『みんなの転職「体験談」。』
『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

ITエンジニアが、在宅勤務・テレワークできる会社に転職する際の注意点3つ

[最終更新日]2021/11/29

ITエンジニアの仕事。在宅勤務がしたいとき

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、在宅勤務・テレワークを導入する企業も以前に比べ増えてきました。

現在ITエンジニアとして出社して働いている人の中には、「在宅勤務・テレワークが導入されている会社に転職したい」という方も少なくないはずです。

目次

在宅・テレワーク可の企業。転職の際に意識しておきたい事。仕事内容や企業の体制によって勤務形態は異なります。Web開発やシステム運用は在宅・テレワークがしやすいです。一方、マネジメントや顧客との折衝が必要な上流工程の業務は、チーム体制で行う事が多くしばしば出社が必要になるケースがあります。 在宅・テレワークのメリット ■通勤時間削減によるストレス軽減 ■自分のペースで仕事を進められる ■居住地に限らずプロジェクトに参画可能 在宅・テレワークのデメリット ■他の社員とコミュニケーションをしづらい ■評価基準が成果物重視になる傾向 在宅・テレワークの転職で意識しておきたい3つのポイント ■求められるスキルと現場のルールをチェック ■自己管理能力とコミュニケーションを重視 ■転職エージェントのアドバイスも活用を!

1)ITエンジニアの在宅勤務ってどうなの? 2021年の現状について

ITエンジニアは在宅勤務しやすい職種?

Web開発・システム運用:PC・ネット環境があれば比較的テレワークしやすい マネジメント等:クライアントとのやり取り等出社の必要あり

テレワークとは、オフィス以外の場所(自宅やコワーキングスペース、ネット環境のあるカフェなど)で働くことを意味しています。
ITエンジニアの仕事はPCがあれば仕事がこなせるイメージが強く、比較的在宅勤務やテレワークがしやすい職種の1つと言われています。

しかし、仕事の内容や企業の体制によっては、ITエンジニアの中にも在宅勤務が可能なケースと難しいケースがあります。

たとえば、Web系の開発システムの運用といった工程であれば、オフィスにいなくても在宅勤務が比較的しやすい傾向があります。

コードを書き、期日までに成果物を完成させることが求められているため、GitHubなどのクラウド上で進捗管理をしながら自分で予定を立てて進めていけばいいからです。

確認や連絡が必要な場合もSlackなどのチャットツールがありますので、素早く手軽にコミュニケーションを図ることができ、在宅でも問題なく仕事をこなすことができます。

反対に、プロジェクトのマネジメントやクライアントとのやり取りが必要となる上流工程の業務では、コミュニケーションを図りながら複数人で進めていくことが前提となっているため、完全に在宅というわけにはいかず、しばしば出社が必要になるケースがあります。

新型コロナ感染拡大以降、在宅勤務OKの企業は増えている

「在宅勤務」「テレワーク」といった働き方が注目されるきっかけとなったのは、やはり2020年からの新型コロナウイルスでしょう。

それ以前にも、厚生労働省は「情報通信機器を活用した在宅勤務の適切な導入及び実施のためのガイドライン」を策定し、IT系企業に在宅勤務を推進するよう呼びかけていましたが、実際に導入を進める企業が目に見えて増えはじめたのはコロナ禍に入ってからです。

1回目の緊急事態宣言が発令された2020年4月時点では、78%のITエンジニアが「テレワークを毎日または週に何日か実施している」と答えていました。

2020年4月 ITエンジニアのテレワーク実施状況

画像参照:paiza株式会社「テレワーク実施状況に関するアンケート調査」より

また、コロナ禍においてもITエンジニアは慢性的な人材不足にあったことも、「在宅勤務可能」の条件を含む企業が増えた一つの理由でしょう。

ITエンジニアの在宅勤務・テレワークは、今後も一つのスタンダードな働き方として浸透していくことが予想されます。

2)ITエンジニアが在宅勤務・テレワークを行うメリット

では、エンジニアが在宅勤務やテレワークを行うことで、どのようなメリットがあるのでしょうか。
ここでは主な3点をご紹介します。

  • 通勤時間が無くなることでストレス軽減/自由な時間が増える
  • 自身のペースで効率的に業務を進めることができる
  • 居住地にとらわれず関心のあるプロジェクトに携われる

