『みんなの転職「体験談」。』
『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

「転職が決まらない…」長引く転職が辛くなったら見直したいポイント

[最終更新日]2021/07/19

転職が決まらない時、見直したいポイント

いったん会社を退職して転職活動をしている人にとって、転職先がなかなか決まらない時期が続くと辛くなってくることもあるでしょう。

しかし、ここで焦って妥協してしまうのは禁物です。
「とにかく内定さえもらえれば」と目先のことに囚われると、転職成功はさらに遠のいてしまうかもしれません。

目次

[PR]現在 「転職しようかな…」と考えている方へ

転職活動の第一歩は、「信頼できる転職支援パートナーを見つけること」です。
現在「まだ信頼できるパートナーを見つけられていない」という方は、以下の診断ツールを使って、あなたに合ったパートナーを見つけてみてください。

転職成功の角度を一気に高める、あなたに合った転職サイトは?

1) 一般的に転職にはどれくらいの期間がかかるの?

転職活動にかかる期間の目安と活動内容

転職活動開始から離職するまでの期間のグラフ

厚生労働省の調査によれば、転職活動開始から離職するまでの期間は次のようになっています。

  • 転職活動期間なし:25.8%
  • 1ヶ月未満:19.3%
  • 1ヶ月以上3ヶ月未満:27.2%
  • 3ヶ月以上6ヶ月未満:14.8%

この結果を踏まえると、3ヶ月前後で転職活動を終えられるケースが最も多く、それ以上になると「長引いている」と認識したほうがよいことが分かります。

初めの1ヶ月程度は、求人を探す・書類選考結果を待つ・面接の日時が決定する、といった進展があるかどうかの期間ですから、ここで動きがなくても焦る必要はありません。

2ヶ月目になると、書類選考や面接の「結果」が出始めます。

この段階で書類選考が1社も通らない・一次面接にパスしない、といった状況であれば、何らかの対策を練る必要があります。

転職期間が3ヶ月近くになると、焦る人が増加する

転職期間が3ヶ月近くになる頃から、徐々に焦る人が増え始めます。この時期の状況としては、

  • 数社に応募したものの、書類選考が通らない
  • 面接を受けても手応えがなく、二次選考に進めない
  • 継続して求人を探していても、ピンとくる会社が見つからない
  • 内定をもらえた会社は条件面や仕事内容が希望条件に合っていない

といったことが想定されます。転職活動を3ヶ月続けてきて、「結果が出なくて焦る人」と「判断軸がブレてくるなど迷いが生じる人」が出てくるのです。

すでに離職した状態で転職活動をしている人であれば、なおさら焦りや迷いが生じやすい時期となります。

ただし、ここで「採用してもらえそうなところへ応募する」「内定がもらえたところへ入社する」といった妥協をしてしまうと、「前職のほうが条件が良かった」「辞めずに続けるべきだった」と後悔する原因になりやすいので注意が必要です。

他の人は内定までに何社くらい応募しているの?

転職活動期間が長引いてくると、「こんなに何社も応募しているのに手応えがない」と焦ってしまいがちですが、他の人は内定までに何社応募しているか、といった事例を知ることで客観的な判断をしやすくなります。

たとえば、転職活動で内定をもらうまでの応募社数は、全年齢で約20社、40代以上になると約24社といったデータがあります(リクルート調べ)。

「5社も応募したのに」「もう10社以上応募しているのに」と焦っていた人は、平均で20社というデータを知ることで「まだ焦るほどの状況ではない」ことが分かるはずです。

転職についての悩み事は相談できる相手が限られるため、1人で悩んでしまいがちです。

こういったデータを知ることによって、自分の現在の状況を客観視していくことはとても大切です。

2)転職が決まらないときに見直したい3つのこと

転職が決まらないときに見直したいポイントは?「自己分析」「企業の選び方」「スケジュール」

転職先がなかなか決まらない…という状況のとき、「手応えが全く感じられない」「書類選考に1社も通過しない」ようであれば要注意です。

単純に応募社数が少ないのが原因ではなく、もっと根本的な改善が必要かもしれません。たとえば、転職活動の進め方やマインドセットの見直しが急務かもしれないのです。

転職活動を見直す上で重要なのは「自己分析」「企業の選び方」「スケジュール」の3点です。それぞれを見直す際のポイントを確認していきましょう。

「自己分析」で見直したいポイント

何のための転職か「優先順位」を明確にする

「優先順位」を明確に

求人を検索するとき、何を重視して絞り込んでいるでしょうか。転職先に求める条件は欲張り出せばさまざまなものが挙げられるはずです。

  • 仕事内容(より大きな仕事をしてみたい・やりがいのある仕事をしたい)
  • 就労環境(働きやすい環境で就労したい・残業など長時間労働を改善したい)
  • 給与条件(今よりも年収アップしたい・成果に見合った報酬を受け取りたい)
  • 事業内容(将来性のある仕事をしたい・世の中への貢献度が高い仕事をしたい)

