『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代ビジネスマン男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

WebデザイナーからWebディレクターに転職する時に意識したいポイント3つ

[最終更新日]2018/05/15


15
WebデザイナーからWebディレクターへの転職は「ギャップ」に注意

Webデザイナーとして働いていると、Webディレクターと接する機会はとても多いと思います。

一緒に仕事をしていくなかで、「企画から携わりたい」「制作の経験を活かしてまとめ役をやってみたい」 など、Webディレクターの業務に魅力を感じて転職を検討している方も多いのではないでしょうか。

ですが、Webデザイナーとして接している中で見えるWebディレクターの業務内容はほんの一部。

普段やり取りをしているときのイメージのみで「Webディレクター」という仕事を捉えていたために、転職してからギャップを感じる人が多いのも事実です。

目次

1) WebデザイナーからWebディレクターへの転職は成功するケースが多い!

Webデザイナーの経験があれば、未経験でも中途採用する企業は多い

『Webデザイナーからの転職希望者』に向けた募集は多く、なかにはWebデザイナー経験者に絞って募集している企業もあるほどです。

一方、Web業界未経験からWebディレクターへの転職を希望する場合、募集している企業は限られており、採用されてもアシスタントディレクターからのスタートになることもよくあります。

このようにWebデザイナーからWebディレクターへの転職は即戦力として企業からも歓迎される傾向にあるため、他の職種からの転職に比べ、希望に近い条件で採用されるケースが多いようです。

ですが一つ注意したいのが、『Webデザイナーとして2~3年程度の実務経験』を求める企業が多いという点です。

Webデザイナーとしての職歴が浅い場合、数年間はWebデザイナーとして働き経験を積むことで転職先の選択肢が広がります。

労働時間が長いなどの理由から「今すぐにでも転職したい」という気持ちがないのであれば、数年間Webデザイナーとして経験を積んでから転職を検討しても良いかもしれません。



デザインスキルを活用することで、顧客や社内メンバーから信頼感を得やすい

Webデザイナーとして培ったデザインスキルは、顧客や社内メンバーとコミュニケーションを取るときに大きな強みになります。

例えば、顧客がWebディレクターと打ち合わせをしていて一番もどかしさを感じるのはデザインの希望を伝えるときです。大半の顧客はデザインの知識や経験がないため、希望を言葉にすることに難しさを感じるようです。

その結果、顧客から出てくるデザインの希望は「もっとかっこよく」「スタイリッシュに」といった抽象的な言葉になってしまうことがよくあります。

そんなとき、Webディレクターが詳しく意図を聞き出し、顧客とイメージのすり合わせを行うことが必要になります。

デザインスキルがあると、顧客の抽象的な言葉を具体的なイメージに置き換えることがスムーズにできます。
また、社内のWebデザイナーにもより的確に指示を伝えることができるので、制作を行うメンバーも安心して仕事を進められるようになります。

このように、デザインスキルを活用することで顧客や社内メンバーからの信頼感が得やすくなり、転職後も充実感をもって仕事に取り組めるというメリットがあります。



2) WebデザイナーからWebディレクターを目指す際に注意したい3つのポイント

キャリアチェンジする目的を明確に

転職活動を始める前に、Webディレクターに転職する目的を明確にしましょう。
転職の目的がハッキリすればするほど、転職後の満足度が上がると言っても過言ではありません。

なぜ転職の目的を意識しなければいけないのか。その理由は、Webディレクターが行う仕事の幅広さにあります。

Webディレクターの業務範囲は企業によって大きく異なるため、転職する目的を意識しないと、採用された企業で希望する仕事ができないということにもなりかねません。

例えば「画面設計から企画まで幅広くやりたい」と思って入社したにも関わらず、いざ入社してから画面設計はWebデザイナーに任されていてできないことが判明する…など、“実際の仕事”と“やりたいこと”の間にギャップが生まれる原因になってしまいます。

また、転職する一番の目的が“給料アップ”や“残業の少ない会社で働きたい”といった「条件」に関するものの場合、Webデザイナーとしての転職でも目的を達成することは可能です。

まずはWebディレクターの業務内容についての理解を深め、そのうえで「自分自身は、Webディレクターとしてどんな働き方をしたいのか」というキャリアチェンジの目標を明確にしておくことが大切です。

Webディレクターの業務内容については、以下記事で詳しく紹介しています。
宜しければ、併せてご覧ください。

転職する企業がディレクターに何を求めているかをリサーチする

Webディレクターの仕事というと、『コミュニケーションスキルが最も重要』というイメージを持っている方もいらっしゃるかもしれません。

ですが、企業の声を聞いてみると、マーケティングやWeb解析などの専門知識の有無も同じくらい重要視されていることがわかります。

しかしWebディレクターは学ぶべき専門分野の数が多いため、すべての知識を完璧に身につけることは難しいのが現実です。

だからこそ『候補の企業はWebディレクターがどんな専門分野に詳しくなることを望んでいるのか』をリサーチして、特化する箇所を見極めなければいけません。

“自分がやりたいこと”と“転職候補の企業がWebディレクターに求めるスキル”が合致しているか調べることで、転職後のギャップを減らせるだけでなく、入社してからの自身の成長イメージも掴めるようになります。