通勤時間が無くなることでストレス軽減/自由な時間が増える

メリット1 通勤時間がなくなる/自由な時間が増える

在宅勤務・テレワークの大きなメリットの1つは、「通勤時間がなくなること」でしょう。
オフィス出勤の場合、朝の通勤ラッシュに電車に乗ることに多大なストレスを感じている方も少なくないと思います。

通勤時間が無くなる分、業務開始までの時間を家事やプライベートの時間に充てることもできます。
ご家庭を持っている方で、「これまでは残業続きで家族との時間がなかなか取れなかったけれど、在宅勤務になったことで家族と過ごせる時間が増えた」といった感想を聞くことも多いです。

通勤時間のストレスを減らし、気持ちの余裕が生まれることによって、仕事へのモチベーションを維持することにも繋がります。

自身のペースで効率的に業務を進めることができる

メリット2 自分のペースで業務を進められる

オフィスで働いていると、ふいに頼みごとをされその都度作業を中断しなければならなかったり、別の場所で行われている会議ややり取りの声が気になったりなど、案外といろいろな場所へ注意が向けられているものです。

在宅勤務では目の前の作業にのみ集中できる環境を作りやすいため、オフィスでの勤務よりも効率的に作業を進められるケースは多いでしょう。

作業に煮詰まったら数分だけリフレッシュのための時間を設ける、といったこともしやすく、自分のペースで業務を行うことができます。

居住地にとらわれず関心のあるプロジェクトに携われる

メリット3 居住地にとらわれず関心のあるプロジェクトに携われる

転職サイトなどで求人を確認してみると、規模の大きな会社や最先端の技術に携わる求人は、やはり東京・大阪などの企業である場合が多いです。
なかにはお住いの地域がネックとなり、これまでそれらの求人への募集を断念した経験のある方もいらっしゃるでしょう。

しかし、在宅勤務・テレワークが可能な企業であれば、住む場所は関係ありません。

居住地にとらわれることなく、自分の関心のある企業や磨きたい技術や携わりたい分野を手掛ける企業に勤められるのは、在宅勤務・テレワークの大きなメリットです。

3)在宅勤務・テレワークのデメリット

テレワークのデメリット・注意点 ●他の社員とのコミュニケーションが取りづらい ●成果物重視の評価になる

在宅勤務・テレワークはメリットばかりとは限りません。
特に以下の2点については、転職の際にしっかりふまえておくと良いでしょう。

  • 他の社員とのコミュニケーションが取りづらい
  • 成果物重視の評価になる

他の社員とのコミュニケーションが取りづらい

在宅勤務のデメリットとしてよく挙げられるのが、出社して仕事をしている人たちとのコミュニケーションが薄くなりやすいという点です。

メールやチャット等で業務連絡は回ってくるものの、オフィスで毎日ごく普通に行われているちょっとした確認や相談が在宅勤務ではしづらいため、情報共有の面で弱くなりがちです。

また在宅勤務する側も、出社する場合と比べるとテキストベースでのコミュニケーションが多くなるため、意図していることが正確に伝わるよう配慮が必要になります。

在宅勤務だからこそ、ちょっとしたコミュニケーションの1つ1つに気を遣わなくてはならないことを認識しておきましょう。

成果物重視の評価になる

在宅勤務は出社するスタイルの通常勤務と比べ、一般的に成果重視で評価されるケースが多い傾向があります。
出社して勤務していればごく普通に評価に組み込まれていた「勤務態度」や「意欲」といった要素が削られ、「納期を守れているか」「結果を出したか」が重視されるようになります。