これらの条件を「できれば全て叶えたい」と思っていると、ぴったりの職場が見つかるまでに長い期間を要するのは明らかです。

転職活動にあたって自己分析をするのは、自分にとって何が重要であり、転職先に何を求めているのか、優先順位を明確にするためなのです。

優先順位を付けるからには、優先度が低い条件は「あえて無視する」覚悟も必要です。
転職活動の方向性を明確化することで、転職先の候補も絞り込みやすくなるはずです。

転職理由が“他責”になっていないか

転職理由がネガティブな場合は「良くする方法はないか?」を模索し転職理由に言い添える

転職理由が自責ではなく他責になってしまっている人の特徴として、転職理由がネガティブになりやすいことが挙げられます。

たとえば「職場の人間関係が良くない」という問題点は転職理由としてありがちですが、ここで言う「人間関係」とは周囲の社員全員のことではなく、ごく一部の限られた人物のことを指しているケースがほとんどです。

どこの職場にも馬が合わない人は1人や2人いるはずですので、「この人はうちに入社しても人間関係で悩むのではないか?」「問題があるのではこの人自身なのでは?」と思われてしまう可能性もあります。

転職理由が他責になりがちな人は、「自分ができることの範囲内で、少しでも良くする方法はないか?」を摸索してみましょう。

それを転職理由に言い添えることで、印象はずいぶん変わります。困難な状況に立たされたときの前向きさや粘り強さが評価されることは十分あり得るのです。

反対に、他責の理由で転職しようとしていると思われてしまうと、またすぐに辞めてしまうのでは?という懸念から採用決定に二の足を踏む原因にもなるのです。

自己分析の進め方

自己分析のコツは、「根本に立ち返る」ことです。
具体的には、次の4つのステップに沿って進めていくと良いでしょう。

自己分析は、振り返り→Will→Can→Mustの順番で行う
  • STEP1 今までの経験を振り返る
    …これまで培った知識・スキル・そして経験を振り返り、整理していきます(キャリアの棚卸し)
  • STEP2 これから何をやりたいかを考える
    …STEP1で整理した内容を踏まえて、これから先どんな働き方をしたいか、転職後にどんな知識・スキルを身につけたいかを考えます
  • STEP3 現在、何が出来るかを考える
    …STEP2で描いた今後の働き方に役立てられそうな、いま現在の自分の強み・活かせるスキルを整理します
  • STEP4 応募先企業で求められていることを確認する
    …応募しようと考えている企業が求める人物像を確認し、STEP1~3で導き出した自身の状態との共通点(またはギャップ)を明確にします

STEP1が「キャリアの棚卸し」、STEP2~4が「自己分析」の行為になります。
これらを行っておくことによって、自身がどんな企業に応募すべきかの方針を立てやすくなり、また職務経歴書や面接の際の自己紹介や自己PRは格段に進めやすくなります。

キャリアの棚卸し、自己分析の進め方については以下記事にも詳しく説明しています。
興味のある方は、併せてご覧ください。

「企業の選び方」で見直したいポイント

企業選びで譲れないこと・妥協できることを洗い出す

「やりたいこと」ではなく「やりたくないこと」を判断基準にしてみる

求人を探すとき、「どんな条件が満たされるか」を重視して検索する人は多いはずです。

しかし、その条件があまりに多かったり理想が高すぎたりすると、応募の対象となる求人自体が少なくなってしまいます。その結果、応募までに時間を要してしまい、転職活動全体の期間がかかってしまう原因になるのです。

なかなか希望条件に合う企業が見つからない、という人は「やりたいこと」ではなく「やりたくないこと」を判断基準にしてみましょう。

どうしても外したい条件が入っていなければ、ひとまず応募対象の求人として考えておき、選択肢を狭めないようにするのです。

求人票に書かれている事項は事実のはずですが、転職希望者の期待に完全に沿っているかどうかは別問題です。

たとえば、年収を条件に求人を探したつもりが、実際は「目標を100%達成した場合のインセンティブ」を基準に計算された年収額が掲載されているのかもしれません。

求人に書かれている情報だけを元に「希望条件と異なる」と判断してしまうと、実は良い条件の企業を見落としてしまう原因にもなるのです。

「企業の選び方」で見直したいポイント

応募先企業の人材ニーズと自分の能力が合っているか見極める

中途採用の場合は特に、企業は近い将来の人事を想定して採用計画を立てているはずです。

応募要件に「リーダー経験者歓迎」と書かれているのであれば、現場の即戦力として採用し、近い将来リーダー職に登用したいと考えていることが読み取れます。

このように、求人や企業ホームページを読み込んで、応募先企業の人材ニーズを予測し、そこに「はまる」ように応募書類を作成したり、面接対策を考えたりすることで、選考通過の確率を高めることにつながります。

