『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代ビジネスマン男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

「下請けSEから脱却したい!」で悩むエンジニアが転職成功するポイント3つ

[最終更新日]2018/05/15

下請けSEから脱却するためのポイント

いわゆる下請け会社でSEやプログラマ、SIerとして働いている人の中には、「チャンスがあれば上流工程に携わっていきたい、元請け企業へ転職したい」と考えている人も多いのではないでしょうか。

また、そのように考える理由についても、給与などの条件面や仕事のやりがいなど、複数の要因が絡み合っているのかもしれません。

目次

 

1) そもそも「下請け」とはどんなものか 「元請け」と「下請け」の違い

まずは根本的な話になりますが、そもそもIT業界における「下請け」とはどのような位置のことを示すのでしょうか。

「下請けと元請けの違いぐらい分かっているよ!」と思った人も、ここは重要なところなので飛ばさずにしっかりと読んでいただきたいです。

下請けと元請けの違いを正確に把握しておかないと、元請けへ転職するのは良い面ばかりではなく、リスクも伴うことが理解できていない可能性があるからです。

元請けや上流工程だからといって「天国」とも言い切れないのはなぜなのか、確認していきましょう。


「元請け」(上流工程)の仕事は、こんな感じ

元請け(直請け・一次受け)企業とは、クライアントから直接仕事を受注し、ベンダーなどの下請け会社へ業務を委託する立場にある企業のことを指します。

クライアントが抱える課題のうち、どの部分をどのようにシステムで解決できるかを考え、提案します。

システムの設計や要件定義といった開発の出発点から自分で考えるため、システム開発の根本的な部分を経験することができます。

また、クライアントの課題を直接聞くことができたり、クライアントからの評価がダイレクトに伝わってきたりする位置にいるため、やりがいが大きい反面、大きなプレッシャーと戦わなくてはならない場面も多いと言えます。

ゼロから1を生み出す部分を担い、実務は外部へ委託するというイメージです。


こうした元請け企業には、いわゆる一流企業、大企業と呼ばれる会社が多く、下請け企業と比較するとたいてい待遇面において恵まれています。

給与や各種手当、休日数、福利厚生といった条件に関しては、下請け元請けへ転職することで改善されるケースが圧倒的に多いと言えるでしょう。


「下請け」の仕事は、こんな感じ

元請け企業が仕事を委託する先が、いわゆる下請けです。ただし、元請けから直接依頼を受けるのは一次請けで、そこからさらに二次、三次と下請けが連なるため、元請けと直接やりとりができる会社ばかりではありません。

下請け会社は、基本的に委託元から依頼された通りにプログラムを書き、納品します。
つまり、元請けの仕事が「顧客の課題解決」や「要件定義」といった、考える要素の多い仕事であるのに対して、下請けはそれらを実現するための実務部隊と位置づけることができます。


待遇については、元請けよりも劣るのが一般的です。

では残業時間や休日数などは元請けよりも恵まれているかというと、労働条件としては下請けのほうがずっと過酷であるのが実情です。

なぜなら、上述の通り、「注文通り、納期通りに進める」ことが下請けには課せられているからです。

無茶な納期で依頼されたり、バグが解決しないまま時間が過ぎたりした場合は、深夜まで残業が続いたり、会社に泊まり込んで作業を続けることも決してめずらしくありません。


「元請け」「上流工程」だからといって、天国という訳ではない

元請けと下請けの仕事内容や待遇を単純に比較すると、元請けは天国で下請けは地獄のように見えてしまうかもしれません。

では、下請けSEは元請けへ転職すれば天国に行ったかのような気分で働けるかというと、一概にそうとも言い切れないところがあるのです。


元請けの社員の待遇が良い最大の理由は、クライアントから直接依頼を受けているからです。

このとき引き受けるのは、受注や開発に伴うリスクも含まれています。下請けであれば、より上流の工程から流れてきた要件通りに作業すればいいところを、元請けの場合はあらゆることを自分で判断し、決断していかなくてはなりません。

自分たちの仕事だけでなく、顧客のビジネスにも踏み込み、他社であるクライアントの経営課題を半分背負い、責任を負わなくてはならないケースも出てきます。

この部分の仕事を担うことができる能力とバイタリティを併せ持ち、顧客から信頼されることができなければ、元請けの社員は務まりません。


このように、元請けの仕事には待遇に見合うだけの責任が伴うこと、そのポジションにあり続けるだけの能力も求められることを抜きにして、大手企業としての待遇の良さだけにフォーカスするわけにはいかないのです。


2) 下請けSEから脱却するためのポイント3点

下請けと元請けにはそれぞれ大変な面があることは前で述べた通りですが、それでもやはり「下請けSEから脱却したい!」「上流工程へステップアップしたい!」という思いが依然強ければ、脱却へ向けて一歩一歩進んでいきましょう。

