『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代ビジネスマン男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

秘書ってどんな仕事?未経験の方が秘書に転職する際に【絶対】意識したい3つのポイント

[最終更新日]2018/11/22


10

誰かの役に立ちたい」という思いが強い人や、「人から感謝される仕事をしたい」人の中には、秘書という仕事に興味を持つ人がいるかもしれません。

転職して秘書の仕事をしてみたいけれど、「未経験でも秘書になれるのだろうか?」といった疑問を持っているのであれば、この記事はきっと参考になるはずです。

秘書への転職を目指す方にお薦めの転職サービス

1位リブズキャリア

リブズキャリア
「リブズキャリア」は、仕事もプライベートも大切にしたいキャリア女性のための会員制転職サービス
女性ならではのキャリアの歩み方をしっかりと考えてくれるサービスとして、多くのキャリアウーマンからも人気の、おすすめの転職サービスです。

2位JACリクルートメント

JACリクルートメント
ミドル世代の転職者へのサポートに強く、かつグローバル企業、海外勤務の求人情報も多数
実績豊富なキャリアコンサルタントに対するサービス満足度も高い、「ステップアップの転職」を目指す際はぜひ登録しておきたい転職サービス!

3位パソナキャリア

パソナキャリア
手厚く、そして親身な転職者支援で定評のあるパソナキャリア幅広い業界に向けての求人案内数と、地方転職者含めた全国の方々がサービスを利用できる体制を整えています。
はじめての転職ならではの不安や疑問を解消できるよう、転職活動のやり方や自己PRの仕方など、丁寧にサポートしています。

目次

 

1) 未経験・異業種の方が知っておきたい、秘書のお仕事

秘書の仕事内容は

秘書とは、重要な役職についている人の庶務を担当し、本来の業務に集中できるよう補佐する役割を果たす仕事です。
秘書がつくポストとしては、企業のトップ層(経営陣)政治家医師弁護士といった人物が挙げられます。

そういった方々は本来の職務以外にも来客対応や会議、出張、接待をこなしながら多忙な日々を過ごしています。そこで、次に挙げるような庶務を秘書が代行し、上司の仕事をサポートします。



スケジュール管理

たとえ重要なポストについている人であっても、1日は24時間しかありません。

1日のスケジュールに無駄や無理が生じないよう、効率よく仕事をこなせるスケジュールを考え、管理します
接待のためのレストランの予約、出張時の交通・宿泊先の手配に関しても秘書が行います。



電話対応

社長や役員にかかってきた電話に応対し、必要と判断された場合のみ取り次ぎます。

かかってきた電話を機械的に取り次ぐのではなく、かけてきた相手や要件を正確に聞き取り、重要度や緊急度を判断する必要があります。



メール、手紙、挨拶状への対応

日々膨大な量のメールや手紙、挨拶状が届くことも考えられます。
必要に応じて適切な内容の返事をするとともに、内容を整理した上で上司に報告します。



来客対応

来客があった際には、会場までの案内やお茶出しをし、失礼のないよう対応します。
来客との打ち合わせの内容によっては秘書も同席して議事録を作成したり、秘書が代理で対応したりする場合もあります。



資料、文書作成

会議で必要となる資料をそろえたり、社内外に受け渡す書類の作成を代行したりします。
事後の資料をファイリングするなどして整理しておくのも秘書の重要な役目です。



ブレーン

庶務だけでなく、秘書にブレーン(知的指導者)としての役割が求められることもあります。
業界の最新動向を常にチェックしておき、意見を求められたらそれらの情報を元に的確な意見を述べられるようにしておきます。

