『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

【IT業界地図】IT業界に未経験で転職する際は、まずは業界把握から

[最終更新日]2020/09/02

IT業界地図で分野ごとの特徴を把握! IT業界に興味があるなら、まずは業界把握から!

今回は、IT業界で働いてみたい!と思っている人向けにIT業界地図をご紹介します。IT業界とひと口に言っても、実は多種多様な分野に分かれていることをご存知でしょうか。

分野が違えば求められるスキルも異なるため、自分の得意分野や志向に合った分野であるかどうかを把握した上で転職することが重要になります。

レビューを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

レビューの平均:  
 0 レビュー

目次

現在、ITエンジニア職で転職活動中の方へ


現在、新型コロナウィルスの感染拡大防止に向けて、都市部の多くの企業また転職エージェントサービスにて電話面談、またはオンライン面談の利用を促しています。
在宅においても転職活動は可能ですので、「なるべく早く転職活動を進めたい」という方は、以下転職エージェントサービスへの電話相談をされることをおすすめします。

<電話相談が可能な、おすすめ転職エージェントサービス>

■エンジニアの実務経験がある方向け
マイナビエージェントIT
レバテックキャリア
doda ITエンジニア

■エンジニアの実務経験が浅い方向け
ワークポート
リクルートエージェント
doda


登録後、それぞれの転職サービスから連絡が来ますので、電話で状況を伝えアドバイスをもらいます。
また、登録の際はなるべく複数のサービスに登録をして、あなたにとって一番「相性が良さそう」と感じた転職サービスを見極めて利用されることをおすすめします。

IT業界は、主に4つの分野に分類できる

インターネット・Web分野情報処理サービス・業務系ツール分野ソフトウェア分野ハードウェア分野

IT業界と聞くとSEなどのエンジニア職がまず頭に浮かぶ人もいるかもしれませんが、実際にはIT業界にはもっと多くの職種があり、エンジニア以外にも多様な働き方が可能です。ここでは、IT業界を大きく4つの分野に分けた場合の分類を紹介しています。

ざっくりとIT業界を分類したときの業界地図が、何となく見えてくるはずです。

インターネット・Web分野

Web分野と聞くと、企業などのWebサイトを制作する会社が真っ先に思い浮かぶかもしれませんが、Web分野の仕事はホームページ制作だけではありません。他にも、ECサイトやSNSの企画や開発・運営なども、インターネット・Web分野のくくりに入ります。

求められている職種も幅広くあります。WebデザイナーやHTMLコーダーといった仕事は、Webサイトの見た目を作っていく仕事として、比較的イメージしやすいはずです。

他にも、フロントエンド/バックエンドエンジニアといった職種があり、PCやスマホ上での動きを制御する技術(クライアントサイド)や、サーバー側を制御する技術(サーバーサイド)がそれぞれ求められます。

また、現場を仕切ったりプロジェクト全体を指揮したりするWebプロデューサー/ディレクター、ユーザーの統計やアクセス改善に携わるWebマーケターといったポジションも存在します。





情報処理サービス・業務系ツール分野

情報処理サービスは、一般的にはSI(システムインテグレータ)と呼ばれることが多い職種です。近年ではビッグデータの活用が注目されるようになり、情報処理サービスに新たなニーズが顕在化するとともに、より高度な知識や技術力が求められるようにもなりつつあります。

金融業界で注目されているFinTechや、鉄道の運行システムや航空機の管制システムを支えているのも情報処理サービスと言えます。

業務系ツールとは、ある業務の工程を最適化するためのアプリケーションなどを提案・開発し、管理していく仕事です。アプリケーション等の開発ありきではなく、本来の目的は業務を効率化・最適化することです。

よって、お客様がどのような問題を抱えているのか、システム以前のところで粘り強く課題を掘り起こしていく必要があります。





ソフトウェア分野

ソフトウェア開発には、大きく分けてオペレーティングシステム(OS)開発アプリケーションソフト開発があります。企業も個人も日常的にPCやスマートフォンを利用するようになっており、ソフトウェアの需要は伸び続けています。

ソフトウェア関係で働く人材も供給が追いついていない状況で、とくにITエンジニアに関しては人手不足が慢性化しているとも言われています

プログラマーやシステムエンジニア、ネットワークエンジニアといった、IT業界でよく耳にする職種はソフトウェア分野に多い傾向があります。どのようにソフトウェア分野に関わるにしても、最低限のプログラミングなど技術的な面での知識が問われますので、技術寄りの分野と見ることもできるでしょう。





