『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

男性でも事務職の転職はアリ!注意点と押えておきたいポイント3点

[最終更新日]2020/07/30

男性が事務職への転職を目指す際に押さえておきたい3つのポイント

営業職などと比べると事務職は女性の割合が多い職種ですが、最近では男性でも事務職を志望する人は増えてきています。男性が事務職へと転職するのは「アリ」の時代になっているのです。

ただし、「営業よりも楽そうだから」「残業が少なそうだから」といった安易な考えで事務職を選ぶのは禁物です。事務職には事務職の大変さがあることをよく理解した上で目指さないと、転職後にミスマッチに悩む原因になりやすいからです。

レビューを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

レビューの平均:  
 0 レビュー

目次

● 現在転職活動中の方へ


現在、新型コロナウィルスの感染拡大防止に向けて、都市部の多くの企業また転職エージェントサービスにて電話面談、またはオンライン面談の利用を促しています。
在宅においても転職活動は可能ですので、「なるべく早く転職活動を進めたい」という方は、以下転職エージェントサービスへの電話相談をされることをおすすめします。

<電話相談が可能な、全国対応のおすすめ転職エージェントサービス>

doda
マイナビエージェント
リクルートエージェント
Spring転職
パソナキャリア
JACリクルートメント
ワークポート

登録後、それぞれの転職サービスから連絡が来ますので、電話で状況を伝えアドバイスをもらいます。
また、登録の際はなるべく複数のサービスに登録をして、あなたにとって一番「相性が良さそう」と感じた転職サービスを見極めて利用されることをおすすめします。

事務職を目指す男性の、おすすめの転職エージェント

順位 サービス名 評価 対応エリア 拠点
1位
マイナビエージェント
コンサル 〇
サポート ◎
求人の質・量 ◎
全国 東京(2箇所)・横浜・札幌・名古屋・大阪・福岡
2位
doda
コンサル ◎
サポート 〇
求人の質・量 ◎
全国 北海道・宮城・東京・横浜・名古屋・大阪・岡山・広島・福岡
3位
リクルートエージェント
コンサル 〇
サポート ◎
求人の質・量 ◎
全国 北海道、宮城、東京(2か所)、埼玉、栃木、横浜、静岡、名古屋、京都、大阪、神戸、岡山、広島、福岡
4位
パソナキャリア
コンサル ◎
サポート ◎
求人の質・量 ◎
全国 全都道府県

まずは、事務職の仕事内容、待遇をしっかり把握しておこう

事務職の仕事内容・待遇は?

事務職という呼び方は、バックオフィスでの仕事全般を指していますので、実はかなり広い仕事内容を包括しています。事務職の仕事内容にはどんなものがあり、どのようなスキルが求められているのかを理解しておくことは非常に重要です。

また、事務職の平均的な給与水準など、待遇面での相場を知っておくことも転職を検討するにあたって必要なことです。軽い気持ちで転職した結果、「こんなはずではなかった」と後悔しないためにも、事務職についてきちんと理解しておきましょう。

事務職の仕事とは

事務職として最もよく知られているのは、いわゆる一般事務です。PC入力や電話応対が中心で、幅広い業務範囲をカバーする必要があります。企業の規模が小さいと、一般事務職が総務や経理、庶務といったあらゆる仕事を回していかなくてはならないため、マルチな能力が必要とされることもあります。

事務職には、ほかにも営業事務があります。営業事務は営業職の事務処理関係の業務を担当する職務です。受発注データの入力や営業資料の作成・整理、電話応対を行います。

他にも、総務や経理といった職種を事務職に含めることもあります。総務は会社内の「何でも屋」とも言える仕事で、備品の管理や発注、広報活動、社内イベントの企画・運営などを幅広くこなします。経理は小口現金の出納や売上の管理を担う仕事で、会社のキャッシュフローを適正に管理する上で非常に重要なポジションです。

事務職と聞くと、外回りの営業職などに比べると「オフィスワークで楽そう」などといったイメージを持つ人もいるかもしれませんが、実際には幅広い能力を求められる大変な仕事なのです。



事務職の平均給与

事務職は決して楽ではないと述べましたが、給与面では他の職種に比べて高水準とは言いがたいところがあります。営業職や技術職の場合は営業手当や技術手当が付くこともありますので、他職種から転職すると年収が下がるケースも考えられます。