新聞、ウェブサイト等から情報を収集し、整理しておくことが重要です。


秘書の仕事のやりがい、魅力は


秘書にしか持ち得ない信頼関係を築ける

秘書は上司の仕事を毎日サポートしていますので、上司の考え方や習慣を把握しています。

秘書以外の人では伝わらないことでも、秘書だからこそ理解し、適切にサポートすることができるのです。

秘書として働く年数が長くなればなるほど、秘書にしか持ち得ない信頼関係を築いていくことができます。



業界の第一線で働く人の仕事を間近で見られる

秘書がつく人物は、それぞれが業界の重要なポストを担っています。

こうした方々の意見によって業界が動いたり、世の中に影響を与えていったりすることも少なくありません。

業界の重要人物がどのようなことを考え、次に何をしたいと思っているのか、ビジネスの最前線を間近で見ることができます。



他社や他業界の重要人物と交流できる

企業などの重役は、しばしば大規模な会合パーティにも出席します。

秘書がそういった場に同行し、上司を随時サポートする場合があります。お会いする方々の顔と名前、所属、肩書きを記憶しておき、尋ねられたら即座に答えられるようにしておくのも秘書の役割です。

会合やパーティで上司が交流するのは、他社や他業界の重要人物が大半です。企業の社長や役員クラスと直接言葉を交わし、交流する機会を持つのは、秘書以外の一般社員にはほとんどない機会と言っていいでしょう。


2)未経験で秘書に転職する際に大切な3つのポイント

未経験から秘書に転職する場合、秘書の仕事ならではの特殊な事情がいくつかあることを知っておく必要があります。

他の職種に比べて、未経験でも採用されるケースは多くないと思っていたほうがいいでしょう。

しかし、未経験から秘書へ転職することを諦めてしまう必要はありません。秘書に転身するにあたって特に大切になってくる次の3つのポイントを押さえた上で、転職活動に取り組んでいきましょう。


ポイント1 秘書になるためのルートを知ること

実は、最初から秘書になろうと思ってなった人はごく少数です。

たいていの場合、総務や経理といった別の部署で就業していた際の働きぶりを評価され、秘書として適性があると見込まれて異動する、といったパターンが多いのです。

大企業になると秘書課を設けているケースも見られますが、新卒で秘書を採用する企業を見かけないのと同様に、未経験者を最初から秘書に登用するケースはほぼないと思っていいでしょう。

最初から秘書として採用されにくい事情としては、秘書の仕事内容が深く関わっています。

秘書は重役の仕事をサポートする役割を担いますので、社内の業務や会社の文化をよく理解している必要があります。

また、秘書をつける重役の側としても、秘書を担当してもらう人と折り合いが悪く、かえって仕事のペースを乱されてしまうようでは意味がありません。

よって、仕事面ではもちろんのこと、人間性も優れており、重役にとって安心して秘書を任せられる人でなくてはならないのです。

これは、秘書という仕事の重要度が高く、誰でも務まるわけではないことの表れでもあるのです。


ポイント2 資格や検定は勉強になるが必須ではない

秘書を目指すにあたって、「秘書検定」や「国際秘書(CBS)検定」に合格しておきたい、と考える人は多いはずです。

しかし、結論から言えば秘書になるにあたって秘書検定のような資格・検定に合格していることは必須条件ではありません。

むしろ、実務においていかに適切に上司をサポートできるかが最も重要な点ですので、秘書としての能力や適性があれば検定等に合格しているかどうかは問われないと考えていいでしょう。


ただし、別の職種から転職したいと考えている完全な未経験者の場合、秘書として必要な基本的な知識や、最低限のマナー等を知っておく意味で、秘書検定に向けて勉強する期間を持つことは決して無駄ではありません。

秘書検定には3級・2級・準1級・1級があり、1級と準1級では筆記試験のほか面接も実施されます。

筆記試験では、文書作成やスケジュール管理、接遇マナーに関する問題が出題されますので、秘書検定に合格することで、秘書としてのごく基礎的な知識は持っていることをアピールする材料にもなります。


