『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代ビジネスマン男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

30代で事務職を目指す方の、お薦めの転職サイトランキング

[最終更新日]2018/11/23


10

事務職は安定性や仕事内容から、常に人気職種の上位にランクインする仕事の1つです。長く続けやすい仕事であることや、幅広いスキルが身につく仕事であることが、人気の理由になっているようです。

目次

30代で事務職を目指す際に、意識したいポイント3点

30代で事務職への転職を検討している人が考えておくべきことは主に2つあります。

1つは、30代という年齢に対して今後のキャリアプランをどうするか、という点です。20代と違い、転職するにあたって経験やスキルを求められる比重が大きくなっていきますので、しっかりとキャリアプランを考えておく必要があります。

もう1つは、仕事内容や企業に対する調査です。そもそも事務職でいいのか、どのような職場で働きたいのか、といったことを言語化し、明確にしておくことが大切です。

自身の「キャリアプラン」を明確に

30代に入ると、転職に際して前職までの経験や保有スキルが問われ始めます。20代までは、熱意やポテンシャルといった「これから」の部分に期待を寄せてもらえるケースも多いのですが、30代以降は年齢とともに「これまで」の部分の比重が大きくなっていく傾向があります。

裏を返せば、転職後に「やはり事務職は自分に向いていない」と思ったとしても、転職して再度の職種転換を図ることへのハードルが年々高くなっていくのです。転職して半年、1年というスパンではなく、少なくとも5年、できれば10年ほどのスパンでキャリアプランを描いておくことが大切です。

また、事務職を目指すにあたって「PC入力が中心で人とあまり話さなくていい」「座ったまま仕事ができて楽」といった誤ったイメージを持つ人がいますが、こうした漠然としたイメージで転職を決めてしまうのは非常に危険です。

事務職としてカバーすべき仕事の範囲は幅広く、他部署や取引先、顧客とのコミュニケーションが必要になる場面が多い職場がほとんどです。事務職の仕事内容をしっかりとリサーチし、把握しておくようにしましょう。

事務職の仕事内容については、以下記事にて詳しく紹介しています。宜しければ、以下の記事もご覧ください。

業界および企業調査はかなり念入りに進めておくこと

事務職とひと口に言っても、どのような業界、企業で働くかによって、職場環境や仕事内容は大きく変わることがあります。とくに企業規模は事務職の職務範囲に深く関わっています。

大企業になるほど部署が細分化されている代わりに経理、総務、人事といった専門性を求められるケースが多いのに対し、中小企業の事務職は間接部門としての機能を一手に引き受けているケースが多く、職場によっては決算から日常の雑務まで、あらゆる仕事を事務職の数名で担っていることもあります

組織の中で事務職がどのような位置づけになっているか、についてもよく調べておく必要があります。職場によっては総合職と一般職の区分があり、事務職は全員が一般職という場合もあります。

この区分が昇進や昇給に大きく響いてくることもありますので、先々のキャリアパスを期待できる組織かどうかを見極める上でも、事務職のポジションを知っておくことは大切です。「入社してみたら、事務職はずっと給料が上がらない職場だった」といった事態は避けたいものです。



求人への応募ペースが緩いと長期化は必須。チャレンジ(応募)の数を担保する

30代で事務職へ転職する場合、企業が求める人材の「年齢」についても意識しておいたほうがいいでしょう。求人に年齢制限を記載することは禁じられていますが、「長期勤続によるキャリア形成を図るため」といった名目で、事実上の年齢制限を設けている例は少なくありません。

あるいは、「20代が活躍している職場です」といった書き方で、間接的に若手を求めていると伝えるケースもあります。企業内の年齢バランスや上司にあたる人物との年齢差を考慮して、こうした制限を設けるケースがあるのです。

こうした企業側の事情から、若手を優先的に採用することは十分にあり得ます。つまり、年齢がネックとなってなかなか書類選考や面接をパスできない事態が考えられるのです。

求人に応募するのはそれなりに覚悟が必要なことですが、1社だめだったら次の1社へ応募、といったペースで転職活動を進めていると、どうしても長期化しやすくなりがちです。場数を踏むという意味も込めて、一定以上の応募数を担保しておくことを心がけましょう。


30代事務職の転職に向けて、転職サイト・転職サービスはどう活用するのがベスト?

