『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代ビジネスマン男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

「不動産会社を辞めたい!」不動産会社営業が転職する際に、絶対意識したい3つのポイント

[最終更新日]2018/04/27


15
不動産営業から転職する際のポイントはこれ

不動産営業から転職したい!と考えている人の中には、この仕事の過酷さやノルマに対する厳しさから解放されたいと思っている人もいるかもしれません。

他業種においても、不動産営業がきつい仕事であることはよく知られています。

しかし、転職するにあたって「きついから辞めたい」という以外にも、営業の仕事を通じて得た経験や、アピールできる能力がたくさんあるはずです。

目次

1) 同業界内で転職するか、異業種にチャレンジするか

転職においてまず考えておくべきこととして、「同じ業界で他社に行く」か、「業種ごと変えてしまう」かの選択です。 同業界内で転職したほうが以前の経験を活かしやすい反面、同じ業界の企業は体質や文化が似ていることも多いため、同じような理由で退職を考える原因になりやすいのも事実です。 次も今までと同じように不動産営業かそれに近い職種を選ぶのか、全く別の世界へ行くのか、自分にとってどちらが向いているのかを考えてみましょう。  

不動産営業は過酷。ただし、「プラス」の部分にも光をあてて

不動産営業という仕事の大きな魅力の1つに「報酬」があります。たとえば戸建ての営業であれば、一軒成約すれば大きなインセンティブが入ったり、いくつか契約を重ねていくうちに昇進が実現できたりすることもめずらしくありません。 「営業力があればいくらでも上を目指せる」世界と言えます。   一般的に、不動産や生命保険のように高額商品を扱う営業を経験してきた人材は、営業職の中でも一目置かれる存在です。 高額商品を買うときは、お客さんの側も後悔することのないよう必死に情報を集めていますので、営業担当者の粘り強いアプローチなくして成約に漕ぎ着けることはありません。 そういった面で、不動産営業として勤めてきたという事実は「営業として生半可ではない経験をしてきた」ことの証明になるのです。   不動産営業として実績をあげ報酬を得てきた人であれば、他の商材を扱う営業職でも採用されますし、実務に入ってからも通用することが多いと言えます。 また、たとえ十分な結果を残せなかった人であっても、不動産営業という世界で頑張ってきた経験は、決して軽く見られないものです。自信をもって転職活動にのぞみましょう。  

今の仕事以上にスケールの大きい事業を目指すのはアリ

不動産営業という仕事が大変だと感じながらも、もし少しでもやりがいや楽しみを見出せていたとしたら、より大きなスケールの事業を目指して転職するという考え方もアリでしょう。 たとえば、賃貸営業から戸建て営業や用地仕入れ、といったようにです。 営業パーソンとして、大きな売上をあげてきた実績や、高額な商材を扱ってきた経験は高く評価されます。   扱う商材のスケールを小さくすれば、そのぶん成約に漕ぎ着けるまでのプロセスは楽になりやすく、仕事自体は楽になるでしょう。 同時に報酬は低くなりやすく、やりがいも「ほどほど」になりやすいものです。   営業の仕事が大変と感じるのは誰しも同じですが、ただツラい・苦しいだけでなく、やりがいや楽しみを少しでも見出せていたとしたら、営業としての素養を持つ人の可能性があります。 楽な道を選ぶのではなく、よりスケールの大きな仕事を目指すことによって、着実にキャリアアップを狙うことも可能になるのです。  

思い切って異業種へのチャレンジも視野に入れてもOK

不動産営業が過酷な仕事であることは世の中で広く知られています。 「向いていない」と感じたり、過労状態が続いて心身を病んだりする人は決して少なくありません。 もしそういった状態になりそうな予兆がある(もしくはなってしまった)のであれば、思い切って異業種へチャレンジしてみるのもいいでしょう。 真面目な人ほど「周囲に迷惑がかかる」「根性なしだと思われる」と考えてしまい、辞めるに辞められず病み切ってしまうことがあります。決断するなら早いほうがいいことも多いのです。   ただし、注意点があります。 厚生労働省のデータによれば、不動産業界の離職率の高さは全体で第三位となっています。第二位は生活サービス・娯楽業、第一位は宿泊・飲食サービス業です。 こうして見ると、不動産業界の離職率が高いことは間違いありませんが、さらに上を行く業界は他にもあるのです。 「不動産業界ほどキツい仕事はないだろう」と高をくくっていると、他にも過酷な仕事は存在していますので、しっかりと調べた上で異業種への転職を検討するようにすることが大切です。  

2) 不動産営業が転職する際に、意識したい3つのポイント

不動産営業の仕事を辞めて転職する際、絶対に避けたいのは「とにかく今の状況から脱出したい」「まず辞めたい、後のことはそれから考えたい」といった、行き当たりばったりの考え方です。 逃げたい一心、解放されたい一心で転職しても、転職先でより深刻な状況に陥り、結果的に短期間で転職を繰り返すという負のループに陥りやすいからです。 ここからは、不動産営業が転職する際に意識しておきたい3つのポイントを挙げていきます。転職活動を始めるにあたって準備ができているか、チェックリストとして使ってみてください。  

「これから何をしたいのか」ビジョンを明確に!