ポイント3 最初から秘書という職種だけにこだわらないこと

矛盾するようですが、秘書を目指すのであれば、最初から秘書という仕事「だけ」に狙いを定めて転職活動をしないようにしましょう。

前で述べた通り、未経験者をいきなり秘書として登用するのは稀有なパターンです。

たいていは、秘書ではなく別の部署で経験を積み、秘書として適性があると判断されれば異動するケースが大半なのです。

企業側としても「この人は秘書に向いている人なのだろうか」と見極める期間が必要になるのです。

実際、秘書の仕事はマルチなスキルや能力が求められます。文書作成やファイリングでは事務能力が問われ、来客対応や電話対応ではコミュニケーション能力が問われます。

常に自分のことよりも相手のことを優先して考えるマインドも求められます。


もし転職エージェントなどで紹介された仕事が秘書ではなく、総務や人事だったとしても、即座に断ってしまうようなことはせず、じっくりと話を聞いてみるといいでしょう。

そういった経験が、いずれ秘書として活躍する上での重要な基礎となる可能性があるのです。


3) 未経験で秘書に転職する際に活用したい、お薦めの転職サービス

未経験から秘書への転職を目指すのであれば、よほどの事情がない限りは自力で求人を探すのではなく、転職エージェントを利用するようにしましょう。

秘書の求人は、そのポジションが重要であればあるほど、非公開求人など一般には出回らない形で募集をかけるケースが多いのです。

ここでは、特にお薦めの転職サービスを3社挙げます。未経験で秘書に転職したい方は、ぜひ参考にしてみてください。


現在の年収が400万円以上の人は、リブズキャリアを

秘書の仕事は女性に限ったものではありませんが、他の職種に比べて女性の比率が高いのは事実です。

そこで、女性の求人に特化している転職エージェントを活用することは、秘書に転職する上で有効な方法の1つと言えるでしょう。

リブズキャリアは女性のキャリアに特化している転職エージェントです。女性がワークライフバランスを大切にしながら活躍できるよう、厳選された条件の仕事を紹介している点が大きな特徴です。

リブズキャリアは、どちらかと言うとハイキャリア志向の女性にターゲットを合わせている転職エージェントです。
今現在の仕事で年収を一定以上得ていて、経験をもとにさらに条件の良い職場へ移りたい女性や、キャリアプランを明確に持っている女性が、理想のキャリアを実現するために活用するといった位置づけと考えていいでしょう。

目安として、現在の年収が400万円以上の人であれば、リブズキャリアを十分に活用して転職活動を進めることができると考えられます。

サービス名 リブズキャリア
特徴 「リブズキャリア」は、仕事もプライベートも大切にしたいキャリア女性のための会員制転職サービス
女性ならではのキャリアの歩み方をしっかりと考えてくれるサービスとして、多くのキャリアウーマンからも人気の、おすすめの転職サービスです。
企業名 株式会社LiB(2014年4月)

外資系企業または海外展開企業を狙いたい人は、JACリクルートメントを

JACリクルートメントはイギリス発祥の転職エージェントで、日本だけでなく世界に拠点を持つ企業です。

海外に拠点を置いているだけあって、外資系企業への転職や海外勤務を実現させた成功例が豊富で、他の転職エージェントにはない大きな特色となっています。


秘書の仕事においても、グローバル企業の日本の法人や海外拠点を持つ企業で活躍する場合、語学力を問われるケースが少なくありません。

たとえば、英語またはその他の外国語に長けている人であれば、そういった企業で秘書として活躍するチャンスを狙うことも可能になるわけです。


たとえ秘書の仕事自体は未経験であっても、英語でのビジネスミーティングが可能な人や英文メールや文書のやりとりが可能な人であれば、秘書として活躍する際にも十分に活かすことができるでしょう。

秘書としての実務が未経験である分、別の強みを打ち出してアピールすることが大切です。

JACリクルートメントはハイキャリア人材を対象とした転職エージェントですので、ビジネススキルに自信あり!という人は登録しておくといいでしょう。

サービス名 JACリクルートメント
特徴 ミドル世代の転職者へのサポートに強く、かつグローバル企業、海外勤務の求人情報も多数
実績豊富なキャリアコンサルタントに対するサービス満足度も高い、「ステップアップの転職」を目指す際はぜひ登録しておきたい転職サービス!
企業名 株式会社 ジェイ エイ シー リクルートメント(1988年3月)

