けといった下請け案件の多い中小企業としてではなく、クライアントから直に依頼を受けられる大手企業に転職したいと希望するエンジニアは多いです。

ただし、元受けを行っている大手システムベンダーにSEとして転職するのは相応のスキル・経験が求められます。
現在SEとしての実務経験がないまたは浅いという方は、直接大手企業を目指すよりもまずは実務経験を積み知識・スキルを高めたうえでチャレンジするのが現実的でしょう。

また、大手企業SEではマネジメントスキル・ディレクションスキルはほぼ確実に求められるでしょう。エンジニアリングとしての経験だけでなく、チーム業務としての経験もしかり積み上げていくことが大切です。

大手企業のSEに転職する際のポイント

  • SEとしての実務経験を積む
  • チーム業務としての経験を重ね、マネジメントスキル・ディレクションスキルを高める
  • 資格取得など、実務経験+αの知識・スキルを磨く

Q4)「未経験歓迎」のSE求人を選ぶ際の注意点を教えてください。

実務経験なしでSEを募集している企業の求人に応募する際は、以下の観点をしっかりチェックしておくことをおすすめします。

  • 待遇・条件
  • 事業内容
  • 業務内容と求められるスキル
  • 残業や休日出勤の有無
  • 会社の風土、職場の雰囲気

「未経験でも可」となっている職場は、「給料が安い」「残業が多い」などのデメリットとトレードオフになっていることが少なくありません。
ただし、どんな職場もデメリットはあるものです。「すべてのデメリットを回避しよう」と考えるよりも、「今回の転職で、何を最優先すべきなのか」「どこまでの条件なら許容できるか」を見定めて求人を選定していくと良いでしょう。

Q5)SE転職で、職務経歴書の作成で注意すべき点はありますか。

SEへの転職では、企業は職務経歴書で以下の点を重視することが多いです。

  • 技術スキル
  • コミュニケーションスキル

技術スキルはだけでなく、現社員およびチームワークに馴染めるかについても重要なチェックポイントになります。具体的には、職務経歴書で以下の点に留意して作成すると良いでしょう。

  • 得意とする分野・スキルは、初めて読む人にとって分かりやすい表現に
  • 経歴紹介は、「いつ(When)」「どこで(When)」「何をしてきたか(What)」を明確にする
  • 「職務経歴-業務の経験から、どんなものを得られたか」についても記載する

職務経歴書を単なる経歴紹介のみで済ませてしまうエンジニア転職者の方は少なくありません。また、職務経歴書を見る相手は必ずしもエンジニア実務経験者ではありませんので、非エンジニアの人の視点を意識した書き方が重要です。
特に3点目の「職務経歴-業務の経験から、どんなものを得られたかについても記載する」については、採用担当が興味・関心を持つきっかけにしやすいでしょう。

Q6)SEへの転職面接時では、どんな質問をされることが多いですか。

SEの転職においても、転職面接時にされる質問は他の職種と大きく変わりません。大別すると、採用担当からは以下要素に関わる質問をされることになるでしょう。

  • 自己紹介・自己PRに関わる質問
  • 志望理由・転職理由に関わる質問
  • 適性や職務要件の確認に関わる質問

これら質問の回答は、なるべく事前に用意しておいた方が安心です。具体的な回答例なども確認したい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

面接のフェーズ別「質問例&回答例」紹介記事

転職面接時によくされる質問例&回答例10選①序盤編(自己紹介・自己PR) ①序盤編(自己紹介・自己PR)
企業面接での自己PR・自己紹介をする際のポイント・注意点、およびよくある質問と回答例を紹介しています。
https://min-ten.com/guide/guide_5823/ ②中盤編(志望理由・転職理由)
企業面接で必ず訊かれる「志望理由」・「転職理由」に関わる応答でのポイント・注意点、およびよくある質問と回答例を紹介します。
転職面接時によくされる質問例&回答例10選③適性・職務要件確認編 ③適性・職務要件確認編
企業面接で、面接官が転職者の適性、知識・スキルの確認時に訊かれる「適性・職務要件」の確認でのポイント・注意点、およびよくある質問と回答例を紹介します。※本記事の内容です。
転職面接時によくされる質問例&回答例10選④最終面接・役員面接・条件確認編 ④最終面接・役員面接・条件確認編
企業の最終面接、役員面接、条件確認時におけるポイント・注意点、およびよくある質問と回答例を紹介します。
転職面接時によくされる質問例&回答例7選⑤「女性ならではの質問」編 ⑤「女性ならではの質問」編
企業面接において、女性転職者が受けやすい質問・確認について、ポイントと注意点、およびおすすめの受け答え方法を紹介しています。

まとめ)SEはステップアップのためにもおすすめ。転職エージェントの活用で安心

ここまで解説したとおり、SEには技術だけでなく、対人スキルや業務スキルも求められます。
「大変な仕事だ」と思った方もいるのではないでしょうか。

しかしSEは、IT技術者としてのスキルアップが見込める職種です。その先にステップアップするためにも、未経験だからこそぜひ目指すことをおすすめします。

とりわけ、1つのサービスを作り上げた後の充実感は、SEならではのものです。もし顧客と直接取引できる企業に入社できたならば、顧客とともにシステムを作り上げる喜びも味わえます。

SEとして力を発揮するためには、企業選びも重要です。転職エージェントなら数多い企業のなかから、あなたに合った企業を教えてくれます。

また内定へ向けてバックアップする仕組みも整っていますから、安心して転職活動を進められ、あなたの希望する将来像へ近づけます。

<>