単なる「逃げ」の転職になっていないか?をチェックする上で目安になるのが、「これから何をしたいのか」というビジョンがあるかどうかです。 具体的になっていないことや漠然としたところがあってもいいので、「今後〇〇をしてみたい」「〇〇の方向で活躍してみたい」といった未来志向の思いが込められた転職かどうかが重要なのです。   こうしたビジョンを持っている人は、採用選考においても強みになります。志望動機、入社後にやってみたいこと、今後の目標、将来の夢など、面接でトピックスに挙がりやすい話題に関して、ビジョンがあれば答えることができるからです。 ときどき、面接に際して小手先のテクニックで志望動機をひねり出そうとするような転職ノウハウを見かけることがありますが、志望動機はでっち上げるものではなく、先にビジョンがあって志望動機が出てくるという順序のはずなのです。   このように、転職する以上は将来の展望につながる思いを持ってのぞみたいものです。そうすることによって転職後も活躍し続けられる可能性が高まるのです。  

企業分析はしっかりして、少なくない「関心」を持てる企業をターゲットに

これは特に「現状から逃げたい」人が陥りやすいワナで、「隣の芝生は青い」と思い込んでしまわないようにしましょう、ということです。 勤務先の過酷さに耐えられないと思い始めているとき、メンタルは不安定になります。そこへ魅力的に見える求人が目に飛び込んできたら、「ここへ転職できたら全てから解放される」と思い込んでしまいやすくなるのです。   しかし、こういうときだからこそ企業分析をしっかりと行い、正確な情報を集めておくべきです。求人だけで判断せず、企業のホームページはもちろんのこと、事業内容や主力商品・サービスのラインナップ、消費者の評判について徹底的に調べましょう。 経営者のSNSアカウントをチェックすることで、実業家としての考え方や人柄を知ることができる場合もあります。   こうして調べていくうちに、ますます「この会社で働きたい」「ここで活躍したい」という思いが強くなっていくようであれば、その思いは本物である可能性が高まります。  

これまで築いた人脈を最大限有効活用して!

同業種へ転職する場合はもちろんのこと、異業種へ変わる場合であっても、人脈は非常に重要です。転職がめずらしくなくなった昨今、前職でお世話になった人や取引先の方々にいつどこで再会することになるか分からないものです。 場合によっては、「いま社内で営業経験がある人材を探していて…」といった話が漏れ聞こえてくる可能性もあります。   人脈は大切にし、お世話になった人に対してはていねいに接するようにしましょう。   ただし、会社員の人脈はよほどの人でなければ限られているものです。今ある人脈を活用しつつ、第三者の目を入れることで、自分では気づけなかった強みやアピールポイントが浮かび上がってくることもめずらしくありません。 転職エージェントのキャリアコンサルタントであれば、同じように不動産営業経験者の転職を支援した実績があり、ノウハウを持っている可能性もあります。 頼れるものは全て頼った上で、後悔のない転職にすることが何より大切なのです。  

3)銀行員が転職する際に、活用したいお薦めの転職エージェント

営業として十分に実績を残せている人は、JACリクルートメントがお薦め

JACリクルートメントはイギリス発祥の人材紹介会社で、アジア各国にも拠点を持つグローバル企業です。 外資系企業や海外勤務の求人を多数扱っているほか、管理職経験者や専門性の高いスキルを持つ、いわゆるハイキャリア人材を対象とした求人を得意とする転職エージェントです。 不動産営業は高額商品を取引する営業職ですので、実績をしっかりとあげてきた人材は営業職の中でも文句なしにトップレベルの人材ということになります。 よって、こうしたハイキャリア向けの転職エージェントにおいても厚遇され、多くの求人を紹介してもらえる可能性があるということなのです。 より大きな仕事に携わったり、さらに高い報酬を手にしたりするチャンスを求めるなら、登録しておいて損はない転職エージェントの1つです。 なお、JACリクルートメントは金融系の求人にも強いので、不動産営業として培った経験を金融系の業種で活かしてみたい人は、ぜひ活用したい転職エージェントと言えます。
サービス名 JACリクルートメント
特徴 ミドル世代の転職者へのサポートに強く、かつグローバル企業、海外勤務の求人情報も多数
実績豊富なキャリアコンサルタントに対するサービス満足度も高い、「ステップアップの転職」を目指す際はぜひ登録しておきたい転職サービス!
企業名 株式会社 ジェイ エイ シー リクルートメント(1988年3月)