ときどき、自分がこれまで経験してきた仕事内容を手当たりしだい職務経歴書に羅列する人がいますが、応募先企業に「刺さる」経験でなければたくさん書いても意味がありません。

応募先企業の人材ニーズが自分の能力とかけ離れていれば、採用される確率が極めて低いと考えざるを得ないでしょう。

反対に、自分の経験を必要としている可能性が高い企業であれば、有力な採用候補者として一気に最終面接まで進んでしまう場合もあります。

企業研究を行う際に、優先して見るべきポイント

チェック項目 確認ポイント どこで確認するか
事業内容 自分自身の知識領域にあるか、また今後も興味・関心を持続して持ち続けられる内容かを確認する 企業HP
主力商品・サービス その商品・サービスの開発・運用を自身が携わることになる際に、どの範囲まで知っていて、どの範囲を知らないかを確認する 企業HP、業界ニュース、競合他社のHP、四季報、業界地図等
強み・独自性 同業他社をいくつか確認し、「この会社ならではの特色・強み」がどこにあるかを見出す
企業理念 企業理念から、求められる人物像(主にスタンス面)をイメージし、自身との適合性を家訓する
社風・雰囲気 歓迎される人物像や業務への取り組み姿勢をイメージする 経営者や社員のインタビュー記事、口コミサイト等
求められる知識・スキル 現在の自身の知識・スキルと照らし合わせて、過不足を確認する 企業HP、求人票等

「スケジュール」で見直したいポイント

行き当たりばったりの転職活動になっていないか

転職スケジュールと共に利用している転職サービスも見直す

すでに退職した状態で転職活動に取り組んでいるのであれば、退職した当初はいつまでに転職先を確保する予定で考えていたのでしょうか。

「1ヶ月以内に一次選考には進めるようにしよう」「3ヶ月以上決まらないようなら、失業給付を申請しよう」といった計画をどの程度立てていたかがポイントです。

もし、「1〜2ヶ月もあれば、どこか1社ぐらいは内定がもらえるのではないか」とざっくりと考えていたとしたら、思っていたよりも苦戦して焦っている今の状況は良くありません。
早急に転職スケジュールを見直し、軌道修正しておく必要があります。

利用している転職サービスも見直しましょう。
たとえば、30代の転職希望者が若手向けの転職サービスを利用するのは効果的とは言えません。

職種未経験者が経験者向けの転職サービスに登録するのも得策とは言えません。

利用中の転職サービスのターゲット層を再確認し、効果が見られないのであれば利用するサービスを切り替えるのもひとつの手です。

3)転職活動で「焦りすぎ」は逆効果!

焦り過ぎて、心の余裕がなくなっていないか

焦っている人のイメージ

気持ちが焦って余裕がなくなってくると、冷静な判断力を失ってしまうことがあります。

入社後の働き方や今後のキャリアプランといった中長期的な視座に立って物事を考えることができなくなってしまい、「とにかく内定がもらえそうなところ」を狙って応募する、などという行動に走りがちになります。

自分に合っていないことが分かっていながら、内定がもらえたというだけの理由で入社を決めてしまうようなことも起こり得ます。

転職は内定がゴールではなく、入社して働き出してからが本当のスタートです。
転職活動中の一時の気持ちの焦りから、じっくり考えることなく重要な決断を下してしまうべきではありません。

また、気持ちが焦ることでさらに選考に通りにくくなる悪循環を招くこともあります。

「とにかくたくさん応募しなければ」と、応募書類を使い回して大量に応募したり、企業分析が不十分なまま面接にのぞんだりすれば、準備不足が原因で選考通過を逃してしまう原因にもなるのです。

焦りが募るなら、転職エージェントに客観的な意見をもらうのがおすすめ

転職エージェントのキャリアドバイザーが、プロとして適切な対処法をアドバイスしてくれる

転職活動が長引いていることで、いま「自分は焦っている」と気づいたのであれば、思い切って客観的な意見を求めるのも良い方法と言えるでしょう。

実は、転職についての相談や質問を投げかけることができる機会はそう多くはありません。

転職活動中であること自体、信頼できる相手でなければあまり大っぴらに言いたくない人もいるはずですし、志望している業種や職種の転職経験がある人となると、ごく限られた人にしか相談できないはずです。