スキルに自信があり、しっかりとセルフマネジメントができる人であれば、成果重視の在宅勤務のほうが快適に仕事を進められる可能性が高いでしょう。

しかし、「成果だけでなく、プロセスや取り組み方も評価してほしい」、「ある程度の制約があった方が自分を律しやすい」といったタイプの人にとっては、在宅勤務がデメリットとなる可能性もあります。

4)在宅勤務・テレワーク可の職場に転職するときに、意識したい3つのポイント

ここまで、ITエンジニアの在宅勤務・テレワークについて、現状とメリット・デメリットについてお伝えしました。
これから在宅勤務・テレワーク可の職場へと転職しようと検討している方は、併せて以下の3点を意識しておくと良いでしょう。

  • 求められるスキル+現場の働き方・ルールを入念にチェック
  • 自己管理能力と能動的なコミュニケーションを意識する
  • 転職エージェントから「自分にマッチする職場」と「これからのキャリア」についてアドバイスを受ける

求められるスキル+現場の働き方・ルールを入念にチェック

POINT1 求められる人物像・スキルの把握とその企業での働き方・ルールも確認

在宅勤務・テレワークの社員を受け入れる企業側にとって、いちばんの難題は「育成」です。
対面で行われる新人指導やOJTをテレワーク環境で完全に再現することは難しいため、企業は教育コストの増大を極力抑えられるように、転職者には「即戦力であること」を一層求めるようになります

そのため在宅勤務・テレワークでの働き方を求めるITエンジニアの方は、応募企業の「求める知識・スキル」をしっかり把握し、場合によっては事前に自主学習を行っておく等の準備が必要となるでしょう。

また、「即戦力であること」とは、決して知識・スキルだけあれば良いということではありません。その企業での働き方や業務ルールをいち早く把握して柔軟に対応していくことも求められます。

応募企業の求められる人材要件をしっかり確認すること、そしてその企業の働き方・業務ルールについても事前に確認しておくことを意識しましょう。

また、それら企業情報の確認は、求人票や企業HPだけではなく、企業口コミサイトまたは転職エージェントでのヒアリング等を行うことによって、より効果的な情報収集が期待できます。

自己管理能力と能動的なコミュニケーションを意識する

POINT2 自己管理能力と能動的なコミュニケーションは必須

在宅勤務・テレワーク可の企業は、応募者を評価するポイントに「自己管理能力があるか」、および「能動的なコミュニケーションを取れるか」を重要視していることが多いです。

どちらも在宅勤務・テレワークでの実業務において当然のように求められるものです。まずはあなた自身がそれらの適性があるかについて、しっかり振り返っておくと良いでしょう。

自己管理能力も能動的なコミュニケーションも、日常生活でその能力を高めたり整えたりすることができます。
自己管理能力については規則正しい生活および集中力を養うこと能動的なコミュニケーションは家族や友人に対して実践してみるなどの機会を設けておくと、その後の在宅勤務・テレワークでの業務で役立てられるはずです。

転職エージェントから「これからのキャリア」と「自分にマッチする職場」についてアドバイスを受ける

POINT3 「今後のキャリア」と「マッチする職場」について転職エージェントのアドバイスをもらう

転職とは、「これからのキャリア・働き方を踏まえ、より自身に合った職場を見つけること」と言い表せるでしょう。
その際に「在宅勤務・テレワークができる職場」という条件が加わった場合、転職活動の難易度はやや高まるかもしれません。そもそもの求人が限られてくること、そして先に述べた様に企業は「即戦力」を一層求める傾向にあるからです。

そこでおすすめしたいのが、ITエンジニアへの支援実績の豊富な転職エージェントサービスです。

転職エージェントは、企業の人事担当者や実際に現場で働く社員から直接ヒアリングを行っていることが多く、具体的な業務内容や企業ルールなどの情報を多く保有しています。
あなたの経歴や望む働き方、これからのキャリアプランを確認したうえで「あなたにマッチする職場かどうか」を考えて求人紹介をしてくれるでしょう。

