『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代ビジネスマン男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

「派遣を辞めたい」派遣社員から正社員に転職する際に意識するポイント3つ

[最終更新日]2018/04/27


27
正社員を目指したい

派遣社員として働いているけれども、チャンスがあれば正社員になりたいという人は多いのではないでしょうか。

もともと正社員として就業していた人が別の会社へ転職するときとは違い、派遣社員から正社員への転職には特有の「壁」があると言われることがあります。

実際、派遣制度の仕組みや正社員との雇用契約上の違いを知っておかないと、スムーズに転職するのが難しいこともあり得ます。

目次

 

1) 派遣社員ってどんな存在?

派遣社員から正社員を目指す上で必ず知っておきたいのが派遣制度の仕組みです。

なぜなら、派遣制度には特有の雇用ルールがあり、正社員の雇用体系とは根本的に異なっているからです。

この点を理解しておかないと、派遣先との間でトラブルに発展するなどして、転職活動のスケジュールや今後のキャリアプランにも影響を及ぼしてしまうことさえあり得るのです。

まずは派遣社員とはどのような存在なのか、仕組みや雇用制度について確認しておきましょう。


派遣社員、正社員、契約社員の仕組みをおさらいしておこう


直接雇用と間接雇用

正社員や契約社員は勤務先に雇用されている従業員です。

従って、勤怠や業務に関する指揮命令の権限は課長や部長といった上長にあります。

これに対して、派遣社員は派遣会社の従業員で、就業するのは派遣先の企業となっています。

就業先の社員が派遣社員に業務指示を出すことはあっても、雇用に関する決定は派遣会社が担います。

つまり、就業先の管理職は派遣社員に対して「採用する」「休ませる」といった意思決定をすることは本来できないことになっています。
こうした判断は、派遣会社が行うことになります。



有期雇用と無期雇用

雇用契約の上では、派遣社員は有期雇用となります。

3ヶ月、6ヶ月といったように契約期間が定められ、契約を更新することで勤務を続けてもらうのです。

契約社員も同様に有期雇用ですが、1年間など比較的長期の契約期間であることが多い点が派遣社員と異なります。

正社員は期間の定めのない雇用契約を会社と結んでいます。

つまり、何か月、何年間といった期間に関わらず、退職しない限りはずっと働き続けてくださいね、という雇用形態になっているのです。


一般に、派遣社員は人手不足の場合など、時期を限定して登用されるケースが多く、長期間にわたって安定した働き方をするのが難しいのが実情です。


派遣社員が「派遣辞めたい」と思う時の主な理由は

派遣社員が派遣を辞めて正社員になりたいと考える理由のうち、主なものを挙げてみます。


1. 仕事が安定しない・将来的に不安

派遣社員は有期雇用が原則です。2015年に派遣法が改正され、同じ就業先で働き続けられるのは3年が上限となりました。

これは派遣社員を積極的に社員登用してもらうための施策なのですが、実際には3年以上派遣社員として同じ就業先で働けない「リミット」となっているのが実情です



2. 賃金の面で正社員よりも不利

派遣社員には、基本的に残業代以外の諸手当が支払われません。

交通費も時給に含まれているという考え方のため、正社員に比べると賃金の面ではかなり不利になることが大半です。

企業によっては、正社員には家族手当や住宅手当といった各種手当が支給されています。

また、派遣社員はほとんど昇給が望めません。勤続年数や仕事の成果によって年収アップが望める正社員と比べると、賃金の面で不利と言えます。



3. 重要な仕事を任せてもらえないことが多い

多くの場合、派遣社員は繁忙期や人手不足が解消されるまでの一過的な労働力と考えられています。

そのため、責任の重い重要な仕事や、長期にわたって関わる必要のある仕事は派遣社員に任せてもらえないことがよくあります。

人が変わっても同じようにこなせる仕事が回されることも多いため、スキルアップやキャリアアップといった面でも正社員に比べて不利になりやすいところがあります。


派遣社員は、正社員や契約社員と比べて辞めにくい!その理由は?