事務職は残業が少なめの職場も多い反面、残業が少ないため残業代の上乗せも多くは望めません。年収は200万円~300万円台のことが多く、勤続年数が長くても昇給や昇進がほとんど期待できないこともあります

とくに職種によって総合職と一般職に分かれている会社の場合、一般事務や営業事務は一般職に分類されていることがあります。キャリアアップを目指したいのであれば、部署異動や転勤もあり得る総合職として採用されるほうが有利なことが多いと言えます。

ゆくゆく管理職になれるのは総合職のみというケースもありますので、転職後の給与額はもちろんのこと、将来的なキャリアプランも見据えて給与水準をリサーチしておくことが大切です。



事務職で働くことの、メリット・デメリット

男性が事務職で働く際のメリット

  • 体力面での負担が少ない
  • 残業が少なめでワークライフバランスをとりやすい
  • 安定して働きやすい

それぞれ、順を追って見ていきましょう。



男性が事務職で働く際のメリット#1 体力面での負担が少ない

たとえば営業職の場合、外に出て人と会うのが仕事ですので、体力的に厳しい面があるのは否めません。売上目標のプレッシャーと闘いながら数字を積み上げていく過程で、体を壊してしまう人もいるのは事実です。出張が多い職場の場合、慣れない土地での営業活動や宿泊、顧客との酒席の付き合いなど、体力が求められる場面は少なくないのです。

その点、事務職はデスクワークが基本ですので、外回りで疲弊してしまうようなことはありません。体力に自信がない人やじっくりと集中して取り組む仕事のほうが向いている人にとって、事務職は働きやすい職種の1つと言えるでしょう。



男性が事務職で働く際のメリット#2 残業が少なめでワークライフバランスをとりやすい

事務職は定型的な仕事が多いため、「ここまで処理が終われば今日の仕事は完了」というゴールが見えているケースが多いと言えます。自分でしっかりと計画的に仕事を進めることができれば、定時で退勤することも可能な職場もめずらしくありません。

残業が少なくなれば、ワークライフバランスを取りやすくなり、プライベートを充実させやすくなります。趣味に打ち込んだり、仕事以外に活動の場を持ったりしたいと考えている人にとって、プライベートの時間を取りやすいことは大きなメリットと言えるでしょう。昇進や昇給よりも自分の時間を確保することを重視したい人にとって、事務職は適した職種と言えます。



男性が事務職で働く際のメリット#3 安定して働きやすい

営業職であれば、達成目標に対する実績が数字として表れますので、年収が上下することは十分にあり得ます。契約が全く取れない状態が続くようであれば、会社に居づらくなり転職を検討せざるを得ないこともあるでしょう。

事務職は定型的な仕事が多いため、年によって仕事の量や種類が大きく異なることは考えにくいのが特徴です。業界によっては定期的に繁忙期があり残業手当が増えることはあるかもしれませんが、反対に大きく給与が減ったり、成績によって激しく上下したりといったことはありません。いったんスキルを身につけてしまえば、安定的に続けやすい仕事なのです。



男性が事務職で働く際のデメリット

  • 仕事が単調になりやすい
  • 高収入は望めないことが多い
  • 女性中心の職場になることが多い

それぞれ、順を追って見ていきましょう。



男性が事務職で働く際のデメリット#1 仕事が単調になりやすい

事務職は決められた処理をきちんと期日通りに遂行することが求められる仕事です。仕事の内容や量が安定していると言えますが、裏を返せば仕事内容そのものに変化が少なく、どうしても単調になりやすい面があります

また、同じ職場にいる限りは同じ仕事を日々繰り返すことが多く、一定のレベルに達してしまうとそれ以上のスキルアップや新たなチャレンジがしづらい面もあります。仕事に変化を求めるタイプの人や、日々同じ仕事を繰り返すことに飽きてしまうタイプの人は、事務職に転職することでデメリットを感じやすいかもしれません。



男性が事務職で働く際のデメリット#2 高収入はのぞめないことが多い

事務職は定型的な仕事を正確に処理することが求められる仕事です。ミスなく事務作業が進むことは会社にとって必要不可欠なのですが、一定以上のレベルに達すると、それ以上の創意工夫を加えたりめざましい成果を出したりしづらいところがあります。