また、転職エージェントでは、今後のキャリアプラン・キャリアパスに関するアドバイスや、応募企業ごとにあわせての面接対策サポートも行ってくれます。

特にITエンジニアの転職支援に強いエージェントでは、それらアドバイス・サポートの品質は高くなる傾向にあります。

次章では、在宅勤務・テレワークでの働き方を求める方におすすめの、具体的なITエンジニア向けの転職エージェントサービスを紹介します。

5) 在宅勤務・テレワークを希望する方におすすめのITエンジニア向け転職エージェント

この章では、ITエンジニアの転職支援実績が豊富な、おすすめの転職エージェントをご紹介します。
サービスごとに保有している求人や、サポート内容は異なりますので、自身に合ったサービスを見極めるためにも、複数のエージェントに登録しておくことをおすすめします。

サポートの充実さを求める人は、マイナビITエージェントを!

マイナビエージェント。ITエンジニアの方へ

マイナビITエージェントは、株式会社マイナビが運営する「IT・Web業界」への転職支援に特化したエージェントサービスです。
ITエンジニア向けの求人数はおおよそ3万4,000件(※2021年6月現在)と、国内有数の転職サービスであるマイナビだからこその豊富な求人が魅力の一つとなっています。

また、マイナビITエージェントは「IT業界に特化した専任制チーム」を編成しているため、業界の最新情報を熟知したキャリアアドバイザーが多く、ITエンジニアでの転職者の方々が求める条件をしっかりキャッチアップしてくれることで評判です。

優良企業とのリレーションも強固で、その為テレワークをはじめとする「働き方の多様性」を許容する企業もマイナビITエージェントを通じて出会える確率が高まります。

企業が求める人物像を知りたい人は、レバテックキャリアを!

レバテックキャリア。IT/Web業界のエンジニア・クリエイター専門

レバテックキャリアは、「ITエンジニア・クリエイター経験者」へのサポートに特化した転職エージェントサービスです。

求人数は2021年6月時点で11,000件とIT特化サービスの中ではトップクラスで、かつレバテックキャリアにしかない非公開求人も豊富なので、IT業界でステップアップをしたい方にはぴったりのサービスでしょう(※公式サイトより)。

在籍するキャリアアドバイザーに関しても、定期的に現役エンジニアによる社内講習を実施するなど、「業界経験者ならではの悩みや不安」について、エンジニアの目線でのアドバイスを可能にしています

さらに、応募書類添削や模擬面接など、「企業が求めているスキルや人物像に合致しているか」の見極めをしてくれます。
登録後に「これまでの経歴」を記入しておくことで、「非公開求人」を優先的に紹介してもらえるといったメリットもあります。

異業種への転職も視野に入れている人は、ワークポートを!

ワークポート。各業界専門の総合転職エージェント。

ワークポートは様々な求人を扱う総合型の転職エージェントですが、中でもIT・Web業界において高い実績を持っています。
「未経験の分野」へのサポートにも手厚いため、転職を機にIT系の異業種へ転職したい方にもおすすめです。

2021年6月時点で、ワークポートが保有しているIT関連の求人はおよそ13,000件と、数あるサービスの中でもトップクラスです(※公式サイトより)。
検討の余地があれば、まずは求人を紹介する」というスタンスでサポートを行っているため、様々な企業の求人に出会える可能性も高まります。

残業時間や企業文化、研修体制などを熟知した転職コンシェルジュによるサポートを受けられるため、「自分にマッチした企業」も探しやすくなります。

ミスマッチのない転職をしたい人は、doda ITエンジニアを!

doda。企業との強いリレーションで口コミ転職者満足度No.1。ITエンジニアの転職ならdoda

転職後のミスマッチを防ぐには、企業のルールや必要とされるスキルを事前に把握しておくことです。

doda ITエンジニアでは、キャリアアドバイザーと「プロジェクト担当」の2名体制でサポートを行っています。
プロジェクト担当とは、企業の採用担当者や現場のエンジニアと直接コンタクトを取るスタッフのことで、転職者自身で調べることが難しい企業の詳細な情報に精通しています。