派遣社員は正社員や契約社員と比べると「簡単に辞められる」と思われがちですが、実はそうでもないことをご存知でしょうか。

派遣社員が有期雇用であることは先に述べた通りですが、有期雇用とは「この期間は就業してください」「その後、契約を更新するかどうかは何とも言えません」という雇用契約です。

契約期限を定めているために、就業先の企業が「少なくとも次の更新時期までは働いてもらわないと困ります」と派遣会社へ申し出てくる可能性は十分にあり得ます。

反対に、正社員が退職を申し出た場合は自己都合退職として扱われますので、基本的には本人の意思次第でいつでも辞めることができます。


仮に良い転職先が見つかり、正社員として就業できることが決まっていたとしても、派遣先の状況次第では転職先での就業開始時期を延ばしてもらわなくてはならないことも考えられます。

このように、派遣社員だから気軽に辞められるかというと決してそうではなく、正社員や契約社員と比べるとかえって縛りが多いという面もあるのです。


2)派遣を辞めて正社員になる為の、大切なポイント3つ

派遣社員が正社員に転職する場合、次の職場で働き始めるには、まず今現在の派遣契約を解約してもらう必要があります。

この2つの順序を間違えると失業期間ができてしまったり、場合によっては派遣先企業との間でトラブルに発展したりする可能性もあります。

派遣を辞めて正社員になる場合、どのようなことに気をつければいいのでしょうか。特に注意しておきたい点を3つのポイントにまとめましたので、必ず確認しておきましょう。


派遣会社を辞める時のプロセスを把握しておこう

派遣の仕事を辞める際、絶対に間違えてはいけないのが「最初に申し出る相手」です。

間違っても、就業先企業の管理職や人事担当者へ申し出てはいけません。

派遣社員はあくまでも派遣会社の社員ですので、退職を申し出る場合は派遣会社へ伝えるようにします。派遣会社の営業担当者がいるはずですので、まずは営業担当へ伝えるといいでしょう。


派遣契約の解約について派遣会社の了承が得られると、派遣会社から派遣先企業へ連絡が入り、代わりの派遣社員を確保するなどの対応を伝えた上で退職日を決定します。


場合によっては、派遣会社の営業担当者が「契約期間中なので解約はできません」と言ってくることがありますが、契約期間内であっても途中解約は可能です。

転職先の会社から「この日から勤務開始してほしい」という希望を伝えられているのであれば、それより前の日付で退職希望日を伝えましょう。


なお、退職の申し出は退職日の1ヶ月程度前が望ましいです。

1週間前など急に辞めたいと伝えた場合、業務の引き継ぎ期間が確保できないなど、就業先の企業に迷惑をかけてしまうことも考えられるからです。


自身のキャリアプランを描いておこう(何が適職かを考える)

転職活動は、少し大変ですが派遣社員として就業しながら同時並行で進めていきましょう。

派遣社員を辞めて無職になると、「仕事がないので慌てて探している」という印象を与えやすくなり、企業が見る目が厳しくなる可能性があるからです。

転職先が決まり、入社希望日を仮に伝えている状態で退職を申し出るのがベストです。

転職活動を始めるにあたって、自分にどのような仕事が向いているのか、過去に経験してきた業務内容や、これまでの自分の性格・適性について考えを整理しておきましょう。

その上で、今後自分は何を職業にしていきたいのか、仕事を通じて何を実現したいのか、といったキャリアプランをまとめていきます。


適職とは、仕事の内容のことだけを指しているのではありません。たとえば、仕事がとてもきつい代わりに給与が高いほうが良いのか、たとえ給与がそれほど高くなくてもプライベートとの両立を図ることができたほうが良いのか、といった働き方のスタイルについても考えておく必要があります。


業種・職種や仕事内容、働き方のスタイルに関して、おおよその方向性が定まってきたら転職サービスを利用するなどして希望に合った求人を探します。
希望条件に近い求人が見つかったら、いよいよ応募へと進みます。