ハードウェア分野

ソフトウェアが動作するためのデバイスや基盤をハードウェアと呼びます。ハードウェア分野には、ハードウェアエンジニアやハードウェア設計者といった職種があります。

一般的に、ソフトウェアよりも技術面での専門性が高いことが多く、ソフトウェアほど初心者向けではないと言われる傾向があります。設計だけでなく、近年ではデータ解析なども併せて必要になるケースがあるため、理系の知識を持つ人材が歓迎されることが少なくありません。

なお、最近はIoTが注目されるようになり、ソフトウェア開発とハードウェア開発を区別せず、セットで行う場面も増えてきています。これまで一般消費者にとってあまり身近な仕事ではなかったハードウェア分野ですが、これからはIoTの普及とともに身近な仕事の1つとなっていく可能性も十分にあります。


それぞれの分野に求められるスキルは

インターネット・Web分野はマーケティングスキル情報処理・業務系ツール分野は提案力&課題解決能力ソフトウェア分野はマネジメントスキルハードウェア分野は最新技術に対するアンテナの高さ

このように、IT業界と言ってもさまざまな分野があり、各分野で求められているスキルも多種多様です。

全体的な傾向として、たとえエンジニアとして働く場合でなくてもプログラミングの知識はあったほうが、採用選考時も働き始めてからも有利になることが多いと言えます。その上で、各分野でとくに注目されやすいスキルをまとめてみました。

「このスキルさえあれば通用する」というわけではありませんので、技術面での話題や最新情報は常にチェックしておくようにしましょう。



インターネット・Web分野はマーケティングスキルが求められる

IT業界は全体として変化が速く、ごく短いスパンでトレンドが変化する業界として知られています。中でもインターネット・Web分野はトレンドの変化が激しく、技術的な面でも日進月歩の分野と言えます。

いまや、Webサイトを制作できる、というだけではビジネスとして成立しなくなっており、Webマーケターでなくてもある程度はマーケティングの知識を持っていることが求められています。また、アクセス解析ツールを使いこなすことも、ユーザーの動向を知るために必須となりますので、アクセス解析に関するひと通りの知識やツールの使い方についても知っておいたほうがいいでしょう。

インターネット・Web業界には、WebプロデューサーやWebディレクターといったポジションも存在します。ゆくゆくマネジメントの側に回ることを目指すのであれば、現場でマーケティングの感覚を学んでおくことは非常に重要な経験になるはずです。





情報処理サービス・業務系ツール分野は提案力や課題解決能力が求められる

情報処理サービスや業務系ツール開発の場合、システムの開発や導入前の段階でお客様のニーズや課題点をヒアリングすることが重要になります。多くの場合、何か困っていることや現状では解決できていない問題が発生しているため、「どのようなシステムが必要なのか」よりも前に「何に困っているのか」という本質の部分をヒアリングする必要があります。

たとえ話として、ドリルを探しているお客様にドリルのカタログを見せる前に、どんな穴を開けたいのか、その穴はなぜ必要なのか、を深掘りしていかなければ、本当のニーズが見えてこないはずなのです。

課題点が明確になったら、システムで解決できる部分を見つけ、お客様に提案していきます。お客様はITの専門家でないことも多いため、言葉を噛み砕いて分かりやすく伝えるのも重要な仕事です。



ソフトウェア分野はマネジメントスキルが求められる

ソフトウェア分野で必要なスキルをネットで検索してみてください。「どんな言語が使えたほうがよいか」といった話題が大量に出てくるはずです。

もちろん、どのようなソフトウェアを開発するかによって扱えたほうが有利な開発言語があることは事実ですが、それが本質ではないことを忘れてはいけません。

プログラマとして活躍し続けるのも1つの道ですが、一般的にはSEになり、さらにチームリーダーやマネージャーへと階段を昇っていくことで、キャリアパスが見えてくる面が大きいのです。このとき必要になるのがマネジメントスキルです。