注意しておきたいのは、一足飛びに下請けSEから脱却しようとするのではなく、下請けSEの仕事の中でも意識しておくべきポイントがあることです。
特に意識しておきたいポイントとして、3つの点をまとめてみました。


自身のエンジニアとしてのキャリアアップを描いてみよう

エンジニアとしてのキャリアをどのように描いていきたいのか、キャリアプランは明確になっているでしょうか。

SEのキャリアの代表的な例としては、まずは一人のSEとして現場で経験を積み、チームリーダープロジェクトリーダーへと進んだあと、プロジェクト全体を統括するプロジェクトマネージャーを目指すというものです。ただし、SEのキャリアパスはこれ「だけ」ではありません。

SEの別のキャリアとしては、テクニカルエンジニアとしての道があります。

ネットワークやデータベースのスペシャリストとしてスキルを研鑽し、いずれはテクニカルスペシャリストとなり、さらには企業への助言や提案を行うテクニカルコンサルタントを目指すというものです。

もう一つの道として、IT業界での営業職やITコンサルタントへと転身する方法もあります。いずれもシステムやプログラムの基本的な知識が必須となる仕事ですので、SEとして就業した経験は必ず役立てることができます。

こうしたキャリアパスのうち、自分のやりたいことや適性に合ったものを選び、キャリアのおおよその方向性を定めておくことが大切です。

マネジメントスキルを高めていこう

SEとプログラマの大きな違いとして、プログラマはコーディングの実務を自ら遂行するのに対して、SEはプログラマへ指示を出し、人を動かす仕事であるという点が挙げられます。

このように、SEはそもそも「人」がキーとなる仕事であり、いかに人をまとめるか、指揮をとっていくことができるか、が重要な要素となってきます。

SEとしてレベルアップしていくには、人を束ねていくためのマネジメントスキルが欠かせなくなっていきます。プロジェクトのヒト・モノ・カネ・時間に関する調整力、それらを相手に的確に伝えるとともに、トラブルが起きた際には臨機応変に対応するコミュニケーション能力が求められます。

指示を出すときやコミュニケーションをとる際に、こうしたスキルを日々の業務の中で意識していくことが大切です。


マネジメントスキルと聞くと、プロジェクトマネージャーやプロジェクトリーダーといった職位をイメージする人もいるかもしれません。

しかし、SEがキャリアアップしていく上では職位そのものよりも実務経験のほうがよほど重要です。

転職の面接時に、どのようなことを日々の業務で意識してきたか、十分な説得力をもってアピールするためには、日頃から意識して仕事をする必要があるのです。


エンジニア向けの転職サービスを活用しよう

転職活動に取り組むにあたって必要なのは、求人を探すことです。

転職サイトや転職エージェントといったサービスを利用することになるはずですが、他職種と比べてエンジニア特有の転職事情が多々あるため、できるだけIT業種に特化したエンジニア向けの転職サービスを活用するようにしましょう。

転職サイトを利用して自分で求人を探す場合、エンジニア向けのサービスであれば職種や分野を詳細に検索することができ、効率よく求人を探すことができます。

あらゆる職種の求人が掲載されている総合型転職サイトの場合、「ITエンジニア」とひとくくりにされていたり、開発分野が大雑把にしか分類されていなかったりすることがあるからです。


なお、下請け会社のSEから元請けへのキャリアシフトのように、一般的にキャリアアップとされる転職に挑戦する場合は、独力だけで何とかしようとせず、転職エージェントなどプロの力を借りることを強くお薦めします。

人材募集の事実を同業他社に知られたくない場合や、一般公開されていない新規プロジェクトのメンバーを募集するような場合、非公開求人という形で募集をかけるケースがありますが、こういった求人にアクセスするには、転職エージェントを経由するしかないのです。


3) 下請けSEの脱却を目指した転職をする際に、お薦めの転職サービス

下請け会社のSEから脱却したい!という思いで転職活動を始めるとしたら、よほどの事情がない限りは転職エージェントを活用しましょう。

近年はITエンジニアの転職支援を強みとする転職サービスがいくつも立ち上がっています。キャリアアップを志向する難易度の高い転職を目指すITエンジニアなら、こうした転職サービスを使わない手はありません。


ただし、転職エージェントは各社どこでも同じではありません。
転職エージェントごとに強みとする職種や分野がありますので、自分が目指す開発分野に強い転職エージェントかどうかをチェックした上で、登録していくといいでしょう。


転職エージェントの利用が初めての人は、マイナビエージェント×ITを!