派遣から正社員化に強い転職サービスを利用しよう

派遣から正社員へと転職する際に注意が必要なことがあります。

それは、「派遣社員であることによって、採用に不利に働くケースが考えられる」という点です。

仮に正社員と同じ仕事内容をこなしているとしても、すでに正社員として働いている人と比べた場合、どうしても派遣という立場が不利になってしまうことがあるのです。

つまり、派遣から正社員化するのは、転職の中でもややハードルが高めの部類に入るのです。


そこで、自分一人で転職を乗り切ろうとするのではなく、プロによる客観的なアドバイスを求めるのも一つの手です。

いわゆる転職エージェントといった転職サービスを利用することで、自分だけでは探し出せなかった求人を紹介してもらえる場合があります。

派遣社員を正社員化してきた実績のある転職エージェントであれば、転職の成功率を高めるための強力なパートナーとなるはずです。

また、転職エージェントは一般公開していない「非公開求人」を保有していますので、こうした希少な求人に応募するチャンスを得られるのも大きなメリットの1つです。


3)派遣社員から正社員に転職する際の、お薦めの転職サービス

派遣社員から正社員へ転職したい人は、自分に合った転職サービスを見つけて活用するのが転職成功の近道となります。

しかし、最近は多種多様な転職サービスがありますので、どのサービスを使ったらいいのか迷ってしまうかもしれません。

そこで、20代30代の人、そしてIT企業志向の人の3タイプに分けて、お薦めの転職サービスを紹介していきます。

自分に当てはまるものを見つけて、できれば2つ以上のサービスに登録しておくといいでしょう。


20代の方は、ハタラクティブ、マイナビジョブ20’sがお薦め


ハタラクティブは正社員未経験者に優しい転職サービス

ハタラクティブは、第二新卒や既卒を含む20代を対象とした転職サービスです。

業界・職種未経験歓迎の求人を多く保有するなど、これまでの経歴によらず意欲次第で正社員を目指せる点が大きな特徴です。

職務経歴書の添削や面接指導をていねいに行い、高い応募書類通過率・面接合格率を実現しています。正社員として働いた経験がないという人も、安心して利用することができます。

初めての正社員応募で、何から始めたらいいのか分からないという人は、ハタラクティブで正社員への第一歩を踏み出してみましょう。

サービス名 ハタラクティブ
特徴 ハタラクティブは、株式会社レバレジーズの運営する、20代に特化した就職・転職支援サービスです。
職歴がない方、正社員未経験の方含め、これまでの就職成功実績50,000人!若年専門のプロがパートナーとなって、就職・転職支援をサポートします。
企業名 レバレジーズ株式会社( 2005年4月)


マイナビジョブ20’sは大手企業を狙う人にお薦めの転職サービス

マイナビジョブ20’sは、マイナビが運営する20代向けの転職サービスです。
若手向けの転職サービスは他にもいくつかありますが、マイナビジョブ20’sは大手企業の求人を比較的多く保有している傾向があります。

派遣社員として働いてきた中で、雇用が安定しないことを主な理由として正社員を目指すことにした人ほど、可能なら安定した大手へ転職を望むケースが多いのではないでしょうか。

せっかく正社員を目指すなら大手を狙いたい!という人に、マイナビジョブ20’sはお薦めの転職サービスです。

サービス名 マイナビジョブ20’s
特徴 マイナビ唯一の20代専門サービス!マイナビの情報網を活かしつつも、20代という若年層に特化しているからこその強みがあります。

適性診断からキャリアカウンセリング内定後の入社交渉の代行まで、転職活動の「始めから終わり」まで徹底サポートしてくれるサービススタンスが、多くの20代転職者から人気と評判を博しています。
企業名 株式会社マイナビ(1973年8月)

30代の方は、doda、パソナキャリアがお薦め


dodaは全国に拠点を持つ大手転職サービス

30代に入るとライフスタイルが確立されている人が増えてきますので、働く地域に関してもそろそろ「どこでも可能」というわけにいかなくなってきます。

doda転職サービスとしては国内最大クラスを誇っており、全国10箇所に営業拠点を置いています。地方で働きたい人にとって、対応エリアが広いことはとても大きなメリットとなることでしょう。

大手だけに掲載求人数は群を抜いており、多くの求人数から自分に合ったものを探し、比較検討して応募することが可能です。

サービス名 doda(デューダ)
特徴 全国対応、かつ国内トップレベルの膨大な求人数!