たとえば技術職であれば、スキルを高めていきスペシャリストを目指すことも可能ですが、事務職の場合は事務のスペシャリストというポジションを設けている企業はまれです。そのため昇給が緩やかで給与が上がりにくいというデメリットがあります。給与が安定している反面、高収入はのぞめないことが多いことを知っておきましょう。



男性が事務職で働く際のデメリット#3 女性中心の職場になることが多い

男性が事務職を目指すにあたって、女性中心の職場にあたりやすいことは覚悟しておかなくてはならないでしょう。大半が女性社員の職場では女性同士の人間関係があるわけですが、男性にとってその関係性は見えづらく、理解できないことも多々あるはずです。「女性中心の職場」と聞いて、なぜ男性が働きにくいと感じるのかピンとこない人ほど要注意です。

反対に、女性が多い職場でうまく気配りができたり、ムードメーカーになれたりする男性は重宝される場合もあります。こういったことは本人のキャラクターや性格によるところも大きいため、自分が女性中心の職場に向いているのかどうか、身近な人の意見も聞いてみるといいでしょう。



男性が事務職に転職する際に、押えておきたい3つのポイント

志望動機をしっかり持つ&面談対策は念入りに

男性が事務職を志望する場合、「なぜ事務職なのか」という志望動機を他職種以上によく考えておく必要があります。企業側としては、事務職として能力がある人、適性が高い人を採用したいと考えています。ところが、肝心な応募者側が「事務職は楽そうだから」「外勤は疲れるから」といった安易な理由で志望しているとすれば、企業にとって採用する理由がなくなってしまいます。

たとえば「組織を裏方として支えたい」という気持ちで志望している場合、一般事務に限らず総務や広報でもその目的を果たすことはできるはずです。「事務職以外やりたくない」という応募者は、企業から敬遠される可能性があるため、志望動機の伝え方には注意が必要です。

会社によっては、はじめは事務職として入社したとしても、ゆくゆくは他部署に異動や転勤を命ぜられる可能性もあります。自分は仕事を通して何を実現したいのか、企業にどのように貢献できるのか、といった根本的な部分を考え抜き、面接で納得性の高い志望動機を伝えられるように準備しておくことが大切です。



総務、経理など、事務職以外にも興味の持てる分野を見出しておく

一般事務として採用された人であっても、適性によっては入社後に総務や経理といった職種へ配置転換されることはめずらしくありません。「与えられた仕事だけを淡々とこなしたい」と考えるのではなく、事務職の延長線上にあるさまざまな組織内での仕事に関心を持ち、キャリアプランを考えておくことは非常に重要です。

現実的な話として、一般事務を派遣スタッフやパートでまかなっている会社は決して少なくありません。ベテランの事務職の社員が数名いて、残りは全て非正規雇用というケースもめずらしくないのです。中途採用の男性が事務職として採用され、その何十年も同じ仕事をし続けるのは考えにくい場合もあるはずです。

そこで、「いま事務職がやりたい」だけでなく、「今後どのように働いていきたいのか」というビジョンを伝えることが重要になります。

事務職にしか関心を示さないのではなく、積極的に総務や経理といった隣接した職種のこともリサーチし、興味が持てそうな分野を見出しておきましょう。



サポートの厚い転職サービスを活用しよう

ここまで見てきて分かる通り、男性が事務職へ転職する場合には事務職特有のハードルがあります。自分ではもっともだと思う志望動機であっても、企業が求めるものとは食い違っているかもしれません。

どのような人たちと一緒に働くことになるのかは入社してみないと分からないことが多いため、入社してみたら事務職の男性社員は自分1人だけだった、ということも十分あり得ます。自力で転職活動を進めるには、あまりに情報が不足しているのです。

男性で事務職へ転職したい方は、できるだけサポートの手厚い転職サービスに登録し、キャリアアドバイザーに相談してみることをおすすめします。そもそも事務職を目指すべきかどうか、といったところから相談に乗ってもらうこともできますので、自分の考えだけでなく第三者の視点でアドバイスをもらえるからです。