マイナビエージェントは、転職サービスのマイナビ転職で有名なマイナビ社が運営する転職エージェントです。

その中でも、IT業界への転職を目指す人に特化したサービスがマイナビエージェント×ITです。

マイナビエージェント×ITは、転職サービス大手の1社であるマイナビの強みを最大限に活かし、豊富な求人数とていねいなカウンセリングに定評があります。

キャリアコンサルタントの中には元SEの経歴を持つ人もいますので、業界未経験者にとっては頼もしい案内役となるはずです。

カウンセリングが穏やかで落ち着いた雰囲気で行われたという感想も多く見られることから、転職エージェントの利用そのものが初めての人にとって安心して利用できる転職エージェントと言えるでしょう。

サービス名 マイナビエージェント(IT特化)
特徴 マイナビエージェントITは、国内有数の転職サービス「マイナビ」が、IT・Web業界の転職にターゲットを絞った転職エージェント。

数多くの独占求人非公開求人を掲げ、登録からアフターフォローまで一貫した手厚いサポートが人気です。
企業名 株式会社マイナビ(1973年8月)

大手を中心に多くの求人を紹介してもらいたい人は、doda ITエンジニアを!

元請け企業のSEを目指すという明確な目的がある転職であれば、応募先企業として候補に挙がるのは、ほとんどが大手企業になるはずです。

よって、大手企業の求人を多数抱えている転職エージェントでなければ、元請け企業のSEへ転職したいという希望を叶えることは難しくなります。


そういった面で、doda ITエンジニアは元請けSEを目指したい人にとって最適な転職エージェントの1つと言えます。

doda ITエンジニアは転職サイト大手のdodaを運営するパーソルキャリア社が提供する、ITエンジニアを専門とする転職エージェントです。

国内最大級とされるdodaと求人データベースを共有していますので、膨大な求人数の中から自分に合った企業の求人を紹介してもらうことができます。

大手の転職サービスだけに顧客にも大手IT企業が多く、元請け企業へ転職したい人にとっては外せない転職エージェントの1つと言えます。

サービス名 doda ITエンジニア
特徴 国内最大級の求人案件と信頼を誇るdodaで、さらにITエンジニア向けの転職に特化したサービスが、この「doda ITエンジニア」です。 大企業や上場企業から中小、ベンチャーに至るまで多種多様なITエンジニア向けの求人にアプローチできるほか、業界に詳しい専任アドバイザーがしっかりサポートしてくれます。
企業名 パーソルキャリア株式会社(1989年6月)

面接や応募書類作成に自信がない人は、レバテックキャリアを!

レバテックキャリアIT業界への転職に特化した転職エージェントです。

上記のマイナビやdodaがいわゆる総合型転職エージェントのうち、ITエンジニア向けのサービスも提供しているのに対して、レバテックキャリアはIT業界1本で勝負している点が大きな特徴です。


IT企業を専門としているため、現場で求められている人材のニーズまで掘り下げてヒアリングを行うなど、専門チームを組んで徹底的にIT企業との連携を図り、業界の最新動向を常に把握しています。

そのため、レバテックキャリア利用者の応募書類通過率や内定率は非常に高く、書類選考や面接に向けた綿密なアドバイスが行われているさまが伺えます。

SE未経験者にとって、書類選考は最初の大きなハードルとなります。まずは書類選考を通過して面接まで漕ぎ着けたい!という人は、レバテックキャリアを活用してみるといいでしょう。

サービス名 レバテックキャリア
特徴 IT・Web系のエンジニア、クリエイターに特化した転職支援サービス! 業界最大級の非公開求人数と、業界情報や技術に精通したキャリアコンサルタントが、転職者に対して、キャリア相談から企業のご提案、条件面交渉などトータルな転職サポートを提供してくれます。
企業名 レバレジーズ株式会社( 2005年4月)

4)まとめ 元請け企業のSEを目指すなら、戦略をもって転職活動にのぞもう

元請け企業のSEへ転職することは、現実的に可能です。

転職活動のやり方次第では、これまで下請け会社でSEとして働いてきた実務経験を評価してもらうことができ、条件面を大幅に改善する転職を実現することができるでしょう。

ただし、元請け企業のSEというポジションを虎視眈々と狙っている同業者のSEは非常に多いことも頭に入れておきましょう。

ごく普通に転職活動を進めるだけでは、強力なライバルたちに勝てないかもしれないのです。元請け企業のSEを目指すなら、自分だからこそ、と言えるアピールポイントを掲げるなど、戦略をもって転職活動にのぞむようにしましょう。

この記事の作成者:ash.


良かったら、評価のご協力をお願いします!
この記事が参考になったら、
にチェックしてください!
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
(平均5.00
Loading...
<スポンサーリンク>