「どのような人材が求められているか」といった企業側の視点を持つスタッフからアドバイスをもらえるのは、doda ITエンジニアならではのメリットと言えるでしょう。

また、dodaは「転職サイト」としての側面もあるため、気になる企業を転職者自身で検索・応募することも可能です。
「自分に合った企業を探したい」、「ミスマッチのない転職がしたい」という方は、doda ITエンジニアのサービスを活用されると良いでしょう。

開発に関する詳しい話を聞きたい人は、GEEKLY(ギークリー)を!

GEEKLY(ギークリー)。IT・web・ゲーム業界専門の人材総合会社。

ギークリーはITエンジニアを専門とする転職エージェントですので、キャリアアドバイザーは技術的な話も難なく理解してくれますし、開発に関する突っ込んだ話でも相談に乗ってもらえます。

また、新規プロジェクトに関わる求人や、好待遇の求人などは転職サイトには掲載されず、「非公開」というかたちで転職エージェントを介して紹介されることが多いです。
ギークリーでは、非公開求人の数が多く、かつ一人当たり平均して48件(※公式サイトより)の求人紹介を行っているため、大手に留まらずメガベンチャーや新規事業などの求人を紹介してもらえる可能性も高まります。

単に「在宅勤務が可能かどうか」だけでなく、実務面での業務内容に関するアドバイスや、非公開を含む幅広い求人に触れたい方は、ギークリーを利用するといいでしょう。

まとめ)在宅勤務は「自由ばかり」ではないことに注意!

出社が必要な勤務体制から在宅勤務になることによって、自分のペースで作業を進めたり、自由な時間を持ちやすいといったメリットがあるのは事実です。

ところが、同時に在宅勤務だからこそ生じる「コミュニケーションの難しさ」や「成果重視の評価制度」など、人によってはデメリットとなる面も存在することは意識しておくべきでしょう。

そういったメリットとデメリットをしっかりと理解した上で、理想のワークスタイルを手にしたいという強い目的意識を持って転職活動に取り組むことで、在宅勤務を実現するチャンスをつかむことができるようになるのです。

「ITエンジニアの転職」に向けてのお役立ち情報

分野 お役立ち情報記事(未経験者におすすめ)
PG・SE SE(システムエンジニア) / プログラマー / ネットワークエンジニア / インフラエンジニア / フロントエンドエンジニア / Webアプリケーションエンジニア / サーバーエンジニア / データーベースエンジニア / クラウドエンジニア / iOSエンジニア / アンドロイドエンジニア /  機械学習エンジニア / テストエンジニア / 半導体エンジニア / 組み込み系エンジニア / セールスエンジニア / QAエンジニア / 社内SE / Salesforceエンジニア / フルスタックエンジニア / AWSエンジニア / SESエンジニア / セキュリティエンジニア / UI/UXエンジニア / ヘルプデスク / デバッガー     
PM・PL プロジェクトマネージャー / プロダクトマネージャー / テックリード(リードエンジニア) / ITスペシャリスト    
コンサル ITコンサルタント / ITアーキテクト / SAPコンサル    
ディレクター Webディレクター / Webプロデューサー / ゲームプランナー / Webデザイナー    
マーケティング データアナティスト・データサイエンティスト / マーケティング / SEOコンサルタント    
開発言語 PHP / Java / C/C++ / C# / R言語 / Python / Perl / Ruby / Go / Scala / Java Script / Kotlin / COBOL / VBA / Html / Unity    
業界 SIer / ゲーム業界 / VR / FinTech / ブロックチェーン / Edtech / EC / DX推進 / 外資系IT    
その他 コミュニケーション / スクラムマスター / オブジェクト指向 / アジャイル開発 / 自己PR(SE) / 要件定義 / 職務経歴書 / ポートフォリオ / 資格 / キャリアアップ / テレワーク    
<>