効率的に転職活動を進める上で必ず意識しておきたいのが、転職サービスの選び方です。転職サービスは世の中にたくさんありますが、どこのサービスを使っても同じではありません。

各社さまざまな特徴を打ち出していますので、自分の希望条件や希望職種に合ったサービスに登録することが大切です。事務職を目指すのであれば、事務職の求人が多いサービスや事務職への転職支援に強いサービスを活用するのが理想です。

転職サービスを活用する上で注意しておきたい2つのポイントについて確認していきましょう。



転職サイト・転職サービスそれぞれの特徴やメリット・デメリットを知っておこう

転職サイトや転職サービスは、各社に特徴や強みがあります。

  • 得意とする年代(若手の転職に強い、ミドル以上の転職に強い、など)
  • 得意とする業種や職種(IT系に強い、営業職の転職に強い、など)
  • ターゲットとする層(第二新卒に強い、ハイキャリアの転職に強い、など)

こうした特徴や利用するメリットを知っておくことによって、自分の希望条件に合った求人を紹介してもらえる可能性が高い転職サービスかどうかを事前に把握しておくことができるのです。

転職サービスの規模や営業拠点に関する情報も重要です。東京などの大都市で転職活動を進める場合はさほど問題にならないこともありますが、地方での転職やUターン、Iターン転職を目指すのであれば、地方にも営業拠点がある転職サービスでないと対応できないことがあるからです。



転職エージェントは2つ以上登録したほうがベター

転職エージェントに登録してキャリアアドバイザーに相談するのであれば、2箇所以上に登録しておくことをお薦めします。転職エージェントは各社で特徴を打ち出していますが、どの転職希望者に対しても万能な転職エージェントは存在しません。各社の「いいとこ取り」をするためにも、複数の転職エージェントを並行して活用するといいでしょう。

また、転職エージェントは各社が「非公開求人」をセールスポイントにしています。非公開求人はキャリアアドバイザーからの紹介を通じてしか求人内容を閲覧できないため、どの転職エージェントがどんな求人を保有しているのか、外からは見えないようになっているのです。

そのため、Aという転職エージェントではなかなか希望にあった求人を紹介してもらえなかったものの、Bという転職エージェントでは希望条件にぴったりの求人をすぐに紹介してもらえた、といったことが起こり得るのです。

さらに、2社以上に登録していることをキャリアアドバイザーに伝えておくことで、求人を探して紹介するペースを速めてもらう効果も期待できます。他の転職エージェントよりも先に転職先を決定するために、優先的に求人を紹介してもらえる可能性もあるのです。



30代で事務職を目指す方の、お薦めの転職サービスランキングTOP5

順位 サービス名 評価 対応エリア 拠点
1位 パソナキャリア コンサル ◎
サポート ◎
求人の質・量 ◎
全国 全都道府県
2位 doda コンサル ◎
サポート 〇
求人の質・量 ◎
全国 北海道・宮城・東京・横浜・名古屋・大阪・岡山・広島・福岡
3位 マイナビエージェント コンサル ◎
サポート 〇
求人の質・量 〇
全国 東京(2箇所)・横浜・札幌・名古屋・大阪・福岡
4位 Typeエージェント コンサル 〇
サポート ◎
求人の質・量 △
東京・神奈川・千葉・埼玉 東京
5位 リクルートエージェント コンサル 〇
サポート △
求人の質・量 〇
全国 北海道・宮城・東京(2箇所)・埼玉・栃木・横浜・静岡・名古屋・京都・大阪・神戸・岡山・広島・福岡

1位 パソナキャリア

パソナキャリア。転職活動の成功を、全力でサポートします。専門アドバイザーがあなたの転職活動を全面サポート!!
  • ◎拠点の多さは断トツ
  • ◎サービス品質への利用者の評価が高い
  • ◎事務職希望の30代向けの求人が多い

パソナキャリアは登録後の面談がきめ細やかで、転職希望者ひとりひとりにじっくりと向き合ってくれると定評のある転職エージェントです。

応募書類の書き方やアピールポイント、面接の練習といったこともアドバイスをしてもらえますので、転職そのものが初めての人や、正社員として働くのが初めてという人にもお薦めしたい転職エージェントです。