異業種の求人を幅広くチェックしたい人は、dodaがお薦め

dodaは国内最大規模の転職サイトです。 他の転職サービスが転職サイト(求人を掲載している)と転職エージェント(キャリアコンサルタントから求人を紹介される)を分けて運営しているケースが多いのに対して、dodaはこれらを一体化して運営しています。 そのため、転職サイトで求人を検索して自分で応募することができるのはもちろんのこと、希望すればキャリアコンサルタントに面談を実施してもらい、転職支援サービスを受けることもできるのです。   国内最大級の転職サービスだけに求人数の多さは随一のレベルです。異業種への転職を希望している人は、できるだけ多くの求人を見ておき情報を集めることが大切です。 そのためには、利用する転職サービスは掲載求人数が多いことが条件として必須となります。 dodaであれば、幅広い職種の求人が掲載され毎週更新されていますので、在職中から異業種の求人の動向をチェックするのに最適です。 異業種への転職を考えている人は、ぜひdodaに登録して転職活動の第一歩を踏み出してみると良いでしょう。
サービス名 doda(デューダ)
特徴 全国対応、かつ国内トップレベルの膨大な求人数!

すべての業種・職種を網羅した求人情報だけでなく、キャリアアドバイザーの良質なサポートで、転職成功者の実績も多数の、初めに登録しておきたい鉄板の転職サービスです。
企業名 パーソルキャリア株式会社(1989年6月)

短期間の在籍で転職を考えている人は、パソナキャリアがお薦め

パソナキャリアは、もともと人材派遣事業を展開していたパソナ社が運営する転職エージェントです。 派遣会社として数々の企業の採用担当者と面識があり、幅広い職種の企業にパイプがあることを最大限に活かし、転職エージェンとしても独自の地位を築いています。   転職エージェントによっては、登録や求人紹介に際して一定の基準を設けており、その基準に達しない人材は「紹介できる求人がありません」と言われることがあります。 たとえば、現職の在籍期間が数か月など極端に短い場合などは、書類選考や面接の通過率が下がる傾向があるため、担当するキャリアコンサルタントから敬遠される傾向があるのです。 パソナキャリアを実際に利用した人の感想として、他の転職エージェントと比べると登録や求人紹介のハードルを上げ過ぎていないという印象を持つ人がいます。 できる限り登録者の要望に応えようとしてくれる転職エージェントと言えます。 不動産営業は合う・合わないがはっきりしている業界ですので、短期間の在籍で転職を余儀なくされるケースも少なくありません。 短期間で転職する場合には、パソナキャリアを選択肢の1つとしておくことをお薦めします。
サービス名 パソナキャリア
特徴 手厚く、そして親身な転職者支援で定評のあるパソナキャリア幅広い業界に向けての求人案内数と、地方転職者含めた全国の方々がサービスを利用できる体制を整えています。
はじめての転職ならではの不安や疑問を解消できるよう、転職活動のやり方や自己PRの仕方など、丁寧にサポートしています。
企業名 株式会社パソナキャリア(1976年)

中小の優良企業を探したい人は、マイナビエージェントがお薦め

マイナビエージェントは就活や転職サイトを運営するマイナビ社による転職エージェントです。 新卒向けの就活サイトを運営しているだけに多方面の企業とのパイプがあり、他の転職エージェントにはない独占求人を多く抱えているのが特徴の1つです。 中でも中小企業に関しては大手転職エージェントにも引けを取らない求人を取りそろえていますので、中小の優良求人を探したい人にとっては、ぜひとも登録しておきたい転職エージェントと言えます。   不動産営業を経験した人の中には、転職によって待遇や労務環境を改善したいと考えている人もいることでしょう。 一般的には大企業のほうが待遇面で恵まれていると思われがちですが、現場レベルでの働きやすさという面で優れた中小企業はたくさんあります。 むしろ、国内の企業の中で上場企業はごく一握りですから、大多数である中小企業の中から優良企業を探すのも一つの手であることは間違いありません。   働きやすい職場、長く勤められる会社を求めている人は、ぜひマイナビエージェントを利用してみてください。
サービス名 マイナビエージェント
特徴 全国約60か所にわたる拠点ネットワークで、地方でも転職者とのOne to Oneのコミュニケーションが可能!

転職エージェントのきめ細やかなサポート」で定評の、満足度も抜群に高い転職エージェントサービスです。
企業名 株式会社マイナビ(1973年8月)

4)まとめ 不動産営業として頑張ってきたバイタリティをアピールしよう

転職のノウハウ本などを見ると、ステップアップのための模範的な転職の例が載っていたりします。 しかし、転職理由はいつも前向きなものとは限りません。本音ではネガティブな理由で辞めたいと思い始めたケースのほうが多いのかもしれないのです。 しかし、せっかく転職するのであれば、より良い方向へ向かうようにしていきたいものです。 不動産営業として頑張ってきたという事実は、ビジネスパーソンとしてのバイタリティをアピールするのに十分な材料です。 不動産営業という仕事のネガティブな面だけでなく、この経験を通じて得たものにも目を向け、前向きな転職に結びつけていくと良いでしょう。 この記事の作成者:ash.  
良かったら、評価のご協力をお願いします!
この記事が参考になったら、
にチェックしてください!
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
(平均5.00
Loading...
<スポンサーリンク>