応募書類や面接が不安な人は、パソナキャリアを

秘書が未経験のうえに、今回が初めての転職で不安に感じている人は、パソナキャリアを活用することをお薦めします。

パソナキャリアは派遣のイメージが強いかもしれませんが、転職エージェントで正社員の求人も扱っています。

人材紹介サービスではリクルートやパーソルキャリアと肩を並べる有名どころの企業で、求人数やカウンセリングの質には定評があります。


パソナキャリアを利用した人の感想としては、応募書類の添削面接指導が丁寧で、サポート体制への満足度が高いことが伺えます。

初めての転職活動で何をアピールしていいのか分からない、何から手をつけたらいいのか迷ってしまう、といった不安を抱えている人にとって、とても心強い案内役になってくれるはずです。


なお、秘書の仕事に関しては、近年派遣の求人も増えています。秘書としての実務経験を積み、将来的なキャリアアップを図りたい人は、まずは派遣スタッフとして秘書を務め、いずれ正社員へ登用してもらうのも1つの道です。

サービス名 パソナキャリア
特徴 手厚く、そして親身な転職者支援で定評のあるパソナキャリア幅広い業界に向けての求人案内数と、地方転職者含めた全国の方々がサービスを利用できる体制を整えています。
はじめての転職ならではの不安や疑問を解消できるよう、転職活動のやり方や自己PRの仕方など、丁寧にサポートしています。
企業名 株式会社パソナキャリア(1976年)

5) まとめ 秘書を目指すなら回り道を恐れないこと

秘書がつくのは企業の中でも重役とされるポジションにいる方々です。

そのため、秘書の仕事をする人そのものの絶対数が多いとは言えず、たとえば一般事務などの仕事に比べると、どうしても求人数が少なくなりがちです。


特に秘書としての実務経験がない人は、最初から秘書として雇われることだけを考えず、まずは別の職種からスタートする可能性もあることを覚悟しておきましょう。

多くの経験をしておくことで、結果的に秘書に登用された際に経験が活きてくるはずです。秘書を目指すのなら、回り道を恐れずキャリアを長い目で見ていくことも大切です。

この記事を書いた人

アーティエンス株式会社 メディア事業部

アーティエンス株式会社(メディア事業・研修事業を営む会社)所属。
メディア事業部では、「サービスに携わる人たちの、”心揺さぶる瞬間”を創出していくこと」をモットーに、企画・運用活動を行っています。

秘書への転職を目指す方にお薦めの転職サービス

1位リブズキャリア

リブズキャリア
「リブズキャリア」は、仕事もプライベートも大切にしたいキャリア女性のための会員制転職サービス
女性ならではのキャリアの歩み方をしっかりと考えてくれるサービスとして、多くのキャリアウーマンからも人気の、おすすめの転職サービスです。

2位JACリクルートメント

JACリクルートメント
ミドル世代の転職者へのサポートに強く、かつグローバル企業、海外勤務の求人情報も多数
実績豊富なキャリアコンサルタントに対するサービス満足度も高い、「ステップアップの転職」を目指す際はぜひ登録しておきたい転職サービス!

3位パソナキャリア

パソナキャリア
手厚く、そして親身な転職者支援で定評のあるパソナキャリア幅広い業界に向けての求人案内数と、地方転職者含めた全国の方々がサービスを利用できる体制を整えています。
はじめての転職ならではの不安や疑問を解消できるよう、転職活動のやり方や自己PRの仕方など、丁寧にサポートしています。
良かったら、評価のご協力をお願いします!
この記事が参考になったら、
にチェックしてください!
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
(平均3.33
Loading...