すべての業種・職種を網羅した求人情報だけでなく、キャリアアドバイザーの良質なサポートで、転職成功者の実績も多数の、初めに登録しておきたい鉄板の転職サービスです。
企業名 パーソルキャリア株式会社(1989年6月)


パソナキャリアは幅広い職種・業界に対応した転職サービス

パソナキャリア幅広い職種・業界に対応している転職サービスとして知られています。

担当アドバイザーが専門とする業界をパソナキャリアでは12分野に分けており、希望する業種ごとにきめ細やかな対応ができる体制が整っています。

業界の専門知識を持つアドバイザーからアドバイスしてもらえるので、安心して選考にのぞむことができるのです。

他の転職サービスを見た中で希望する業種・職種の求人が少ないと感じた人は、パソナキャリアに登録して転職エージェントサービスを利用してみるいいでしょう。

サービス名 パソナキャリア
特徴 手厚く、そして親身な転職者支援で定評のあるパソナキャリア幅広い業界に向けての求人案内数と、地方転職者含めた全国の方々がサービスを利用できる体制を整えています。
はじめての転職ならではの不安や疑問を解消できるよう、転職活動のやり方や自己PRの仕方など、丁寧にサポートしています。
企業名 株式会社パソナキャリア(1976年)

IT系での正社員転職を目指す人は、ワークポート、マイナビエージェントITがお薦め


ワークポートは短期間で転職したい人にお薦めの転職サービス

ワークポートIT・Web系の求人に強い転職エージェントです。実際にワークポートを利用したことのある人の感想として、多くの案件を紹介してくれるという声が多数聞かれます。

また、対応が速く、求人を紹介してもらえるまでの期間が短いのも特徴です。


こうした特徴から、短期間で転職先を決めたいと考えている人にとって、ワークポートは頼りになる転職エージェントとなり得ると言えます。

正社員になってやりたいことが明確になっている人は、ワークポートを利用してスピード内定を目指すといいでしょう。

サービス名 WORKPORT(ワークポート)
特徴 「WORKPORT」は、IT・インターネット業界をはじめ、様々なジャンルの転職サービスを提供している総合人材転職エージェントサービスです。
「ひとつでも多くの可能性を追求できる、専門性の高い転職支援サービスを提供する」というポリシーを掲げ、書類の添削から面接サポート、年収交渉までトータルでサポートしてくれる、心強い転職サービスです。
企業名 株式会社ワークポート(2003年3月)


マイナビエージェントITは非エンジニアにもお薦めの転職サービス

マイナビエージェントITは、IT業界に特化した転職エージェントです。

扱っている求人数がとても多く、エンジニアの求人はもちろんのこと、営業職などエンジニア以外の職種の求人も数多く取りそろえています。

ITエンジニアではないけれどもIT業界に興味があり、転職先として検討している人にぴったりの転職エージェントと言えます。


なお、IT業界未経験者であっても応募可能な求人も少なくありませんので、実務未経験の人もIT業界にチャレンジしたい人は、マイナビエージェントITに登録しておくことをお薦めします。

サービス名 マイナビエージェント(IT特化)
特徴 マイナビエージェントITは、国内有数の転職サービス「マイナビ」が、IT・Web業界の転職にターゲットを絞った転職エージェント。

数多くの独占求人非公開求人を掲げ、登録からアフターフォローまで一貫した手厚いサポートが人気です。
企業名 株式会社マイナビ(1973年8月)

4) まとめ 派遣社員から正社員への転職は、しっかりと先を見据えて!

派遣社員から正社員を目指している人の中には、「正社員になれるなら、職種や仕事内容にはそれほどこだわらない」といった考え方をする人もいるかもしれません。

しかし、この先のキャリアを考えたとき、自分にとって向いている仕事なのかどうか、仕事内容に魅力を感じて転職を決めたかどうか、といった点は年数を経るごとに重要度を増していきます。

目先のことだけでなく、先をしっかりと見据えて転職活動を進めるようにしましょう。

この記事の作成者:ash.


良かったら、評価のご協力をお願いします!
この記事が参考になったら、
にチェックしてください!
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
(平均4.50
Loading...