そのほか、応募書類の添削や面接対策といったサポートを受けられますので、自信をもって選考にのぞむことができるはずです。



男性が事務職に転職する際のおすすめの転職サービス

働きやすさを重視したい方は、マイナビエージェントがおすすめ

働きやすい職場と聞くと大企業を想像する人が多いかもしれませんが、事務職に関しては中小企業で男性社員が大切にされるケースがあるのをご存知でしょうか。

事務職が総務や庶務を兼ねていることもありますので、意外と力仕事も必要な場面があるのです。能力の高い人材であれば、将来的に女性だけでなく男性も総務部や経理部の管理職として登用したいと考えている企業も少なくありません。

マイナビエージェントは他の転職エージェントに比べて、中小企業の独自求人を多数保有していると言われています。中には知る人ぞ知る中小の優良企業も含まれていたりしますので、働きやすさを重視して転職先を決めたい人はマイナビエージェントに登録しておくといいでしょう。





幅広く多くの求人を見ておきたい方は、dodaがおすすめ

doda 転職なら、・・転職サイトdoda(デューダ)

事務職の求人を探し始めると実感がわくかもしれませんが、事務職は定着率の高い職種なだけに決して求人が常時たくさんあるわけではありません。欠員補充などのタイミングで、運よく求人と出合えるかどうかが重要なところがあるのです。そのため、限られた転職期間中に多くの求人を見ておくことが重要になります。

dodaは国内最大級の転職サービスで、転職エージェントが一体型になっている点が大きな特徴です。膨大な求人データベースの中から事務職を募集している企業を紹介してもらうことができますので、幅広く多くの求人を見ておくことが可能になります。

また、転職エージェントを通してのみ応募が可能な非公開求人であれば、一般公開されている求人に比べて低い競争率で選考が進む可能性もあります。多くの求人を見ておきたい人にはdodaがおすすめです。





実績あるアドバイザーにサポートしてもらいたい方は、リクルートエージェントがおすすめ

転職エージェントならリクルートエージェント。非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介。転職エージェントがあなたの転職を成功に導きます。

リクルートエージェントは、国内最大の求人数・サポート実績を誇る転職エージェントサービスです。

事務職は希少価値の高い求人であるだけに、単純に数多くの求人に触れられる機会の多いことや、数々の成功実績を積んできたキャリアアドバイザーの助言をもらえることが、リクルートエージェントを活用するうえでの大きなメリットとなるでしょう。

また、リクルートエージェント独自のサービスも豊富です。
転職活動の難所である「採用面接」の必勝法が学べる無料セミナーの実施や、各担当アドバイザーが、選考でのポイントをレポート形式にまとめて提示してくれるなど、リクルートエージェントだからこそのアドバンテージを実感できます。





面接対策に力を入れたい方は、パソナキャリアがおすすめ

パソナキャリア。転職活動の成功を、全力でサポートします。専門アドバイザーがあなたの転職活動を全面サポート!!

職種転換して事務職に転職する人の場合は、志望動機はもちろんのこと、これまでの経験を事務職でどのように活かすことができるのか、面接で詳しく聞かれることは間違いありません。

自分なりの考えがあったとしても、それを面接の場で的確に伝えることができなければ内定を勝ち取ることは難しいでしょう。職種転換を伴う転職の場合はとくに、徹底的に面接対策をしておく必要があるのです。

パソナキャリアは数ある転職エージェントの中でも、キャリアアドバイザーに時間をかけて面談をしてもらえることで知られています。もちろん、応募書類の添削や面接対策といったサポートも付いていますので、客観的な視点でアドバイスしてもらうことができます。面接対策に力を入れたいと考えている人は、パソナキャリアを活用するといいでしょう。





まとめ 男性の事務職への転職は「なぜ事務職なのか」を明確に!

事務職は決して楽な仕事でも簡単な仕事でもありません。細かな気配りが必要な仕事ですし、ちょっとしたミスが会社にとって大きな損害をもたらすようなケースも少なくありません。男性が事務職への転職を検討する上で、「事務職を甘く見てしまう」のは最も避けるべきことなのです

男性が事務職を目指すのはアリですが、目指すのであれば「なぜ事務職なのか」「事務職として何を実現したいのか」といった考えをしっかりと伝えるようにしておくことが大切です。



この記事を書いた人

アーティエンス株式会社 メディア事業部

アーティエンス株式会社(メディア事業・研修事業を営む会社)所属。
メディア事業部では、「サービスに携わる人たちの、”心揺さぶる瞬間”を創出していくこと」をモットーに、企画・運用活動を行っています。

レビューを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

レビューの平均:  
 0 レビュー