自分と転職先、両方の視点から見て『どんなスキルを身につければ良いのか』を洗い出してみましょう。



WebデザイナーとWebディレクターで必要なコミュニケーションスキルが違う

WebデザイナーからWebディレクターに転職した際に苦労するのは、やはりコミュニケーション面が多いようです。

WebデザイナーとWebディレクターの、求められるコミュニケーションの違い

Webデザイナー Webディレクター
求められるコミュニケーション “デザインの意図を伝える”、“デザインの方向性などの情報を受信する”といった、デザインに関する発信と受信のコミュニケーション 顧客や社内メンバーとの情報連携・意思疎通をスムーズに行い、信頼関係を育んでいくコミュニケーション

Webデザイナーに必要なコミュニケーション能力は、“デザインの意図を伝える”、“デザインの方向性などの情報を受信する”といった、発信と受信のスキルが中心です。
これらは制作物さえあれば、コミュニケーションが苦手でもカバーすることができます。

一方webディレクターは発信・受信スキルに加え、顧客や社内から信頼を得てスムーズにディレクションができる環境を作り上げる能力が求められます。

また、マネジメントを行うためのコミュニケーションの場合は、言葉や行動で意図を明確に伝えるスキルが必要になります。

Webデザイナーから転職した場合、これらは経験のないことなので最初は戸惑う人がほとんどです。

現職で接するWebディレクターがどのようにコミュニケーションを取っているか普段から観察することで、転職後のコミュニケーションのヒントが見つかります。



3)未経験でWebディレクターを目指す際に、お薦めの転職サービス

これまで見てきたように、WebデザイナーとWebディレクターでは、仕事に求められるスキルが大きく変わります。そのため転職後は仕事の内容に多少なりともギャップを感じることがほとんどです。

「こんなはずじゃなかった…」と後悔しないために、『Webディレクターになって、どんな仕事がしたいのか』を明確にすることが転職成功のポイントです。

「Webディレクターという仕事について詳しく知りたい」という方は、まずはWeb業界に強い転職サービスで相談だけでもしてみても良いでしょう。



ITに特化したコンサルタントに相談したい人は、ワークポートを!

ワークポートは「IT分野に特化した転職エージェント」からスタートした、転職サービスです。
そのためIT分野に強く、Webディレクターの求人が充実しています。

IT分野への転職市場に関する知識が豊富なキャリアコンサルタントが多いため、「状況に合わせた的確なサポートが受けられる」と多くの転職者から好評です。

「専門知識を持つキャリアコンサルタントからの支援を受けつつ、転職活動を進めたい」という方は、ワークポートの転職サービスの利用をご検討されると良いでしょう。

サービス名 WORKPORT(ワークポート)
特徴 「WORKPORT」は、IT・インターネット業界をはじめ、様々なジャンルの転職サービスを提供している総合人材転職エージェントサービスです。
「ひとつでも多くの可能性を追求できる、専門性の高い転職支援サービスを提供する」というポリシーを掲げ、書類の添削から面接サポート、年収交渉までトータルでサポートしてくれる、心強い転職サービスです。
企業名 株式会社ワークポート(2003年3月)

転職サイトとエージェントを併用したい人は、DODAを!

全国対応、かつ国内トップレベルの膨大な求人数!

DODAは、「転職サイトとエージェントのサポートがセットになっている」ことが特徴です。

すべての業種・職種を網羅した求人情報だけでなく、キャリアアドバイザーの良質なサポートで、転職成功者の実績も多数の、初めに登録しておきたい鉄板の転職サービスです。

「まずはWebディレクターでどんな求人情報があるか確認していきたい」という方や、「転職サイトとエージェントを並行して活動を進めていきたい」という方には、うってつけでしょう。

サービス名 DODA(デューダ)
特徴 全国対応、かつ国内トップレベルの膨大な求人数!

すべての業種・職種を網羅した求人情報だけでなく、キャリアアドバイザーの良質なサポートで、転職成功者の実績も多数の、初めに登録しておきたい鉄板の転職サービスです。
企業名 パーソルキャリア株式会社(1989年6月)

様々な求人を比較したい人は、リクルートエージェントを!

リクルートエージェントは、「転職成功実績」も事実上ナンバー1の転職エージェントです。これまでなんと、30万人以上もの規模の転職者を転職成功に導いています。

転職後の利用者満足度によると、99%の方が「満足」!20代~40代まで幅広い利用者の方からの高い満足を実現する、業界最大手の転職エージェントです。

また、紹介可能な求人企業数も業界No1のボリュームです。今回がはじめての転職活動という方は、まず登録しておいて損はないでしょう。

サービス名 リクルートエージェント
特徴 転職後の利用者満足度によると、99%の方が「満足」!20代~40代まで幅広い利用者の方からの高い満足を実現する、業界最大手の転職エージェント。
企業名 株式会社リクルートキャリア(1977年11月)

4) 『どんなWebディレクターになりたいか』長期的な目標を持つことがポイント

WebデザイナーからWebディレクターへの転職者は、多くの企業から求められています。
さらにデザインの制作経験がWebディレクターとして仕事を始めてからも強みに直結するので、今までの知識を活かしたキャリアアップが可能です。

しかし仕事の範囲が広いため、苦手な業務でも積極的に学習してスキルを身に着けていく姿勢が必須になります。
どんな強みを持ったWebディレクターになりたいのかを考え、長期的な目標を見据えながら転職活動を行うことが成功のポイントになるでしょう。



良かったら、評価のご協力をお願いします!
この記事が参考になったら、
にチェックしてください!
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
(平均5.00
Loading...
<スポンサーリンク>