若手から中堅まで幅広い年代に対応可能ですので、30代で事務職を目指したい人にも最適な転職エージェントと言えるでしょう。



2位 doda

転職なら、・・転職サイトdoda(デューダ)
  • ◎求人数の多さ
  • ◎各地に拠点があり、地方でも利用しやすい
  • ◎サービス品質への利用者の評価が高い

dodaは大手転職エージェントの1つで、保有求人数や在籍キャリアアドバイザー数は随一のレベルと言われています。多くの求人を紹介してほしい人や、仕事内容や待遇を比較検討して決めたい人にお薦めです。

事務職の場合はとくに、職場ごとに仕事内容や職務範囲が大きく異なることも少なくありません。また、事務職という職種のポジションについても、会社ごとにまちまちなのが実情です。

事務職として長く働き続けていけそうか、キャリアパスは用意されているか、といった観点で転職先を選ぶ意味でも、多くの求人を紹介してほしい人はdodaに登録しておくといいでしょう。



3位 マイナビエージェント

  • ◎利用者の評価が高く、サポート品質に定評
  • ◎主要都市に拠点があり、地方でも利用しやすい
  • △20代~30代前半の若手向けの傾向がある

マイナビエージェントは就活サイト「マイナビ」で築いた企業との独自のパイプを多数持っており、大手だけでなく中小の優良企業を紹介してもらえることがあると評判の転職エージェントです。登録後の面談や選考が始まってからのサポート体制についても評判が良く、頼れる転職エージェントの1つと言っていいでしょう。

マイナビエージェントは若手の転職希望者を中心にサポート力があると言われています。30代の転職希望者は転職時点での年齢や実務経験によって、十分に対応可能かどうか分かれる場合もありますので注意が必要です。



4位 typeエージェント

type転職エージェント。ひとつ上を目指すあなたの転職アドバイザー。
  • ◎サービス品質の高さに定評
  • ◎事務職希望の30代向けの求人が多い
  • △対応エリアは一都三県のみ

typeエージェントは若手からミドルの転職サポートを得意としている転職エージェントとして知られています。事務職の求人も豊富に保有していますので、30代で事務職を目指したいと考えている人にぜひ利用していただきたい転職エージェントの1つです。

登録後の面談実施場所は東京となり、転職サポートの対応が可能な地域は東京・神奈川・千葉・埼玉となりますので、首都圏で事務職として働きたい人に最適な転職エージェントと言えます



5位 リクルートエージェント

転職エージェントならリクルートエージェント。非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介。転職エージェントがあなたの転職を成功に導きます。
  • ◎拠点が多く、地方の求人も多い
  • ◎組織力を活かしたサービス品質の高さ
  • △エージェントの質は「まちまち」という評判も

リクルートエージェントは大手転職エージェントの1つで、保有求人数や在籍キャリアアドバイザー数の多さは随一のレベルです。

非公開求人数もトップレベルですので、多くの求人を紹介してほしいという人にとって、選択肢の1つに入れておきたい転職エージェントと言えるでしょう。全国の主要都市に拠点を置いていますので、対応可能な地域が広いのも魅力の1つです。

多くの転職希望者が登録を検討する人気のサービスでもあるため、他の転職エージェントと組み合わせて登録することも検討しておくといいでしょう。



まとめ 30代で事務職を目指すなら「今後どう働いていきたいか」を明確に

30代は企業から求められる経験やスキルのレベルが高くなっていく時期です。事務職においても例外ではなく、実務経験者が優先的に採用される面があるのは否めません。

30代で事務職を目指すなら、少なくとも向こう5年間のキャリアプランをよく考えておく必要があります。先々のキャリアプランを考えることで、必然的に「今後どう働いていきたいか」という本質的な問いにたどり着くはずです。

事務職への転職を実りあるものにするためにも、自己分析や業界研究を含めたキャリアプランの策定をしっかりと行っておきましょう。



この記事を編集した人

アーティエンス株式会社 メディア事業部

アーティエンス株式会社(メディア事業・人材開発・研修事業を営む会社)所属。
メディア事業部では、「サービスに携わる人たちの、”心揺さぶる瞬間”を創出していくこと」をモットーに、企画・運用活動を行っています。

良かったら、評価のご協力をお願いします!
この記事が参考になったら、
にチェックしてください!
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
(平均5.00
Loading...
<スポンサーリンク>