もし転職活動の方向性や進め方に不安があるようなら、転職エージェントに相談してみるのも有効な解決策の1つです。

転職エージェントのキャリアアドバイザーは、多くの転職希望者と話してきたプロですから、あなたの今の状況に対して適切な対処法をアドバイスしてくれるでしょう。

4)転職活動が長引いた際に登録したい、おすすめの転職エージェント

転職エージェントと聞くと、求人を紹介してもらうための場所というイメージが強いかもしれません。

実際のところは、求人の紹介だけでなくキャリアカウンセリング全般を含めて相談に乗ってもらうことができます。

転職活動が長引いてしまっている状況であれば、その原因はどこにあり、どうすれば改善に向かうのか、プロであるキャリアアドバイザーが一緒に考えてくれるはずです。

転職エージェントには各社特徴がありますので、自分の状況や求めているアドバイスに合ったエージェントを選んで登録しましょう。

実績あるエージェントのサポートを受けたい方は、リクルートエージェントがおすすめ

転職エージェントならリクルートエージェント。非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介。転職エージェントがあなたの転職を成功に導きます。

リクルートエージェントは、保有する求人数、転職成功実績ともに、事実上No.1の実績を持つ転職エージェントサービスです。

その理由は、ひとえには「リクルート」のブランド力もありますが、キャリアアドバイザーによる品質の高いサポートに多くの高評価が寄せられているのです。

求人紹介にとどまらず、応募書類の添削や模擬面接など、転職活動にまつわる様々な面で効果的なサポートが期待できます。

転職活動が長引くと、その分だけ転職者の不安も高まることでしょう。

「転職がなかなか決まらないのだが、どこに原因があるのか」
「今の経歴では、どんな仕事が向いているのか」

それらの悩みに対しても有益なアドバイスがもらうことができます。

実績No.1のエージェントのサポートを受けたい方は、リクルートエージェントがおすすめです。

応募書類の添削をして欲しい方は、パソナキャリアがおすすめ

パソナキャリア。転職活動の成功を、全力でサポートします。専門アドバイザーがあなたの転職活動を全面サポート!!

パソナキャリアは人材派遣事業で知られるパソナ社が運営する転職エージェントです。

派遣事業で培った企業とのパイプは強く、他社にはない独自の求人を保有していたり、各社の突っ込んだ情報を入手したりできるのが特徴です。

転職活動が長引いている原因が応募書類の書き方にあるかもしれないと感じている人は、パソナキャリアのサポートを頼ることをおすすめします。

キャリアカウンセリングのていねいさには定評があり、履歴書や職務経歴書の添削や応募先企業に合わせた対策について、じっくりとアドバイスしてもらうことができます。

自分では気づいていなかったウィークポイントについて客観的な視点から指摘してもらうことで、応募先企業の印象が大きく変わる可能性も十分にあるでしょう。

前職の在籍期間が短かった方は、JAICがおすすめ

前職の在籍期間が短かった人は、転職理由や志望動機をどのように伝えたらいいのか迷うことも多いことでしょう。特に1社目を短期間で辞めてしまった場合、「またすぐに辞めてしまうのではないか」「何か本人に原因があるのではないか」といった目で見られがちです。

JAICは、キャリアの浅い若手や既卒に対して独自の研修を行い、その上で企業との面談の機会を設けてくれるという独自の仕組みを持つ転職エージェントです。

前職で在籍期間が短かったなど、一般的に転職に際して不利になりやすい事情があったとしても、しっかりとした研修の機会を設けることで企業からの信頼感をアップさせることができます。

前職の退職理由や在籍期間がネックで転職先がなかなか決まらないと思われる方は、JAICに登録して研修を受講することをおすすめします。

働きやすい環境を求めている方は、マイナビエージェントがおすすめ

長時間労働など過酷な就労環境が原因で前職を退職している方は、転職先に働きやすさを求めているのではないでしょうか。

企業規模や売上高といった表向きのデータだけでは、そこで働く人がどのような環境で働いているのか、なかなか見えてこないことがあります。

マイナビエージェントは就活サイトで培った企業との信頼関係を礎に、他社にはない優良中小企業と独自のパイプを築いています。

企業の採用担当者と直接話し、企業風土や職場環境に至るまでしっかりとヒアリングを行っていますので、より企業の実態に近い情報を得ることができるのです。

転職活動が長引いたことで焦って転職先を決めてしまうと、どのような就労環境なのかよく確認せずに入社してしまうことになりかねません。

独力では入手しにくい情報も、マイナビエージェントを通じて把握しておくことが可能になるのです。

まとめ 適切な見直しをすることで転職活動は必ず好転する

思うように内定がもらえず転職活動が長引いているのであれば、必ず何らかの原因があります。

ただし、その原因を自分で発見し改善するのはとても難しい作業です。

自分では良かれと思ってやっていることが、実は効果的なアピールにつながっていないといったことは十分に考えられるのです。

転職活動がうまくいかないときは、この記事で紹介した「自己分析」「企業の選び方」「スケジュール」の3点を見直してみましょう。

適切に見直しを図ることで、転職活動は必ず好転に向かうはずです。

<>