「自分でコードが書ける」というだけでなく、適切な指示を出して人を動かし、まとめていく力が求められているのです。



ハードウェア分野は最新の技術に対するアンテナの高さが求められる

これからプログラミングに触れる人など、完全な初心者にとってハードウェア分野はややハードルが高いかもしれません。一般的に、プログラムがどのように動作しているかが外部から見えにくい場合は「高水準」の言語と言われますが、ハードウェア分野での言語の多くは抽象化レベルが高く、技術的な面をよく理解していないととっつきにくいと感じられる傾向があるのです

ハードウェア分野はIoTに代表されるように大きく注目されつつある分野でもありますので、最新の技術に対するアンテナが高い人材が求められています。実務未経験者であっても、大学でプログラミングを学んだ経験があるなど、前提知識がある人であればハードウェア分野で活躍できる可能性もないわけではありません。



4つの分野で、「どれが自分に向いてそうか分からない…」となったときは

IT業界にさまざまな分野があることが分かってくると、「どれが自分に向いているのだろう?」と思ってしまうかもしれません。とくに未経験者の方の場合、先を見据えたキャリアプランを考えるのは難しいところもあるかもしれません。

そこで、まずは以下の3点を意識して、キャリアの大まかな方向性を定めていくようにしましょう。

将来何ができるようになっていたいか誰と、誰に向けて仕事をしていきたいかどんな状態が、一番ワクワクするか
  • 「将来何ができるようになっていたいか」を考える
  • 「誰と、誰に向けて仕事をしていきたいか」を考える
  • 「どんな状態が、一番ワクワクするか」を考える




「将来何ができるようになっていたいか」を考える

直近の実務を具体的にイメージしづらいときは、将来的なビジョンをまずイメージしてみるといいでしょう。たとえば「いずれIoTに関わる仕事をしたい」「いろいろいな企業の業務改善に貢献したい」といったことが見えてくると、どの分野に携わっていくのが近道なのかが分かってくるはずです。

おおよその方向性が見えてきたら、そこへ到達するためのスキルが必要になりますので、どのようなスキルを身につけておくべきか、どういった経験が役立つかを考えていきます。これも「どんな言語を学ぶべきか?」といった手近なところから考えるだけでなく、将来的に何ができるようになっていたいのか、という展望から逆算して考えると、道筋が見えやすくなるでしょう。



「誰と、誰に向けて仕事をしていきたいか」を考える

共通の目的を持った人たちと働けることは、働く上で大きなモチベーションの1つになります。どのような思いを持った人と働きたいのか、といったことから考えてみるのも1つの手です。

また、世の中にどのような価値を提供している会社で働きたいのかを考えるのも重要です。一般消費者向けなのか法人向けなのか、つまりB to CなのかB to Bなのか、といった大きな区分けから考えるのも、キャリア選択では重要なことです。

自分自身が必要性を強く感じているものや、自分が欲しいと思っているものを提供する仕事であれば、楽しさややりがいを感じることができるはずです。長く働き続けることを考える上でも、誰に向けて仕事をしていきたいか、というのは重要な視点と言えます。



「どんな状態が、一番ワクワクするか」を考える

転職先の分野や職種を考える上で、「要するに自分は何か好きなのか」は無視できない要件です。プログラムを書いたり人が書いたコードを読んだりしているとき、とてもワクワクするのであれば、ITエンジニアに適性がある可能性が高いでしょう。

反対に、「一日中コードを眺めているなんて、想像しただけで大変そうだ」と思うのであれば、ITエンジニアには向いていない可能性があります。

自分自身のこれまでの行動の傾向や、好きだったもの・苦手だったものを振り返り、自分にとってどんな状態が一番ワクワクするのかを分析してみましょう。ワクワクする仕事なら、高い成果に結びつきやすく、モチベーションも維持しやすいはずです。

未経験の分野に飛び込むのであればなおさら、「好き」「ワクワク」の感覚を大切にしたほうが、結果的に良い転職ができる確率が高まります。





はじめてのIT業界転職に、おすすめの転職サービス

「自分がどの分野に向いているか分からない……」「どのように転職活動を進めていけばよいのか分からない」といった方は、IT・Web業界へのサポートに強い転職エージェントサービスの活用をおすすめします。

各分野に必要なスキル・資質について詳しいアドバイスがもらえる他、転職者一人一人にマッチした求人の紹介など、手厚いサポートが期待できます。

この章では、代表的な4社について解説します。

より幅広いサポート・求人紹介が受けられるよう、転職サービスの登録は複数社行うことをおすすめします。



希望する職種や分野が明確になっている方は、ワークポートがおすすめ

ワークポート。各業界専門の総合転職エージェント。

ワークポートはIT業界以外の求人も扱う総合型転職エージェントですが、Web・IT系の求人紹介に強いことで知られています

初回登録は1分程度で済む関係な内容で、登録後の対応にもスピード感がある点が好評です。

求人紹介に関しては、送られてくる求人数が多めの傾向があります。IT関係の仕事であれば何でもいい、というスタンスでお願いすると、大量の求人が送られてくることになりかねません。

登録後の面談で希望条件を伝え、条件に合った求人のみ送ってもらうようお願いしておくことで、より効果的に求人を探すことができるはずです。希望する職種や分野がすでに明確になっている人であれば、ワークポートを活用して希望条件に合った求人を紹介してもらうといいでしょう。





面接対策に力を入れて欲しい方は、マイナビエージェントITがおすすめ

マイナビエージェント。ITエンジニアの方へ

未経験の業界に転職する場合は転職エージェントを活用したほうがいい、と言われるのは、求人の紹介をしてもらえるだけでなく、応募書類の添削や面接についてのアドバイスをしてもらえるからです。IT業界未経験の人にとって、応募書類や面接で何をアピールしたらいいのか、自分の力だけで考えるのは至難の業でしょう。

マイナビエージェントITでは、登録後の面談を通じて応募書類の添削や面談対策といったサポートを徹底しています。キャリアの棚卸しや自己分析を自分でやっておくことは大切ですが、第三者の客観的なアドバイスを聞くことで、また違った角度から対策を練ることができるはずです

面接対策に力を入れたいと考えている人は、マイナビエージェントITの活用をおすすめします。





先々のキャリアも見据えて検討したい方は、doda IT エンジニアがおすすめ

doda。企業との強いリレーションで口コミ転職者満足度No.1。ITエンジニアの転職ならdoda

転職エージェントでは、一般的にキャリアアドバイザーなどと呼ばれる担当者が転職希望者をサポートしてくれます。doda ITエンジニアでは、このキャリアアドバイザー以外にもう1人、採用プロジェクト担当がついてくれます。

キャリアアドバイザーは面談から得た情報を元に転職希望者側の要望やキャリアプランについての相談に乗ってくれるのに対し、採用プロジェクト担当は企業のリサーチを徹底して行い、採用担当者と同じ観点からアドバイスをすることができます。

転職希望者側と募集企業側の両側面からキャリアプランを作っていくため、先々のキャリアも見据えた転職を実現しやすくなります。IT業界で今後も活躍していくために、キャリアプランを重要視したいと考えている人は、doda ITエンジニアに登録しておくといいでしょう。





自分のペースで転職活動を進めたい方は、Geek Outがおすすめ

エンジニアの転職活動をもっとシンプルに。

「現職で忙しくて転職活動の時間を割けない」「すぐにではないが、いずれ転職がしたい」

そういったお悩みを抱えている方におすすめなのがGeek Out(ギークアウト)のサービスです。

Geek Outは、転職者自身が求人に応募した段階から担当アドバイザーの支援が始まるため、「登録後、一方的に求人を紹介される」といった手間を省き、転職者自身のペースで活動を進めることができます。

また、Geek Outの「フィードサービス」により、条件に見合った求人情報が自動的に流れてくるので、求人を探す時間も最短で、隙間時間を見つけて応募が可能です。

自分のペースで転職活動を進めたい方は、Geek Outのサービスをおすすめします。









まとめ)業界研究はキャリアプランの策定と表裏一体

IT業界での仕事のやり方を知らずに転職した人の中には「PowerPointでプレゼン資料を作る仕事ばかりで驚いた」といったように、入社前のイメージと入社後に目にする実態との間にギャップを感じる人が少なくないようです。業界研究を綿密に行い、仕事の実態や業界が抱える課題といった点まで知っておくことは、今後のキャリアプランを考えることにもつながるのです。

この記事ではおおよそのIT業界地図をお伝えしましたが、興味を惹かれる分野があった人は、ぜひその分野について深掘りしてリサーチしてみてください。



レビューを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

レビューの平均:  
 0 レビュー